キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

多良岳は、修験の山だったから、遺物が残っている。
また、今も、山頂に多良岳神社、麓に金泉寺が。

頂上付近は、大きな岩が積み重なっている。
岩の隙間を通る登山道が、危険であり、また面白い。

石仏が、あちこちに点在。
どれも同じ人が彫ったのか、表情が繊細。

とにかく、多良岳は退屈しない、魅力あふれる山。
高い山でないけど、三百名山。

今日も、Kさんに連れられて、楽しい登山。
後ろを着いて行けばいいから、考え事が出来る。
いくつか、句が生まれた。
Kさんの言葉を盗んだりして。
      ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )    

多良(たら)岳は、佐賀県との境に。

tizu3339.jpg

今回は、楽。     経ヶ岳が、上に見える。

tizu1113_2015021608182580d.jpg    tizu2225_20150216081826fb2.jpg

Kさんの車で、向かった。    途中で、見晴らしのいい所に寄った。
右写真中央に、諫早市の、潮受堤防。   これがあるから、右の水が、おかしくなる。

s-15年2月15日 (2)    s-15年2月15日 (3)

駐車場に着いた。   正面が、登山口。  正面の上の方に、金泉(きんせん)寺がある。
地図の印が、多良岳山頂。    黄色の〇が、金泉寺。    帰りは、遠回りして。

s-15年2月15日 (4)    s-15年2月15日 (1) 

ここから。   金仙寺まで、20分。   地図の、上の方の右端にも行く。   最初に。

s-15年2月15日 (5)    s-15年2月15日 (6)

Kさんは、月に2~3度は来る。  自分の庭。

s-15年2月15日 (7)

金泉寺が見えた。  帰りに寄る。  山小屋にも。
右写真の、左上に上がって行く。

s-15年2月15日 (8)    s-15年2月15日 (9)

このように、お地蔵さん。   やわらかな、表情。   少しすまして。

s-15年2月15日 (10)    s-15年2月15日 (11)

ここに来る。  頂上に神社があるから、このように立派な参道。
前回は、真っ直ぐ行ったので、今回は別の道。  右に行く。

s-15年2月15日 (12)

山の右斜面を行く。  10分ほど歩いて、六体地蔵。

s-15年2月15日 (13)    s-15年2月15日 (14)

※ カメラは、パナソニックのLX100。   昨日も。
   いいカメラなのか、まだはっきりしない。
   いろんな撮り方して、試している。
   「賢い全自動」というのがあって、それを使うのか。

   撮り方によっては、白を撮るのが、下手だったり。
   こう撮れば、ちゃんとしたのが撮れる、と分かればいい。
   ズームがあるから、便利なんだから。
   センサーが大きいから、それなりに期待している。

   山と、ちょっとした時に、頼れるカメラになったら、うれしい。

最初の地蔵さん。   女性の表情。   

s-15年2月15日 (15)    s-15年2月15日 (16)

ここに2つ。

s-15年2月15日 (17)

次の2つ。   どれも、台座と後背も一緒に、1つの石で彫った。   大きな特徴。

s-15年2月15日 (18)

同じ人が彫っていますね。    山の中に、こんなのがあるなんて。

s-15年2月15日 (19)    s-15年2月15日 (20)

ピントの合わせ方を、勉強しなければ。  

 ※ 花を撮ることが多くなるから、オートフォーカスは、1点で読み取るように、設定かな。

s-15年2月15日 (21)    s-15年2月15日 (22)

300年前のものです。   ずっとここで、登山者を、参詣者を、見守って来た。
持ってる物や手の形が、どれも違いましたね。

s-15年2月15日 (23)    s-15年2月15日 (24)

岩だらけの山。  登山道は、変化のある岩の近くを、通るようにしている。
この場所で、左上への道を行く。   分岐してる道。

s-15年2月15日 (25)    s-15年2月15日 (26)

こんな岩の所に、登って来た。    こっちに、倒れそう。
Kさんが支えている。  ずっと支えていたら、石になって、伝説に。

s-15年2月15日 (27)

前岳に着いた。   今日の登山道では、一番右(東)に。

s-15年2月15日 (28)    s-15年2月15日 (29)

中央の山は、高さが山の名前。   はちろくよん。

山の、細い稜線を歩いている。    左右は、急な崖が多い。

s-15年2月15日 (30)    s-15年2月15日 (31)

中央向こうに、諫早市の潮受堤防がうっすらと見えた。
右下から、登って来た。

s-15年2月15日 (32)

〇の辺りから、出発。

s-15年2月15日 (33)kkk

正面に、多良岳の頂上。   

右写真、あそこから落ちて助かるのかどうか、行ってないから分からない。

s-15年2月15日 (34)    s-15年2月15日 (35)

着きました。   多良岳神社。   頂上は神社、ふもとは寺。  こだわらない。

s-15年2月15日 (36)

役行者の像でしょうか。   修験の山ですね。
ここの石は、人が運んだ。   大きいのは、100㌔はありそう。

s-15年2月15日 (37)    s-15年2月15日 (38)

さっきの前岳が見えた。

お弁当は、Kさんが準備。   普段食べてないものが多いから、とっても美味しい。

s-15年2月15日 (39)    s-15年2月15日 (40)

下山開始。   石灯篭に、安政六未とある。  1859年、未(ひつじ)の年。
この年は、吉田松陰が殺された。  井伊直弼に。   安政の大獄。
次の年の安政7年に、桜田門外の変。  井伊直弼、暗殺。

s-15年2月15日 (41)    s-15年2月15日 (42)

ここを下りてきた。  坐像だけど、さっき見たのと、同じ表情。

s-15年2月15日 (43)    s-15年2月15日 (44)

危険な道が続いた。   人が落ちて、亡くなった場所も。
ただ足元だけ見て歩くのは危険。
周りの危険の状態を、確認しなければ。

普通にロープにつかまって下りてきた。
そうして、今の道を見たら、下は崖だった。
崖と分かっていたら、用心の程度が変わる。

2㍍ほど下の先が崖だったので、気づかなかった。
ひやっと、した。

s-15年2月15日 (45)

今までの九州の山では、一番危険かな。  
極端に、危険ではないけど。 
志々岐(しじき)山は急峻だけど、危ない場所は、危ないと分かる。 分かりやすい。
  ※ 17日は、Aさんと志々岐山に向かう予定。   平戸の先っぽ。

Aさんは、慣れた足取り。

s-15年2月15日 (46)

大きな岩に、梵字(ぼんじ)。    この字は、阿弥陀如来の意味のよう。
仏を彫ったと、同じことになる。   誰でもが、仏像は彫れない。

s-15年2月15日 (47)    s-15年2月15日 (48)

大きな杉だねって。

s-15年2月15日 (49)

昔は、信仰のために、大きな時間や労力を、使った。
今の時代、困った時の解決方法は、様々にある。   
歯が痛かったら、歯医者。   神や仏に、お願いはしない。

合格するとかしないとか、はっきりしないのは、今も、神頼み。

s-15年2月15日 (50)    s-15年2月15日 (51)

分岐点に、戻って来た。

s-15年2月15日 (52)

役行者の像には、特徴がある。   仏像とは違う。

s-15年2月15日 (53)    s-15年2月15日 (54)

金泉寺に来た。   正面向こうは、金泉寺山小屋。

s-15年2月15日 (62)

県営の山小屋は、今日の日曜日は、3時までやってることになっている。
今、2時45分。   早くに閉めていた。  事情の説明の、表示はない。
こういうので、3時まで管理しなかったと、分かってしまう。

利用の仕方、管理の仕方に、問題が生まれると、閉鎖の話が出てくる。
   ※ 現実に、そんな話が。  
      同じような人達が、山小屋を私物のように利用している、と云う話を耳に。

窓から撮影。  中の管理は、ちゃんとしている。

s-15年2月15日 (55)

金泉寺です。  この寺については、前回のブログに。
   多良岳は、信仰と花の山だった。  金泉寺。 マンサクの花。~諫早市~  他  (2014/3/8)

s-15年2月15日 (56)

金泉寺の説明。

s-15年2月15日 (57)    s-15年2月15日 (58)

梵字を書いた石。

s-15年2月15日 (59)    s-15年2月15日 (60)

600人の修行僧がいたという、そんなのを偲ばせる、石垣。

s-15年2月15日 (61)

遠回りして、戻った。   右から来て、左に。

s-15年2月15日 (63)

無事に、着きました。

s-15年2月15日 (64)

この後、温泉に行く。  200円。

私は、数日前、去年のアジが美味しかったと言ってしまった。
そうしたら、Kさんのお家に行ったら、アジだった。
さばいたばかり。
白いご飯と食べるのが、とくに、美味しい。

s-15年2月15日 (65)    s-15年2月15日 (66)    s-15年2月15日 (67)

多良岳は、何度登ってもいい。
私にとっては、お地蔵さんに出会えるのが、一番の魅力。

お地蔵さんの表情を、ちゃんと撮ってみたい。
この次行くときは、カメラを、3台くらい持っていく。
時間をかけて、撮る。
いろんな方向から。

【今日の一句】    「 金泉寺 炎の中から 仏さま 」   こんな写真がある。 ⇒ 201403092333590e4_20150216220444231.jpg
             「 端正なお顔の  六体地蔵   手を合わせて 心さわやか 」
             「 キリコで 黒キリ     芋が一番 」
             「 多良岳の水は  うまいね~む is  水 」    多良岳の麓の湧水で、お湯割り。  お茶。

【停泊場所】    Kさん宅の直ぐ近く。

【明日の予定】    大村公園で、ブログの整理。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 


                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.   
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1610-66e816bb

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 多良岳に登る。  前回と違うルートで。 六体地蔵。 多良岳神社。 金泉寺、他。~諫早市~ 他 (2015/2/15)
  • 2015年02月15日 (日)
  • 18時24分39秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。