FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

栗野岳は、霧島連山の1つ。
えびの高原の横にある。
まるで、千切れ雲のように、ぽつんと。

枕木階段を登って、登山のスタート。
頂上からは、えびの高原、白鳥山、雲に隠れた韓国岳の裾が見えた。
遠く下には、えびの市の市街地も。

登山口一帯は、レクレーション村。
鹿児島県霧島アートの森という、美術館もあった。 
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

栗野岳は、れっきとした霧島火山群の1つ。
麓には、温泉が散らばっている。
栗野岳温泉には、地獄谷も。

tizu1111_20150128141358f06.jpg    tizu2224_20150128141358f64.jpg

登山口は、レクレーション村の中に。
枕木階段を登って、スタート。

s-15年1月27日 (1)

561段。   上に展望台。

s-15年1月27日 (2)    s-15年1月27日 (3)

下に湧水町が広がる。
   霧島山麓、丸池湧水の水は、澄み切っていた。~湧水町~  久しぶりの、真幸駅。  他  (2013/2/20)  

s-15年1月27日 (4)

今日は、空気の霞(かすみ)が、特に大きい。  本州で、こんなのに出会ったことはない。
中国から、何が来てるのか。

s-15年1月27日 (5)    s-15年1月27日 (39)

※ 今日の写真は、パナソニックのLX100。
  最初の状態で、全自動。
  
  いくつかの設定は、この写真を見て、晩に行った。

  いつもの写真に比べて、透明感が少ないのは、仕方ない。
  それでも、不満のない写り。

  皮ケースの一部を外して、撮る。
  その動作には、すぐに慣れた。  便利。

  ケースに入った状態で、多少ぶつけても、大丈夫。
  レンズキャップはない、自動で開く。

  上の右の写真は、オリンパスのカメラ。
  300㍉の写真。  ある操作で、600㍉になるが、調べてない。
  このカメラにも、不満はない。

  そんなことで、カメラについては、一安心。
  
  たくさん調べたことが、よかった。

他の登山者には、最後まで会わない。
ここから、山の中に。

s-15年1月27日 (6)

案内板があった。  左回りで歩く。
午後1時の出発。  
時間に余裕が無くなったら、頂上から引き返す予定。
遅い時間に、道に迷ったら、大変なので。

s-15年1月27日 (7)    s-15年1月27日 (8)

※ 余談  今、28日の午後5時半。  人質の時間猶予は、もう5時間ほど。
       そんな中で、ネットのニュースは、写真が本物だったとか、そんなこと。
       気をそらす為にやってるとしか、思えない。
       今の段階では、どうでもいいことは、やめにして、助けることだけに集中してほしい。
       政府は、アメリカを気にしないで、どこまでヨルダン政府に、要求できているでしょう。
       それに、かかっています。
       テロに屈しないと声高に叫ぶのが、言い訳でないことをないことを、願う。

木の伐採現場。   木を木工場まで運ぶのは、大変なことですね。

s-15年1月27日 (9)

※ 今、午後5時38分。
  朗報です。   下のニュースが、入りました。   変わらないでほしい。

nyu-su.jpg

※ ニュースが次から次と、ネット上に。   大丈夫かも知れない。

ずっと森の中。  隣の山の尾根を登り続けている。 
見えてる山が頂上か。

s-15年1月27日 (10)

傾斜が、ゆるくなってきた。  上が丸っこい山は、こうなる。
距離が出ると、一安心。

s-15年1月27日 (11)    s-15年1月27日 (12)

聞こえるのは、鳥の鳴き声だけ。   イノシシは、出てこない。   掘り散らかした跡はある。
隣の山の、頂上っぽい。

s-15年1月27日 (13)    s-15年1月27日 (14)

目指す山は、谷の向こう。   という事は、一度下るのか。  大変か?
右の写真は、少し行って、あと800㍍。

s-15年1月27日 (15)    s-15年1月27日 (16)

見晴らし台の案内。   行ってみる。

s-15年1月27日 (17)

見晴らし台から下を見た。    小さな温泉。  銀湯温泉とかかな。    韓国岳からも見えた

s-15年1月27日 (18)

正面にえびの高原。  ※ 今いる場所も、えびの高原の一部のよう。
右向こうに、韓国(からくに)岳。    裾が少しだけ。
左は、白鳥山。   頂上からも再度。

s-15年1月27日 (19)

栗野岳の頂上が見えた。   距離感が、難しい。   遠く感じるけど、意外に近い。

s-15年1月27日 (20)    s-15年1月27日 (21)

最後は、岩場を上る。

s-15年1月27日 (22)

着きました。   出発して、1時間半ほど。  ちょっと行って来るには、ちょうどいい山。

s-15年1月27日 (23)    s-15年1月27日 (25)

そっちの山を、右から尾根を上って来た。  見晴らし台は、左の高い所。

s-15年1月27日 (24)

何日かいた、えびの市の市街地。

s-15年1月27日 (26)

新しく道の駅が出来て、助かった。

s-15年1月27日 (42)

再度、右向こうに韓国岳。  ほとんどが、雲の中。  
韓国岳の頂上からは、こっちは、下に見えた。
   韓国(からくに)岳は、霧島連山最高峰。  頂上の後ろに、深さ300㍍の噴火口。~霧島市~ 他 (2015/1/20)

左は、白鳥山。   探勝路がある。

s-15年1月27日 (27)

白鳥山の左の裾。   道が走っている。   あの道を下った。
右は、白鳥山の頂上。
   池めぐり探勝路の一部開放で、行ってみた。 白紫池、六観音御池、白鳥山、樹氷、他。~えびの市~ 他 (2015/1/19)

s-15年1月27日 (41)    s-15年1月27日 (40)

右の方。   湧水町の、市街地方面は見えない。

s-15年1月27日 (28)

一休みして、下山。   道が分かりにくい、という問題。
赤い印を探しながら、下った。
 
 ※ 学校登山で子供を自由に下山させたら、迷う子が必ず出る。   そんな登山道。

シカの叫びを聞いた。  見つからない。

s-15年1月27日 (29)    s-15年1月27日 (30)

人工林なので、もうすぐだなって。

s-15年1月27日 (31)

車道に出た。  こんな標識。   アートの森を見るので、栗野岳温泉には行かない。
   栗野岳温泉は、泥湯、白濁湯、そして、蒸し湯。  地獄の中にある温泉。~湧水町~  他  (2013/2/19)

s-15年1月27日 (32)    s-15年1月27日 (33)

車道を、1.7㌔。

s-15年1月27日 (34)

展望台があって、振り返って山を。

s-15年1月27日 (36)

湧水町の市街地。

s-15年1月27日 (35)

こんな所に、来ていた。

s-15年1月27日 (37)    s-15年1月27日 (38)

栗野岳は気になっていたので、今回登ってみました。

この後、鹿児島県霧島アートの森に行きました。
抽象的なものが多い中、佐藤忠良の作品が2つ。
いいなって思っている、帽子・夏がありました。(2009年 仙台美術館で)

明日のブログで紹介しますね。

【今日の一句】  「 山は 近くにあっても 遠くに感じて 遠くにあっても 近くに感じて」

【その他】  人質事件について

現在、28日の午後1時前。   期限まで、9時間程。
日本政府は、助けられなかった時のための、言い訳を作り始めてる感じがする。
全力で助けると言ってるのは、パフォーマンスか。
激しい憤りを、と言ってるのは、アメリカを意識してのことばならいいんだが。

どうなるか、分からなくなってきました。
ああだこうだ言ってるうちに、時間切れになってしまわないように・・・・・。

soukann.jpg

※ 夕方のニュースが、実現するといい。
   ヨルダン政府が声明を発表した時が、確定。
   夜の11時前にはある。
   ぎりぎりでなく、9時ころか。

【今日の歌】    Nini Rosso Il Silenzio      「夜空のトランペット(Il Silenzio)」(二に・ロッソ)



【停泊場所】     A・Zさんの駐車場。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.   
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1593-751c824b

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 栗野岳は、霧島連山の隅っこにあった。  登山道は、日本一の枕木階段からスタート。~湧水町~ 他 (2015/1/27)
  • 2015年01月28日 (水)
  • 09時37分42秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。