キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

はるか昔、霧島連山は、美しい山の集まりだった。
どの山も、先っぽが尖(とん)がって。

ところが、次から次と噴火して、山の頭が無くなった。
そして、そこには、噴火口。
水がたまったら、池。

今日の韓国岳も、そびえ立っている山ではない。
頂上は、外輪山の一部。
下から見た形はよくないけど、仕方ない。

韓国岳の魅力は、頂上にすべてが集まっていた。
大きな火口が、目の前に、口を開けている。
登ってきた方向に、大浪池。

霧島連山の風景が、邪魔するものなく、見渡せる。
はるか遠くに、祖母山、九重山、阿蘇山が、雲から頭を出していた。(それらかなって)
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

韓国岳は、霧島連山では、一番高い。  1700㍍。
えびの高原自体が、1200㍍あるので、ここから行くと、楽。

tizu3332.jpg    tizu4445_20150121212124b88.jpg

少し行くと、左に登山口。   山は、左にこのように見えている。 (この時、撮影忘れた)
11時出発。

s-15年1月20日 (1)

登山口。    見にくいけど、霧島連山全体。

s-15年1月20日 (2)    s-15年1月20日 (3)

大浪池に行ったので、そっちのコースは選ばなかった。
この地図の、赤〇を行く。
     
s-15年1月20日 (4)    s-15年1月20日 (5)

森の中の道。   寒くない。

s-15年1月20日 (6)    s-15年1月20日 (7)

途中から、時々、登った。

s-15年1月20日 (8)

分岐点。   右に行ったら、大浪池。  向こうからの、登山道。  帰りに池まで。

s-15年1月20日 (9)    s-15年1月20日 (10)

山が見えた。   韓国から来た人。  韓国(からくに)岳だから、来たのか。

  ※ 韓国は日本が嫌いだけど、個人になると別なのか、日本への旅行が大好き。
    昨年は、250万人だって。

s-15年1月20日 (11)    s-15年1月20日 (12)

さあ、ここからは、直登(ちょくとう)。   真っ直ぐ登る。

s-15年1月20日 (13)    s-15年1月20日 (14)

若い人が、追い越して行った。   少しだけ話した。   訓練で、30㌔の荷物。

s-15年1月20日 (15)    s-15年1月20日 (16)

韓国岳は、標高1700㍍だけど、九州で一番高い九重山は、1791㍍。
少ししか、変わらない。

もし、韓国岳の上が吹っ飛んでいなかったら、こんな山。
きっと、2000㍍は、越えていた。  もったいない。

201501182155267fbm.jpg

振り返ったら、大浪池。   池の向こうの、少し低い所に、一昨日行った。

s-15年1月20日 (17)

高千穂峰が見えてきた。   反対側には、温泉。

s-15年1月20日 (18)    s-15年1月20日 (19)

木の背丈が、低くなってきた。    上着は、脱いでいる。   無風。

s-15年1月20日 (20)    s-15年1月20日 (21)

頂上が近いかなって、感じた。
振り返ったら、龍の階段。

s-15年1月20日 (22)    s-15年1月20日 (23)

見えました。   頂上。   さっきの人がいる。

s-15年1月20日 (24)    s-15年1月20日 (25)

着きました。  1700㍍。   
頂上から見た、大浪池。      遠くは、ある高さまで、雲と云うか霞んでいる。

s-15年1月20日 (26)

これは、桜島の噴煙。   鹿児島から来た人が、教えてくれた。
桜島の高さは、1117㍍。   
山は見えてないので、白い部分の高さは、1300㍍程か。

s-15年1月20日 (31)    s-15年1月20日 (32)

高千穂峰は、右に噴火口。   手前の新燃(しんもえ)岳も、噴火口が見える。

s-15年1月20日 (27)

3人で、どこの山だろうねって話した。
祖母山かなと思ったけど、後で調べたら違うようだ。   祖母山は遠い。
市房山かも知れない。   1721㍍。

s-15年1月20日 (28)    s-15年1月20日 (29)

下界が見える   小林市の方。

s-15年1月20日 (30)

噴火口。   深さ300㍍。  危険なので、近づけない。

s-15年1月20日 (35)

北北西の方向。   昨日行った、2つの池が見える。   
左、白紫(びゃくし)池。   右は、お堂のあった六観音御池(ろくかんのんみいけ)。  

s-15年1月20日 (33)    s-15年1月20日 (34)

左が火口。   さっきの人。   福岡から来ていた。

s-15年1月20日 (36)    s-15年1月20日 (37)

えびの高原に下りて行く、登山道。   今は通行禁止。

s-15年1月20日 (38)

市房山かな、と言った山より、北に見えた山。    阿蘇山とかがあるけど、はっきりしない。

s-15年1月20日 (39)    s-15年1月20日 (40)

下山の準備。   顔は出ても構わないとなって、記念撮影。
左の方は、福岡市から。   右の方は、鹿児島市から。    山が大好き。

s-15年1月20日 (41)    s-15年1月20日 (42)

私は準備していないので、先に行ってもらった。

s-15年1月20日 (43)    s-15年1月20日 (44)

頂上は、少しの風があるだけ。  登山日和。
韓国の人も、下った。   私一人。

s-15年1月20日 (45)    s-15年1月20日 (46)

この後、私も準備して、下山開始。

s-15年1月20日 (47)

少し急いで下った。    韓国の人たちを追い抜いて、2人に追いついた。
右の写真は、外輪山の下にいる。

s-15年1月20日 (48)    s-15年1月20日 (49)

大浪池への道。   私も、大浪池を見る。

s-15年1月20日 (50)    s-15年1月20日 (51)

看板が見えるので、着いたよう。

s-15年1月20日 (52)

まぶしいけど見えた。

s-DSCF0889mmm.jpg

2人は、韓国岳に行くときは、左の方を通って、帰りは右の方。

s-15年1月20日 (53)    s-15年1月20日 (54)

2人と別れて、戻る。  

s-15年1月20日 (55)

途中で、韓国岳。

s-15年1月20日 (56)

急いで。

s-15年1月20日 (57)    s-15年1月20日 (58)

この後、1時間ほどで着いた。   3時55分。

s-15年1月20日 (59)

えびの市の市街地への道は、遠れる。   向かった。

途中で、白鳥温泉上湯。    ※  しらとりおんせん うえゆ。

s-15年1月20日 (60)    s-15年1月20日 (61)
 
西郷さんが、長くいたそう。

s-15年1月20日 (62)

露天風呂からの見晴らしがいい。   えびの市の市街地。

s-15年1月20日 (63)    s-15年1月20日 (64)

山を下っていたら、白鳥神社があった。
昨日、白鳥山を調べたとき、山の中腹にあるとあった。

s-15年1月20日 (65)

開山は性空(しょうくう)上人と、昨日調べたときに、載っていた。

  ※ 性空上人は、霧島神宮を、高千穂峰から高千穂河原に、下ろした人。
     霧島の地で、大きな活躍をした人。
     ここの後、福岡の南の背振山に行って、播磨の円教寺を建てる。
     そこで、和泉式部に出会う。

お堂の中に、石と木の性空の像。

s-15年1月20日 (66)    s-15年1月20日 (71)

東大寺の虹梁(こうりょう)の材木が、ここから運ばれたとある。

梁(はり)ですから、横に使った材木。
大仏を置くには、広い空間。
その空間の上に、横に使った材木。   
その虹梁は、見えないよう。  

大仏さんを正面から見て、頭の上に、前後に渡した、2本の太い梁。
その材木。

  ※ 設計図、運ばれたルートは、神社の資料にあるよう。   このサイトが、分かりやすい
  ※ 図はないけど詳しい説明は、右に。 東大寺大仏殿虹梁(Wikipedia)

梁2本が、国挙げての大事業。
s-15年1月20日 (67)    s-15年1月20日 (68)    s-15年1月20日 (69)

   東大寺大仏殿 興福寺阿修羅像 ~奈良市~   他  (2010/5/30)

性空上人は、地方の僧でとどまる人ではなかったんですね。

s-15年1月20日 (76)

薄暗い中、拝殿を少しだけ。

性空上人が、昨日行った、六観音堂で修業していたとき、神宣(しんせん)があったと言うんですね。
神が、この地に、神社を作りなさいと。

s-15年1月20日 (72)    s-15年1月20日 (75)

※ 性空上人は、和泉式部物語に出てくる。  下の最後の方に、そのことが。
      霧島神宮の祭神は、神代三代の天皇と神武天皇だった。 神木は メアサ杉。  性空上人の墓。~霧島市~ 他 (2015/1/9)

六観音堂の中には、神社もあった。
その分霊を、ここに持ってきた。   神様を分けてもらった。   性空上人に感謝して。

s-15年1月20日 (74)    s-15年1月20日 (73)

韓国岳の他に、白鳥神社に出会ったので、少し長くなりました。
今日の山を登って、九州本土の百名山は、みんな登ったことになりました。
よかったかな。

今日出会った2人の方に、どこかの山で、また会えたらいいです。
福岡の若い方は、鍛えて、北アルプスとかに行くんでしょうね。
いいですね。

【関連ブログ】   山の紹介。   九重は、歌の下に。
   開聞岳は、低くても百名山。  途中から岩山。  見晴らしは・・・。~指宿市~  他  (2014/2/3) 
   祖母山はきびしい山だった ~満開のアケボノツツジ~   他  (2011/5/17)
   阿蘇、中岳・高岳に登る~中岳が小規模噴火~  明日、祖母山へ   他  (2011/5/16)
   雪の開聞岳 ~初日は、少し遅れて~      他  (2010/1/1)

【今日の一句】    「 山のみりょくは  登ってはじめて 」
                        
【今日の歌】   坊がつる讃歌   芹洋子
           今日、頂上で話した若い人が、数日前、九重に行って来たそうです。
           上は冬。  テントで宿泊したそう。   
           30㌔のリュックを、訓練だと言って、背負っていた。
           この曲は、彼にプレゼント。



   快晴の空のもと、九重山に登る。  遠くに由布岳、阿蘇山。~九重町~  長湯温泉 他  (2014/3/28)
   九重連山の主峰、久住山に登る。 3月なのに、夏山の天気。~九重町・竹田市~  他  (2013/3/9)
   坊ガツル、大船山(たいせんざん)、そして 法華院温泉へ ~竹田市~  坊がつる讃歌(芹洋子)  他  (2012/4/5)
   九州最高峰、九重山   4歳の女の子も登頂   明日、阿蘇山へ   他  (2011/5/15)

【道の駅】  えびの          ※ 右地図の、左上に真幸(まさき)駅

tizu1112_20150121211327b15.jpg    tizu2224_20150121211326703.jpg

【明日の予定】   することいっぱい。   時間を見つけて、少しだけでも、真幸駅に。
            新しい道の駅があるとは知らずに、真幸駅に向かっていた。
            案内があって、きた。   
            上に書いた彼が、あるよと言っていた。
            新しい道の駅とは、思わなかった。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.   
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1585-ceecd7b0

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 韓国(からくに)岳は、霧島連山最高峰。  頂上の後ろに、深さ300㍍の噴火口。~霧島市~ 他 (2015/1/20)
  • 2015年01月20日 (火)
  • 20時00分18秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。