キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

えびの高原の手前に、大浪池。     ※ おおなみいけ。
山の上にあるので、登山道を行く。

標高差300㍍を、30分ほどかけて登る。
大浪池は火口湖、その外輪山に立った。

下に青く、見えた。
そして、正面には、霧島連山最高峰の、韓国(からくに)だけがあった。
行きたかったが、準備はしてない。

途中、龍馬が泊まった、硫黄谷温泉を通った。
龍馬が小松帯刀を見舞った、栄之尾温泉は、見えなかった。

大浪池の登山口から少し走ると、そこは、えびの高原。
スケートリンクがあるようで、人でいっぱい。

明日、韓国岳に行く。
えびの高原からの登山道を通って。(変更になりました。  山が真っ白に)

今晩の停泊地は、その登山口に近い、小さなパーキング。
気温がマイナスになっても、大丈夫。
石油ストーブがあるので、ポカポカ。
山小屋気分。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

本当に走れる道なのか。

行きたいと思って、最初に確認することがこれ。
今回は、えびの高原が観光地なので、大丈夫と。

ただ、噴火の影響で、走れない道があるよう。

大浪池は、韓国岳のそば。

霧島温泉郷、大浪池は、鹿児島県。
えびの温泉は、宮崎県に。

tizu1112_201501182222421f0.jpg    tizu2224_201501182222418e2.jpg

丸尾温泉を過ぎて、ここは、硫黄谷温泉。
龍馬とお龍さんは、少し先の、栄之尾(えいのお)温泉にいる、小松帯刀(たてわき)を見舞って、また戻って
ここに宿泊。   今は、霧島ホテルに。  詳しくは、霧島ホテルさんのHPのここに

s-15年1月18日 (1)

ホテルを過ぎたところに、噴気。   地獄谷。   吸わないようにって。

s-15年1月18日 (5)    s-15年1月18日 (4)

硫黄谷噴気地帯。   地図の上に、栄之尾温泉が。

s-15年1月18日 (2)    s-15年1月18日 (3)

途中で、桜島が見えた。   手前に海。

s-15年1月18日 (6)

向こうに行くのだが、通り過ぎて、戻った。
この下あたりに、栄之尾温泉があった。

この場所の少し手前に、林田温泉があって、そこから歩いていけるよう。
露天風呂として、今は、使われている。300px-Ryokukeitouen_Kirishima_City_Kagoshima_Pref01n4592.jpg (Wikipedia)

s-15年1月18日 (7)

少し走って、ここに着いた。   広い駐車場はなく、駐車スペースを、やっと見つけた。

s-15年1月18日 (8)

大浪池への登山口。    このようなシェルターを、時々見る。  ※ 御嶽山にもあったらよかった。

s-15年1月18日 (10)    s-15年1月18日 (9)

硫黄山とか、新燃岳の方には、行けないよう。
こういうのを読んでるうちに、山の状況が分かってくる。

赤〇は今日、オレンジは明日。  青は、その後。 (青は、最近通れるように)
今日の最後に、そう決める。(青とオレンジ、交代)

s-15年1月18日 (11)    s-15年1月18日 (12)

1.2㌔を行く。   こんないい天気は、滅多にない。   風もない。

s-15年1月18日 (13)    s-15年1月18日 (14)

道が整備されているのは、人気の証拠ですね。  霜柱。  軽い音で、くずれる。

s-15年1月18日 (15)    s-15年1月18日 (16)

時々人とすれ違って、着いた。
後でビジターセンターに行く。
そこでも感じたけど、霧島連山には、珍しい昆虫がいるよう。

s-15年1月18日 (17)    s-15年1月18日 (18)

※ オオルリボシヤンマ ⇒ Aeshna_crenata_(male_in_flight_s2).jpg (Wikipedia)    このトンボは見ますね。 青い模様が、瑠璃星(ルリボシ)かな。

※ シジミと名の付くチョウは、小さく美しい。
    キリシマミドリシジミ ⇒ sijimi20d.jpg (蝶の図鑑より)  
    ウスイロオナガシジミ ⇒ 080729usuiroonaga935.jpg (昆虫図鑑)(絶滅の危険が大きい)

※ 昨年は、国の天然記念物であり、氷河の生き残りと云われる、カラフトルリシジミに、2度出会っています。
   最初は、摩周湖の近くの西別岳。  2回目は、美瑛岳の麓。
   カラフトルリシジミ(美瑛岳の麓)    
         雲の平は、カラフトルリシジミの舞う、高山植物の花畑だった。~美瑛岳の麓~  他  (2014/7/30)
         西別岳頂上から、摩周湖を見る。  国の天然記念物、カラフトルリシジミ。~標茶町~  他  (2014/7/15)
   
アサギマダラには、伊豆で群れに出会っています。
下の動画は、1匹ですが。



大浪池です。  一目噴火口に水がたまったと、分かりますね。 火口湖。
正面に韓国岳。   こうやって見てしまったら、行きたくなる。

s-15年1月18日 (22)

もし火口に水がなければ、外輪山に登山したことに。
水があると、火口湖を見に来たことに。
目的が変わってしまう。

左方面と右方面。   外輪山の上を通って、韓国岳に。  どっちからも。

s-15年1月18日 (23)    s-15年1月18日 (19)

※ 大浪池は、日本でもっとも標高の高い火口湖、と言っています。
   年間を通して、水のある火口湖の中でですね。
   ところが、御嶽山の山頂近くに、「二の池」がある。 
   小さいけど、これも、年中水のある、火口湖。
   標高は、2905㍍。

※ 大浪池が可愛そうだから、こうしましょう。
   大浪池は、大きな火口湖の中では、一番標高が高い。
   ということに。

※ どちらを調べても、Wikipediaでは、日本一と言っている。 同じ条件で。

後ろを見たら、この風景。  薩摩半島の方。  
左遠く、とんがった山は何だろう。   野間岳かな。  自信ない。

s-15年1月18日 (20)    s-15年1月18日 (21)

お弁当を食べたり。   私は、食パンを非常食に、3枚だけ。   少しの水。

s-15年1月18日 (24)

下に下りる道があった。   はっきりしない道。

s-15年1月18日 (25)    s-15年1月18日 (26)

笹につかまりながら、下りた。
こうです。

s-15年1月18日 (27)

下りました。    正面。   ここから出る川はない。   入る川も。   
酸性の水。  フナがいるそう。   探したが、見えなかった。   寒いから、深みの底にいる。

s-15年1月18日 (29)

小さな祠が。

s-15年1月18日 (30)    s-15年1月18日 (28)

大浪池には、伝説があるので紹介。

お浪という娘がいた。
この池の龍の化身だった。
だから、この池に身を投げた。

何があって、このような伝説が生まれたのでしょう。
娘が消えたのか。

そんなことを考えながら読んでみたら、どうでしょう。
霧島市のHPからお借りしました。
それなりの人が、文をまとめたように感じます。

dennsetu_20150119185042bd9.jpg

下はこう。   どこまでも透明。   薄氷。   右は、この風景を見て、下山。

s-15年1月18日 (31)    s-15年1月18日 (32)

一気に下る。

s-15年1月18日 (33)

数分走って、えびの高原。
どこも有料駐車場。   登山口近くに、小さな駐車帯を見つけた。

少し歩くと、えびの高原の中心。   お店など。
現在地に車。   下の〇が、登山口。    

s-15年1月18日 (38)    s-15年1月18日 (34)

※ スケートリンクは、にぎやか。   声が聞こえる。

20141127-ice-skating.jpg

この辺り一帯に、ノカイドウ。   絶滅の不安の木。   先日紹介。

s-15年1月18日 (35)    s-15年1月18日 (36)

ここが、登山口。   確認して、安心。

s-15年1月18日 (37)

韓国岳。   真ん中に噴火口。   右が高いので、頂上。   霧島連山の最高峰。
これに登ったら、霧島山に登ったと言っていい。  百名山。

s-15年1月18日 (39)

右へは、通行禁止。   火山活動のため。  大きなお店が2軒ある。

s-15年1月18日 (40)    s-15年1月18日 (41)

こうです。  日曜日なので車が多い。

s-15年1月18日 (42)

雪で遊んでいる、小さな女の子。 
一人で遊べるのがいいですね。  自立への1歩。

ビジターセンター。

s-15年1月18日 (43)    s-15年1月18日 (44)

えびのビジターセンター。

えびの高原は、花の時期とかは、大きな観光地になるよう。
冬を感じたい人も、来る。
真幸(まさき)駅ですよ。   真の幸せ。
  ※ 何度か行ってますが、下は、最初に行った時のブログ。
        肥薩線 真幸駅 ~幸福の鐘が響く、スイッチバックの駅~   他  (2010/1/20)

s-15年1月18日 (45)qqq     s-15年1月18日 (46)

霧島連山。   まるいのは、みんな噴火口。   水がたまったら、池。
中央の、硫黄山の辺りが、入れない。

赤は、今日18日。  黄色は19日。  オレンジは、20日に。

s-15年1月18日 (47)

新燃岳の噴火。   少し前のこと。   これがあったので、近づきにくかった。

s-15年1月18日 (50)    s-15年1月18日 (49)    s-15年1月18日 (48)

飛ばされてる噴石が見える。  
御嶽山もああやって飛んだのか。  逃げるしかなかった。

s-15年1月18日 (51)    s-15年1月18日 (52)

チョウは美しい。   目的は、何なんでしょう。  
目立って困るより、目立たなければならない理由があるんですね。
まてよ、チョウは美しいって、分かっているのか。

s-15年1月18日 (53)    s-15年1月18日 (54)

ヤマセミ。   ミヤマキリシマ。(ビデオを撮影)  これほど、人を惹きつけるツツジはあるでしょうか。
霧島の名前がついて、霧島山は幸せ。

s-15年1月18日 (55)    s-15年1月18日 (56)

つつじが丘の遊歩道。

s-15年1月18日 (57)

ミヤマキリシマの群落。  見てみたいもんです。  最初の年に、阿蘇で。
       高千穂峡  満開のミヤマキリシマ(阿蘇)  他  (2009年5月21日)

s-15年1月18日 (58)    s-15年1月18日 (59)

上の韓国岳の左に、硫黄山。   ここに入れない。

s-15年1月18日 (60)

鹿児島県から宮崎県に入ってきました。
えびの高原に、あと2日います。

夜は、マイナスの気温。
でも、石油ストーブのおかげで、快適

【今日の一句】   「 まぶしい木漏れ陽 小鳥のさえずり 春のにおい 」   日中は暖かかった。
            「 ミヤマキリシマ  クロキリシマ  魅力にキリキリ舞い 」  

【今日の歌】        水鏡 鈴木一平



【停泊場所】 えびの高原、韓国岳登山口、近く。  次の日の朝、外は白かった。

DSCF0761vvvv.jpg

【明日の予定】    韓国岳へ。    天気は、大丈夫。   今日ほどではない。
              ※ 19日の朝8時現在、天気は良くない。
                 そのうち晴れるようだが、風もある。  数㍍。
                 20日は、朝から晴れ。 風もない。
                 19日と20日の日程を、入れ替えるかも知れない。
                 10時に決定。
   
               ※ 入れ替えました。
                 21日から天気が崩れます。
                 18、19、20日と、見学を続けます。
                 その後、少し休憩。 ブログの整理。   

               ※  11時50分時点での韓国岳。  真っ白。
                  これなら無理。  明日、大丈夫だろうか。

DSCF0077zzzz.jpg         

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.   
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1583-62051058

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 大浪池は、日本で最も高い位置にある火口湖。(少し?)  正面に、韓国岳。~霧島市~ えびの高原、他。 (2015/1/18)
  • 2015年01月18日 (日)
  • 19時26分05秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。