キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

神社の祭神を聞いても、誰の事やらと、いつも思っていた。
先日の高屋山上陵(たかやさんじょうりょう)で、神代の天皇の流れを知った。

その天皇たちみんなが、霧島神宮の祭神だった。
后(きさき)も含めて。

神木は、メアサ杉。
普通の杉とは、ちょっと違う。
それだけならいいんだけど、メアサの意味が、調べても分からない。
でも、やっとたどり着けて、トゲが取れた。

和泉式部は、娘の小式部内侍を亡くす。   ※ こしきぶのないし。
    「大江山 いく野の道の遠ければ  まだふみもみず天の橋立」       (小式部内侍)
     「とどめおきて 誰をあはれと思ふらむ 子はまさるらむ 子はまさりけり」  (和泉式部)

式部は、悲しみのあまり、仏門に入る。
救いを求めて、播磨の円教寺に行く。
そこに行ったのは、性空上人がいたから。    ※ しょうくうしょうにん。
旧参道を下ったところに、上人の墓があった。

以前世話になった、Mさんが、今も門前で、焼き芋を売っていた。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

山はまとめて、霧島山。
活発に、活動している。
韓国岳(からくにだけ)など、登れない山がある。

龍馬たちは、高千穂峰に登った。
私も、登りたい。

山の麓に、霧島神宮。

s-15年1月9日 (1)    s-15年1月9日 (2)

観光案内所に寄った。   広い駐車場。  車はここに。
建物の左に、焼き芋屋さん。
Mさんがやっている。
少し話して、帰りに寄ることに。

s-15年1月9日 (6)

大鳥居。

s-15年1月9日 (49)

民芸村があったので、少しだけ見た。

s-15年1月9日 (7)

屋根が鉄平石だという。  平らな石。   諏訪湖の近くで採れるよう。
福井県の丸岡城の天守の屋根も、同じと言う。

   ※ 丸岡城は、全国に12ある現存天守の城。  貴重。
      私は、これだけ、見ていない。  昨年の秋、近くを通ったのに、見忘れた。
      今度通ったら、コメントで、「忘れてるぞ~」って教えてほしい。

s-DSCF0327ppp    DSCF0325xxxmm

中は、お店。   体験コーナーもあるよう。

s-15年1月9日 (8)    s-15年1月9日 (9)

門前に、お土産屋さんが、ある。   
日本発祥の地、とある。   他にも、そう言ってる町が。

s-15年1月9日 (10)    s-15年1月9日 (11)

神橋を通って、石段に。

s-15年1月9日 (12)

神社でなく神宮です。   少し貫禄を感じるでしょうか。  二の鳥居。

s-15年1月9日 (13)    s-15年1月9日 (14)

上がった広場に、龍馬がお出迎え。
山に登って、大きな杉も見て、参拝している。   何を願ったのでしょう。

  ※  ここに来たのは、3月29日。 
     お龍さんとの、ずっとの幸せは、きっと願ってはいなかった。
     自分の命が長いとは限らないって、お龍さんに話していたよう。

     この年の10月に大政奉還。  その実現を願ったのかな。
     それを見届けて、11月15日に襲われる。 
     龍馬の人生、そこまで。   

     お龍さんの幸せは、願ったかも知れない。

s-15年1月9日 (15)    s-15年1月9日 (16)

桜島が薄く見えた。   用心して撮らなかったから、写らなかった。
     (実際より、ずっと暗く撮って、パソコンで明るくすると、見えるんですね。 普通に撮ると、写らない)
開聞岳は、見えなかった。  霞んでいる。     

s-15年1月9日 (17)

さあ、向かいます。

s-15年1月9日 (18)    s-15年1月9日 (3)

三の鳥居。      

s-15年1月9日 (19)

横に、さざれ石があった。    あっちこっちで見る。  
伊吹山に登ると、登山道で見られる。 

s-15年1月9日 (20)    s-15年1月9日 (51)

※ 昨日のブログの東福門院和子の母は、江(ごう)でしたね。
  彼女の生れた、小谷城(おだにじょう)は、伊吹山の直ぐ近く。
      小谷城跡。  戦国のロマンを駆け抜けた、浅井三姉妹。~長浜市~  他  (2014/5/4)
      霊峰伊吹山は、花の山だった。~米原市~  他  (2011/6/30)

拝殿が見えた。   後ろに本殿。

s-15年1月9日 (21)

説明を探したが、見つけられなかった。
新年のお参りに来る人が、まだいる。

s-15年1月9日 (22)    s-15年1月9日 (23)

おみくじ開いて、一喜一憂する人も。

s-15年1月9日 (25)

東照宮に、少し似てますね。    霧島神宮のアピールポイント。

s-15年1月9日 (24)    s-15年1月9日 (26)

ここを上って、本殿。
右の写真に、幣饌料(へいせんりょう)を払った、納めたとある。
天皇がですね。

幣饌料について、調べてみました。
   ※ 幣は、布の意味。  饌は米などの食べ物の意味。
     物で納めたら、呼び名は、そのまま。
     物でなく、それをお金で納めると、幣饌料を納めた、となる。
     初めて知りました。  
   
s-15年1月9日 (27)    s-15年1月9日 (28)

この後、お参りする。
自分のことは、お願いしなかった。
1月4日のブログの子が、無事にって、それだけ。

こんな緑色は、他では見ない。

s-15年1月9日 (29)

この神社は、火山の噴火で、何度も燃えたそう。

s-15年1月9日 (30)

神楽殿。

s-15年1月9日 (31)

拝殿の前の風景。    手水場。

s-15年1月9日 (32)

杉の大木。    普通と違って、すらっとしていない。   葉っぱが、緑っぽい。
メアサ杉とある。
   ※ メアサ杉は、こんな杉でした。 (鹿児島県森林技術総合センターのサイト)
       ・葉の色が浅黄色(芽が浅黄色)から名が来ており、漢字で芽浅黄(メアサ)が由来とされています。
       ・晩生型で特に幼時の成長が遅いのが特徴です。

s-15年1月9日 (50)    s-15年1月9日 (33)

※ 材木にするには、真っ直ぐでないので少し不利なんですね。
  そんなことで、飫肥(おび)杉が広く、植えられたよう。
     堀川運河によって飫肥(おび)杉で栄えた、油津 ~日南市~  マディソン郡の恋・マディソン郡の橋  他  (2012/3/20)

正面左に、旧参道がある。   そこに行ってみた。
神社の説明があった。
ニニギノミコトが、祭神の中心。

s-15年1月9日 (35)    s-15年1月9日 (34)

Wikipediaに寄ると、祭神は、7人。
神代三代の天皇と皇后と、神武天皇
右が系図。   分かりやすいですね。   この図のお蔭で、理解しやすい。

つまり、霧島神宮は、神代の天皇をみんな祭神にしている。

s-15年1月9日 (48)    s-15年1月9日 (47)

石段のそばには、小さな祠。   山神社。

s-15年1月9日 (36)

亀石と風穴。   亀石があるので、旧参道は亀石坂。
風穴は、夏になると、涼しい風が出るでしょうね。   今はない。

s-15年1月9日 (37)    s-15年1月9日 (38)

※ 風穴については、下のがいいかな。   強烈な風穴。
     雑炊橋  風穴  穂高神社  大王わさび農場 ~松本市・安曇野市~   他  (2010/6/22) 

石段を下った右に、性空(しょうくう)上人の墓があった。

s-15年1月9日 (39)

性空上人は、この地で亡くなったのではないけど、ここで修業した時代があった。
何かを埋めて、墓をつくることは、珍しくないですね。

この人は、この地から、博多の南の背振り山で修業し、その後、播磨の円教寺を開く。

s-15年1月9日 (40)

※ 背振山で修業した寺は、霊仙寺(りょうせんじ)。  山の中に、跡がある。
      日本最初の茶の栽培地は、山岳仏教の聖地に(筑前街道)  他  (2009/05/28)

※ 和泉式部は、娘の小式部内侍が亡くなって、悲嘆に暮れる。
   仏門に入って、性空上人の教えを乞うため、円教寺に行く。
   下は、和泉式部縁起絵巻の一部です。

sikibu777.jpg

性空上人は、なかなかの人物だったのでしょうね。
詳しくは、下に。
   誓願寺と誠心院。  和泉式部縁起絵巻(上・下)~京都市~  他  (2013/4/10)

隣に若宮神社。   鹿児島県に多い神社。  島津家と関わりがあるのでしょうか。

s-15年1月9日 (41)

戻って、Mさんとお話。
Mさんも、時々、旅に出る。

焼き芋を2つと、飴を買った。

s-15年1月9日 (42)    s-15年1月9日 (43)

近くに、道の駅霧島。  展望台から。

s-15年1月9日 (44)

あの山が、龍馬が行った高千穂峰。

s-15年1月9日 (45)

右の写真。 登山道が、見える。   登山口から、1時間半。   快晴の日に、行きます。

s-15年1月9日 (4)    s-15年1月9日 (5)

今度は、うっすらと写りました。   桜島。   ぷん、ぷんって、怒ってる状態。

s-15年1月9日 (46)

霧島神宮の特徴は、神代三代の天皇と神武天皇を祀っている所。
天照大神とかは、言わないで。
歴史のある、大きな神社でしたね。

何かかにかか、隠れていて、面白いでしょうか。

【今日の一句】    「 かすみか雲か 桜島のけむりか 鹿児島の空 」
              
【今日の歌】 Desperado Orginal Song



【停泊場所】    A・Zの駐車場

【明日の予定】     見学はないかな。   時間があれば、鹿児島のモンベルに行きたい。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.   
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1574-6031f6ba

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 霧島神宮の祭神は、神代三代の天皇と神武天皇だった。 神木は メアサ杉。  性空上人の墓。~霧島市~ 他 (2015/1/9)
  • 2015年01月10日 (土)
  • 11時06分47秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。