キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

初代の天皇は、神武天皇。
その前の3代は、神代三代と云うんですね。    ※ かみよさんだい。   日向(ひゅうが)三代とも。
誰かと云うと、
   1代目が、ニニギ。   2代目が、山幸彦。   3代目が、ウガヤフキアエズ。

今日の見学は、2代目山幸彦の陵(はか)。 
正式な名前は、 高屋山上陵(たかやの やまのえの みささぎ) 

※ 実際は、「たかや さんじょうりょう」、と呼んでいる。(市役所に確認) 

       実在したのかと云うと、基本的には、お話の世界ですね。
       天皇家の祖先が、はっきりしてないのは変なので、作られた話。
       古事記・日本書紀として。
       なぜ作ったかの別の理由は、後で。

       そんな話があるという事で、進めますね。
       そして、どんな話かを、学んでみましょう。

熊襲(くまそ)の穴があったの、行ってみた。
        ※ 熊襲は、南九州に住んでいたとされる、部族。
内部の照明は壊れていて、真っ暗。
車のキーに付けていた、小さなライトで入ってみた。
写真は、ちゃんとは撮れなかった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

印が、高屋山上陵。   赤〇は、熊襲の穴。   紫の〇は、塩浸(しおひたし)温泉。

tizu1112_20150108160227615.jpg    tizu2223_20150108160229dd6.jpg

国道横に、駐車場があった。    正面に階段。

s-15年1月7日 (1)

山幸彦は正しくは、天津日高彦火々出見尊。   読みは、あまつひこひこ ほほでみのみこと。
    ※ Wikipedia では、一部別な漢字。   天津日高日子穂穂手見命。

明治時代に整備した。

s-15年1月7日 (3)    s-15年1月7日 (2)

明治に入って、天皇中心の時代になった。
神話が本当であることを示すために、この場所が、神話にある陵の位置とした。
学者の意見を参考に。
  ※ 正確には、山幸彦の陵は、どこにあるかは分からない。

この小さな山が、陵(はか)。

    s-15年1月7日 (4)    s-15年1月7日 (5)

見えてきた。

s-15年1月7日 (6)    s-15年1月7日 (7)

昔はただの山だった。  古墳としての形跡はあったよう。
そして、鷹大明神社があった。

古事記には、こう書いてあった。(Wikipedia)

屋山上陵は、「高千穂山の西」。   ヒントは、それだけ。
探したら、ここに、大明神社があった。
鷹は高のことと考え、ここを、高屋山上陵とした。
それで大丈夫と思いたくなるほど、薄い根拠。

鷹大明神社は、邪魔という事で、他に移された。

こうです。

s-15年1月7日 (8)

宮内庁が管理する。   監視員が、常駐。

s-15年1月7日 (9)

海幸彦の妻と母は、そうそうたる人物。(?)

妻は、トヨタマヒメ。
彼女の墓は、あっちこっちで見る。
   知覧、武家屋敷通り。  武家屋敷庭園。   高田磨崖仏。~南九州市~  他  (2014/1/31)

母は、コノハナサクヤヒメ。
墓は、西都原古墳にあると云われる。
   西都原古墳群  コノハナサクヤヒメの都萬(つま)神社 ~西都市~  再会(金子由香利)  他  (2012/3/26)

s-hyuuga.jpg

※ 神武天皇も歴史上の人物ではないと云うのが定説。(Wikipedia)
   そういう中での、神話の世界の話です。

※ 日本には、朝鮮半島から、多くの人が渡ってきた。
   朝鮮の文化は、日本より高かった。
   何らかの形で、朝鮮から来た人が、主導権を握った。
   でも、よそ者では、日本人からは、支持されない。
   そこで、昔からいたということが、必要になる。
   作ったのが、古事記や日本書紀の神話。
   神の子孫という事で、権力を握った。

   そんな風に考えるかな。
   自分の考えというより、どこかで出会った話。

管理人室と、向こうに石碑。

s-15年1月7日 (10)

説明に、鹿児島神宮と吾平山稜(あいらさんりょう)が出てくるので、紹介。
   ※ 下のに、鹿児島神宮。
        龍馬とおりょうが歩いた道(その2) ~隼人塚から日当山温泉まで~   他  (2010/1/18)
   ※    吾平山上陵(あいらさんりょう)  圧倒的な本数の、くにの松原 ~鹿屋市・大崎町~  雨に消えたあなた  他  (2012/3/12)

石碑は2つ。

s-15年1月7日 (11)    s-15年1月7日 (12)

これは、昭和天皇が、皇太子の時に来た時の。

東宮殿下御参陵記念碑、とある。
1920年(大正9年)のこと。   嘉例川駅まで、列車で来て。

s-15年1月7日 (14)    s-15年1月7日 (15)

こっちは、今の天皇と皇后。

s-15年1月7日 (13)    s-15年1月7日 (16)

立派にする必要性があったので、このようにしたんですね。
戻る途中、嘉例川江駅を通って、熊襲(くまそ)の穴に。

妙見温泉。   天降川(あもりがわ)に沿って、旅館が集まっている。
熊襲穴は、直ぐ近く。

s-15年1月7日 (17)

200㍍ほど、登る。

s-15年1月7日 (18)

九州の南に、何らかの部族がいたよう。   神話の世界で、はっきりしない部分も。
もしかしたら、この辺り一帯に、元々いた人たちが、熊襲。
熊襲は、半島から来た人たちに、壊滅させられた。

日本の南と北に住む人たちが、最後まで、元々の日本人の血を保った。
中央部は、早いうちから、混血。
南と北の人の顔は、表情が濃い。  
中央部分の人たちの顔は、薄い。   朝鮮半島の顔。
上は、想像で書きました。

s-15年1月7日 (19)    s-15年1月7日 (20)

像があるが、熊襲の表情ではない。   熊襲はこう。 ⇒ 04_390x390.jpg (本の宣伝から)

登って行く。

s-15年1月7日 (21)    s-15年1月7日 (22)

見えてきた。

s-15年1月7日 (23)    s-15年1月7日 (24)

大きな岩の真下に、入り口。   

s-15年1月7日 (25)     s-15年1月7日 (26)

熊襲の首領が、ここで殺されたとある。
狭い所を進んで行くと、広い部屋に出る。

s-15年1月7日 (27)    s-15年1月7日 (28)

ミニの懐中電灯しかないので、写真は無理。   肉眼では、中は何とか見えた。
灯りのスイッチはあるのだけど、点かない。   壊れてた。

s-15年1月7日 (29)    s-15年1月7日 (30)

中は広く、温かい。   壁一面に、絵が描いてあった。

s-15年1月7日 (31)

※ 私のカメラは、外付けのストロボ。   持ってこなかった。
   鍾乳洞のような灯りがあれば、十分撮れるんだが。

写真を、県と妙味温泉のHPからお借り。

s-15年1月7日 (32)

熊襲の穴と云ってるけど、大事な史跡ではないのかな。
もし史跡なら、絵を描いたりはできない。

s-15年1月7日 (33)

※ 写真は、この次通ることがあったら、撮ることにします。
  このブログに、載せますね。

動画があるので、紹介します。   私の撮影ではない。



気になる所、2ヶ所を、今日は見学しました。
神話の流れが、少し分かってきたかなって、感じ。

1人での洞窟は不気味だけど、自分は平気。
いつの間にか、こうなってしまった。
元々は、臆病者なのに。

【今日の一句】   「 大きな満月 屋根にのった 」    「 月を見て ひとりのごはん 」

【今日の歌】   吉田拓郎は、鹿児島県で生まれている。  大口(おおくち)市。   今は伊佐市。isa.jpg
          3曲紹介。   2曲目は、窓。  これが、なかなかいい。 10秒ちょっと。



【停泊場所】     A・Zの駐車場

【明日の予定】    見学はなしかな。   桜島が噴火の予報。 眺めてみる。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1572-debb0641

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 高屋山上陵は、山幸彦の陵(はか)と云われるものだった。  熊襲の穴は、奥が広い洞窟。~霧島市~ 他 (2015/1/7)
  • 2015年01月08日 (木)
  • 11時28分07秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。