キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今回、薩摩半島を下った目的は、「シーオン・インターネットサービス」、という会社に寄ること。
ブログなどに宣伝を載せたいが、自分ではうまくいかない。
以前、一度、別の件でお世話になっている。
今回は、上のことをお願いする。

その会社は、南九州市の頴娃(えい)にある。
古い家並みがあるので、少しだけ、歩いてみた。
それと、開聞岳が美しく見える、海岸線も。

頴娃(えい)の読みが難しい。
調べたら、読み方と、その意味が不思議。

これを書いているのは、28日午後。
27日は、寝ていた。
やっと体が軽くなって、29日から、歩き出す。

今は、喜入の道の駅にいる。
喜入は、先日のブログの、小松帯刀ゆかりの地。
彼は、喜入領主、肝付(きもつき)家の三男として生まれた。

  ※ 領主の自宅は鹿児島市内にもあって、帯刀は、そちらで生まれたよう。
     喜入は、領地であるから、こちらの別邸で暮らすことは、もちろん多かった。
     また、篤姫が育った別邸は、ここから近い。
     10㌔ほど離れた、今和泉。 (指宿の方に)
     2人は、同じ年に生まれている。  (龍馬も同じ年)
                          篤姫 ゆかりの地を訪ねて   池田湖の大ウナギ  他  (2009年5月13日)
    
喜入には、帯刀が育った時代の、石垣などの雰囲気が残っている。
喜入麓と、呼ばれる。
明日、歩いてみましょうか。
      ※ 以前、喜入は何となく歩いてはいる。 肝付家の墓があった。
           喜入を歩いてみました。(その2)    他  (2010/1/11)
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

頴娃(えい)町は、今は、合併して、南九州市頴娃町。
   
    ※ 南九州市は、頴娃町と、知覧町と、川辺町が合併。
          知覧町には、武家屋敷や特攻平和会館がある。
               知覧、武家屋敷通り。  武家屋敷庭園。   高田磨崖仏。~南九州市~  他  (2014/1/31)
               知覧特攻平和会館 ~平和に寄与するとは~    他  (2010/1/6)
               ホタル館 富屋食堂 ~飛び立って、戻った人はいるのか~
          川辺町には、日本最大規模の、磨崖仏群が。
               清水磨崖仏群。  日本一の大五輪塔、月輪大梵字、他。~南九州市~  他  (2014/1/30)

tizu1113_201412281716592f4.jpg    tizu2229_201412281716539ae.jpg

お世話になる店は、ここ。  シーオン・インターネットサービス。
支店が、鹿児島市内にもある。
       ※  店のHPは、右に。  シーオン・インターネットサービス

作業は、この日と次の日に、行った。
登録を待って、次に進む作業もある。

s-14年12月25・26日 (2)

こんな手続きもした。
こまった時に、ある方法で、この会社が私のパソコンに、入り込んで作業する。
北海道にいても、それは出来る。
今後、最後に頼る所として、お世話になる。

下は、前回来た時のブログ。
   九州も雪、動けません。  パソコン完全復活。     他  (2010/1/13)

s-14年12月25・26日 (1)

頴娃の見どころを教えてもらって、海に行った。  まず、 戸柱自然公園に。

開聞(かいもん)岳が見えた。   いつ見ても、いい姿。
標高924㍍。   
百名山の中では、2番目に低い。   一番低いのは筑波山で、877㍍。

   ※ 海の近くから登るから、登る標高差は、山の高さに近い。
      百名山の半分は、楽しようとすれば、開聞岳より楽。  
      車道やロープウェーがあるので。

s-14年12月25・26日 (3)

港の前に、ライオン岩。   左向き。

s-14年12月25・26日 (4)

後で、家並みの中を歩く。

s-14年12月25・26日 (5)

男の人が、あっちにも行ったかいと、ここに連れて来てくれた。
100㍍ほど歩いて。   戸柱自然公園。

s-14年12月25・26日 (6)

この方が、案内人。   親切。
丁寧に説明してくれる。  ところが、何言ってるか、さっぱりわからない。
鹿児島弁は、だいたい分かると思っていたのに。

小さな神社。

s-14年12月25・26日 (7)

そういえば、さっきの会社のシーオンの人が、頴娃の言葉は、難しいと言った。
「えい語」と言われることも。
例えば、こう。 (頴娃町の方言より)
   「また みごとな 景色ですね」 は、普通。 これが、下になる。
   「マダ ミゴデ ケシッ ヂャッドナー」
濁音が多く、最後に、ヂャッドナー では、めちゃくちゃ。 

「えい語」でなく「英語」なら、「It's the excellent scenery」のように、なりますね。(訳はネットで)
      excellentは、エクセレント。   sceneryは、シーナリーで、シーンに関係する言葉ですね。
まだ、英語の方が、分かりやすいですよ。

下は、土地の人の会話。  病院のことを言ってるよう。



※ 頴娃の港で、島津藩は密貿易をしていた。
   それで、幕府に分からない暗号の言葉が入り込んだ。
   また、南の方の言葉の影響もうけた。
   こんなことが、頴娃の方言を難しくしたようです。(シーオンの方といくつかのネットの情報)

変わった石が。

s-14年12月25・26日 (8)   

こうです。   お金みたい。   見ない表情の、像。

s-14年12月25・26日 (9)    s-14年12月25・26日 (10)

隣に、石碑。   遣唐使が、この港に着いたという。    はるか昔の話。

s-14年12月25・26日 (11)

鑑真の日本への船は、4隻。  第2船に鑑真がのった。  ここより北に、漂着。
第3船は、紀伊半島に。  第4船が、この港に着いた。   第1船は、日本には来れなくて、海南島。
第2船以外は、難破船のように、たどり着いた。

このことについては、後ほど。

s-14年12月25・26日 (12)

岩礁の浜が続く。

s-14年12月25・26日 (13)

車は、適当に停めて、歩くことに。
この道は、昔のメインストリートか。   左に、昔は豪商の家。

s-14年12月25・26日 (17)

再び、遣唐使船の説明。   鑑真のことが。

s-14年12月25・26日 (14)    s-14年12月25・26日 (15)

鑑真が着いたのは、下の場所。 左。  

tizu3335_20141228171702944.jpg

漂着した、秋目の港。    小さな船。   命がけ。

鑑真 (3)    鑑真 (1)

※ 遣唐使は、何回もあった。  長島にも、漂着した場所があった

多くの文化がもたらされ、日本は変わっていく。
    杜氏の里、笠沙黒瀬  鑑真和上上陸地に、鑑真記念館  河津桜が咲いていた~  他  (2012/2/28)

鑑真 (2)    鑑真 (4)

下の言葉が。  藤田と云う画家かな。

s-14年12月25・26日 (16)

雰囲気のいい坂道。

s-14年12月25・26日 (18)

お蔵ん坂。

s-14年12月25・26日 (19)

貿易で栄えた時代が、あったんですね。
横を見た。

s-14年12月25・26日 (20)

この地区には、昔の名残が、少しだけ残っている。

s-14年12月25・26日 (21)

昔を活かした街づくりをするのは、難しい取り組み。
それでも、どこかに、可能性は潜んでいる。

s-14年12月25・26日 (22)

この日は、戸柱自然公園に、停泊。
この一帯は、頴娃町の石垣地区。

次の日、少し走って、番所鼻自然公園に。   鼻は、岬の意味。

ついか (2)     ついか (1)

遠くに、開聞岳。

s-14年12月25・26日 (23)

向こうから来た。

s-14年12月25・26日 (24)

右方面。  タツノオトシゴは、向こうの方で。

s-14年12月25・26日 (25)

開聞岳と、釣り人。

s-14年12月25・26日 (26)

正面遠くに、島。   知らない島。   黒島かな。

s-14年12月25・26日 (27)

タツノオトシゴ、観光養殖場。   魚も。

s-14年12月25・26日 (28)    s-14年12月25・26日 (29)

タツノオトシゴは、変わっている。
普通の生き物の受精は、精子が雌に行く。
タツノオトシゴは、卵子が雄に行く。
だから、雄が、生むことになる。

生れる時から、この格好。

s-14年12月25・26日 (30)

下のようなビデオがあった。



この後、再度、シーオンに行った。
雑談でも、自分にとっては勉強になる。

せっかく頴娃に来たので、この町を少しだけ、歩いてみました。
丁寧に歩けば、他にも見所はある。

いつかまた、シーオンに来る。
その時また、歩きましょう。

※ 忘れてました。   頴娃の読みについて。
   頴の字は、それだけで、エイと読める。  稲のコメのからの部分。(琵琶湖・堅田・デジカメ絵図より)
   娃の字は、アイ、エ、ワ、と読めるよう。  美しいという意味。
   圭は、こういうもので、権威の象徴だそう。(中国のあるHP)
   そのことから、娃の美しさのイメージは、立ち姿のいい美しさ、と考えられる。

   頴娃の地は、元々は、入江だった。  つまり、江。
   江から、頴娃に変化したのではという説が有力。

   今の頴娃の辺りは、深く海が入り込んでいたよう。
   昔の頴娃は、浜一帯だったのでは。

   ここからは、想像。
   開聞岳は、昔は島だったかも。
   それが、砂でつながって、陸繋島に。
   頴娃は、その砂地にあった。
   江の名前で。
   
   そうでなかったとしても、開聞岳は、半島っぽかったでしょうね。
   池田湖は、海に近くて。

   元に戻って。
   頴娃の読みは、頴だけで、えいと読むそう。
   娃の字は、ただ、くっ付いているだけ。(南薩摩観光情報より

【今日の歌】    Il Volo - 'O Sole Mio



【停泊場所】   25日 戸柱公園    26・27日 道の駅、喜入

tizu6666.jpg

【今後の予定】   29日は、喜入麓を歩く。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.          
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1563-24b200a5

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 頴娃(えい)の町を歩く。  頴娃は難しい読み。  ブログとYouTubeの動画に宣伝を。~南九州市~ 他 (2014/12/25・26)
  • 2014年12月28日 (日)
  • 12時40分15秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。