キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

山頭火は、日記の中に、こう書いた。
                「入浴ほど安価な享楽はない」
彼は、温泉が大好き。

昭和5年の秋に、ここ、日奈久(ひなぐ)温泉にやってきた。
3日間、滞在。  宿泊した木賃宿が、今に残ってる。
機嫌よく過ごし、下のように。
  「温泉はよい、ほんたうによい、こゝは山もよし海もよし、出来ることなら滞在したいのだが・・・」

山頭火は日奈久温泉を愛した。
ここの温泉の人たちも、彼が来てくれたことに、今でも感謝している。
街を歩いて、それを感じた。

観光案内所で地図をいただき、あっちに行って、こっちへと。
最後に温泉に入った。
寒い日が続き、冷えた体が、ぽかぽかになった。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

場所は、八代(やつしろ)市 日奈久(ひなぐ)。
八代市は、球磨川(くまがわ)の河口にある町ですね。

tizu1112_20141209211427b39.jpg    tizu2224_20141209210214e96.jpg

観光案内所と駐車場が一緒にあるのは、とても助かる。
いつも、駐車場で苦労するから、この町をちゃんと見よう、という気持ちになる。

案内所で、地図をいただいた。
お勧めのコースが載ってるのも。     

s-14年12月8日 (3)

赤〇の所に行く。   下が海。

s-14年12月8日 (1)    s-14年12月8日 (2)

日奈久港。  外に、大きな港がある。   干満の差が激しいと分かる。

s-14年12月8日 (4)    s-14年12月8日 (5)

小路を歩くと、昭和のにおい。    祠が多い。

s-14年12月8日 (6)    s-14年12月8日 (7)

白壁の家。   なまこ壁と云うけど、丸っこい模様。  江戸末期の建物。

s-14年12月8日 (67)

地図の左に、行ってみた。   さっそく、山頭火。    この後、次々と。
九州の味噌は、私の口に合う。   少し甘めのが。  米とか麦のが、好き。

労れては、つかれて、と読むでしょうね。   いたわれて、と読むことも可能。

s-14年12月8日 (8)    s-14年12月8日 (9)

焼き物のお店。    上野(あがの)窯。
青っぽく見えるけど、磁器ではなく、陶器。    品の良さを感じますね。   

s-14年12月8日 (10)    s-14年12月8日 (13)

説明があった。   
上野(あがの)の場所は、筑豊と言っていいでしょうか。  少し前にいた、糸田町の北隣。
    ※ 糸田町は、山頭火と関わりがあるので、関連ブログで紹介。
また、旧高田村奈良木は、八代市街地の少し南。  近くを通ってきた。

象嵌(ぞうがん)の象は「かたどる」、嵌は「はめる」の意味。
別の土を、上からはめ込んだりする。 そして、削ったりも。
その上から、釉(うわぐすり)をかけて焼く。   大雑把ですが。

上の作品を見たら、そんな感じがします。

s-14年12月8日 (14)    s-14年12月8日 (15)

上野窯の上に、足手荒神(あしてこうじん)があった。
今年の1月に、ここに寄ってたら、右足はもっと早く治ったかな。
   ※ 説明に御船ととある。  ここには、玉虫寺が。 関連ブログで。

s-14年12月8日 (11)    s-14年12月8日 (12)

温泉街の中心に戻った。   窓の外に、木の葉が降ったのか。  もしかして、外で飲んでたりして。
そうそう、この道は、昔の薩摩街道。  古い時代は、この道がメインストリート。
郊外に大きな店が出来るから、お店は大変。

s-14年12月8日 (16)    s-14年12月8日 (17)

山頭火は、酒を飲まなかったら、眠れなかったかも。
放浪の旅だけど、放浪の涙の旅。    ※ 離婚した奥様が、そんなようなことを言った。

日奈久温泉の中心。  温泉センター、ばんぺい湯。   温泉は、最後に。

s-14年12月8日 (68)

温泉の発祥が書いてある。   六郎左衛門が見つけた。
動物が傷を治したではないので、真実味がある。

s-14年12月8日 (18)    s-14年12月8日 (19)

地図の真ん中にいる。   ブーゲンビリアの花が咲いていた。   真ん中の、白い部分。

s-14年12月8日 (20)    s-14年12月8日 (21)

少し海側に、八代屋(やつしろや)旅館。
明治10年にはあって、西南戦争の時の、弾の跡があるという。
この旅館の近くの海が、西南戦争の官軍の上陸地と、地図にあった。

激戦の田原坂は、熊本市の少し北ですね。  ※ 関連ブログで。
屋根に、恵比寿さん。

s-14年12月8日 (69)    s-14年12月8日 (22)    s-14年12月8日 (24)

どれもいい。   真ん中のは、よい月の見える外に出た、という意味ですね。

s-14年12月8日 (23)    s-14年12月8日 (25)    s-14年12月8日 (26)

恵比寿さん。   ここは、温泉センターの横。
元湯の入り口。  200円。    最後に入る。

s-14年12月8日 (27)    s-14年12月8日 (29)    s-14年12月8日 (28)

山の上への道を行く。   鉄道を渡る。
肥薩おれんじ鉄道。  八代から薩摩川内まで。
鹿児島本線は、門司港駅から鹿児島駅まで。 この区間だけ、JRでない。
電車が走れるけど、電車でない。    ※ JRの貨物列車が走るのかな。   
後で、列車を見る。

柿の木をよく見る。   鳥が喜ぶ。

s-14年12月8日 (30)    s-14年12月8日 (31)

大師堂。   弘法大師の像。  右隣にも、像が。

s-14年12月8日 (32)    s-14年12月8日 (33)    s-14年12月8日 (34)

左下から来た。   右に行ったら、山。  
  ※ 日奈久温泉は、国道3号線沿い。  3号線は、いつも通る道。   いつか、登ってみましょうか。

s-14年12月8日 (35)

見晴らし台に来た。  中央左が、ばんぺい湯。

ふる鈴は、震える鈴、の意味でしょうね。   彼の母は、自ら命を絶っている。 
      (私の婆ちゃんも。  四国を全部歩いた後。 後に親父は、戦地から無事に帰ってきたのに)
        このブログの最後に。 
          四国最南端の景勝地、足摺岬  和泉式部の逆修の塔 ~土佐清水市~   他  (2011/1/21)

s-14年12月8日 (37)    s-14年12月8日 (36)

上に温泉神社。   右の写真は、土俵から撮った。  石段の左右に、観覧席。 
  
s-14年12月8日 (38)    s-14年12月8日 (39)

六郎左衛門のことが、書いてある。

s-14年12月8日 (70)   s-14年12月8日 (40)   s-14年12月8日 (41)

稲荷社と六郎神社。

s-14年12月8日 (71)

ご神木と、最初の説明にあった、お告げ石。

s-14年12月8日 (42)    s-14年12月8日 (43)

下が見えた。   遠くは、天草諸島。

s-14年12月8日 (44)

線路の上を通って戻るとき、細い道が見えた。   秀吉軍が通った道だという。

s-14年12月8日 (46)    s-14年12月8日 (45)

左は、恵比寿さん。   右は、地蔵菩薩。   地蔵菩薩は、短い錫杖(しゃくじょう)を持っている。

s-14年12月8日 (47)    s-14年12月8日 (48)

松の湯。   200円。    九州に来ると、安い温泉が多い。
思い出は、忘れてることが多いかな。
      ※ 8日の夜、夢を見た。 ずっと夢の中にいたかった夢。 何年ぶりかの、同じ夢。

s-14年12月8日 (49)    s-14年12月8日 (50)

こんなのが走っている。 電車でない。  温泉街の南に来ている。

s-14年12月8日 (51)

釈迦堂。   疫病を鎮めるために建てた。  大正時代。  何の病気だったんだろう。

s-14年12月8日 (52)    s-14年12月8日 (53)    s-14年12月8日 (56)

裏に釈迦井戸。   今は使われていない。   つるべ井戸でしたね。  横に、石があるので。

s-14年12月8日 (54)    s-14年12月8日 (55)

港に出てきた。

s-14年12月8日 (57)

また、温泉街に。
金波桜(きんぱろう)。   明治から操業。  日奈久温泉では、老舗の宿。

s-14年12月8日 (73)   s-14年12月8日 (58)      s-14年12月8日 (59)

憩の広場。

s-14年12月8日 (60)

2009年に、開湯600年。

s-14年12月8日 (62)

山頭火がいた。  ここに来た時の日記。   右は、青空文庫から。
織屋(おりや)に泊まった。  案内所の近く。

s-14年12月8日 (64)    s-14年12月8日 (63)    s-14年12月8日 (74)

鉄鉢の中へも霰。    霰は、あられ、ですね。   霰しか、入ってこないのか。
芦屋町で作られた。    芦屋町は、九州の北に。   遠賀川の河口。

s-14年12月8日 (65)    s-14年12月8日 (87)

カラクリ灯篭。   いつ動くんだろうと時計を見たら、動き出した。   ぴったり。

    s-14年12月8日 (66)

この後、車に戻った。  温泉の道具を持って、再度。
観光案内所の近くに、山頭火が泊まった、織屋(おりや)があった。
5時過ぎてて、中の見学は出来なかった。

木賃宿で、昔のまま残っているそう。    ※ このサイトに、写真が

s-14年12月8日 (79)

山頭火は、ここが気に入った。   どこの温泉に入ったのかな。  ばんぺい湯の、前の温泉か。

s-14年12月8日 (80)    s-14年12月8日 (88)

また来ました。   ばんぺい湯。

s-14年12月8日 (81)    s-14年12月8日 (82)

ばんぺい湯は500円なので、食事だけ。
島原で、ちゃんぽんを食べそびれたので、これを。  特に、安くはない。 美味しさ、普通。

晩白柚(ばんぺいゆ)という果物がある。   みかんの親分。 八代市の特産。  温泉は、その名前。

s-14年12月8日 (83)    s-14年12月8日 (84)

裏の方に元湯。  200円。   安い分、なお気持ちいい。  中は、こう。(マップル温泉ガイドより)

s-14年12月8日 (85)

すっかり温まって、適当な道を通って戻った。   
小路から出たら、正面に、織屋があった。

s-14年12月8日 (86)

この後、AZのある阿久根市に。  ※ AZは、阿久根市の入り口に。 スーパーセンター。

日奈久温泉は、かけ流しが基本。
駐車場もあるので、通った時は、寄ることにしましょうか。

山頭火にも出会えるし。

【関連ブログ】
   山頭火の終の住処となった 一草庵~昭和14年の暮から翌年の10月11日迄 松山市~   他  (2011/2/11)
   糸田は、山頭火が緑平さんを頼り、また陽水が育った町だった。~福岡県のほぼ中央、糸田町~  (2010/4/25)
   瑠璃光寺五重塔  湯田温泉 ~山口市~   他  (2010/5/6)
   高座右寺 山頭火遊歩道 鏡山大神社 ~香春町を歩く~   他  (2010/4/23)

   玉虫寺は、玉虫御前が平家の菩提を弔うために建てた、と伝わっている。~御船町~  他  (2013/3/1)
   西南戦争最大の激戦地、田原坂 ~植木町~  遥かな轍(わだち)  他  (2012/2/13)

【今日の動画】   最初の部分、朱鱗洞も死んだ 放哉も死んだ、って言っているよう。  
            2人とも親しくしていた。 朱鱗洞は若くして亡くなる。  放哉については、下のブログに少し。
             淵崎を歩く。(尾崎放哉、西光寺三重塔、迷路のまちの灯篭 他)~土庄町~  他  (2012/12/13) 



【その他 ①】  八代市は広く、奥が深い。
        九州で行くのが一番大変なのは、五家荘。
        そこは、八代市になる。
        今までの旅で、道で一番苦労したのは、五家荘の道。
        北の美里町から五家荘を通って、南の五木村への道は、林道のような国道(酷道)。
   五家荘、平家の里。  鬼山御前。  梅の木轟の滝。~八代市泉町五家荘~  他  (2013/2/25)
   久連子古代の里。  鬼山御前の祠。  伝説は、歴史の残り火か。~八代市五家荘~  他  (2013/2/27)
   平家落人伝説の里、五家荘。  末裔の屋敷、緒方家。  樅木の吊橋。~八代市~  他  (2013/2/24)

【その他 ②】  島原港からフェリー。  雲仙が見える。   雨模様。   1時間の船旅。

s-14年12月8日 (75)    s-14年12月8日 (76)

熊本港。  カモメは、手からエサを食べる。   投げたのも、キャッチ。

s-14年12月8日 (77)    s-14年12月8日 (78)

【停泊場所】    AZの駐車場

tizu3335_201412100052268f8.jpg

【今後の予定】    10日の昼前に、長島町に。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.               
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1555-5ff6622f

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 山頭火が愛した、日奈久温泉。  宿泊した木賃宿、織屋。  ばんぺい湯、他。~八代市~ 他 (2014/12/8)
  • 2014年12月09日 (火)
  • 17時24分27秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。