キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

再来年の大河ドラマは、真田幸村。(真田丸)
彼の最期は、大阪城の落城の時。

落城の前日、娘と息子を、城から脱出させる。
行先は、伊達政宗の家臣、片倉小十郎。

娘の阿梅(おうめ)は、後に小十郎の息子の重長の妻になる。
息子は、秘密裏に育てられ、真田の血を引き継ぐ。(幕府は最後、秘密はもういいって、認めたよう)

片倉小十郎は、上の戦いの大坂夏の陣に向かう時、愛宕山に寄った。
戦勝祈願。
そして、無事に勝ったので、絵馬を奉納した。

絵馬は、かなり傷んだ状態だが、今も愛宕山にある。
仙台に近い、白石(しろいし)城で、再現した絵馬を見た。
白石城は、小十郎の城。

そんなことで、愛宕山に登ってきた。

      白石城は、木造での復元。  片倉小十郎の妻は、真田幸村の娘、阿梅(おうめ)姫。~白石市~ 他 (2014/10/12)
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

嵯峨嵐山駅から出発。  帰りは、水尾を通って保津峡駅に。  距離は、20㌔弱でしょうか。

tizu1114_20141121103824c16.jpg

※  足の調子は、すっかり良くなった。 
    右足を骨折したのは、1年前の、11月21日。  大原で。
    ずっと、アキレス腱の辺りが、膨らんで固くなっていた。
    その部分が、小さくなってきたと、はっきり分かったのは、1ヶ月ほど前。

    このままなんだろうかと、ずっと心配していた。
    これで一安心。  今年は、山に十分登れなかった。
    最近は、右足が先に疲れることもない。
    本格的に、また登るぞ~って、気合の入れ直し。
     
    今日の愛宕山(あたごやま)は、標高差800㍍。
    ちょうどいい訓練。

嵯峨野を通って、清滝に向かう。   ※ 清滝は、地名。
少し行って、左に、土佐四天王の像。   右に、少し離れて、落柿舎(らくししゃ)。

左から、吉村寅太郎、武市瑞山(半平太)、龍馬、中岡慎太郎。 
  ※ 今回は、寅太郎と慎太郎の、出生地を紹介。
       四国カルスト、天狗高原。  吉村虎太郎生誕地。  早瀬の一本橋。~津野町~  他  (2014/4/4)
       中岡慎太郎の故郷、北川村を訪ねる。~生家 慎太郎館 遺髪墓地 他~   他  (2011/1/6)

s-14年11月19日 (1)    s-14年11月19日 (2)

落柿舎です。   芭蕉が来ていて、ここから清滝に行っている。  「清滝や波に散り込む青松葉」の句を。
左に小さな鳥居。 そこに、有智子内親王(うちこないしんのう)の墓。  人のほめ方がすごい。 そんな漢詩。
    紅葉を求めて、保津峡駅~清滝~鳥居本~嵐山、と歩いてみた。  有智子内親王の漢詩。~京都市~  他  (2012/11/19)

s-14年11月19日 (57)

鳥居本に入ってきた。   重伝建地区。   (京都市には、他に、祇園新橋、三年坂、上加茂の社家町)
ここまで来たら、嵯峨野も静かに。 
右写真、左に上がって、化野(あだしの)念仏寺。
   東風さんと嵐山・嵯峨野を歩く。  化野念仏寺。 ~京都市~  他  (2011/11/25)

s-14年11月19日 (3)    s-14年11月19日 (4)

清滝への道。   
右写真は、愛宕山の第1の鳥居。   この辺も、紅葉の見どころスポット。
亀岡から歩いてきたら、ここに出てくる。

s-14年11月19日 (5)    s-14年11月19日 (6)

昔の愛宕電鉄のトンネルを抜けたら、清滝のバス停。   坂を下って、渡猿橋(とえんきょう)。

s-14年11月19日 (7)    s-14年11月19日 (8)

地図です。

tizu 9899 (1)

愛宕山への参詣は、昔の方がにぎやかだった。 清滝の宿も、繁盛した。
名残の集落を過ぎて、第2の鳥居。
登山道入り口。

s-14年11月19日 (9)

愛宕神社は、頂上に。  4.2㌔。  
ニワトリがいた。  小さいのは、イギリス産の、セブライト バンタムという種類。
話しかけたら、逃げなくなった。
s-14年11月19日 (10)    s-14年11月19日 (58)

登山道横に、昔のケーブルの跡。 愛宕電鉄。   こんなのが、走っていた。8合目辺りまで。(自分のブログから)  
右の写真の所に、学校があった。   昔は、茶屋などがいっぱい。   観光地。

s-14年11月19日 (11)    s-14年11月19日 (12)

ここにも、茶屋があった。

s-14年11月19日 (59)

少し、微笑んでるように見えた。  大きな木があって、ここからの見晴らしがいい。

s-14年11月19日 (13)    s-14年11月19日 (14)

保津峡が見える。 奥の鉄橋は、今のJRの。   手前は、トロッコ列車。  
車の橋は、もっと手前。 左の山を越えて、第1の鳥居に出る。  いい散歩道。

s-14年11月19日 (15)    s-14年11月19日 (60)    s-14年11月19日 (61)

下の小さな山は、百人一首の小倉山でしょうか。 その向こうが、嵯峨野や嵐山か。

s-14年11月19日 (16)

広沢池が見えた。  見えないけど、右手前に、大覚寺がありますね。   この一帯も、歩ける。
   大沢池・名古曽(なこそ)の滝跡から、広沢池へ ~京都市~   モーツァルト、ピアノソナタ第11番 K.331 第1楽章  (2012/6/6)

カワラケ投げのことが。   輪を通すとある。 投げたカワラケが、輪を通ればいいんですね。

s-14年11月19日 (18)    s-14年11月19日 (62)    s-14年11月19日 (17)

上の写真を撮っていたら、樒(しきみ)を手にした人が、下りてきた。
頂上の愛宕神社で買ってきたもの。  
地元の人。   町内会の係り。   しきみの葉を1枚くべると、その日、火事にならない。
  ※ 花は、こうですね。(Wikipedia)。   これが樒の花と、初めて知った。  たまに見る。
右の人は、左の人を、迎えに来た。

s-14年11月19日 (20)    s-14年11月19日 (19)

水尾への分岐点。   水尾分かれ。   左が、水尾へ。   帰り、そっちに。

s-14年11月19日 (63)    s-14年11月19日 (21)

少し行くと、花売り場。  昔は、水尾の人が、毎日やってきた。  3㌔の急な登りを。

s-14年11月19日 (22)    s-14年11月19日 (23)

登山口から、2時間が過ぎた。

s-14年11月19日 (24)

黒門が見えた。  もう少し。   昔は寺があって、その門。

s-14年11月19日 (25)    s-14年11月19日 (26)

近くなったら、雰囲気が変わる。   灯篭があったり、長い石段に。

s-14年11月19日 (27)    s-14年11月19日 (28)

最後の鳥居か。

s-14年11月19日 (64)

着きました。

s-14年11月19日 (29)    s-14年11月19日 (31)    s-14年11月19日 (30)

正面に本殿。   拝殿は?
愛宕太郎坊天狗は、イノシシにまたがる。   イノシシは、愛宕の神の使い。

s-14年11月19日 (32)    s-14年11月19日 (34)    s-14年11月19日 (33)

本殿は、周りが通路。  後ろの通路に、愛宕太郎坊の絵馬はあった。

s-14年11月19日 (38)

この絵馬を奉納したのは、伊達家の家臣、片倉小十郎。
夏の陣が終わった9日後の、5月24日に。

やっと残っている状態。

s-14年11月19日 (37)

下のは、2分の1のサイズで、本物に忠実に作ったものを、写真に撮ったもの。
本物の下書きが残っているので、それを元に作った。  白石城で撮影。

右のお札は、神社に売っている。  100円。
夏の陣の時、小十郎の兵は、お札を兜に貼って戦った。  写真のように。 

s-14年11月19日 (56)    s-14年11月19日 (42)

上の写真と比べながら見ると、この部分だと、分かるでしょうか。

s-14年11月19日 (35)    s-14年11月19日 (39)

この後、神社の人が、説明してくれた。
この愛宕太郎坊の絵馬は、復元の計画があるそう。
古い部分はそのままにして、足りない部分を、付け足す。
古い部分を使った時に、初めて復元。

復元したら、その段階で、重要文化財なるという。

s-14年11月19日 (40)    s-14年11月19日 (41)    s-14年11月19日 (36)

詳しい計画は、下の動画に。
  京都愛宕研究会 「京都から東北へ~愛宕太郎坊に託す想い~」



見たいなと思っていたものを見て、満足。
石段を下って、戻る。   足取りが軽い。

s-14年11月19日 (43)

ここで、水尾に曲がる。   水尾山稜参道とある。  水尾山稜は、清和天皇陵のこと。

s-14年11月19日 (44)    s-14年11月19日 (45)

急な下り道が続いた。   石段はない。  3㌔。
40分ほどで、着いた。   柚子(ゆず)が売っていた。

s-14年11月19日 (46)    s-14年11月19日 (47)

清和天皇陵は、谷を一度下って、向こうの山を少し登る。
   清和天皇の墓がある、京都の隠れ里、水尾 ~京都市~  ききょうの花(山崎ハコ)  他  (2012/6/25)

s-14年11月19日 (48)    s-14年11月19日 (49)

水尾は雰囲気のいい、里山。    右に、柚子がなっている。
保津峡駅まで、3㌔。

s-14年11月19日 (50)

足は快調。   元気に歩いて、着いた。
ちょうど電車が通った。    プラットホームは、橋の上。  両側は、トンネル。
  ※ 珍しい駅ですね。 しかし、日本最強の秘境駅は、トンネルとトンネルの間が、たったの80㍍。
     北海道の室蘭本線に。  近くに、円空が仏像を彫った洞窟も。
         室蘭本線の秘境駅、小幌駅 ~全国秘境駅ランキング、NO.1。 豊浦町~  他  (2011/8/4)

s-14年11月19日 (52)    s-14年11月19日 (53)

右は、トロッコ列車の線路。   来ないかな~って待ったけど・・。

s-14年11月19日 (54)    s-14年11月19日 (55)

山は、登るだけでいい。  だけど、今回のような楽しみがあると、なおいい。
小十郎の絵馬が残っているなんて、歴史のロマンですね。

大河ドラマ「真田丸」で、小十郎は、誰が演じるでしょう。
そして、阿梅(おうめ)は。

【今日の曲】   Tango Flamenco (ARMIK)



【その他①】   高倉健がなくなりました。   2つ紹介。
   増毛のレトロな町並み。  國稀酒造。  『駅 STATION』、ロケ地。~増毛町~ 他 (2013/8/5)
   幸せの黄色いハンカチ、想い出広場  他 ~夕張市~  他  (2011/8/8) (写真だけ)

【その他②】   子供が助かったニュースです。

maityann111.jpg    maityann222.jpg



※ ずっと昔、名前が同じ読みの、女の子を担任したことがある。  「健康以外はみんな贅沢」、それを知った。
    あれから、17年。(2008年8月2日)

【道の駅】    ガレリアかめおか

【明日の予定】    光雲寺

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.       
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1547-38ab6fd5

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 愛宕太郎坊を見に、愛宕山へ。  嵯峨野、清滝、愛宕山、水尾の道を歩く。~京都市~ 他 (2014/11/19)
  • 2014年11月20日 (木)
  • 05時21分11秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。