FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

東の空が白みがかった頃、修行僧の読経の声が、山内に響く。
永平寺の1日は、こうやって始まる。

倶利伽羅(くりから)峠は、歩くのに時間がかかる。
急ぐ用事があって、今回はあきらめ。

永平寺の写真を撮ることにした。
90㌔ほど走って、3時過ぎに着いた。

  ※ 晴れでない日は、ソーラーで生まれる電気は少ない。
     たくさん走っても、無駄にならない。 電気をつくる。

深山幽谷の地にある寺で、これ程人の集まる寺は、他にあるだろうか。
さすが、曹洞宗の本山と、思わせてくれる。

紅葉は、色づき始めていた。
それはそれで、またいい。 
別の魅力。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

那谷(なた)寺の紅葉も、考えた。  まだ早かった。
いつかは、再度永平寺にと、思っていた。

石川県を通り抜けて、福井県に入った。  ※ 能登半島は、遠くない将来に、再度。

tizu1434.jpg

山の中に。

tizu2767_20141029154012dd2.jpg

無料駐車場があった。  知らなかった。
機嫌よく歩いた。  町並みに。     朝倉氏遺跡が近い。

正面奥に、建物が見える。   永平寺。

14年10月28日 (1)    14年10月28日 (2)

着きました。   右を、上がって行く。

14年10月28日 (3)    14年10月28日 (4)

小さな建物を入れると、70程。
昔はあったという寺はよく聞く。  今70ある寺は、地方では聞かない。

7つの赤い建物が、7堂伽藍(がらん)。   中心になる建物。 
右から、入る。  500円。

14年10月28日 (5)    14年10月28日 (6)

傘松閣(さんしょうかく)。  222畳の大広間。   天井画が、見どころ。  

14年10月28日 (7)

一流画家の絵も。  私は、知らない人。   床の間を、背にして見る。
団体さんの方が、多い。

14年10月28日 (8)    14年10月28日 (9)    14年10月28日 (10)    14年10月28日 (11)

建物は、斜面に並んでいる。  そっちに行く。   
少し下に、山門が見えた。  最後に行く。

 ※ 昔、こんな番組を見た。
      あの門の前で、若い僧が、入門を願って立っている。   何かを叫んで。
      寺側は、簡単に入門させない。  入れさせない。
      意志の強さを、何らかの形で、確認する。
      あの時の若い僧は、雪の降る中、一晩立ってたような気がする。
      これについては、最後に。  (動画を探している)

14年10月28日 (12)    14年10月28日 (65)

仏殿。   寺の中心。   本尊がある。

14年10月28日 (66)

長い階段が、永平寺の特徴。   山門の屋根が見える。    

14年10月28日 (13)  14年10月28日 (14)  

横への廊下。   どこの場所かな・・・。(混乱)   
修行僧が、すっと下りて行った。  修行の場所に、入り込んでいる。

14年10月28日 (15)    14年10月28日 (16)

永平寺は、鎌倉時代に、道元が開いた。
その道元の墓がある所が、承陽殿(じょうようでん)。

一番上に行って、左に行く。
門が見えた。  その左に、上がってきた階段がある。
ここです。

14年10月28日 (18)    14年10月28日 (19)

正面の承陽の額は、明治天皇が贈ったとある。
廃仏毀釈の嵐は、終わったのか。  (明治の初めだけで、4年ごろには終わったよう)

14年10月28日 (20)    14年10月28日 (21)

永平寺が、なぜこの地にあるかですが、
上の説明に、波多野義重の像があると、ある。
この人が、この地に、道元を呼んだ。  そして、永平寺を作った。

   ※  彼と道元については、「朔北(さくほく)の雲」という本に、載っているよう。
       朔北は、都から離れている意味。   オホーツクの舟歌に、出てくる。
       このブログの最後に、触れた。 港の見えるカフェテラス  山  (2008年9月25日) 
          ※ 上のブログは、働いてたときの。  勤務中に、半分遊んでいる。  サケ釣りを見た。

少し戻って、ここは、一番上にある、法堂(はっとう)。  ※ 法の読みは、法被(はっぴ)と同じですね。
講義を受けたり、法要に使ったり。  中央に、聖観世音菩薩。    像は見えないけど、顔はこう

14年10月28日 (67)

白獅子の狛犬(こまいぬ)が、可愛い。

14年10月28日 (22)    14年10月28日 (23)

下の動画の最初に、法堂での修行僧の様子が、映ります。  他、いろいろと。  全体が分かるかな。



法堂は、広い。  部屋の左に、三界万霊塔。    過去・現在・未来の全ての霊を、供養する。

14年10月28日 (24)    14年10月28日 (68)

法堂の前から下を。   階段の廊下は、両側に。   下の、左右への廊下は、絵地図になかった。
さっき、どこか分からなかったのは、ここだ。

14年10月28日 (69)

※ 永平寺の冬は、寒い。  この場所の冬は、こう

法堂の説明が、あった。   ここは、法堂の前。  1本の木の紅葉が始まった。

14年10月28日 (26)    14年10月28日 (27)

法堂を、もう一度、覗(のぞ)いて。  ここが一番大きな建物。
右は、法堂の右にある建物。(下の方から見て。 絵図に、名前はない)

14年10月28日 (28)    14年10月28日 (71)

下から見て、右の、階段。  この廊下が、楽しい。

14年10月28日 (29)

窓は、平行四辺形。

14年10月28日 (30)    14年10月28日 (31)

仏殿と、仏殿の上の廊下。(名前は、一文字廊)

14年10月28日 (72)    14年10月28日 (32)

一文字廊の中間から、法堂を見上げた。
紅葉の木を撮りに、法堂に戻った。  側から見たら、美しくなかった。  お日様が、当たっていなかった。

法堂の角に、護美箱。   本当に入れていいか、不安。   木は、たたかれて、凹んだ。

 ※ ゴミの漢字は、難しい。   正式なのは内容。  間違い、無いよう、です。
    ずっと昔は、木の葉が、ゴミだったよう。  ネットでは、分からない。
     ゴミのゴは、木(コ)なのか。  
     それとも、葉っぱが混み入ったように集まったから、コミで、ゴミになったのか。

14年10月28日 (73)    14年10月28日 (33)

瑞雲閣(ずいうんかく)とある。   お客様の、接待所。

14年10月28日 (74)

仏殿の中。    4時半を過ぎたので、人はいない。   見学は、5時まで。 

14年10月28日 (36)

像は、見えにくいけど、3つ並んでいた。  

須弥壇(しゅみだん)中央に、釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)。
     ※ 牟尼(むに)は、サンスクリット語 muni のことで、聖者とかの意味。  釈迦の、尊称だそう。
左に阿弥陀仏(あみだぶつ)。  右に弥勒仏(みろくぶつ)。

左から、過去・現在・未来・を表しているそう。
つまり、三界万霊の三界か。

14年10月28日 (34)    14年10月28日 (35)

中雀(ちゅうじゃく)門の向こうに、山門。

14年10月28日 (37)

仏殿の前から。   見える門は、中雀門。   
左の大きな建物は、庫院(くいん)。  ここで、食事を作る。
普通の僧は、4時起き。  庫院の僧は、2時起き。  

14年10月28日 (76)    14年10月28日 (77)

庫院の前の、廊下。   右は、仏殿。

14年10月28日 (78)    14年10月28日 (79)

永平寺の修行僧は、3年ほど、ここにいるそう。
寺の息子が多いと思うけど、大変な修行。   

朝の食事は、こう。(上の方の、動画にもあった)。  お腹空きそう。 
      
空腹を我慢、冬の寒さを我慢。 我慢も修行のうちか。
中雀門。   後ろに、山門。

14年10月28日 (80)

庫院(くいん)にあった像。   韋駄尊(いだそん)天。
そう云えば、高岡市の瑞龍寺の厨房にも、この像があった。

14年10月28日 (38)    14年10月28日 (39)

すりこぎ棒。  最初の部屋で、寺の説明を少し聞いた。  こう言った。
男の人が触ると、ごますりが上手になる。
女の人が触ると、料理が上手になる。   

話がつまらない。 面白いのを考えればいいのに。  遊びなんだから。

14年10月28日 (41)    14年10月28日 (42)

山門を、後ろの正面から。

14年10月28日 (83)

中雀門。   色づき始めた、モミジの木。   見ごろは、間もなく。
ぽっと、頬(ほお)が薄く染まった感じ。   ※ 頬は、ほほと読んでもいいよう。

14年10月28日 (43)    14年10月28日 (82)

仏殿を、正面から。

14年10月28日 (84)

修行僧は、戸締りなど、後始末に入っている。    山の上への石段。

14年10月28日 (46)    14年10月28日 (47)

山門に入ってきた。   下から見た、中雀門。   美しい。

14年10月28日 (48)    14年10月28日 (85)

庫院(くいん)と、モミジの木。

14年10月28日 (49)    14年10月28日 (50)

山門。   向こうから来た。

14年10月28日 (51)    14年10月28日 (57)

山門の四天王。   山門にはふつう2人。  ここは、4人。

14年10月28日 (52)    14年10月28日 (53)

14年10月28日 (54)    14年10月28日 (55)

右の額を先に。  宝治2年(1248)に、山号を吉祥山(きちじょうざん)と改めた。  それが書いてある。
その3年前に、永平寺の名前に。

14年10月28日 (86)    14年10月28日 (87)

上の左の写真に、柱がある。   そこに、聯(れん)と云う、木が下がっている。
そこに書いてあることが、厳しいので、ここから入るのが、大変。
こうある。  むずかしい。
   右側  【家庭厳峻  不容陸老従真門入】  かていげんしゅん りくろうのしんもんよりいるをゆるさず
   左側  【鎖鑰放閑  遮莫善財進一歩来】  さやくほうかん、さもあらばあれ、ぜんざいのいっぽをすすめきたるに

この人の解説が、分かりやすい。  厳しい表情。



鐘楼。  除夜の鐘は、これが鳴る。   納経堂。   永平寺で書いた写経は、ここに納める。

14年10月28日 (56)    14年10月28日 (58)

ここには、人がいっぱいいた。   この人たちは、3泊4日の修行に来た人のよう。

14年10月28日 (59)    14年10月28日 (60)

出口に、ふれあい観音。

14年10月28日 (61)

別の道を、下った。

14年10月28日 (62)    14年10月28日 (63)

ここを通って。   駐車場まで、5分ほど。     5時過ぎ。   日が短くなった。

14年10月28日 (64)

曹洞宗の寺には、時々出会う。
永平寺の紹介が必要な時がある。

そんなことがあって、写真を多くしました。

忘れてましたが、私の家は、曹洞宗でした。
私の信心深さの程度が、分かってしまう。

【雲水の生活】   禅宗の修行僧を、雲水と呼ぶようです。  写真は、パンフレットから。
            修業は厳しい。  休めるのは、トイレの中だけ。  
            だから、しょっちゅうトイレに行く僧が、いる僧。 (ある修行僧の、手記から)

unnsui (1)    unnsui (2)    unnsui (3)    unnsui (4)

【ブログ紹介】
   山中温泉を歩く。  山中漆器祭。  菊の湯。~加賀市~  他  (2013/5/3)
   一乗谷朝倉氏遺跡  越前大野城~福井市・大野市~  他  (2013/5/4)
   白山に登る ~日本三名山、深田久弥のふるさとの山  白山市~  他  (2011/7/6)
   紅葉の那谷寺 ~芭蕉も来ていた。 小松市~  世界のガラス館  他  (2010/11/13)
   金沢ひがし茶屋街・主計町茶屋街 ~金沢市~   他  (2010/11/12)

【今日の曲】    Cartas de Amor (ラブレター)   ※ Cartas は、手紙・カード。  Amor は、愛。



【道の駅】   パークイン丹生(にゅう)ヶ丘

tizu3333.jpg


【今後の予定】    武生の町かな。  蔵の辻ってのが、ある。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.      
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1536-77a8b9dc

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 曹洞宗大本山、永平寺。  道元によって開かれた、座禅修行の道場。~永平寺町~ 他 (2014/10/28)
  • 2014年10月29日 (水)
  • 12時04分59秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。