キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

旭岳のふもとに、天人(てんにん)峡がある。
その奥に、格別の美しさの、滝がある。
羽衣の滝。

観たいが見られない。
土砂崩れで、そこへの道がふさがっている。

所が、見られる場所がある。
トムラウシへの登山道の、途中から。

その場所は、羽衣の滝の反対側の、山に。
標高差300㍍の、崖の上。

登山道は、温泉街から。
柱状節理でない部分の、急峻な斜面を、ジグザグに一気に登った。
500㍍ほど尾根を歩いたら、滝見台はあった。
1時間20分かかった。

落差270㍍の滝の、ほぼ、全容が見えた。
滝見台の方が高いから、見下ろす形で。

羽衣の滝より美しい滝を、今まで、見たことがあるだろうか。
そんな思いで、滝を眺めた。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

羽衣の滝は、大雪山連峰のそばに。





登山口は、温泉街の中。
少し前、霧雨が降ったが、行くことにした。   今は、止んでる。

14年8月25日 (3)

今は行けないが、この先600㍍の左側に、滝はある。

14年8月25日 (4)

滝見台まで、1.5㌔。    トムラウシまで17㌔。 恐ろしい距離。

14年8月25日 (5)

赤○から赤○に行く。

14年8月25日 (1)

登り始めたら、3人が下山してきた。   大きなリュック。
昨晩の雨は、どうやって凌(しの)いだのだろう。   山小屋だろうか。   無事に着いた。

14年8月25日 (6)

急な斜面の、つづら折れの道が、ずっと続いた。  

14年8月25日 (7)

羽衣の滝付近の土砂崩れは、昨年の春に起きた。
場所は、滝の手前。  (写真は、北海道のHPからお借り)

xxxx.jpg 

右の写真に、滝が少し見える。
再度見学可能にするには、10億円かかるという。  見通しが立っていない。

このままなら、天人峡温泉のホテルは、苦しい。
滝は、観光の目玉。  もっと奥には、敷島の滝もある。 そこへも行けない。

mmmmm.jpg     kkkkpp.jpg

だいぶ登ってきた。  花を探しながら。

14年8月25日 (8)     14年8月25日 (9)

初めて見る花。    川の下流方向。

14年8月25日 (27)     14年8月25日 (10)

左は、トリカブト。   右は、ツルリンドウの実のよう。   こんな花だった

14年8月25日 (28)     14年8月25日 (29)

倒木の下を通って。

14年8月25日 (11)     14年8月25日 (12)

よく見るけど・・。

14年8月25日 (30)     14年8月25日 (31)

クマがいるので、注意。  鐘を鳴らしているけ。  笛は忘れた。
時々、大きな声で、ホッホって叫ぶ。  
その時、手のひらを口の前で、空気を閉じ込めるように、強くたたいて合わせる。

腰に、スプレーを下げている。

14年8月25日 (13)

ほぼ登り切った辺りで、羽衣の滝が見えた。  ここから直線で、700㍍ほど。

14年8月25日 (14) 

2つの滝が、合わさる。

14年8月25日 (35) 

左の上と、右の上。

14年8月25日 (33)     14年8月25日 (34) 

キノコ。   森が、人を不思議の世界に誘い込むとすれば、犯人はキノコかな。

14年8月25日 (36)

少し歩いたら、また見えた。
この時は分からなかったけど、この後行く滝見台からは、○の部分は、見えなかった。

この風景は、こっち方面からだけ。

14年8月25日 (15)pp

水がゆっくり落ちるので、大きいと感じる。

14年8月25日 (37)

今見たところが、滝見台かと思ったけど、もう少し行くことに。
そうしたら、これ。
まだ、500㍍もある。

14年8月25日 (16)

急に、ドゥドゥドゥって音がした。 クマかと思った。
また聞こえて、遠くで、雷が鳴った。

14年8月25日 (17)

左は、?   右は、ゴゼンタチバナでしょうか。

14年8月25日 (38)     14年8月25日 (39)

1時間20分かかって、着きました。

14年8月25日 (18)

正面に旭岳が見えるって、ある。   
今日は見えない。   右の写真は、東川町のHPから。  今は、雪はないけど。
左に、小さく、姿見の池の建物が見える。
   旭岳は、青空と雲が美しかった。  トムラウシと十勝連峰が見えた。~東川町~  他  (2014/8/16)

14年8月25日 (21)     14年8月25日 (2)

落差270㍍。  7段。   
日本一の立山の称名(しょうみょう)滝に次ぐと言われるが、2番目を名乗るところが、他にもある。
  ※ 称名滝は、350㍍。
        日本一の大滝、称名滝 ~立山町~  ヒカリゴケ  他  (2011/7/9)

14年8月25日 (19) 

美しさでは、日本トップクラス。  もっと美しい滝は、思い出せない。
後ろの方にある、動画でよく分かるでしょうか。

14年8月25日 (40) 

左の上。   誰か、登った人はいるのでしょうか。  
風化が激しいから、いないか。

右は、その下。

14年8月25日 (41)     14年8月25日 (42)

ラジコンのヘリか何かで、近づいての撮影はないのでしょうか。
見たいものです。

合流地点。  右は、右の滝。

14年8月25日 (43)     14年8月25日 (44)

羽衣の滝の命名者は、大町桂月。
 
  ※ 羽衣といえば、世界遺産になった、三保の松原を思い出す。 羽衣の松があって、羽衣伝説が。
      天女が羽衣をかけた松がある、三保の松原。  Kさん夫妻と、楽しいお酒。~静岡市清水区~ 他 (2013/6/5)
合流地点の下。

右の写真の下は、滝壺。 土砂崩れは、その左辺り。 

14年8月25日 (45)     14年8月25日 (46)

合流地点の近く。  仏像のような岩が並んでいる。  

14年8月25日 (47) 

水は、岩肌を滑るように。   まさに、天女の羽衣です。   美しい滝です。



右方面です。  遠くに、敷島の滝。 

14年8月25日 (20) 

豪快な滝です。  一度行っています。  この時、羽衣の滝も、見ています。
               天人峡~羽衣の滝・敷島の滝~  他 (2009/07/31)

14年8月25日 (48) 

戻ることに。 もしクマに出会ったら、すぐに話しかけると決めている。
驚かさないために。  そうしながら、スプレーの安全弁を外す。

14年8月25日 (22) 

最初の場所に。  見えなかった部分の撮影を、再度。

14年8月25日 (49) 

左上。  見えないだけで、この上にも、滝はありますね。

14年8月25日 (50)     14年8月25日 (51)

右上。   まさに、羽衣です。

14年8月25日 (52)     14年8月25日 (53)

下は見えないけど、上が見えますね。



下る途中、忠別ダムが見えた。  ダムの左を来た。

14年8月25日 (23)     14年8月25日 (24)

着きました。

14年8月25日 (25)

ここに、車を。  深い谷を、向こうから来ていた。

14年8月25日 (26)

今は、苦労しなければ、見られない。
その分、美しさが増すようにも。

羽衣の滝は、やわらかさとやさしさを秘めた滝。
今日は、上から見ました。

下から見たら、別の美しさ。
見られるときは、来るでしょうか。

【滝の紹介】
   ① そういえば、秋田県に、法体の滝(ほったいのたき)がある。  なかなか美しい。
     法体の滝 ~由利本荘市~  他  (2011/10/11)
   ② 大門坂 熊野那智大社 那智の滝 ~熊野詣での終点、那智山~   他  (2010/6/10)
   ③ 大きな滝です。
     賀老の滝は、賀老高原の深い谷にあった。  ドラゴンウォーター。~島牧村~  他  (2013/7/25)

【今日の歌】   alan / 悲しみは雪に眠る      桜田門外ノ変の主題歌
              桜田門外の変の、実行部隊の責任者は、関鉄之介。
              新潟県の関川村で捕まる少し前、袋田に行っている。
              そこにあるのが、袋田の滝。 鉄之介は北海道を目指した。
           袋田の滝  月待の滝  雲巌寺 ~大子町  大田原市~   他  (2010/7/15)



【その他】
   ① 21日は、比布に、昔の仲間が集まりました。
      朝まで麻雀。 22日は、寝てました。  写真を少しだけ紹介。

         場所は、遊湯ぴっぷ  近くに、スキー場。

    14年8月21日 (1)     14年8月21日 (2)

     こんなごちそうは、久しぶり。

    14年8月21日 (5)     14年8月21日 (3)     14年8月21日 (4)

     夢のあと。

    14年8月21日 (6)     14年8月21日 (7)

   ② 23日は、Mさんのお家で、パソコン関係。 いっぱいごちそうになった。
     友人のOさんもいらして。

   ③ 24日は、車の収納の工夫。  25日の朝までかかった。  まだ、終わらない。
      少し寝て、羽衣の滝に向かった。

【停泊場所】    姉の家の前

【今後の予定】    29日の金曜日に、上渚滑に行きます。   この後、南下。   浦河、札幌、伊達に寄って。
             その日まで、どこかを見学。   天塩川源流を、調べています。
 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、3位。 旅行全体で、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.    
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1507-8ef46ce4

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 天人峡 羽衣の滝を、登山道の滝見台から観る。 標高差300㍍を登って。~東川町~ 他 (2014/8/25)
  • 2014年08月26日 (火)
  • 10時23分32秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。