キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

摩周ブルーは、深く濃い、神秘のブルー。
透明度の高い水だから、生まれるそう。

川が無く、雨水がたまった湖なのに、高い透明度。
不思議なことです。
何か、秘密がありそう。

昨日見た摩周岳が、湖を見下ろすように、聳(そび)えていた。
いつかは行ってみたい山。
西別岳が、右奥に、小さく見えた。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

摩周湖は、阿寒国立公園の中に。
   ※ 阿寒国立公園の名称は、今、変更の動きがある。
     多分、阿寒・摩周 国立公園になる。



摩周湖は、高い所に。   周りは山で、外輪山。
そこに、駐車場。   第一展望台。

14年7月16日 (11)

左の展望台から、見える。

14年7月16日 (10)

北海道で、1番人気の湖でしょうか。

14年7月16日 (3)

駐車場の隅に、摩周岳への登山口。   7㌔ほどかな。   いつかは、必ず。   足が治って。

14年7月16日 (1)     14年7月16日 (2)

展望台は、ここより左の方に。   登山口の近くから。
遠くに、斜里岳。  中央右に、摩周岳。   山頂は、高い部分の右。  
その右奥に、2つ高い部分が見える。   右が、西別岳。   左は、リスケ山。  どっちも、昨日行った。

14年7月16日 (26)

摩周岳の山頂は、奥。   しばらくは、平らな所を歩くから、大変ではないよう。

14年7月16日 (27)

頂上は、とんがっている。   
その右に、人がいるのかと思った。 2人。   他の写真もこうなので、人ではない。
山頂の手前は、カルデラ。

14年7月16日 (35)     14年7月16日 (36)     14年7月16日 (37)

※ カルデラは、地図ではこう。(右上×で戻る)     登山道も見える。
  底は、摩周湖の水面より、少し低い。
  もし、山に穴をあけて、水を流せば、水がたまる。
  昨日、遊びで言った、第2摩周湖。  ポン摩周でもいい。

登山口の近くに、シマリス。  めんこい。   
秋になったら、ほお袋にエサを入れて、集める。  こんな顔になる。     

14年7月16日 (34)

ヒマワリの種が無くなって、どこかに行った。



展望台に来た。
川は無い。   水位は一定。   小さな川も、無いのか。   斜面に降った雨は、どうなる。

14年7月16日 (8)     14年7月16日 (7)

カルデラ湖。   ここには、昔、2000㍍の山があった。  7000年前に爆発して、上が飛んでいった。
穴があいて、そこに水が溜まった。  ※ そこでも、底でも、どっちでもいい。
今いる所は、600㍍。   あと、1400㍍もあった。   標高差1400㍍を登るのは、大変。

14年7月16日 (28)

晴れてるから、いい色。   でも、白く反射しているので、この場所からは、完璧でない。

14年7月16日 (6)

島は、カムイシュ島。    4000年前に、噴火して、山が出来た。   その頂上が見えている。
一緒に、摩周岳の所が噴火して、摩周岳ができた。

14年7月16日 (39)     14年7月16日 (40)

伝説。    戦ったら、本当に殺したんだろうか。   
そうだったら、アイヌには勇敢と野蛮の、両方があった。

老婆は、島になった。   人が来ると、うれし泣き。  涙は、霧に。

8878999

霧の摩周湖と、云われる。  老婆の涙で、広く霧にするのは大変。
実際は、三陸沖から、暖かい湿った空気が、北上してくる。
それが冷やされて、外輪山を越えて、湖の上に。  冷やされるから、霧に。

今日の歌の中で、布施明は、こう言ってる。
震災があって、まだ行方不明の人がいる。  海のどこかに。
その人達の魂は、霧に乗って、摩周湖に来てると。
摩周湖は、山の神の湖。

14年7月16日 (5)

山頂は、右向こう。  手前の稜線に、登山道は無い。  

14年7月16日 (38)

外輪山の内側に降った雨の、ほとんどは、直接、湖に。
斜面に降った雨は、流れないで、しみ込むそう。   それは、ろ過されて、湖に出て来る。   この水はきれい。

14年7月16日 (4)

摩周湖の水の多くは、直接の雨。   雨って、そんなに綺麗なのかな。   分からない。

ダケカンバの隙間から見える摩周湖もいい。

14年7月16日 (29)     14年7月16日 (9)

ここの駐車料金は、410円。   その券で、硫黄山の駐車場も使える。
せっかくだから、行くことに。   木の無い所が、硫黄山。   
湖は、屈斜路湖。   右向こうの山は、藻琴(もこと)山。
    藻琴山山頂から見た屈斜路湖  熊の足跡 ~大空町~   他  (2010/8/27) (左上⇐で、戻る)

14年7月16日 (12)

違う場所から。

14年7月16日 (30)

第3展望台に来た。   ※ 第2展望台は、閉鎖。

14年7月16日 (14)     14年7月16日 (13)

こっちの方が、光の反射が少ない。    手前の色は、悪くない。

14年7月16日 (31)

太陽と自分の位置が、どうであれば、湖の色は美しくなるのか。
これを、整理しないとダメですね。   まだ、出来ていない。  太陽を背にするのか、・・・。

14年7月16日 (32) 

水面の高さは、一定だそう。    ある高さから、あふれた水が流れるのなら、一定になりますね。
底から出て行ってたら、水は無くなってしまう。

出た水が、一旦高い所に上がって、外に出れば、高い所の高さですね。
サイホンの感じ。 (うまく説明出来ない)

地下水の川があって、きっとそこから出ている。
神の子池があるけど、その水は、外輪山の外側の水と、分かっている。

摩周湖の水と分かっている湧水は、無いのだろうか。
昔、西別川源流の池が、摩周湖の伏流水と言っていた。
どうなんだろう。

いい色ですよ。

14年7月16日 (21) 

※ 伏流水について、調べてみました。
  摩周湖の周りの伏流水には、摩周湖の水と、外輪山の外側の水が、混ざっているよう。
  西別川源流も、そのようです。   3~5ヶ月かけて、地下を通り抜けるよう。 何年ではない。    詳しくは、ここに。 (右上×で、戻る)

これが、摩周ブルー。  濃い、神秘のブルー。   摩周湖は、大地の、ブルーの瞳か。

14年7月16日 (41)     14年7月16日 (33)

一番深い所は、211㍍。   外輪山の水面からの高さも、同じくらい。
湖の中が、少しイメージできますね。

14年7月16日 (15) 

いい色です。   摩周ブルー。

14年7月16日 (20) 

水が透明。   光は、深く深く、差し込む。  青以外の光は、戻って来るのが大変なんだそう。
土の成分の関係で、底が白っぽいのではないか。   私の勝手な予想。
      ※ 積丹ブルーは、海底の白さが、生み出した。         美瑛の青い池も、底は白い。       オンネトーは、どうだったかな。

14年7月16日 (44) 

美しい湖だ。

14年7月16日 (16) 

木や草の種は、鳥が運んだのか。

14年7月16日 (42)     14年7月16日 (43)

この道を戻る。

14年7月16日 (17)

硫黄山。   ケチな根性が、来させた。

14年7月16日 (22)

こういう所の中では、規模が大きい。

14年7月16日 (45)

轟音と、匂い。   火山ガスの影響で、山は、裸。

14年7月16日 (23)

昭和30年代まで、硫黄の採掘が行われていた。   ガスを吸い続けたら、倒れる。
地面に触ったら、熱い。    

14年7月16日 (24)     14年7月16日 (25)

噴気孔が、いたるところに。



キタキツネ。    人がいても、平気。

14年7月16日 (47)

晴れると分かったので、摩周湖にしました。
神秘的な摩周ブルーは、いい色でした。

摩周湖には、不思議がいっぱい。
明日晴れたら、オンネトーブルーを追ってみます。

【その他】   鹿児島のUさんは、今晩、敦賀に向かいます。
         明日17日、23時30分、苫小牧行のフェリーに乗ります。

【今日の歌】      画面をクリックしたら、YouTube に行きます。 (右上×で、戻る)

pppkouuyui.jpg 

【道の駅】     摩周温泉

【明日の予定】    再び、オンネトー。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.       
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1475-8f3c651c

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 摩周湖は、摩周ブルーに輝いていた。  霧はなく。  昔は、2000㍍の山。~弟子屈町~ 他 (2014/7/16)
  • 2014年07月17日 (木)
  • 18時18分55秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。