FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

ラワンブキの密集している中に、入ってみた。
大きなフキの葉っぱは、頭のはるか上に。
コロポックルになった気分だった。

ラワンブキは、螺湾(らわん)川の上流にあった。
ちょうど見頃に、大きく育っていた。

オンネトーを見た。
曇っていたので、完璧なブルーではなかった。
それでも、美しさの片りんはあった。

阿寒湖畔を少し散歩して、共同湯に。
木彫りのモモンガが、半年前から、見つからない。
それで、新しいのを・・。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

場所は、この辺り。
ここを見学して、一部砂利道を通って、オンネトーへ。     そして、阿寒。

ppyutoo.jpg

駐車場から撮影。   左奥にある。
圃場(ほじょう)は、畑のこと。   圃は、囲いをしてあるという意味。

14年7月9日 (1)

正面の右とかは、観賞用でない畑も。

14年7月9日 (2)

入口。  無料。  昔は、4㍍とある。   今は、2~3㍍か。

14年7月9日 (3)     14年7月9日 (4)

クマには、一応用心。    クマは、フキが大好き。
目の高さで、中を撮影。      切った時、水が噴き出たら、最高。

14年7月9日 (5)

道がある。   赤の印は、私の背の高さ。   このフキは、2㍍くらい。

14年7月9日 (6)

フキの煮物は、美味しい。  揚げと一緒に煮て。   最近食べてない。

螺湾(らわん)川の向こうのフキも、大きい。   この辺り一帯、どこも、他より大きい。

14年7月9日 (7)

上の写真の反対側の、高い所に来た。   中に入れる。

14年7月9日 (11)

入った。   こう。   私はいつも、右目で覗(のぞ)いて、撮っている。  大きい。
右の写真の感じ。   人は、松山千春。  足寄の道の駅で、以前、撮った。

14年7月9日 (8)     14年7月9日 (34)

昔、北海道には、コロポックルがいたと言われる。   アイヌの、伝説だが。
コロポックルの意味は、「蕗(ふき)の葉の下の人」。
   どんな感じか。 想像だけど。  その①  その②  その③     木彫りはこう

何があって、伝説は生まれたのでしょう。
北海道には、樺太や千島から、少数民族が来ている。
ウイルタや、ニブフなどが。  網走方面には、今も、子孫が。
  ※ ニブフは、樺太北部やアムール河流域に、現在も。  この女性は、ニブフ。 美しい。

関係あるかは、分からない。
でも、アイヌ民族とは違う人たちを見て、伝説は生まれたと考えた方が、自然。

この太さ。

14年7月9日 (10) 

太さの分かる料理は、見つからない。

上を見たら、こう。  雨が降っても大丈夫。    雨は茎を伝って、根に。   大きな葉は、雨を集める役割。
   ※  昔は確かに、もっと大きかった。   馬に乗った人よりも、大きい。   

14年7月9日 (9)

この後、十数㌔走って、オンネトー。
途中、湯の滝があったが、寄らなかった。
     オンネトーブルーを再び  オンネトー湯の滝 ~足寄町~   他  (2010/9/12)

3時過ぎで、曇り空。   どんよりしているので、いい色にならない。
正面に、雌阿寒岳。  誰でも登れる山。   絶景が見られる。
     活火山の山、雌阿寒岳  赤いオンネトー ~足寄町~   他  (2010/9/10)

14年7月9日 (12)

光の加減で、部分的に、オンネトーらしい色があった。

14年7月9日 (13)

拡大して、こう。    オンネトーブルー。

14年7月9日 (14)

2009年に見たオンネトーは、下のだった。(昔のカメラで、この色です)
感動だった。                                              オンネトー 釧路湿原 竹老園 他 (2009/08/05)

IMG_0120no2_201407102109440d4.jpg 

遠くの別の場所が、少し青かった。

14年7月9日 (33) 

ここが、見学場所の中心。  バスは、ここで停まる。

14年7月9日 (15)

正面の雌阿寒岳が噴火して、川をせき止めて、オンネトーが出来た。
ここより、左の方で、せき止めた。
色が変わるので、「五色沼」とも。

14年7月9日 (17)     14年7月9日 (16)

左の端の方に来た。    散策路は、歩いたことがない。  いつか。
    
14年7月9日 (18) 

※ 赤い雌阿寒岳と、紫の雌阿寒岳を見たのは、この近く。  山を下山した時に。  数分の出来事だった。

14年7月9日 (19)

この後、阿寒に向かった。  車は、有料駐車場に。

少しだけ、温泉街を歩くことに。

14年7月9日 (20)

混浴の足湯。   一瞬、どきっとした。

14年7月9日 (21)

木彫りのお店が続く。  ずっと歩いて、エゾリスと云うお店に。

14年7月9日 (22)

今までのより、少し大きい。  以前のは、行方不明。  
ぶら下げてなかった時に、足を痛くした。   下げてなかったことが、全て。

エゾモモンガは、アイヌ語で、アッカムイ。   意味は、子どもの守り神。
私の「akkamui 」は、これから。    ※ アイヌ語の発音の表記では、atkamuy。

14年7月9日 (23)

今回のデザインは、昨年、札幌のTさん家族にいただいたのと、同じだった。
左がそれで、今回のは、大きくした感じ。
右は、現在行方不明。   見つかるかもしれない。   元々の色は、左だった。

20130803081433694_20140710214840ca6.jpg 

このモモンガの文様は独特で、尻尾の部分は、ビッキ文様と言われる。
ビッキさんという人が、若いころ、阿寒湖畔にいた。  店を持って。
彼が、生み出す。
最後は、木彫りの、世界レベルまでになる。

その文様は、阿寒の木彫りに、見られる。  真似したとか、盗んだとかではなく。

ビッキさんのアトリエは、最後は、音威子府に。
     エコミュージアムおさしまセンター BIKKY アトリエ3モア  北海道命名の地 ~音威子府~  他  (2012/9/9)

遊覧船が出て行った。   島に上陸して、そこで、マリモを見る。   観察センターがある。

14年7月9日 (24) 

旅に出てからは、行ったことがない。  これも、いつかはかな。

14年7月9日 (25) 

阿寒には大きなホテルが多い。  散策すると、見所はいっぱい。
     アイヌコタン  阿寒湖  マリモ湯 ~釧路市~  明日、雌阿寒岳へ  他  (2010/9/9)

14年7月9日 (26)

最後は、まりも湯に。

14年7月9日 (27)

共同湯なのに、500円。  高い。  でも、誰もいないから、500円は、高くなくなった。
まるい木は、マリモのつもり。   浮かべて遊んだ。

14年7月9日 (28)     14年7月9日 (29)

木の玉は、マリモちゃんだった。   槐(えんじゅ)の木とある。   旭川の北邦野草園で見ている

14年7月9日 (30)

温泉は、最後まで独り占め。   温まった。

脱衣所に、イオマンテのポスター。  何のことでしょう。
   ※ イオマンテ (iomante) とは、アイヌの儀礼のひとつで、ヒグマなどの動物を殺して、その魂であるカムイを
     神々の世界 (kamuy mosir) に送り帰す、祭りのことである。(Wikipedia)

調べてみたら、観光的な内容で、実際のイオマンテとは、違うよう。
右は、お店の店先にあった、マリモ。

14年7月9日 (31)     14年7月9日 (32)

ラワンブキは、初めて、ちゃんとしたのを見ました。
今までは、行った時期が遅かったです。

オンネトーは、再度です。  来年か再来年に。
晴れの日を狙って、行ってみます。
そして、感動のオンネトーブルーを。

モモンガを、大事にします。

【今日の歌】   当初、イヨマンテの夜でしたが、これも、内容が違うので、やめます。
          阿寒は、アイヌが多い。  ※ アイヌ自体が、人の意味なので、アイヌの人と書かなくていい。
          アイヌは、苦しむ。  なぜそうなのかを、鋭い目で見つめたのは、少女だった。
          知里幸恵。   彼女を少し紹介。  画像はよくないけど、中身はいいです。
                       アイヌ記念館  知里幸恵が遺した「アイヌ神謡集」~旭川市~  他  (2011/9/5)

  

【停泊場所】   阿寒湖畔の有料駐車場。    410円。   前回もここ。

【明日の予定】   厚岸に向かいます。    弟子屈町を通って。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
.         
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1468-b12baf36

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • ラワンブキの下で、コロポックルに。  オンネトー。  阿寒湖畔で、モモンガを。~足寄町他~ 他 (2014/7/9)
  • 2014年07月10日 (木)
  • 12時24分30秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。