キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

どこに行っても、こけし。
それが、鳴子温泉。 
名前は、義経伝説からだそう。

源泉があちこちにある。
湯の量が豊富なせいか、温泉街に、湯けむり。
泉質も、多いという。

共同浴場の浴槽には、まるで滝のように、源泉の湯が注がれる。
そして、浴槽から勢いよく、あふれ出る。

鳴子温泉は、いろんな温泉番付の上位に、顔を出す。
名湯は、間違いなさそう。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

ここの道は、国道47。   
最上川が海に出る、酒田市と、仙台の少し北にある、大崎市を結ぶ道。



ちゃんとした、無料の駐車場があった。  日帰り客に、やさしい。   迎える姿勢が、分かります。

14年6月19日 (2)

さっそく、こけし。

14年6月19日 (1)

郵便局にmo、こけし。    よく見たら、・・・。

14年6月19日 (3)

これは、共同浴場。    
誰だかだデザインしたというけど、鳴子温泉の町並みに、似合わない。

14年6月19日 (32)

少し高い所に、温泉ホテルが並ぶ。

14年6月19日 (35)

観光客は、ここで一休み。   手湯。   右の写真を見たら、座って足を入れるのは、大変。
鳴子温泉には、足湯が、いたるところに。

14年6月19日 (5)     14年6月19日 (4)

鳴子温泉駅。

14年6月19日 (6)

ここにも、足湯。
時間があれば、遠くまで、散歩できる道がある。   
尿前(しとまえ)の関は、昨日の、山刀伐峠の紹介のブログの最後に、出て来ます。

14年6月19日 (15)     14年6月19日 (14)

義経の子供が、この温泉で泣いたとある。
生まれてから泣かなかったから、心配していた。
   ※ 温泉が熱くて泣いた、なんて言ったら、だめですね。

14年6月19日 (7)

※ 義経の正室は、郷(さと)御前。
   亀割峠で生んだとある。  そこにある、お堂の中のよう。
   山を下りた、瀬見温泉で、産湯につかった。

   亀割峠は、下の地図の、左の所。   下の〇は、山刀伐(なたぎり)峠。    芭蕉が通った道。
       義経、弁慶が通った、瀬見温泉  堺田分水嶺 ~最上町~  他  (2011/7/20)

ppplpp.jpg

※ 正室の郷御前より、妾(めかけ)の静御前の方が、有名。
  大河ドラマでも、静御前の方が目立った。
  郷御前を演じたのは、尾野 真千子。   こんな感じ

義経は、秀衡(ひでひら)を頼って、平泉に行く。 
頼朝との関係が、気まずくなるのを覚悟して、秀衡は、受け入れる。  秀衡は、賢く力があった。
この頃は、義経は、幸せだったでしょうね。

温泉番付が、はってあった。   旅の手帖で発表したもの。
右が、読みやすい。
鳴子温泉の隣の、吹上温泉は、私のふる里に近いですよ。  最後に紹介。
全体の半分くらいは、行ったでしょうか。

昨年、草津温泉には、圧倒されました。   中央広場の湯にですね。   いくつか紹介します。 最後に。

14年6月19日 (8)     14年6月19日 (9)

1位は出来すぎとしても、10位以内に入る力は、あるよう。

※ 下の番付は、温泉博士の、松田忠徳という人が選んだ。
   昔ながらの、いい温泉が選ばれている。   
   こっちの方が、信用できそう。   アンケート方式などは、まとまった数が、どっと入ることがある。
   3分の2は、行ったでしょうか。  

img_1pppp.jpg

立派でなくても、清潔な温泉が好き。
あと、成分が濃くて、少し熱めがいい。
人は、少ない方が。  湯の量が多く。

こけしが展示されていた。

14年6月19日 (10)

※ こけしは、子消しではないんですね。
   有力な説は、木芥子。  読みは、きけしが、こけしに。
   江戸時代に、芥子(けし)人形があった。   小さな木彫りの、衣装人形。  こんなのとかこんなの
   衣装の無い、木で作った芥子人形が、木芥子(こけし)に。   表記は、どこも、こけし。 ひらがな。

   ※ 芥子人形って言うけど、どうして、芥子なんだろう。
     ケシの実が、人形の頭のようだからか。  芥子坊主っていう、ヘアスタイルもあったようだし。

吉永小百合がいました。   JR東日本の宣伝。

14年6月19日 (11) 

下の方に、似た写真が。



駅をのぞいてみた。   この車両をよく見る。   電車でない。   坂も、力強く登るよう。  JR東日本が開発。

14年6月19日 (13)    14年6月19日 (12)

温泉街に、向かう。    向こうに行かないで、左上の方に。

14年6月19日 (16)

この道を行く。   こけしのお店。  左に、何か書いてある。

14年6月19日 (17)

こんなの読むの好き。   難しい歌の石碑より、ずっといい。

14年6月19日 (18)

左の写真の右に、書いてあった。   う~めんは、食べたことあるかな。

14年6月19日 (20)     14年6月19日 (19)

お目当ての共同浴場、滝乃湯。    右から、上がってきた。   150円。

14年6月19日 (22)

ここを行ったら、温泉神社。   温泉は、その後で。

14年6月19日 (21)

ここに、源泉の湯が、集まっている。   木の樋(とい)を通って、共同浴場に流れていく。

14年6月19日 (23)

石段を上がって。    別な読みもあった。
延喜式内社とある。   延喜式は、平安時代の決まりが書いてあるもの。
927年につくられたものに、神社が書いてある。
延喜式内社は、平安時代の中ごろには、間違いなくあったと分かる。   格が付く。

清和天皇の頃に、もうあったとも、書いてある。
   ※ この人の末裔(まつえい)が、清和源氏とか言われる。   京都の水尾に、墓がありますね。

14年6月19日 (24)     14年6月19日 (25)     14年6月19日 (26)

温泉神社。   最近は、信心の心は、どこへやら。   さっぱりお参りしていない。

14年6月19日 (27)

こけし歌碑。  深沢要っていう、こけし研究家が歌った歌。
  「みちのくは 遥かなれども 夢にまで こころの山々 こころのこけし」 

14年6月19日 (28)

遠刈田(とおがった)温泉や、鳴子温泉が、こけしの発祥のよう。
   遠刈田温泉~蔵王の東麓に位置し、金売吉次によって開かれたとも・・~  他  (2011/4/23)

いつまでもたくさん湯が沸くよう、守っている。   口の周りが大きな、狛犬。

14年6月19日 (29)     14年6月19日 (38)

赤い目で、にらみを利かしている。

14年6月19日 (36)     14年6月19日 (37)

噴火した時からある石。

14年6月19日 (30)     14年6月19日 (31)

この後、共同浴場に入る。  大量に湯が、注ぎ込まれる。   滝のように。   それで、滝乃湯か。
写真は、撮っていない。    中は、こんなんです。   奥は、ぬるい。   濁り湯は好き。
150円で入れるなんて、この町の人は、幸せ。   地元と他からの人も、同じ料金。 それもいい。

少し、町を散歩。  商店街は、少し寂れている。  どこもだから、仕方ないか。

14年6月19日 (34) 

お休み処に、こんな資料。    歴史のある温泉。

14年6月19日 (33)

吉永小百合が言ってたけど、温泉で一番大事なのは、湯。
湯を楽しむのが、一番。

鳴子温泉は、泉質の種類も湯の量も、豊富。
全国に知られる温泉。
名湯でいいですね。

【ブログ紹介】
   十勝岳望岳台 吹上温泉 ぜるぶの丘 他 (2009/07/27)
   名湯草津温泉は、湯けむりの中に。  湯畑は、草津のシンボル。~草津町~  他  (2013/10/28)
   湯布院、湯の坪街道をてくてくと。 ショップ。 由布岳。  金鱗湖。~由布市~  他  (2014/3/27)
   夕暮れ時の、黒川温泉。  地蔵の首と、地蔵湯の伝説。~南小国町~  他  (2014/3/26)
   乳白色の湯、乳頭温泉。  玉川温泉。  ニッコウキスゲ。~仙北市~  明日、八甲田山へ。 (2013/7/13) 
   四万温泉。  積善館、元禄の湯。 千と千尋の、油屋の舞台は? ~中之条町~  他  (2013/10/25)
   外湯文化が息づく、情緒あふれる湯の町、野沢温泉。~野沢温泉村~  他  (2012/10/28)
   登別温泉地獄谷、大湯沼  クッタラ湖 ~登別市、白老町~  他  (2011/8/7)

【今日の歌】    風さわぐ原地の中に     森田童子



【停泊場所】   鳴子温泉の近くの、河川敷の公園の駐車場。

【明日の予定】    鬼首(おにこうべ)かな。    湯の湧き出る沢がある。  地獄の感じか。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
.    
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1446-df3e4167

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 鳴子温泉は、湯けむりたなびく、こけしの郷。  共同湯、滝の湯。~大崎市~  他  (2014/6/19)
  • 2014年06月20日 (金)
  • 11時54分05秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。