キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

そぞろ歩きの出来る温泉街は、楽しい。
銀山温泉や、九州の黒川温泉は、特にいい。
そんなことで、また、行ってみた。

そぞろ歩きは、温泉街で物足りなかったら、滝を見に行ってもいい。
さらに奥には、銀山跡もある。
銀山温泉の名前は、昔、銀山があったから。

ひと汗かいたら、温泉。
昔ながらの、共同浴場がある。
これが、またいい。

銀山温泉の後、山刀伐(なたぎり)峠を越えた。
芭蕉が、苦労して通った道。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

銀山温泉は、尾花沢市街から、遠くない。



無料駐車場はある。   ただの空き地。 でこぼこ。 
日帰り客を大事にするところから、取り組みはスタート、と思うけど。

3分ほど歩くと、低い谷に、温泉街は見えてくる。

14年6月18日 (1)

こうです。   橋から向こうが、温泉街の中心。

14年6月18日 (2)

遠くはこう。   足湯ですね。  そぞろ歩いている。
江戸時代の初めに、銀山。   1700年代の中ごろに、温泉が、ってある。

14年6月18日 (63)     14年6月18日 (47)

川の両側に温泉。   橋がいくつも。

14年6月18日 (3)

地図。   左のは、左から歩く。   右のは、下から。

14年6月18日 (4)     14年6月18日 (78)

足湯です。  なんで、大きなリュックを持っているのでしょう。  山の帰りかな。

14年6月18日 (5)     14年6月18日 (6)

建物が、大正っぽい。   別世界に来た感じがする。
出窓ではなく、バルコニー。  木造で、3階とか4階。(3層とか4層)
絵が見える。

14年6月18日 (54)     14年6月18日 (7)

どれも、お目出度い。   鏝絵(こてえ)とは、違うよう。

14年6月18日 (64)     14年6月18日 (65)     14年6月18日 (66)     14年6月18日 (67)

振り返ると、こう。   大正から昭和にかけての建物。  モダンさを意識して、建てた感じ。

14年6月18日 (8)

右向こうに、大きな旅館。  能登屋旅館。   きっと、職人と言われる人が建てた。

14年6月18日 (9)

真ん中は、望楼。  川には、ニジマスか。

14年6月18日 (68)     14年6月18日 (69)     14年6月18日 (70)

反対側。   御殿のよう。   ニシン御殿だって、こんなに華やかでない。
手前は、やなだ屋。  この旅館については、のちほど。

14年6月18日 (10)

向こうから来た。   左に、共同浴場。   見終わってから入る。  300円。  箱に入れる。

14年6月18日 (11)

再度、能登屋旅館。   国の、有形登録文化財。   重要文化財の、手前か。

14年6月18日 (55)

反対側。  向こうから来た。   一泊いくらだろう。
旅に出てから、ホテルに泊まって、ご馳走を食べるのは、1年に1回。  旭川に近い、比布で。
   ※ 今年は、8月の何日かな。  旭川のMさんが、準備してくれている。

14年6月18日 (56)

再び、能登屋旅館。   どこもそうだが、宿泊者の名前(苗字だけ)が、玄関前に、書いてある。
左に、絵が見える。   鏝絵(こてえ)のよう。   ふくらんで見えるので。 

14年6月18日 (12)     14年6月18日 (71)

温泉街の奥に来た。   この地図では、左の方。    感じのいいお店の前を通って。

14年6月18日 (13)     14年6月18日 (39)

店の前を過ぎたら、ここに。   この辺の道は、はいからさん通りと、呼んでいる。
街灯も、おしゃれ。 ガスを燃やすのだったかな。

女の子3人は、ハイカラさん。   服装は、旅館にあるのかな。  いいながめです。

14年6月18日 (57)     14年6月18日 (73)

さらに奥へ。   少ししたら、滝がある。   みんな、そこまでは行く。

14年6月18日 (14)

左の方に少し行ったら、坑道があった。
1㌔とかあるそうだが、100㍍と少しで、崩落している。
しっかりしているように見えても、崩れることが、あるんですね。

発破の無い時代。 みんな、手掘り。  鉱脈に沿って、掘ったのか。
1日に、どれくらい進めるのだろう。  
奥の方で掘ってる時は、この辺りは、通路や排水に使いますね。

14年6月18日 (15)     14年6月18日 (16)

お堂の少し向こうは、滝つぼ。   滝は、左かげに。
栄えた時は、人口2万人。

14年6月18日 (58)     14年6月18日 (18)

立っているすぐ下は、こう。

14年6月18日 (17) 

白銀の滝。

14年6月18日 (19)

穴の中に、鬼子母神(きしもじん)。   出産・育児の神。    高い所から、滝。

14年6月18日 (20)     14年6月18日 (21)

滝の上。   橋を通って、戻ることが出来る。    
穴があちこちに。   寒いほどの風。   普通の風穴より、強い風。

14年6月18日 (59)     14年6月18日 (22)

鉱山跡に、向かう。   クマに注意とあった。   このあと、鈴をぶら下げる。

14年6月18日 (23)

橋を渡って、向こうに。   外人さん。   どう写ったか、見ている。

14年6月18日 (24)

左の道を、向こうから来た。  右奥に、斉藤茂吉の歌碑。
「蝉のこゑ  ひヾかうころに 文殊谷  吾もわたりて 古へおもほゆ」
   ※ セミの声が響くころに文殊谷を渡ったら、銀がいっぱい採れた頃の、昔を思い出す。 こんな感じか。

14年6月18日 (25)     14年6月18日 (26)

カジカガエルの声が聞こえた。   清流でないと、いない。   濁りの無い、美しい声。



着くと、まず、公園があった。   この道を、1㌔ほど行くと、集落がある。   行ってみたいけど、根性と、時間が・・。

14年6月18日 (60)     14年6月18日 (27) 

絵があった。   左は、今の冬。   豪雪地帯。
隣は、昭和の初期。   今の雰囲気がある。  
その隣は、大正の初め。  洪水で流され、新しく建てた。
右端は、明治初期。   昔の人の雰囲気を見るのは、好き。   

14年6月18日 (74)     14年6月18日 (75)     14年6月18日 (76)     14年6月18日 (77) 

ここから入る。   銀鉱洞と呼んでいる。

14年6月18日 (28)     14年6月18日 (29)

ここへの途中、3人の女性に会った。  少し年配。
中は、幽霊が出そうで、怖かったよって、私に行った。
私を怖がらせているでしょう、って私は言った。

14年6月18日 (61)     14年6月18日 (30)

退屈だから、幽霊の人形でも、置けばいいのにと思っている。

ここが、一番広い空間。  
この中で、多くの人が、ノミを打つ音を、鳴らした。  やっと見える、灯りの中で。

14年6月18日 (31)     14年6月18日 (32)

穴から出てきて、しばらく歩いた。  温泉神社への道があった。
行ったら、途中で、サルの集団。
襲われたら困るから、戻った。   あれは、持ってなかったし。   ※ あれ~撃退スプレー。クマの。

滝の上に出た。   滝の不動尊。

14年6月18日 (33)     14年6月18日 (34)

ここに、戻って来た。

14年6月18日 (35)

日帰りの、家族風呂。

14年6月18日 (36)

感じのいい店の横を通って。  

14年6月18日 (37)     14年6月18日 (38)

一度紹介した、やなだ屋。
 「銀の光にみちびかれ 山の地に存す」でいいでしょうか。
作者、梁田(やなだ)祐斉と。

この名前は、梁田家の誰かの、歌を作る時の、号なんでしょうね。
 ※ 梁田祐斉の名前は、ネット上には、出てこない。
   ただ、山本勘助に関する、膨大な文の中に、同じ名前があるようだけど、見つけられない。

なぜこんな歌を詠んだかですが、こうですね。
1600年頃、 上方から、梁田八郎右ェ門という人が、この銀山に来ている。 (銀山温泉の歴史年表から)
この温泉の初代の人かな。
それがあるから。

14年6月18日 (40)     14年6月18日 (72)

しろがね湯。   私1人。   これが、理想。   かますと、ちょうどいい。  30分ほど。

14年6月18日 (42)     14年6月18日 (41)

人が減ったかな。   もう少しで、6時。   旅館に入ったか。

14年6月18日 (43)

普通に食べる豆腐は、売り切れていた。   途中、小さな店で買った。
豆腐は、飽きない。   さっきの店は、豆腐で商い。

14年6月18日 (44)     14年6月18日 (45)

振り返って。   土曜日なら、暗くなって、花笠踊り。   橋の上で。
小さな子が、崖のうえにサルがいたって、指さしていた。

14年6月18日 (46)

駐車場に戻った。

14年6月18日 (62)     14年6月18日 (48) 

銀山温泉は、歩いて楽しい。  そぞろ歩き。
最後は、温泉に安く入れる。

駐車場と、遊歩道があと少し整備されたら、十分でしょうか。
また行ってもいいですね。
その時は、奥にある集落まで。

【その他】    下の写真は、山刀伐(なたぎり)峠の入り口。  峠まで、3㌔程。
         前回来た時に、歩いている。
         この峠は、松尾芭蕉が、平泉から尾花沢に向かう途中、山越えした道。

         その道は細い道。  交差しながら、車道がある。  それを行ってみた。
 
14年6月18日 (49)

芭蕉が通った峠の頂上は、ここより、少し高い所。
説明は、峠を下りたところに。  今は、通行止めのよう。
下りの車道は、狭かった。   マイクロバスは、ご遠慮くださいと、表示があった。
私も、ご遠慮しとけばよかった。  脱輪しないように、用心した。  下に降りたら、通行止めの標示が。

14年6月18日 (50)     14年6月18日 (51)

途中に、赤倉温泉。   一度、入ったことが。   湯船の底の岩から、湯が出ていた。

14年6月18日 (52)

【今日の歌】   土曜の晩に行われる、花笠踊り。



【停泊場所】   封人(ほうじん)の家の駐車場

義経は黄色の道を歩いた。
芭蕉も、その道の予定だった。  嵐で封人の家で足止め。
遅れを取り戻すため、近道の峠越えに変更した。

    ※ 芭蕉は、西行と義経が好きだった。   だから、中尊寺に行った。
      西行が象潟(きさかた)にも行ってるから行くことに。  
      奥の細道での、そこが、一番の奥。

14年6月18日 (53)

【ブログ紹介】
   象潟や 雨に西施が ねぶの花   他 (2009/09/21)
   最上川船下り ~五月雨を あつめて早し 最上川~    稲刈り   他 (2009/09/29)
   山刀伐峠  封人の家  他  (2009/06/30)
   奥の細道と尾花沢 芭蕉と義経  他 (2009/06/29)

【明日の予定】     鳴子温泉かな

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。ppppっぴゅtyyy

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1445-525f0de0

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 大正ロマン薫る、銀山温泉。  温泉街で、そぞろ歩き。 白銀の滝、銀鉱洞。~尾花沢市~ 他 (2014/6/18)
  • 2014年06月19日 (木)
  • 09時49分16秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。