キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今日は6月6日。   雨が降っても、仕方ない日。
そう言えば、梅雨に入ったんですね。
知らなかった。



雨は強い。   川が増水しそうなほど。
道の駅の近くに、小さな水族館があった。
淡水魚専門。   そこを見ることに。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

富士吉田の隣。   忍野(おしの)村。



小さな、山の水族館、って云う感じ。

14年6月6日 (16)

期待はしていなかったけど、いいんですね。
県立だから、いいとは限らないのに。
リーダーシップを取ってる人次第で、決まるのかな。

魚はみんな、生き生き。

14年6月6日 (17)

中心に、回遊式の水槽。

14年6月6日 (18)

魚は、自然とは違う、狭い所で生きる。   でも、敵がいない。  襲われない。
魚にとって、どっちが幸せでしょう。   答えは、決まっているんですけどね。
県立だから、入館料が安い。

14年6月6日 (20)

少し前まで、クニマスの展示をしていた。  幻の魚だった。
クニマスは、元々は、田沢湖にいた。  そこでは絶滅。
その前に、今いる近くの、西湖に卵を送っていた。  それが育って、偶然見つかった。
見つけたのは、さかなクン。  (さかなクンの手柄が、消えそうになる問題があったが)
    ※ 学者は、手柄は何とかして自分の物にしようとする。  それの縮図が、スタップ細胞問題でしょうか。 
       田沢湖周回道路を走る。  思い出の潟分校。  土砂降り。~仙北市~ 他 (2013/7/12)

川の下流の魚。   鯉やウグイなど。   ウグイなんか、釣っても捨てる。

14年6月6日 (19)

ここでは、中流の魚。   ヤマメやアマゴ。   北海道では、上流の魚。
イワナは、北海道では、中流の魚。   釣っても、ヤマメより、ずっと価値が低い。  美味しくない。
美味しさでは、ヒメマスが一番。  ヒメマスは、紅鮭と同じ。   摩周湖にいる。   若気の至りで、昔・・・・。

 ※ ヒメマスは、ほんとうは海に戻って、紅鮭(べにざけ)になりたかった。
   その願いは叶わないので、湖を海と思って、生きることにした。

14年6月6日 (7)

流れがいいんですね。  みんな集まる。



上流の魚。   イワナ。   滝つぼに、主がいたりする。  釣キチ三平の世界。
    滑多羅温泉  映画「釣りキチ三平」の舞台、北ノ又集落~五城目町~  他  (2011/10/6)

私は、イワナを釣っても、食べたことない。  捨てることも。  でも、本州では、高級魚。
イワナの仲間のオショロコマは、食べたことが。

14年6月6日 (21)



イトウと、ニジマスなど。   この地域の自然には、イトウはいない。   でも、ここにいる。
イトウは、川魚の、王者。  一番の魅力を秘めている、人気の魚。 

14年6月6日 (22)



外の水槽。  チョウザメ。   卵のキャビアは、食べたことない。

14年6月6日 (23)

透明魚。  後ろの葉っぱが、透けて見える。  グラスキャット。
右は、テナガエビ。 

14年6月6日 (1)     14年6月6日 (2)

オヤニラミ。  目が、もう1つある。   名前は分からないが、外来のマスですね。

14年6月6日 (3)     14年6月6日 (4)

イトウです。  自然の中では、幻の魚。  80㌢以上のは、滅多に釣れない。
出会った人の中で、一番大きいのを吊ったのは、120㌢。  根室の釣具屋さん。
2年間、この魚に、狂った経験が。

14年6月6日 (5) 

イトウの雌でしょうか。   お腹が大きい。  卵を産む頃には、お腹が、ピンクになる。

14年6月6日 (8)     14年6月6日 (6) 

ヤマベとかが海に向かう時、このように、銀色になる。   銀毛と呼んだりする。
右は、ヒゲトカゲ。   うろこが変化して、ヒゲに。   どうして、トカゲがいるんだ?

14年6月6日 (9)     14年6月6日 (10)

カジカ。   ドジョウやカジカは、食べたら美味しい。
右は、アカメ。   まだ小さい。   四万十川の下流にいる。    暗闇で、目が赤い
     四万十川の巨大魚「アカメ」  最下流に、そして、最長の佐田沈下橋 ~四万十市~   他  (2011/1/20)

14年6月6日 (11)     14年6月6日 (12)

ドジョウのようだけど、ボウズハゼ。   胸に吸盤があるので、ペタペタくっ付いて、滝だって登れる。

14年6月6日 (13)

ミズカマキリです。   どこにいるか、分かるでしょうか。

14年6月6日 (14)     14年6月6日 (15)

水槽を、上から。   自然では、このようにしか見えない。

14年6月6日 (26)

テレビの取材があった。 

14年6月6日 (24)

見たことあるような、顔も。  キャ~とか、すごいとかしか、言わない。
伊東で出会った子の感性の方が、いい。  唐人お吉の賢さに、見えた子。

14年6月6日 (25)     14年6月6日 (27)

山梨テレビのよう。  車があったので。

14年6月6日 (28)

雨が降って、行くとこなくて、行ってきました。
魚が、生き生きとしていました。 

自然で生きる幸せに比べたら、魚たちにとっては、悲しいでしょうけど。

【今日の歌】   寺井尚子 ラ・クンパルシータ



【道の駅】    花かげの郷まきおか

【明日の予定】    足尾銅山の見学

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1433-050010b2

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 山梨県立、富士湧水の里水族館。  川の魚。  イトウ、アマゴ、他。~忍野村~ 他 (2014/6/6)
  • 2014年06月07日 (土)
  • 11時44分37秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。