キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

平谷(ひらや)村の人口は、500人ちょっと。
長野県で、一番小さな村。

矢作(やはぎ)川の上流にあるので、この村の川は、愛知県に向かって流れる。
長野県だけど、愛知県側の流域。

村の中には、どこにでも花があった。
生活の中の花は、大きな公園の花とは、違う魅力。

山に車で登ってみた。
平谷村の中心街と、南アルプスが見渡せた。
昨日行った、大船山の方も。

滝も見たけど、説明より、ずっと小さな滝だった。

夜になったら寒い。
ここは、標高900㍍の、平谷高原だった。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

平谷村は、愛知県であってもおかしくない。  小さな村だけど、道の駅をつくった。



高嶺山の頂上への道は、よさそう。  道も大丈夫。
行くと決まった。   その後、滝に。   

14年5月19日 (29)

20分ほどで着いた。   高嶺(たかみね)山の頂上。   駐車場とトイレがある。

14年5月19日 (1)

すぐ下に、平谷村の中心街。
向こうに行くと、根羽村。   長野県最南端。   私は昨日、右から来た。  左は、静岡県方向。
左手前は、飯田・松本方面へ。  その道に、道の駅。  山の陰で、見えない。

14年5月19日 (2)

山の上に、平地が広がって、そこに村。

小学校が見えている。   中学校は無い。  阿智村に通う。
   ※ 中学校の無い村って、他にあるんだろうか。  調べたが、分からない。

14年5月19日 (22)

頂上です。   今日は車で来たので、登ったとは言えない。   来た、または、行った。
南アルプスが見る。   山の名前が、分からない。  
北アルプスは、手前の山の陰で、見えなかった。

14年5月19日 (4)

北岳、赤石岳など、3000㍍級の山がいっぱい。

14年5月19日 (3)

夏山登山は、まだまだ。  この山々の、どれにも登っていない。

14年5月19日 (17)   14年5月19日 (10)

山の向こうは、信玄の拠点だった、甲斐。  山梨県。

14年5月19日 (14)   14年5月19日 (15)

この後、戻る。
途中、西方面を向いたとき、風車が見えた。   昨日の大船山は、風車の左の方。
上矢作町を、朝早く出たら、この風車まで来て、戻ることが出来る。  
いつの日か、出来るでしょうか。

14年5月19日 (25)

地図にあった、平谷大滝の入り口。

14年5月19日 (5)

10分歩かないで、着く。 

14年5月19日 (6)

見えました。  平谷大滝。  落差、41㍍だという。  どこが、41㍍なんだろう。
十数㍍にしか見えない。  20㍍は無い。  いくつものを、全部足したのかな。

14年5月19日 (7)

上から落ちた水は、すぐ下に着く。   何ぼ何でも、大滝は・・・。  近くには行かなくていい。。

14年5月19日 (26)


一応動画を。



少し下流。   こんな所で、釣をしたい。   どこかで、釣をしますね。   北海道でかな。

14年5月19日 (8)   14年5月19日 (30)

山を下りたら、この風景。  桃源郷。

14年5月19日 (9)

八重の桜ですね。  色がまだら。 見たことあるだろうか。   桜は、今頃は北海道で咲いてる。
左は、普通の八重。   

14年5月19日 (32)   14年5月19日 (33)

右は、梅みたい。  こんな時期に、梅が咲くってあるだろうか。

14年5月19日 (34)   14年5月19日 (35)

スズラン咲いて、香って、これぞ初夏ですね。

14年5月19日 (11)   14年5月19日 (31)

ここは、城跡だっていう。   この道は、信玄が通った街道。

14年5月19日 (12)

城の中に、関所があった。
この城は、信玄が三河に向かう時の、拠点だったんでしょうね。
三河を落としたら、その向こうには、京都。

天下を夢見て、この道や城を整備した。

14年5月19日 (21)   14年5月19日 (16)

小さなお堂に、赤子石があるという。  のぞいたら、右のが。  これかな。

14年5月19日 (18)  14年5月19日 (20)

赤子が本当に立ったかどうかは、分からない。
ただ、泣いていた赤子の側に、石があったんでしょうね。  
その石に、足跡の模様があった。
伝説のたまごは、こんなのから生まれた。

子どもは、助かったのでしょうか。

14年5月19日 (19)

 ※ 夜泣き石の伝説もありますね。
      日坂宿  小夜の中山  夜泣き石 ~掛川市~  他  (2011/11/12)

道の駅の近くです。   どう見たって、桜ですね。   フラワーロード。

14年5月19日 (23)

赤、白、ピンク。  いいです。

14年5月19日 (24)

八重は、他より、1~2週間遅いんですね。  そのことと、高原なので、今見られるのか。

14年5月19日 (36)   14年5月19日 (37)

今度は、芝桜。   正面は、道の駅。   立派な道の駅。   小さな村の、心意気を感じる。
また、道の駅は、村の拠点。

14年5月19日 (27)

こっちにも、お店。   ある人と話した。  
買物は、阿智村や飯田市。  たまに、豊田市の方に向かうことも。

そして、こう言った。
合併するなら、愛知県の豊田市がいいと言った。  豊田市はトヨタがあって、裕福。
  ※ 裕福ということは、水道料、保育料など、いろんな料金が安くなる。

14年5月19日 (28)

人は、食べることでいっぱいだったら、花のことまで気がまわらない。
村も同じと思う。  平谷村には、余力があるんでしょうね。
花の価値を知っているということも、あるか。

小さな村が、自立して生きられたら、そっちの方がいいと思う。
合併したら、大きな自治体の中に、うずもれてしまう。

もし、豊田市と合併した時は、地名を下のようにしたらいいですね。
豊田市平谷村。  村を残す。   こうしている所は、実際にあります。

平谷村が、新美南吉の、「花の木村と盗人たち」と、重なりました。
美しいのは、花だけでなく、村人の心も・・・。
  ごんぎつねの舞台・南吉のふるさとを歩く。   他  (2009/11/18)

【今日の歌】 Antonio Banderas (アントニオ・バンデラス)  Cancion del Mariachi Desperado soundtrack



【道の駅】    信州平谷

【明日の予定】    隣の、根羽村かな。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
      
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1415-f1f542fc

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 平谷村は、花の村だった。  高嶺山の頂上から、南アルプスを。  平谷大滝。~平谷村~ 他 (2014/5/19)
  • 2014年05月20日 (火)
  • 08時24分15秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。