キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

お遍路さんの中には、健康を願う人が多いのでしょうか。
本尊は、先日の清滝寺、そしてここ平等寺も、薬師如来。
万病に効くと云う、弘法の冷水まであった。

句碑があって、句の中に、「花樗」という言葉。
字を間違って読んで、調べるのが大変。
それでも、意味が分かって、今度は、なぜ使ったかが知りたくなる。
深みにはまってしまった。

境内の斜面には、季節の花が咲いていた。  
寺の方が、熱心に手入れしていた。
小さな子供さんも、手伝って。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に 

四国の東に来た。  蒲生田岬に行きたいなって。  ※ かもだ岬。  がもうだ岬とも。 
寺への道は、苦労しない。



あと少しの所で、空き地があった。  歩くことにした。
おかげで、アヤメ(?)が見られた。 今年初めて。

14年4月9日 (1)   14年4月9日 (2)

立派な仁王門。  本堂は、石段の上にありそう。

14年4月9日 (3)

本尊は、薬師如来。

14年4月9日 (4)

22番札所、平等寺。 
 
平等という言葉は、古くからあったんですね。
人はみんな平等、なんて考える人は、いたのか。

14年4月9日 (5)

正面に本堂。  右に、納経所。  左に、大師堂がある。
桜は、間もなく終わり。

14年4月9日 (28)

大師堂。   ここにも必ずお参り。

14年4月9日 (6)

※ 大師堂の左に、十王堂があるはずだが、今はなかった。
  古くなって、取り壊したよう。
  こんなの。  こんな十王

急な石段の男坂。 
2人は、何を話しているのでしょう。 「ちゃんとつかまって、ゆっくりね」かな。

14年4月9日 (7)

弘法の霊水。  ただの、冷水ではない。  何にでも効く。  霊験あらたか。

治ると思って飲めば、希望がわく。
気持ちが強くなって、免疫力が高まる。  そんな流れでしょうか。  入れ物は、200円。

穴の中の写真を、撮ればよかった。

14年4月9日 (8)

男坂の石段を登った。  厄払いを祈願して、1円玉を置く。

14年4月9日 (9)

集落のそば。  それで、道がいい。

14年4月9日 (10)

本堂。  お参りして終わる人。 お経を唱える人も。

14年4月9日 (11)

山の上への道があった。  行こうとしたら、入山禁止。 入り口近くに、お地蔵さん。
ほほほっていう、表情。

14年4月9日 (12)

同行二人は、1人で歩いても、隣にはいつもお大師様。 

14年4月9日 (13)     14年4月9日 (14)

本堂正面の上。  何を意味する、彫り物でしょう。

14年4月9日 (15)

天井いっぱいに、絵。  寄進したんですね。

14年4月9日 (16)

植物の絵でしょうか。  色が鮮やかに残っている。

14年4月9日 (17)

高い壁に絵。  物語の一部ですね。 分からない。

14年4月9日 (18)

般若心境を唱える声が聞こえた。

14年4月9日 (20)



大師堂を見ると、斜面に花。  季節の花が、びっしり植わっている。
これから、次から次へと咲く。

14年4月9日 (21)

不動堂。  ほとんどの人は、お参りしない。

14年4月9日 (19)

上の写真の右。 四角っぽいのは、宝篋印塔(ほうきょういんとう)。 品がある。 お墓に使うことも。

14年4月9日 (22)

大師堂への道。  女坂。

14年4月9日 (23)

石段を登る人と、下る人。

14年4月9日 (24)

下りてきたら、お父さんと子供さんが、花を植えていた。
子供は、大きなやかんで、水を運ぶ。

数分お話。 子供は、温かくなっての、水遊びを楽しみにしている。

14年4月9日 (25)

「大道といへる 道ありて 花樗」   作者は、谷中隆子 。  俳人で、徳島の人。

石碑の樗の字が、手偏に見えた。 それで、調べても、たどり着けない。
木偏と気づいて、やっと、何とか。

14年4月9日 (26)

※ 花樗は、はなおうち、と読む。  栴檀(せんだん)の木の古い名前だそう。  花はこう
  樗(おうち)だけでも、栴檀の意味。

  なぜ、栴檀の木なんだろうと思った。 近くに、植えてあるかも知れない。
  調べたら、こんなことが。

  平等寺の本尊は、薬師如来。
  この薬師如来が、どのように作られたのか、それが、ネットの古文書にあった。
  その中に、栴檀でつくられたと。
    ※ そう読み取ったが、正確には読み取れないので、多分の状態。

  栴檀の実 は、生薬の苦楝子(くれんし)。
  薬師如来を彫るには、ぴったりの木と、感じた。
     
  作者は、知っていたかも知れない。 (上が、正しいとして)  ※ ここまで、1時間以上かかった。

大師堂前。 途中で、子供さんの後ろ姿が。   水を運んでいる。 



蝋燭の炎。

14年4月9日 (27)

出て来ると、多くの人が、入って行った。

14年4月9日 (29)

平等寺は、弘法の霊水、そして、天井画の寺、と云われる。
しかし、それだけでは終わらないで、花の寺とも呼ばれそう。

花の世界はいい。
お寺で見たら、極楽の世界と重なる。

ご詠歌というのがあって、詠み人知らずだそう。
初めて、ちゃんと読んでみた。

  平等にへだてのなきと聞く時は  
          あら頼もしき仏とぞみる

薬師如来だから、当然なんですね。

平等寺、魅力十分でした。

いい天気が続いています。

【ブログ紹介】  怪描伝の残る お松大権現  繊細に流れる午尾の滝 ~阿南市~   他  (2010/12/29)
         遍路泣かせの難所だった太龍寺 ~四国霊場第二十一番札所 阿南市~   他  (2010/12/30)

【その他】  旭川の姉から送られてきました。  志比内の丘。  旭岳や天人峡への途中。
       十勝連峰は、まだ、真っ白。  旭岳にまた行きます。   悪天で、引き返したので。
        旭岳に登ったが、8合目で雨に。 引き返して、花を見た。~東川町~  他  (2013/8/9)

14年4月9日 (30)

【今日の歌】  川野夏美「悲別~かなしべつ~」



   悲別ロマン座、今は喫茶店に。  歌志内は、三浦綾子の最初の赴任地。~歌志内市~ 他 (2013/8/17) 
   悲別駅 ~旧上砂川駅 上砂川町~ 他  (2011/8/14)

【道の駅】   わじき



【明日の予定】  椿泊を歩こうかと。  港町の変わった、小さな集落。
         四国の最東端、蒲生田岬に行きたいが、道が細いと分かっている。
         もう1日検討。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
  
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1374-f7527104

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 22番札所、平等寺。  弘法の霊水。 本堂の天井絵。~ 阿南市~  他  (2014/4/9)
  • 2014年04月10日 (木)
  • 08時23分38秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。