FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

長沢の滝は、岩の穴から、水が噴き出ていた。
穴の向こうは、川。

小豆島で見たのと同じような、農村歌舞伎の舞台があった。
貧しい時代でも、ちゃんと文化を育てていた。

旧国道に沿った、布施ヶ坂の風景が、いい。
新緑の緑が、雨上がりの霧に包まれて、幻想的だった。

北海道で、クマの事故。
昨年の夏に、絶壁を登った、太田山神社の近くだった。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

天狗高原に行った時、途中に滝への入り口があった。
でも、行かなかった。

調べたら、岩の穴から出ると分かった。
どういうことだろうと、行くことに。



滝は、道の近くに。  確かに、穴の中から。

14年4月5日 (1)

落差34㍍。 普通の高さ。  穴が、ハート型だという。
長沢は、この沢の名前のよう。 地名でなく。

14年4月5日 (2)   14年4月5日 (3)

少しだけ、ハートの形でしょうか。

分からないことがある。
穴は2つあって、1つは小さい。 小さい方は、低い。

穴の向こうがどうだったら、こうなるんだろう。

14年4月5日 (4)   14年4月5日 (5)



橋を渡ったら、十一面千手観音風の像があった。
真ん中の手に、宝珠。 向かって右の手に、剣。 左は、分からない。

14年4月5日 (8)   14年4月5日 (9)

右に、上に行く道があったが、通行止め。
上から見てみたい。

右の写真の、左から、滝に近づけそう。
行こうとしたら、急に雨が降ってきて、戻った。

14年4月5日 (6)    14年4月5日 (7)

※ 通行止めは、行かないことにしている。
  もし行っても、行ったとは書けない。
  雨の日は、危険。

上の部分が不思議だなと思った。

次は、津野町の梼原(ゆすはら)寄りに。



像があった。  中平善之進の像。   この人の墓は、梼原で見ていた

14年4月5日 (12)

江戸時代、藩と商人は、手を結んでいることが多かった。
商人の悪だくみを藩に訴えても、解決は難しい。

それでも、村人のために、何とかしようと動いた。
藩に物申すことは、幕府に物申すと同じ。

彼の行動から、世の中の仕組みの矛盾に、多くの人が気付く。
何とかしようとする人間を、自分の目で見る。

最期は打ち首に。

中平善之進の生き方は、後世に伝わる。
その結果、維新に向けて戦う、多くの若者が、この地から出て来る。
維新の像にあった者。 
那須信吾や吉村虎太郎たち。

善之進は、維新の先駆的役割を、果たしていた。

14年4月5日 (13)   14年4月5日 (14)

※ 上の文に、打ち首の場所は、神在居(かんざいこ)とある。 ここから近い。
  下のブログに、その場所が。
    神在居の千枚田  五右衛門風呂に入る ~檮原町神在居~   他  (2011/2/20)

下に古い建物。  これが見たくて、やって来た。

14年4月5日 (11)

高野の舞台。  ここで、農村歌舞伎をする。

14年4月5日 (10)

下に行こうとしたら、隣に、古い茶堂が。

14年4月5日 (15)

茶堂は、宿泊も出来るとある。 初めて知った。  旅人には、助かる。
一番下に、萩の地蔵とある。 意味は、分からない。

14年4月5日 (16)

虎太郎は、観光大使。

14年4月5日 (17)

萩の地蔵は、右か、それとも左奥か。 
茶堂には、必ず、仏像がある。   信仰の場所でもあるんですね。 

14年4月5日 (18)

道を下って、ここに来た。  三嶋神社。 向こう隣りに、高野の舞台。
梼原のも三嶋神社。  関係ありますね。

14年4月5日 (19) 

正面からは、このように。

14年4月5日 (20)

農村歌舞伎は、三嶋神社に奉納する形で、行われる。
今は、4年に1度とある。 大変なのかな。

14年4月5日 (21)

昔の人に、こういう楽しみがあったと分かると、ほっとしますね。 

14年4月5日 (22)   14年4月5日 (23)

こんな格好で、踊る。  ※ 津野町のHPからお借り。

88789.jpg

※ 農村歌舞伎は、この感じで行われる

道の駅 布施ヶ坂に戻った。

ここからずっと下り。 それも、一気に。  旧道は、曲がって曲がって、数えきれない。
この辺り一帯は、四万十川の上流。
源流点まで、遠くない。

四万十川は、四万十町で、海まで数㌔になる。 
でも、山を越えられなく、再度内陸に。

山の中を迷いながら、あっちにこっちに。
そして、やっと海に出る。
清流四万十川として、清流の代表。

きょう天気が良ければ、源流点に行っていた。
一度行ってるけど、写真が少ない。

明日でもいいけど、道の駅は、ネットの状態が良くない。
昨晩は、作業が大変。 地図は、やっと見れる状態。

源流点は、この次来た時に。

   ※ 四万十川は、このように流れている

少し下に、道の駅 布施ヶ坂。  いい風景です。

14年4月5日 (25)

家並みがいい。  この中に、上への登山道がある。
  今年初めての登山、鶴松森に登る ~夏のような天気 津野町~   他  (2011/2/25)

14年4月5日 (26)

山の下を、左から順に。  雨が上がって、霧。

14年4月5日 (27)

雨にたたかれて、桜は散り始めた。  遠くに茶畑。

14年4月5日 (28)

右の方から、散歩道がある。

14年4月5日 (29)

天空の茶畑と、云いたくなる。

14年4月5日 (24)

津野山神楽。
下に、写真を2枚。 
問題です。 私は、どっちの写真が好きでしょう。

14年4月5日 (30)

14年4月5日 (31)

答えは、同じような写真ですが、下のが好きです。
写真を撮る時、いつも考えてるのは、空間でしょうか。

下の方は、右上に、まとまった空間があります。
これが、写真を落ち着かせてくれます。

写真のプロは、どう言うか分かりませんが、私は下が好きです。

上を撮って、あ、間違ったと思って、撮り直しました。

さっきも見た説明です。

14年4月5日 (32)

滝を見た時、その滝だけの個性があると、見て楽しいですね。
今日の、穴から出て来る、長沢の滝のように。

中平善之進さんは、したことが立派だけではなく、時代を変える人を生み出しました。
それがあるから、あの像ですね。

次に来た時は、山を登って、四万十川源流点へ。
楽しみは、とっておく。

【その他】 北海道で事故がありました。  クマを、ナタで追い払った。
      地図の印は、太田山神社。  絶壁の上に。
      ここへ行くのが、昨年、一番大変だった。

      円空も松浦武四郎も行っている場所。 

14年4月5日 (33)

この一帯は、クマだらけ。 「さっき、クマが、車の前を通ったさ~」って会話を、普通に聞く。



事故の場所は、〇の辺り。 

2223345.jpg

登山の途中、人が下りてきた。  道は急に曲がって、見えない。 10㍍の距離。  
駐車場に車がなかったから、人はいないはず。 あわてて、笛を吹いた。 スプレーを手に。
足音は、す~っと遠ざかった。
  太田山神社は、断崖絶壁の洞窟にあった。  泉質がいい臼別温泉。~せたな町~ 他 (2013/7/23)

クマとは、素手では戦えない。 武器を持たないと。
でも、大きすぎたら、武器があっても、弱い鉄砲でもだめ。
この大きさになると。(600㌔以上 十数年前 知床半島の付け根、薫別川上流)

ニュースの人、よく追い払った。

【今日の歌】  みのや雅彦  「夢しかなかった」   歌は3分過ぎに。  いいですよ。



 ※ ずっと昔、ラジオから、流れてきた。
     「 あの日に帰れる汽車があるなら 」について。
   それを言ったのは、みのや雅彦。(北海道で活躍している人)
     「鬼首」の由来   あの日に帰れる汽車があるなら   他   (2009年1月12日) 
   上のブログの続きは、まだ、書いてない。  

【道の駅】   かわうその里 すさき



【明日の予定】   西に向かいます。 八十八ヶ寺のどこかかも。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、3位。 旅行全体で、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
  
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1370-0f7d29c2

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 長沢の滝は、岩の穴から・・。  高野の舞台。  布施ヶ坂の風景。~津野町~  他  (2014/4/5)
  • 2014年04月06日 (日)
  • 02時02分07秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。