キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

七ツ釜鍾乳洞を予定していた。
電話したら、工事のため閉まっていた。

島から島へと、行ってみるかとなった。
大島大橋を、まず渡って。

行きつく先には、温泉があると分かった。
崎戸島に、ホテル咲き都。

岬には、遊歩道と展望台があった。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

西彼杵半島(にしそのぎはんとう)の西に、かたまって島がある。
橋を渡って、西の端に行く。





今日は風が強いと予想されたので、行くのは、考えていなかった。
大島大橋を渡るのが、怖い。

風はあったが、行ってみた。 車は揺れた。 大型とすれ違う時は、なおのこと。
欄干はあっても、車を支える力はない。 無いと同じ。
帰りは、日が沈んで、風が収まってから渡ると決めた。

橋を渡った所に、公園。

大島大橋は大きい。  長さ、350㍍。  長崎にあった女神大橋と同じ、斜張橋。

14年3月6日 (1)

斜張橋としては普通の形。 女神大橋のように、下が高くない。

14年3月6日 (31)

崎戸(さきと)島まで、橋を4つ渡る。  この橋は、別。

14年3月6日 (2)

途中に、こんな場所。
実は、岬の突端も、北緯33度。

北緯45度なら、90度の半分で、赤道と北極の中間。
意味がある。

でも、33度には、どんな意味があるのだろう。
こういうのは、あまり見ない。

14年3月6日 (3)

※ 北緯45度は、こんな場所
  北緯45度近くの風景は、こんなんです。
  45度になったら、米は作れない。 寒い。
  あたたかく暮らせるのは、45度より、南かなって感じる。

     北見神威岬を、興浜北線が走っていた。  北緯45度線。  千畳岩。~枝幸町~  他  (2012/9/10)

港に石垣があったので、停めて、見てみた。  古い物でしょうね。

14年3月6日 (4)

対岸に、地層。  木がない所は、波が届くのか。  こんな地層が多い。

14年3月6日 (5)

崎戸島に渡り、坂を上って着いた。  ホテル咲き都。  崎戸(さきと)を、咲き都に。

14年3月6日 (6)

大島から先は、西海市崎戸町。  合併前は、単独で、崎戸町。

右の大きな島は、蛎浦島(かきのうらしま)。
崎戸島は、小さい方。

全体の名前は、崎戸町。 蛎浦(かきのうら)町ではない。  不思議。
役場の支所や中心街は、蛎浦島に。

ただ、崎戸に行ってくる、と云えば、崎戸島ではなく、蛎浦島のことだそう。
                  (下の地図は、ホテルのHPからお借り)

14年3月6日 (33)

今日は急に寒くなったので、まず温泉。
入浴料は、300円。  
でも、年齢を言ったら、おまけって言って、200円。(年齢が、足りなかったのかな)

夕陽を見ながら入った。 足のマッサージがあるから、1時間ほどいた。
ラドン温泉。  換気がいいので、ラドンとは、分かりにくい。 でも、温まる。

14年3月6日 (7)

遠くに、志々岐(しじき)山。  とんがっている山。  平戸島の、最西端。

14年3月6日 (8)

遊歩道のことは、フロントの方に聞いていた。 親切な方だった。

温泉は、狸の湯だったかな。   それで、狸。
長崎県の、新観光百選の地。

14年3月6日 (28)

右向こうは、1つ手前の島、蛎浦(かきのうら)島。

14年3月6日 (9)

崎戸島の先に、もう1つ島。  御床(みとこ)島。  Yahooの地図では、くっ付いているが、島。
潮が満ちたら、離れる。
魚を釣ってて、ぼ~っとしてたら、戻れなくなることがあるそう。

14年3月6日 (32)

下の浜で、釣をしたり、カニを探したり、楽しく遊べますね。

14年3月6日 (10)

遠くに、昨日行った、池島。  この時、気づかないが、下への道を後で見つける。

14年3月6日 (11)

岬の先端。    展望台。  建物も。

14年3月6日 (12)

こういう場所の古い建物は、戦争のかなって、感じる。

14年3月6日 (13)

敵の船や潜水艦が通ったら、分かる仕組みなんですね。

14年3月6日 (14)

お風呂のあと、器械で足のマッサージもしたから、今は6時を過ぎている。   日が長くなった。

14年3月6日 (15)

御床(みとこ)島の向こうに、志々岐山。    白い灯台が見える。   行きたいけど、時間がない。

14年3月6日 (16)

白い煙突は、松島。   その右に、池島。

14年3月6日 (17)

池島。   廃墟の島になってしまった。

14年3月6日 (18)

振り返ると、ホテル咲き都。

14年3月6日 (19)

戻っていたら、下への道があった。 
フロントの人が、歩きやすい道ではないように言った道。

14年3月6日 (27)

今年も咲き始めた。  冬になるまで咲く。  長い付き合いに。 アザミ。

14年3月6日 (20)

何とか歩ける道。

14年3月6日 (21)

最後は、ロープにつかまって。

14年3月6日 (22)

長崎方面。  釣り船。

14年3月6日 (23)

遊びでない、1本釣りもあるよう。

14年3月6日 (24)

海岸は、奇岩。

14年3月6日 (25)

どうして、こんな風に。  

14年3月6日 (26)

この後、戻る。 
この橋を渡ったら、崎戸島を出る。  右に、石垣。

14年3月6日 (29)

石垣は、古い物ですね。 コンクリートの波よけが出来る前からあった。

14年3月6日 (30)

島に入ったら、詳しい案内。
もう一度来ていい島かなって、感じた。

その時は、他の島も、いっぱい歩く。

九州の西の海には、島が多い。
橋で、多くの島がつながった。

【今日の歌】   時は過ぎていく     時はあまりにも短いって、歌っている。



【道の駅】     さいかい

【明日の予定】   大村湾を南下します。

 

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
  
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1339-c3608eef

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 4つの橋を渡って、崎戸島へ。  岬の温泉で、夕陽。~西海市崎戸町~  他  (2014/3/6)
  • 2014年03月07日 (金)
  • 10時46分31秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。