FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

池島は、小さな島。  周囲は、たったの4㎞。
かつてはそこに、7000人以上の人が、暮らしていた。

日本経済の、最初の発展を支えたのは、石炭。
池島炭鉱は、九州では最後まで、掘った。
しかし、10年ほど前の、平成13年に、閉山。

人はいなくなって、現在、220人程。

歩いてみたが、今は、廃墟の島。
夢の跡のようだった。

海は荒れた。  小さな船は、運航ストップに。
戻る船が無くなり、別の港に戻った。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

神浦(こうのうら)港から乗る。



帰りは、瀬戸港に戻る羽目に。  



小さなフェリー。  後ろにも、横にも、乗り口が。  珍しい。   普通は、前と後ろ。

14年3月5日 (1) 

13時45分発。 400円。  神浦港を離れた。

14年3月5日 (2)

向こうは、西海市。   朝まで、向こうにいた。  少し大きい店があるので。
波が荒い。  フェリーは揺れる。  酔う人には、つらい揺れ。

14年3月5日 (32)

右遠くに、大野岳。

14年3月5日 (4)

昨日、大野岳の頂上から、こっちを見た。  右の斜面の中腹に、大野教会堂。

14年3月5日 (33)

池島が見える。  右の大きいほう。  五島列島は霞んで見えない。

14年3月5日 (3)

30分で着いた。  

14年3月5日 (5)

斜面から上にかけてが、炭鉱の中心。  そこに、立坑がある。

14年3月5日 (6)

高い煙突の工場で、海水を真水に変えた。 

14年3月5日 (7)

昭和45年に、7776人。  

島には、大きな鏡ヶ池があった。 そこが、今は港。
    
 ※ 写真の下が切れた。 こんな失敗を、もう一度する。

昔の池島は、〇の所に家が見える。

14年3月5日 (8)   14年3月5日 (9)

左回りで、歩く。

14年3月5日 (10)

トラックは、頭から乗って、どうやって出るんだろう。 小さいのなら、横からか。

14年3月5日 (11)

人が住んでる気配。

石炭は掘っていないけど、外国からの研修生を、指導している。
事故の無い、安全な石炭の掘り方を。
それに関係する人が、住んでいる。

また、リサイクルの会社があり、規模を縮小して、続けている。
この人たちがいる。

そして、普通にこの島に住む人。  

合わせて、200人と少し。

14年3月5日 (12)

※ トロッコに乗れる、観光もやってるよう。  予約がいるのかな。



池島炭鉱が無くなって、日本で掘っているのは、釧路だけ。
これは、坑道を作って、掘っているのです。

露天掘りなら、北海道に、6~7ヶ所。
   炭山川橋梁(三井芦別鉄道ディーゼル機関車)  露天掘りの石炭  空知大滝 ~芦別市~  他  (2012/9/27)

石炭を掘っていたころは、どんな音がしたのでしょう。

14年3月5日 (13)

ここで、海水を真水に。  水道や、工場に使った。

島は狭くても、給料は普通の2倍。 困ることはなかったでしょうね。
仕事の危険さが、給料を高くした。

14年3月5日 (14)

遠くに、松島。  左に、煙突。  火力発電所。
池島の石炭は、ここで使われた。
それがあるために、他よりは、閉山が遅かった。

普通の家もある。 元々、島にいた人か。
江戸時代には、人は住んでいた。 番所跡がある

14年3月5日 (15)

ツワブキが、このように、植えてある。 ずっと。
今は、長崎市池島町。  以前は、外海町字池島か。

14年3月5日 (34)   14年3月5日 (35)

ここから左に行くと、会社があった。 これだけは、新しく見える。

14年3月5日 (16)

最初の島の写真の、〇の部分。
島にある、唯一の谷。  ここに家が集まった。

昔から住む人は、元の島がいいと、思っているでしょうね。
戻してくれって。
でも、石炭の恩恵に与(あず)かっていたので、大きな声では言えないか。

14年3月5日 (17)

行政の事務所と、郵便局。
この一帯が、島の繁華街だったよう。

14年3月5日 (18)

車には、会うけど、歩く人には合わない。

向こうから来た。 お店が並ぶ。

   ※ チョーコー醤油って読める。  長崎にある会社。  こんな醤油を今も。(右上×で戻る) 
   ※ チョーコーは、マークから、長工のよう。  長は、長崎の長か。

14年3月5日 (19)

学校に向かう坂。  たくさんの子供たちが、歩いた。

14年3月5日 (20)

少し行くと、左に、店。   時間限定で、やってるよう。

この時、子供の声が聴こえた。 明るく、何か話していた。
子供の声は、この時だけ。  幻でないと確認して。

幻の声は、何度も聞いていた。 昔を想像したら、聞こえてくる。

14年3月5日 (37)

学校です。  池島小中学校。  中学校は、左奥にあったよう。  今は、小学校の校舎で一緒。
小学生、3名。  中学生、4名。
昭和49年には、202名いた。

14年3月5日 (38)

※ 小学校、中学校の校歌は、ここで聞けます
  池島の自然、子供たちの姿が、目に浮かびます。

この写真も、左が切れた。  どこ見て撮っているのか。

「あいさつは 心の 花たば」  心の、小さな花束って感じでしょうか。 そっと。

14年3月5日 (36)

さらに行きます。  8階建てのアパート。

14年3月5日 (21)

ここから先には行けない。 禁止。  向こうに、女神像がある。 第2立坑のそばに。   小さく見えてるのかな。

14年3月5日 (22)

島のアパート群の中に。

14年3月5日 (39)

アパートの間の道を行って、海を見た。  
右下に廃屋があって、時計が見えた。 

時計が動いていると思った。  今の時間だから。 3時19分。  私の時計を見たら、3時18分。
しばらく、針を見ていた。 動かなかった。

この時計は、私が来るのを、待っていた。

14年3月5日 (40)    14年3月5日 (41)

人が住んでいる気配。  右のアパートには、洗濯ものが。  外国からの研修生か。

14年3月5日 (42)

島を4分の3ほど、歩いた。  船から見えた、左は母子島(はこじま)。 右は、大角力(おおずもう)。

14年3月5日 (43)

最初に書いた、リサイクルの会社。  アーバンマイン、とある。  愛称が、アンパンマンなら、いいなって・・。

14年3月5日 (44)

港が見えてきた。  小さな船が、出て行った。
私は、この船の、1時間後のに、乗る。

後で知るが、波が高くなって、小さな船は、これでお終いと知る。 

14年3月5日 (45)

これは、何をしたのでしょう。

14年3月5日 (23)

道は下って、先ほどの島。  遠くに、大野岳。

14年3月5日 (24)

釣り人発見。  青い海。

14年3月5日 (46)

港に着いた。  道端には、砂利でなく、石炭が落ちていた。

14年3月5日 (25)

ここから、石炭を積み出した。

14年3月5日 (26)

左に、坑道がある。

14年3月5日 (47)

このように。  ここからも、石炭が運び出されてくるのか。

14年3月5日 (48)

こんなのが、坑道を走っていた。

14年3月5日 (27)

風が強いので。

14年3月5日 (28)

出迎えてくれた。

14年3月5日 (29)

着きました。

14年3月5日 (49)

神浦への切符を買おうとしたら、今日はもうない、欠航と、言われた。
困った。 5時に、西海市の瀬戸港行きがある。
それで行って、バスで戻る。

14年3月5日 (50)

トラックもこれも、バックで乗り込んだ。 

14年3月5日 (30)

30分ちょっとで、瀬戸港に着いた。

14年3月5日 (51)

バスで戻る。  旧道に入ったり、高校に寄ったり、270円で小さな旅。 こんなのも好き。

14年3月5日 (52)

※ 瀬戸港に、停泊できそうなところが見つからなかった。
  駐車場は有料。
  明日は松島かなって考えていたが、不便なことと、明日は寒いので、やめた。

池島を知って、一度は行かなければと思うようになった。
こういう島の未来は、どうすればいいのか、難しい。 分からない。  

たくさん儲けているときに、何時かの時のために、積み立てておけばいいのか。
元に戻すのに、使う。  そんなことも、思うが。

池島は、日本のために働いて、疲れ果ててしまった。
それが、今の姿でしょうか。

【関連ブログ】  軍艦島に上陸 ~長い眠りから覚め、新しい歴史を刻み始めた端島~   他  (2010/3/17)


【その他】  フジフイルムのT-X1です。  先日少し書きました。
      私の持ってるレンズは、23㍉のF1.4。
      そのレンズをカメラに付けて、下にグリップを付けた状態が見たい。
      でも、ネットには、見つからない。

発表会の時の、下の写真があった。
カメラを見たら、レンズが少し大きい。  疑って、写真を拡大して、調べた。
そうしたら、私が使ってる、23㍉のレンズだった。

メーカーは、一番似合うレンズを付けて、モデルに持たせたと思う。
レンズとカメラのバランスがいいなって、感じる。

カメラの心臓部分のセンサーは、自分が使ってるのと、そんなに変わらない。
次のを待とうかなって思っていたのが、迷いだした。

この女の子が持つから、かっこいいのか。
どうしましょう。

14年3月5日 (31)


【今日の歌】  昨日と、同じ曲。  少しおませな子が。  この子は、今は大きい。



【道の駅】   さいかい



【明日の予定】  時間が少ないので、鍾乳洞かな。  七ツ釜鍾乳洞。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
  

スポンサードリンク

 
 
14年3月5日 (41)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1338-81794b13

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • かつて、石炭で栄えた、池島を歩く。  池島炭鉱跡は、夢の跡。~長崎市池島町~  他  (2014/3/5)
  • 2014年03月06日 (木)
  • 10時40分34秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。