キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

ド・ロ壁は、昨日、出津(しつ)で見ていた。
でも、今日見た大野教会堂は、壁全部が、ド・ロ壁だった。

特異な壁の教会堂は、世界遺産暫定リストに入っている。
珍しさと美しさから、不思議ではないと思った。

後ろの山は、大野岳。
登山道が、見つからない。
人に聞いても、たどり着けない。
歩いて歩いて、やっと頂上に。

苦労のご褒美のように、美しい風景が、四方に広がっていた。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

ここは、長崎市の北部。   少し走ると、西海市。



大野岳の頂上まで、直線で500㍍。  15分ほどで登れる道があるのではと、甘く考えていた。



いつも、車を置く場所を見つけるのが、最初の仕事。
広い道が見つかって、今日はそこに。

坂を上ると、風景が広がっていく。

水仙は、間もなく終わり。  
菜の花と共に、冬からずっと、楽しませてくれた。

14年3月4日 (1)

池島。  昔、炭鉱があった。  
外海の人口の、半分以上が、狭い島にいた。  そんな時代が。

14年3月4日 (2)

10分ほど歩いたら、着いた。  大野教会堂。
昨日見た、出津教会の巡回教会として作られた。  学校で言えば、分校か。

石垣の上に、石の壁。

14年3月4日 (20)

ド・ロ神父が建てたとある。  

石は、玄武岩。  昨日見た石は、黒色片岩。
調べてみたら、長崎には黒色片岩が多いけど、ある地域に玄武岩が見つかるそう。

窓が、変わっていることも。

14年3月4日 (21)

壁は全面、ド・ロ壁。  身近にあるものを利用した。

14年3月4日 (3)

木が大きくなって、海は、狭くしか見えない。   マリア様か。

14年3月4日 (4)   14年3月4日 (22)

反対側から。   草取りしている人が。   話が聞けた。

大野地区には、昔は、26戸の信者がいた。
その人達のために、大野教会堂をつくった。

今は、3戸。  1人は入院しているので、実質は、2戸。

  ※ 信者は、昔のようには多くない。
    天草全体でだって、1㌫いないのだから。

14年3月4日 (23)

出津(しつ)の石積みのように、石が薄くない。  ごろんとしたものが多い。
これは、玄武岩だという。

  ※ 玄武岩は、場所によっては、5角形の柱のがある。  
    その断面が、中国の玄武に似ていたので、玄武岩になった。

土と石灰と砂を混ぜて、隙間に。  石灰が固める役目だろうか。

レンガのアーチ型の窓が、おしゃれ。

14年3月4日 (5)

今日は開いてないので、入れない。  

14年3月4日 (6)

下の写真は、長崎新聞さんから、お借り。   質素。

14年3月4日 (18)

大野岳に登る道を聞いた。  車道をずっと行って、左に上がると言う。
私は、この集落から登る道があってもいいと、思っていた。
もしあれば、15分で登れる。

  ※ 後で知るが、昔は、あったよう。 こっち方面から登る道が。
    
左に上がる道を探しながら、歩いた。
こんな道だから、不満はない。

  ※ 庭の木の枝は、横になるようにしていた。
    石の重りを、ひもで、下げていた。
    ここに来る前、物が飛ばないように、石を載せていた。
    
    石は、引っ張っていたり、抑えたり、仕事をしている。
    何も動かないで。

    石のような仕事があればいいと、思った。
    給料がもらえて。

とっくに、1㌔以上歩いた。     

14年3月4日 (7)

小さな花は、何でしょう。   左は、椿。  ※ 椿は、春の木か。

14年3月4日 (8)

2㌔以上歩いて、おかしいなと思って、戻った。  あきらめた。
その時、人が通った。  道が分かった。

ここまで、戻って来た。  少し先の分岐に、小さな標識があった。  道に落ちて。

14年3月4日 (24)

これに気付けばよかった。  ここからもしばらくかかるよと、教えてもらっていた。
20分ほどかかることになる。

14年3月4日 (25)

また、道が分からなくなった。  時々、分岐がある。  
重機で土を掘ってる人がいた。  聞いた。  もう大丈夫。

この山の上。

14年3月4日 (9)

ここから、やっと登山。   今までは、迷って、ウロウロ。
大野教会堂から見たら、山の反対側まで来て、登り始めた。

14年3月4日 (10)

勝手に思っていた15分が、1時間かかった。 

14年3月4日 (26)

見える見える、何でも見える。

左に池島。 その遠くに、五島列島。   右に松島。 薄く遠くに、平戸島。

14年3月4日 (27)

池島。   炭鉱で栄えた。

14年3月4日 (33)

神浦港。  ここからも、池島に行ける。

14年3月4日 (29) 

平戸島の先っぽに、志々岐(しじき)山。   ※ 展望台に、案内図がある。
   本土最西端の山、志々伎山に登る。 恵比寿さんが笑った。~平戸市~  別れのブルース  他  (2012/1/26)

14年3月4日 (28) 

神浦港の、奥の方。  棚田が見える。

14年3月4日 (32)

〇の所に、昨日までいた道の駅。  山は、城山(じょうのやま)。  
あの山の頂上から、こっちが見えたので、ここに来た。

14年3月4日 (11)pp

遠くに、左から、伊王島、高島、軍艦島。   その向こうは、長崎半島。
   
14年3月4日 (30)

左、高島。   右、軍艦島。
  ※ 先日、高島を紹介したので、今日は軍艦島を。
      軍艦島に上陸 ~長い眠りから覚め、新しい歴史を刻み始めた端島~   他  (2010/3/17)

14年3月4日 (31)

半島の内陸部。

14年3月4日 (12)

全部見えたので、満足。

急いで、戻った。  途中、放した犬に、2回会う。
昔ほどいやではないけど、なつかないのもいる。

   ※ この次から、今までのように、リュックにいつも、小型のクマよけスプレーを入れておく。
     イノシシが出てきても、怖くない。
     どんな犬でも、平気。 

ここまで、戻って来た。
何かの案内がある。  行ってみる。  300㍍。

14年3月4日 (13)

大平作業場跡。   これも、ド・ロ神父が作った。

14年3月4日 (34)

畑に関係する作業なんですね。 詳しくは分からない。

14年3月4日 (14)

出津は、「しつ」と読むと思っていた。
ここには、「しっつ」。
調べてみたら、地元の人は、「しっつ」とも読むそう。  しっつの方が、言い易いかな。

14年3月4日 (15)

来た坂を下る。

14年3月4日 (16)

ここを下って、駐車場。

14年3月4日 (17)

雨が降らなかったので、予定通り、歩けました。

出津教会堂も、今日の大野教会堂も、世界遺産になったら、大騒ぎ。
人がたくさんやって来る。

長崎の教会の関連施設は、世界遺産暫定リスト12のうちの、1つ。
この中では、有力な位置にいることが、分かっている。

関係者は、何が足りないかを整理して、取り組んでいることでしょうね。
大事にしようとしているか、その姿勢も問われます。

楽しみです。

今日は、珍しい石の壁の教会を見ました。

【今日の歌】   Niño Malo   ニーノマロ   久しぶりです。  調子いいのを。
          ※ 日本では一般的には知られていない曲。
            こんな曲の一部をもらってきて、ふくらませて作曲すると、楽でないかな。
            そうしている作曲家は、きっといる。



【停泊場所】    西海市に入った所の、パーキング。   道路公園の感じ。

 

【明日の予定】     池島に、午後行ってくる。


 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
  
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1337-8ad46bda

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • ド・ロ壁の、大野教会堂。   大野岳の頂上までは、遠かった。~長崎市~  他  (2014/3/4)
  • 2014年03月05日 (水)
  • 10時10分28秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。