キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

茂木(もぎ)は、ビワの一大産地。
茂木ビワと呼ばれ、江戸時代から栽培されている。

昔、天草への橋がなかったころ、多くの人が、茂木港から天草へ渡った。
林芙美子や、鉄幹たち5人も。

一口香(いっこっこう)という変わったお菓子が、この地にある。
中が空洞。
長崎では人気の商品だが、今日は、店が閉まっていた。

雨は午後になって小降り。
傘をさして、歩いた。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

長崎半島の山を越えたら、長崎市街。  天気のいい日なら、歩けそう。



この地図で歩く。(茂木地区のHPから)

14年2月26日 (24)

地図の左方面。  山の斜面には、ビワが。  このように。(2010年)   右に、墓地。 

14年2月26日 (1)

右にバス停。 以前来た時は、ここから長崎に通った。

 ※ 今回は、女神大橋のたもとのパーキングからと、考えている。
   情報は、先日普賢岳でお会いした、諫早の方から。

14年2月26日 (2)

※ 上の写真の野母崎(のもざき)は、長崎半島の先端。
    井戸に住みつくオオウナギ 桜が満開 ~長崎半島野母崎 樺島~  明日軍艦島へ   他  (2010/3/16) 
    長崎亜熱帯植物園  野母崎 海の健康村「陽の岬温泉」 ~長崎半島野母崎~   他  (2010/3/15) 

若菜川を渡って、地図の右方面に。

右に、古い蔵。   遠くの橋は、後で渡る。

14年2月26日 (3)

昔は何をしていたのでしょう。   こんな家も。

14年2月26日 (4)

堀切。  長崎と茂木の間に、鉄道建設の計画があった。
その時に、作ったもの。  鉄道は、敷かれなかった。

地図の植物化石層を探していた。 もっと行けばあったのかな。

14年2月26日 (5)

フェリーターミナル。  長崎、天草ラインとある。
ただ、今はフェリーは航行していない。 人だけ運ぶ船。

14年2月26日 (6)

茂木港と富岡港の間を。 (地図は、三和フェリーのHPからお借り)

14年2月26日 (25)

※ 林芙美子が、フェリーに乗って天草に行った時のことを、天草灘という短編に書いている。
    林芙美子、「天草灘」の全文。~話の舞台は、茂木港から富岡港、そして、岡野屋。~ (2013/2/3)
    トンボロの町、富岡。  林芙美子、天草への旅。  乱の激戦地、富岡城。~苓北町~  他  (2013/2/1)

※ 五足の靴(ごそくのくつ)は、与謝野寛が、太田正雄北原白秋平野万里吉井勇の4人を連れて旅した記録。
  4人はまだ学生。 紀行文で、1907年に発表された。
  
  みんな大物になる。 
    五足の靴、文学遊歩道。  鬼海浦、岩登り。  下田温泉、五足の足湯。~天草町~  ラ・ノビア  他  (2013/1/29)
    十三仏公園。  与謝野夫妻の歌碑。  五足の靴、文学遊歩道。~天草市~  他  (2013/1/27)
    大江天主堂。  天草ロザリオ館。  五足の靴。  お万ヶ池の伝説~天草市天草町大江~  他  (2013/1/26) 

長崎を見て、そして天草、という旅のコースが、昔はあったんですね。
今は、多くの人は、橋を利用。

少し歩いて、裳着(もぎ)神社。  大きなイチョウの木。
茂木は、元々は、裳着だったんですね。 (神話の世界の皇后が、この地で衣装を着た、と説明が)

14年2月26日 (7)

裳着の説明。
また、「道永えい」という人のことが。  この神社を厚く信奉していた。  

14年2月26日 (8)

下の人。 「稲佐お栄」とも。  調べてみました。

ijin2u.jpg  

長崎商工会議所のHPに、彼女のことが。 こんな人。

   長崎の女傑の一人に挙げられるのが、「稲佐のお栄さん」こと道永エイ。
   明治13年(1880)のある日、諸岡マツの経営するロシア人相手のホテル・レストランの料亭
  「ボルガ」を、天草生まれの20歳の娘が訪ねてきた。
   12歳の時、両親を相次いで失い、遠縁を頼って茂木の旅館で働いていたというその娘の名こそ、
   道永エイ(お栄)だ。

  お栄はマツに近くの「ロシア将校集会所」を紹介され、住み込み家政婦として働くことになる。
   お栄はここでロシア語を修得。
   ロシア語が話せ、色白の美人で社交上手な彼女は将校達の人気者となり、その名は本国ロシアま
   で聞こえるようになった。

   21歳の時、ロシア艦隊戦艦「バルト号」の艦長に気に入られ、船長付のボーイとしてウラジオス
   トックに渡り、ロシアで社交界の花形となるが、10年後に帰国。
   再びマツの片腕となって「ボルガ」で働くようになる。
 
   明治24年(1891)、ロシア皇太子ニコラス二世(のちの皇帝)がギリシア親王ジョージとともに
   極東訪問の途中、艦隊を率いて8日間、長崎に立ち寄った。

   22歳の若い皇太子はお忍びで上陸し、上野彦馬に写真を撮らせたり、街角で出会った少女にかんざ
   しを買ってやったりと、愉快な数日を過ごしたという。
                   (さらに続きは、ここを

上の文で、ニコライ2世を中心になって接待したのが、稲佐お栄。 彼女。
かなり親しく。  彼女の名を大きくしているのは、このことがあるから。

下は、ニコライ2世が、長崎に来た時。(Wikipediaより)

640px-Prince_Nicolas_at_Nagasaki.jpg

ニコライ2世が長崎に来たのは、1891年の4月。
5月に、大津で暴漢に襲われる。 怪我をする。  大津事件。

1894年に結婚。 1896年に、ロシア皇帝に即位。
1904年、日露戦争。
1918年、ロシアは崩壊し、家族全員処刑される。

以前紹介したことにある、アナスタシア・ニコラエヴナは、4女。

14年2月26日 (9)

神社から見た、茂木市街地。

14年2月26日 (10)

モクレンでしょうか。

14年2月26日 (11)

玉台(ぎょくたい)寺。

14年2月26日 (13)

島原の大災害は、津波のことですね。  山が崩れて、津波を起こした。

弾圧で功績があった、とある。  
面白い表現。 弾圧は、普通、いいことではないのに。 いいことをしたときに、功績。

14年2月26日 (12)

地図の左端。  潮見崎観音へ。

14年2月26日 (14)

高灯篭ですね。 昔は、灯台の役目。

14年2月26日 (15)

観音堂。   お地蔵さまが、いっぱい。  今日は雨なので、辛抱。

14年2月26日 (16)

茂木港。  私の車も。

14年2月26日 (17)

上の写真の右。   フェリーターミナル。

14年2月26日 (18)

※ 雨に霞んで、天草は見えなかった。   晴れたら、このように見える

いったい、どうしたって云うのでしょう。 振り上げた手も、どこかに。

14年2月26日 (19)

水仙は、早くから咲く。

14年2月26日 (20)

茂木には、銭湯が多いという。 あったら入ろうと、道具は持っていた。
今日は26日(水)。  6の付く日は、休み。

14年2月26日 (23)

一口香(いっこっこう)のお店。 水曜日は、休みと。  何か、調子が悪い。 

       ※ この後、もし、ラーメン屋さんに行ったら、臨時休業だな、と思った。
         さらにどこかに行ったら、閉店。 さらに行ったら、・・・。

14年2月26日 (22)

お菓子は、中が空洞だなと思って、見てください。
そうしたら、空洞に見えてきます。  分かり易い写真は、こんなの

焼き菓子なので、香ばしい味がするそう。

14年2月26日 (21)   14年2月26日 (26)

※ 胡麻餅というお菓子があるそう。
  これは、一口香と製法が酷似している。
  大きく見えても、中身はがらんどう。
  「ごまかす」の語源は2つあって、1つが、この説。

今日は、小さな港町、茂木を歩いてみました。
有名でなくても、何かがあれば、それでいいですね。

雨が降っても、風がなければいい。
今日は、最後に風。  傘は使えなかった。

【今日の歌】  「アナスタシア」の挿入歌「Once Upon a December」
         悲しみを湛(たた)えた、メロディ。



【その他】  ウィンドウズ8を使っている。
       ネットを利用して、8.1にした。
       そうしたら、写真の大きさが自由にできるようになった。
       元に戻った。
       続くことを、願っています。

【停泊場所】   茂木港

【明日の予定】  長崎に。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

【ランキング】   国内旅行、3位。 旅行全体で、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング   

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
 【拍 手】
  
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1331-4a5505f2

ケノーベルからリンクのご案内(2014/02/28 09:01)

長崎市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • ビワの里、茂木を歩く。  裳着神社。 一口香は、中が空洞の焼き菓子。~長崎市茂木~ 他 (2014/2/26)
  • 2014年02月27日 (木)
  • 09時00分46秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。