キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

目的地の、鹿児島県に入りました。

まず、今年もツルは元気にやって来たのか、それを見に。
出水市です。

昨年と同じように、12000羽以上のツルが、いました。

その中に、カナダヅルとクロヅルが、4羽づついます。
今日は、それを探すことにしました。
今まで、一度も見ていません。

探し始めて直ぐに、至近距離に、カナダヅルを見つけました。
まったくの、偶然でした。

クロヅルは、人に教えてもらって、遠くに。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

ツルは、寒いシベリアから、渡って来る。

飛来地は、出水市の海に近い、水田地帯。



ツル展望所から、見ることが出来る。  210円。

14年1月23日 (1)

例年の数が、今年も来ている。  ナベヅル4羽。 クロヅル4羽。

14年1月23日 (2)

雨の日でも、ここから見られる。

14年1月23日 (3)

マナヅルとナベヅルは、いっぱいいる。  
カナダヅルは、少し小さく、全体の色が他と違う。 そして、丹頂のように、頭に上が赤い。

クロヅルは、真っ黒ではない。

14年1月23日 (4)

この10年は、安定した数。

14年1月23日 (11)

屋上から撮った。

14年1月23日 (5)

左遠くに、水田に水。   ここで、ツルは立ったまま寝る。  キツネとかに襲われない。

14年1月23日 (6)

別な方にも。  黒っぽいのは、ナベヅル。  灰色っぽいのは、マナヅル。

14年1月23日 (7)

いますね。  田んぼの土の中の、虫なんかを食べている。

14年1月23日 (8)

寝る時以外は、あっちこっちに、出かける。   シベリアはまだ寒すぎる。   2月の中過ぎを待つ。
人間にとっては、この季節は寒い。  でもツルにとっては、ちょうどいい。

14年1月23日 (9)

家族ごとに生活とある。  また、ここでは、餌をやっている。

14年1月23日 (12)

今は、左の〇で見ている。   この後、右の〇に移動。  カナダヅルとは、そこで。

14年1月23日 (13)

マナヅルは、全生息数の半分が、ここに来るそう。 半分いて、2000羽なら、全世界に、1万羽はいないよう。

14年1月23日 (14)

全生息数のほとんどがここに来る。 それで1万。   マナヅルもナベヅルも、世界中には、ほんの少し。

14年1月23日 (15)

出水市の他に、山口県の周南市の八代(やしろ)にも、少し。  ほんの少しで、10羽ほど。

14年1月23日 (16)

本当は、八代にも、いっぱい行けばいい。 出水市もそう思っている。
万が一、病気が広がったら、全滅するかもしれない。 種の保存には、分かれていた方がいい。

場所を移動した。 地図の右の方に。
これは、ナベヅルですね。   夫婦と、子供。

14年1月23日 (17)

マナヅル。 ナベヅルより、少し大きい。  灰色っぽい。   目の周りが、赤い。

14年1月23日 (18)

喧嘩しないで、混ざっていることが多い。   飛ぶときは、首と足を伸ばす。

14年1月23日 (19)

カナダヅルは、どこかにいないかなと思ったら、これ。  いた。  私にも、カナダヅルとすぐに分かった。
左の2羽。  ナベヅルより、さらに小さい。

14年1月23日 (20)

1万羽の中から、どうやって探せばいいのだろう、と思っていたのに、直ぐに見つかった。

カナダに行けばいっぱいいる。  シベリアにいるのが、アメリカの方に行かないで、間違って日本に来た。

14年1月23日 (21)

頭の上の、前の方が赤いのが、分かるでしょうか。

14年1月23日 (22)

手前は、ナベヅル。  カナダヅルの頭です。

14年1月23日 (23)

毎年数羽来るけど、同じのが来るのでしょうか。
もし同じなら、自分のことを、ナベヅルと思っているかも知れない。
自分の姿を、鏡で見たことはないと思うので。

14年1月23日 (24)

カナダヅルは、シベリアに戻る時、編隊でなく、2羽か4羽で戻るのでしょうか。
他に、混ざるのか。

今度は、クロヅル。
自分で探すのは止めた。 見つけた人を探すことにした。

 ※ 知床で熊を探すときは、車で走り回って、人の集まってるのを見つければいい。
   そこには、必ずクマがいる。
   私は、大きなクマは、車の中から、4㍍くらいの距離。
   子供のクマとは、目の前で。 
   車の前にいたけど、いなくなったので、外に出て探した。
   そうしたら、急に、草むらから出て来た。 大きめの犬って感じ。

20年、30年って生きる。 このツルも、2羽、ずっと一緒かな。

14年1月23日 (25)

ナベヅルが確かに多い。   体力を付けておかないと、海を渡れない。  命がけ。

14年1月23日 (26)

マナヅルもナベヅルも、やっと命をつないでいる数。 
絶滅が危惧されている、絶滅危惧種に入っている。(環境省レッドリストに)

14年1月23日 (27)

ここには、広い田んぼがある。  近くには山があって、上昇気流がある。 わたる時に利用する。
人間が、住みやすい環境を、作ってくれる。

いい条件があるので、出水市に集まるよう。

14年1月23日 (28)

山口県の周南市から来ている人がいた。  女性2人。
周南市で、足環を付けて放したツルが、ここに来てるそう。
それを探しに来た。  1羽見つけたという。  
望遠鏡で、足環の文字が読めると言う。  驚き。

その人たちの望遠鏡が、クロヅルをとらえていた。
見せていただいた。 いた。  実際に見ると、違いははっきり。

14年1月23日 (30)

私は、望遠レンズは持っていない。 それでも撮った。
はっきりとは写らない。

〇の中にいます。

14年1月23日 (29)

今日は運が良かったです。
このところ、足を痛くしたり、いいことがなかったのに、感謝です。
誰に感謝でしょう。 神様にでしょうか。  
長島に向かったから出会えた。 神様は、長島ですね。

足の筋肉が痛いです。  3333段の石段は、厳しかったのか。
リハビリや訓練は、いきなりではなく、穏やかにしなければ、なんですね。

【関連ブログ】
  車の整備。  エアコンの修理。  カナダヅルは、見つからない。~長島町・出水市~  他  (2013/1/15)
  今年も出水市に、ツルは戻ってきた。  14日現在、13138羽。~出水市~  他  (2013/1/14)
  ツルは飛んだ!  行人岳から見たツルの北帰行  ファインダーを涙で曇らせ見送った ~長島町~  他  (2012/2/20)
  行人岳山頂から見た、ツルの北帰行ルート  明神古墳群  他 ~長島町~  シューベルトのセレナーデ(その2)  (2012/2/18)

【今日の歌】 橋本淳作詞の曲の最後です。



【停泊場所】  スーパーセンターの駐車場

【明日の予定】   出水市のどこかを。   夕方、長島町のUさんの会社へ。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、2位、 旅行全体、4位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1295-7790265c

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 出水市に、今年もツルはやってきた。  珍しいカナダヅルと、クロヅルを見た。~出水市~ 他 (2014/1/23)
  • 2014年01月24日 (金)
  • 09時06分20秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。