キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

中将姫伝説は、宇陀市の青蓮寺(せいれんじ)と思っていたが、有田(ありだ)市にもあった。
寺の名前は、得生(とくしょう)寺。

寺の横を、熊野古道が通っていた。
その場所は、糸我(いとが)峠の手前だった。

近くに、糸我稲荷があり、正月の行事をやっていた。
福ぜんざいを、御馳走になった。

今日は、小雪の舞う、寒い一日。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

徳生寺は、有田市に。





中将姫伝説は、大きな伝説。
何せ、当麻(たいま)寺にある、国宝の大麻曼荼羅を作ったと云う。
雲雀(ひばり)山で殺されそうになるが、助かる。

この寺が、その伝説のある、得生寺。

14年1月10日 (20)

得生寺の徳生は、中将姫に家臣の名前ですね。 助けた家臣でいいのかな。
※ 中将姫は、継母に憎まれて、殺されそうになる。

14年1月10日 (21)

ここは、糸我峠の麓。  糸我の地。 歌碑があった。

14年1月10日 (23)

万葉集ですね。 古くから知られた地。
道を歩いている感じなので、熊野に向かっていますね。  熊野古道を。

14年1月10日 (22)

ここは、糸我の里。

14年1月10日 (24)

正面に、開山堂。   中将姫のためのお堂。

14年1月10日 (4)

中に、中将姫の坐像。   両側に、得生夫妻の像。

14年1月10日 (5)

説明です。   殺せと命じられたけど、助けたのが、得生。

14年1月10日 (3)

この通りは、熊野古道。 後ろに行くと、熊野。
ここに、一里塚。 一里塚は、20㌔おきに。

14年1月10日 (6)

帰ろうと思ったら、正月の飾りを持った人が、向こうに行った。
何かあるのかと、付いて行った。

14年1月10日 (7)

真っ直ぐ行って、糸我峠。  遠くない。

14年1月10日 (19)

右を見たら、こう。  ここは、糸我稲荷大明神。

14年1月10日 (8)

上の写真の左に、石碑。  白河法皇の車が、ここに停めて休んだ。

14年1月10日 (18)

正面に拝殿。   お参りした。  おみくじは大吉。 さいごにやっと。  車の神棚に置いた。

14年1月10日 (9)

ここに人に呼ばれた。 よそ者ですと言った。
そうしたら、いいんですよ、お代わりしてくださいと、言われた。

14年1月10日 (14)

御馳走になった。  美味しい。  美味しい物って、こういうものだなって、感じた。 
寒い日なので、温かさがいっそう。 

14年1月10日 (10)

古いのは納めて、新しいのを買っている。

14年1月10日 (11)

大きなクスノキ。  寺の四方にあったが、今は3本。   500年以上前に植えた。

14年1月10日 (12)

深草とあるのは、小町伝説の深草少将と関係がありますね。 行ってみたい場所です。

14年1月10日 (13)

隣に、熊野古道資料館。  糸我峠の様子。  みかんは昔からあった。

14年1月10日 (15)

点線が、熊野古道。  左の〇の所に、糸我峠。

14年1月10日 (34)

藤原定家が1201年に来ている。   800年前。   京都を出発。

14年1月10日 (16)

9日目にここを通った。 

14年1月10日 (17)

この後、道の駅明恵ふるさと館に戻る。

14年1月10日 (25)

場所はここ。

14年1月10日 (12)

深草とあるのは、小町伝説の深草少将と関係がありますね。 行ってみたい場所です。

14年1月10日 (13)

隣に、熊野古道資料館。  糸我峠の様子。  みかんは昔からあった。

14年1月10日 (15)

点線が、熊野古道。  左の〇の所に、糸我峠。

14年1月10日 (34)

藤原定家が1201年に来ている。   800年前。   京都を出発。

14年1月10日 (16)

9日目にここを通った。 

14年1月10日 (17)

この後、道の駅明恵ふるさと館に戻る。

14年1月10日 (25)

800㍍離れた所に、明恵の生まれた場所が。
足のリハビリを兼ねて、行ってみることに。

今日は、初めて、松葉杖を使っていない。
捻挫しないように、ギブスの代わりに、登山靴をはいて。

14年1月10日 (26)

※ 歩いていたら、車から、乗りませんかと声をかけてもらった。
  事情を説明して、遠慮して、お礼を言った。
  その人の車は、少し行って、Uターンして戻った。
  私を追っかけてきたようだ。
  こういうことがあると、その人だけでなく、この地にまでも、親しみを感じる。

800㍍離れた所に、明恵の生まれた場所が。
足のリハビリを兼ねて、行ってみることに。

今日は、初めて、松葉杖を使っていない。
捻挫しないように、ギブスの代わりに、登山靴をはいて。

14年1月10日 (26)

※ 歩いていたら、車から、乗りませんかと声をかけてもらった。
  事情を説明して、遠慮して、お礼を言った。
  その人の車は、少し行って、Uターンして戻った。
  私を追っかけてきたようだ。
  こういうことがあると、その人だけでなく、この地にまでも、親しみを感じる。

途中で、右に曲がって、着いた。

14年1月10日 (28)

ここです。



「ふるさとの やどにはひとり 月やすむ 思うもさびし 秋の夜のそら」

14年1月10日 (31)

明恵上人は、生き方に魅力を感じる人が多い。
京都の高山寺は、明恵上人の寺。

こんな歌も作っている。

 「あかあかや あかあかあかや あかあかや あかあかあかや あかあかや月」

大原の寂光院の、建礼門院とも関わりがあったと、あります。
多くの人から信頼されていた。

14年1月10日 (27)

少し向こうに、橋があるので、行ってみた。

14年1月10日 (29)

有田川。  雪が舞っているので、遠くが白い。
川の流域で、有田みかんが栽培されている。
ブランド品だが、道の駅には、安いのが売っている。  1袋、100円。

14年1月10日 (30)

ここは、明恵上人の地ということで、直ぐ近くに、歓喜寺。

14年1月10日 (32)

戻っている。 どこも、みかんです。

14年1月10日 (33)

得生寺だけを考えていたが、熊野古道、糸我大明神、明恵上人の、おまけが付きました。
歩けば歩くほど、歩きやすくなってきます。
どこまでも歩けるまで、もうすぐ。

【関連ブログ】
   宇太水分神社(うだみくまりじんじゃ)。  中将姫伝説の青蓮寺(せいれんじ)。~宇陀市~  他  (2013/4/16)
   大津皇子を詠んだ歌が残る、二上山。  當麻寺。 ~葛城市~  J ( イ・ソンヒ、李仙姫)  他  (2012/5/19)

【今日の歌】   西島三重子 夕闇のふたり     作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお



【道の駅】   明恵ふるさと館

【明日の予定】  近くの温泉に行って、午後、貴志線に乗る。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、4位、 旅行全体、7位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1283-dc3c9cc1

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 中将姫伝説の得生寺。  熊野古道、糸我峠。  糸我稲荷の本えびす。~有田市~ 他 (2014/1/10)
  • 2014年01月11日 (土)
  • 08時08分48秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。