キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

この2日間出かけてみた。
数㌔は歩けそうと分かった。
バスも電車もエスカレーターも、大丈夫そうなので、京都に行くことに。

東山とかの見学はしない。 年末の東山の撮影は、今度。
右足はサンダルを履いているが、厚いため、歩きにくい。
スリッパのような薄いのを、見つかったらいい。

  ※ 松葉杖がなくても、少しの距離なら大丈夫。
    松葉づえを使うと楽。 たが、ギプスがあるので、右足が長い。
    それで、サンダルは歩きにくい。

せっかくなので、亀山市を紹介しながら。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

ここ最近、亀岡市と南丹市を行ったり来たり。  途中に、温泉。



道の駅、ガレリアかめおか。   
私の旅では、一番世話になっている、道の駅。  京都への拠点。

歯の治療も、この町。  今回は、足で整形外科の病院に。

夜は、ここに停めるけど、昼間は、私が立っている後ろの方や、運動公園。
同じところに、続けて行かない。

駅まで、100円バスで行ける。

13年12月26日 (1)

駅に着いた。   駅の屋根は、丸みを帯びている。  亀岡の亀の甲羅のように。

13年12月26日 (2)

駅の2階から。   正面に、亀山城。  

  ※ 亀岡は、昔は、亀山だった。   伊勢の方にも亀山があるので、明治に入って、亀岡にした。

13年12月26日 (3)

亀山城は、小さな山の上に。  亀みたいな山なので、亀山城。
それで、城下町の名前も、亀山になった。

  ※ 亀山天皇の亀山は、関係ない。 関係あるのは、嵐山の亀山公園。

本能寺の変の前日、明智光秀は、ここから出発。  1582年6月21日の前日。
京都は、右の方。  夜を徹して歩く。 
光秀は、保津川を渡って、水尾に行き、愛宕山の山頂の神社に参拝する。
朝になって、嵐山に降りる。

今の国道9号線の方の、老の坂を通ったグループ等と、合流。
「敵は、本能寺にあり」と、叫ぶ。
     亀山城から本能寺まで ~京都市~  他  (2011/11/29)

向こうが京都。 左に電車が来たが、混んでたので、右の電車に乗る。  20分後スタート。
この時は、お昼少し前。

13年12月26日 (4)

向こうに、保津川が流れている。  保津川下りのスタート地点も、右遠くに。

13年12月26日 (5)

亀岡は、丹波の一番南。  ずっと昔は、丹(あか)い波のある、浅い湖だった。
大国主命(おおくにぬしのみこと)が、保津峡の切り開いて、水を流した。 (伝説)
湖は消えた。 今、この一帯は、亀岡盆地。  冬が近づくと、毎日霧。

どうして、保津川という名前か。
大国主命の妻の1人に、三保津姫命(みほつひめ)がいた。
その名前から、保津川。
  ※ ちなみに、世界遺産の三保松原は、三保津姫命の三保をとった。
      天女が羽衣をかけた松がある、三保の松原。  Kさん夫妻と、楽しいお酒。~静岡市清水区~ 他 (2013/6/5)

京都に着いた。  右の電車で来た。

13年12月26日 (6)

西口から出て、みやこみちを歩いて、イオンに行く。  

13年12月26日 (7)

食堂が並んでいる。   お腹が急に空いてきた。
カツ重とソバのセットを食べた。  外食は、1ヶ月以上していない。  久しぶりのごちそう。

13年12月26日 (8)

人工の滝。  子供も大人も喜ぶ。

13年12月26日 (9)

直ぐ近くに、イオン。  モンベルなどの、スポーツ店がある。

13年12月26日 (10)

サンダルは、見つからなかった。
 
スポーツ店で、いろいろ見た。 ひと目この色はいい、と思った上着は、女性用だった。
安い帽子が1つ、気に入った。
買うことにした。 買うと決めて、かぶっていたことを忘れていた。
レジで、これくださいって、自分の帽子を出した。  恥ずかしい思いをした。

ぼ~っと生きてると、失敗ばかり。

クリスマスも終わった。
1日遅れのケーキを食べた。 冬至のカボチャも、1日遅れ。 年越しのそばも、1日遅れになりそう。

13年12月26日 (11)

京都駅の、裏側。
京都駅の北側は、私は好き。  重い天井が頭の上に無い。 開放感がある。

13年12月26日 (12)

3時半過ぎので、戻る。   

13年12月26日 (13)

京都を出たら、雨が降って来た。

列車の窓から、保津川が見えた。

今から63年前の夏、1人の女性が、列車から保津川に身を投げた。
今の、トロッコ列車の路線から。

13年12月26日 (14)

舞鶴市出身の若い僧(林養賢)が、1950年の7月2日に、金閣寺に放火した。 全て焼けた
次の日、母親は、京都の警察に呼ばれた。
事情を聞かれ、福知山の大江にある家に戻る途中、身を投げた。

2人の墓は、舞鶴市にある
林養賢にとって、金閣寺は、美しすぎた。  6年後、彼は服役中に、病死。

亀岡駅に着いた。
石田梅岩という人の名前を、この町では、よく見る。

13年12月26日 (15)

商人は、儲けるだけを考えているように、見られる。
そうでないという理屈を、考えたのかな。  商人の生き方。

13年12月26日 (16)

サンダルを見に、イオンへ。  
ここの王将は、たまに行く。 他より好き。
油を使った料理を食べ続けると、どこかで体は、おかしくなる。

13年12月26日 (17)

このバスで戻るが、近くにある郵便局に、旭川の姉からの荷物が届いている。
それを受け取るので、次のバスで、戻った。

13年12月26日 (18)

荷物は、手作りのおでん、ニシン、カレイ、スルメ、松尾ジンギスカン、蜂屋のラーメン、餅、他・・・。

サンダルは、使っていた底の部分を、薄くした。  カッターを使って。
歩きやすい。  これを履いて、松葉杖だと、どこまでも歩ける。

13年12月26日 (19)

29日か30日は、天気が良さそう。 
年末の京都を見て来ます。

【今日の歌】 1184年の2月、義経は、1万の軍を引き連れて、ここ亀岡を通っています。
       篠山を抜けて摂津の一ノ谷に向かいました。



【その他】  山口県周南市の5人殺害・放火事件の犯人が、起訴されました。
        こんな事件ですね。

          保見容疑者は7月21日午後6時半ごろ~22日午前6時ごろ、同じ集落に住む当時71~80歳の男女5人を
          全長約56センチの手製の木製棒で殺害し、被害者3人の自宅2棟に放火したとされる。

       悪口を言われたりして、恨みがつのり、5人を、棒でたたき殺した。
       現代の津山事件とも、言われている。
           津山事件の貝尾を歩く ~日本犯罪史上、最大の大量殺人(30名)~   他  (2010/5/14)

【停泊場所】   道の駅ガレリアかめおか

【明日の予定】  生身(いきみ)天満宮。  園部にある。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、3位、 旅行全体、7位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1270-0b38509f

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 久しぶりに、バスと電車に乗って、京都へ。~亀岡市~  他  (2013/12/26)
  • 2013年12月27日 (金)
  • 21時36分35秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。