キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

いい天気になった。 ポカポカ陽気。
田園の雰囲気がする道を、歩いた。
亀岡市の、穴太(あのお)地区。  ※ 昨日の寺は、穴太(あなお)寺。

江戸時代の画家、円山応挙は、この地で生まれていた。
子供の時、金剛寺に入った。 今は、応挙寺とも呼ばれる。
その寺に向かって、歩いた。

応挙は、幽霊を描くのも、得意だった。

田中投手決まりましたね。  予想から、1日遅れ。
どこに行くのでしょう。
ヤンキースなのか。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

昨日見学した、穴太(あなお)寺に近い。



この地図の上の方から歩く。 近い。   昨日の穴太寺が下に見える。  小幡神社にも行く。



円山応挙は、江戸の中頃からの絵師。 円山派が生まれ、今の時代につながっている。
普通に襖絵などを描いたが、幽霊も得意だと言うから、面白い。

彼の描く幽霊の特徴は、美人だと言うこと。
また、異論はあるが、初めて足の無い幽霊を描いた。

ここで、問題。
応挙の描く幽霊には、もう1つ特徴がありました。
それは何でしょう。 ヒント~絵の中に本当にいるみたい。 それで、あることが起きた。
答えは、下の写真の下に。

13年12月25日 (19)    13年12月25日 (23)

問題の答えは、右をクリック。  13年12月25日 (23)pp

運動公園の駐車場から歩いてきた。  向かい側に、セブンイレブン。 便利。

13年12月25日 (1)

広いので、里山というより、田園。  目指す応挙寺は、左奥の方。
適当な道を通って行く。  天気がいいので、それでいい。

13年12月25日 (2)

もう少し行ったら、右の小路に入る。

13年12月25日 (3)

曲がったら、川があった。  用水の感じ。  水が綺麗。  排水はきっと流していない。
川の右に、大本という宗教団体の敷地がある。  庭として整備されて。
  ※ 大本は、亀山城を買い取っている。 だから、亀山城跡は、市民の物ではなくなっている。

13年12月25日 (4)

この一帯が、このような環境。  どこを歩いても、雰囲気がいい。
暖かいから、どこまでも歩いて行けそう。

13年12月25日 (5)

そろそろかなって歩いている。  この後、左が寺のようだと、気づく。
正式の名前は、金剛寺。

13年12月25日 (6)

さっきは、寺の後ろにいた。  前から見たら、このように。

13年12月25日 (8)

2階が鐘楼になっている、鐘楼門ですね。  ※ 鐘楼門ですもんね、って言ってみたい。

この門が出来たのは、1771年。  この寺では1番古い。
円山応挙が生まれたのは、1733年。
ということで、応挙はこの門を見ている。 

13年12月25日 (7)

応挙は、9歳から15歳まで、この寺で学んでいる。
寺には、応挙の作品が、いっぱい。  ※ 重要文化財クラスの作品は、東京国立博物館に。
重要文化財の波濤図はこの寺にある。

13年12月25日 (9)

この一帯は、穴太(あのお)地区だが、ずっと昔は、穴太村だった。 調べて知った。

本堂は新しい。

13年12月25日 (10)

鐘楼門を、反対側から。   左の像は、十一面観音像のよう。

13年12月25日 (12)

鐘が見える。  もうすぐ、除夜の鐘。

13年12月25日 (11)

別な道を歩いて戻ろうとしたら、神社があった。  小幡(おばた)神社。

13年12月25日 (13)

古くからある神社。  平安時代の初めにあったことは、記録にある。
新年に向けて準備しているから、寺や神社は、どこも綺麗。

拝殿の後ろに、本殿。

13年12月25日 (14)

歌碑があった。 草木を大事にする、草木塔の考えみたい。

13年12月25日 (15)

上について調べてみたら、面白いことが。
作者の上田正昭という人は、歴史学者で、この神社の宮司でもあった。
それで、こう。
円山応挙と、上田正昭と、大本教の教祖 出口王仁三郎は、同じ家系から出ていた。
本名を順に並べると。

  上田 主水(円山応挙) 上田 正昭  上田 喜三郎  (出口王仁三郎) 

戻って来た。  向こうに行く。

13年12月25日 (16) 

作品を紹介。
クジャクの絵。  応挙はいつも、スケッチをしていたという。
細かい所は正確。  構図は、大胆に。

Okyo_Peacock_and_Peahen.jpg

確かに、応挙の描く幽霊は美人。  こんな幽霊なら~~~。
きっとこの顔は、応挙の好みのタイプですよ。

pppppkkぽ

美人でない幽霊も描いている。  幽霊は人を襲うのでしょうか。
足が薄くなっている。  これを最初に描いたのが、応挙だという説が。 

13年12月25日 (17)   13年12月25日 (20)

足のある幽霊はいるのかですね。 描いた人がいます。  こんなの。 真ん中が幽霊。 右の人はのぞいている

こんな幽霊も。  手の形が大事かな。

13年12月25日 (21)   13年12月25日 (22)

応挙寺に行ってみました。
何か面白いことがあるかな、と思って。

どこなら行けるでしょう。
明日行くところを、探さなくちゃ。

【その他】  田中投手が楽天に寄付を申し込んだよう。
         ルール違反にならないか、確認した方がいいですよ。
           出来ないことになっているはず。  大丈夫かな。
           また、会社は、代理人と関われないことにもなっている。 
   
【今日の歌】 松島詩子 マロニエの木蔭  上手だと思います。



      白壁の美しい町並み、柳井 ~松島詩子、柳井縞 他  柳井市~  他  (2011/12/25)

【停泊場所】   亀岡の運動公園駐車場。

【明日の予定】  はっきりしない。 どこかに。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、3位、 旅行全体、6位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

で、それらの方々が幼い頃に奉公してたのが(正昭センセは別)ウチだったりします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1269-86e66ed4

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 応挙寺まで、散歩。 足の無い幽霊を、最初に描いたのは・・・。~亀岡市~  他  (2013/12/25)
  • 2013年12月26日 (木)
  • 06時49分59秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。