キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

北の日本海に浮かぶ島、利尻島。
ヘビが嫌いな人は、この島に行けばいい。
どこにもいない。

北海道とは、はるか昔に離れたので、生き物が違う。
キツネやクマなど、天敵がいないので、小さな生き物は、安心。
利尻島は、命のゆりかご。
利尻岳(山)は、最北の百名山。

今日も動けないので、テレビ番組から。

気分を変えて、京丹波町にやって来た。
亀岡市より、山の中。
今週、雪の予報はありません。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

利尻島には、利尻岳(山)。

13年12月9日 (2)

少し北に、花の浮島礼文島。
フェリーは、稚内から出ている。

13年12月9日 (3)

サロベツ原野に、エゾカンゾウ(ニッコウキスゲ)が、満開に咲く。 初夏。
その向こうのの日本海に、利尻島が、このように見える
私が最初に見た、利尻島の風景。
高校生の時、姉夫婦が連れて行ってくれた。
列車とバスで。 場所は、若咲内(わかさくない)。



海の近くから登るから、大変。

13年12月9日 (4)

険しい山。  普通、前日に島に入って、早朝登り始める。
私は、宿泊するとお金がかかるから、フェリーで行ってフェリーで帰って来た。
ギリギリ。 最後は走った。 へとへとになって、食事は出来なかった。

13年12月9日 (1)

霧氷。  冬でなくても見られますね。
九州の由布岳で見ています。 霧氷の中を行ったら、遭難すると思った。

13年12月9日 (5)

利尻岳には、日本で最も早く冬が来る。
北風が吹いたとすれば、左が北ですね。

13年12月9日 (6)

水が流れていないので、かれ(枯れ)沢。 
島の石は、軽石のよう。  小さな穴だらけ。

降った雨水は、直ぐに地面に浸みこむ。 
洪水になるほどの雨の時だけ、川が出来る。

13年12月9日 (7)

山の斜面は軽石だから、丈夫でない。
直ぐに崩れる。  1歩登ったら、半歩ずれ落ちる。

ヘビは、この岩が嫌いなのかな。 よそから持って来ても、生きられないと言う。

島には、このように湧水がある。  下に硬い岩盤があったら、噴き出す。
小さな川が出来る。  少ししたら消える。  地面に吸い込まれる。

13年12月9日 (8)

池が出来る時も。
飲めるほど、水は冷たく、澄み切っている。 
 
昔は、キツネがいて、エキノコックスという病気の菌を、ばらまいた。
だから、島には、狐はいない。  退治した。
病気がはやった時、犬も飼わなかった。 1匹もいない時代が。

北海道の川の上流の水はきれいだが、エキノコックスの問題で、沸かさないと飲まない。
ここも水は、飲んでも大丈夫のよう。

13年12月9日 (9)

※ 登山道のそばに、甘露泉水という湧水がある。   飲んだ。

オショロコマ。   サケ科。   然別湖が、この魚で有名。  
羅臼の川には、どこにでもいる。    このように釣れる。   赤い点が特徴
ここのオショロコマは、この池が海だと思って生きている。
注ぐ小さな川が、川だと思って。

10度以下の冷たい水。 オショロコマは冷たいほど、気持ちいいって思っている。

13年12月9日 (10)

山の上から見た、姫沼。

13年12月9日 (11)

湧水がつくった。
渡り鳥は、この島で一休み。   その時、この沼が大事になる。

13年12月9日 (12)

水面から波が消えたら、利尻岳が映る。

13年12月9日 (13)

上のを、またの下から覗くと、このように見える。  天橋立で、みんなやっていた

13年12月9日 (14)

リシリアザミ。

13年12月9日 (15)

※ リシリアザミは、チシマアザミに似ているそう。
  でも、チシマアザミは、下を向いて咲きやすい
  普通のアザミとは、だいぶ違う

このバッタの羽根は、小さい。
生活範囲は、狭くなる。 足が速いとか、何か得意はあるのでしょうか。
雄が小さいという、特徴も。  まったくって、文句を言った所で、どうなるもんでもなし。

13年12月9日 (16)

アカゲラ。
木を、トントンって突っつくと、虫はびっくりして動く。
その動きが、分かるんですね。
ソレって、穴をあけて、食べてしまう。

13年12月9日 (17)

※ 東大雪にいるかもしれない、幻のミユビゲラは、現在どうなっているんでしょう。

クマゲラが木を突っつくと、数㌔先までその音が聞こえる。
キツツキの、王様。

13年12月9日 (18)

クマゲラがいたら、自然は豊か。

13年12月9日 (19)

稚内まで行ったら、2つの島に渡る価値はありますね。

利尻島では、途中まででも、山に登る。
礼文島では、レブンアツモリソウなど、花を見る。
花の浮島ですから。

そして、利尻昆布で味付けした料理を食べる。
稚内に戻って、北防波堤ドームを歩く。

※ ニーナさんのお店はない。 今は、札幌に。

【関連ブログ】
  利尻岳は厳しい山だった ~日本海に浮かぶ最北の百名山~   他  (2010/8/19)

  最北の離島礼文島を、スコトン岬まで自転車で。  花の浮島、礼文島 ~礼文町~  他  (2012/9/3)
  稚内公園 ( 教学の碑、氷雪の門、九人の乙女の碑 )~稚内市~  他  (2012/9/2)
  宗谷岬の丘に立つ、祈りの塔。  北防波堤ドームに、平和祈念の灯。~あの日から、29年。 稚内市~  他  (2012/9/1)
  北防波堤ドーム  稚内副港市場 ~稚内市~  他  (2012/8/31)
  日本最北端の駅、稚内駅  稚内港北防波堤ドーム ~稚内市~  他  (2012/8/30)
  ニーナさんが歌う 「百万本のバラ」と、「大好きなあなた」 ~稚内市 ロシア料理店 ペチカにて~  他  (2012/8/29)  
  オロロンラインを、野寒布岬まで走る。  ノシャップ寒流水族館。~稚内市~  他  (2012/8/28)

【今日の歌】  Niño Malo という曲。  気分を明るく。



【停泊場所】   道の駅、丹波マーケス



【明日の予定】   動かない

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、3位、 旅行全体、5位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1253-eb965cd0

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 亀岡、17日目。  さわやか自然百景、「北海道 利尻島 秋」。~亀岡市~  他  (2013/12/9)
  • 2013年12月10日 (火)
  • 11時48分18秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。