FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

鍾乳石の量に、驚いた。 比較できる鍾乳洞は、知らない。
中に入ったら寒い。 いったん出て、服を着て入った。
何せ、標高900㍍。 山はまだ、冬に冷えたままかも知れない。(洞窟は、一定温度?)

鍾乳石の美しさを引き立てるライトアップに、なっているのか。
そのことを考えながら、見てみた。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

国道から1㌔ほど、山に登る。



観光地になっていた。
日本一の大きさの、宿儺鍋とある。 宿儺って何だろう。 調べてみた。
 ※  すくな、って読む。  「日本書紀」にみえる怪人。  
    飛騨(ひだ)にすみ,頭の後ろにも顔があり,手足も2組もつ。
    力がつよく,左右に剣をおび,民をくるしめるのを楽しみとした。(日本人名大辞典)
※ こんな祭りが

13年5月21日 (1)

お店もある。

13年5月21日 (2)

受付の後、大橋コレクションと云うところを通って、ここに出てきて、入り口へ。
大橋コレクションには、盗まれて戻ってきたという金塊があった。

入場料は、割引券を使って、900円。

13年5月21日 (19)

中は、ずっと、登っていく。 800㍍。

13年5月21日 (3)

入り口。 人工的に開けた穴に見える。

13年5月21日 (4)

入ったら寒かった。 出て、服を上に来て、再度入った。

遥か昔は海だったので、こんな化石が。
頭がぶつからないように、歩きやすいようになっていた。

13年5月21日 (20)   13年5月21日 (5)

ライトアップが、このように強いのが特徴。
鍾乳石の多さには、驚かされる。

13年5月21日 (21)   13年5月21日 (6)

鍾乳洞と言っても、鍾乳石がなくても、鍾乳洞。 美しい鍾乳洞は、めったに見られない。

13年5月21日 (7)

白い鍾乳石ですね。

13年5月21日 (8)

天井から、びっしり。

13年5月21日 (22)

この場所の鍾乳石は、白くはない。 別世界の感じ。

13年5月21日 (9)   13年5月21日 (10)

右の鍾乳石は、ねじ曲がっている。 珍しいそうで、ヘリクタイトと呼ぶ。
※ 普通は、水がぽたぽたと垂れながら、つららの先がのびるのだが、これは別のよう。
  何らかの形で、水が付いて、その中の石灰質が沈殿して伸びる。 だから、横にも。 

13年5月21日 (23)   13年5月21日 (11)

これは、どういうことでしょう。 赤いところは、元々、何色なんでしょう。

13年5月21日 (24)

下から伸びているのは、石筍。 石の筍(たけのこ)。

13年5月21日 (25)

前半の部分に、鍾乳石は多い。 まだまだ、続きます。

13年5月21日 (12)

このライトアップは、まあまあ、いいですね。 白い鍾乳石が、白いと分かる。 ただ、青が少し強いかなとも。

13年5月21日 (26)

鍾乳石が、どこまでも連なる。 そんな感じです。

13年5月21日 (27)   13年5月21日 (13)

自然のままの見せ方が、まず基本ですね。

13年5月21日 (28)

どこかに滝があったが、暗すぎて、写真は失敗。

13年5月21日 (14)

※ 静岡県の竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)では、鍾乳石を、このように見せていました。 
  鍾乳石の美しさを、さらに高めているように感じます。 

13年5月21日 (15)

ここの鍾乳洞は、標高900㍍。 観光鍾乳洞では、一番高いそう。

13年5月21日 (16)

天井です。

13年5月21日 (17)

一番いい時に動画を撮ればよかった。 終わりころ、少しだけ。



階段をずいぶん登った。 終わりに近づいている。

13年5月21日 (18)   13年5月21日 (29)

入り口は、ずっと下に。

13年5月21日 (30)

飛騨大鍾乳洞は、観光鍾乳洞の側面が、非常に強い。
鍾乳洞の中を別世界にして、それに感動してもらう、という見せ方。

桜で云えば、東寺の桜の見せ方は、竜ヶ岩洞に似ている。 
どうすれば、白い桜の美しさが、闇夜に浮かび上がるか、を考えて。

鍾乳洞も、桜も、紅葉も、ライトアップのプロがいるのでしょうか。
鍾乳石、桜、紅葉の、元々の美しさを引き出すライトアップ。
プロと云われる人の、ライトアップで、飛騨大鍾乳洞を見てみたいです。

鍾乳石の多さは、圧巻と言っていいでしょうね。

【今日の歌】 大橋コレクションには、アジアの遺跡の物なども、あった。



【道の駅】 ななもり清美



【明日の予定】   高山市内

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、2位、 旅行全体、6位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1045-711b323a

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 無数の鍾乳石が連なる、飛騨大鍾乳洞。 全長、800㍍。 標高900㍍。~高山市~ 他 (2013/5/21)
  • 2013年05月21日 (火)
  • 22時53分00秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。