FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

奥飛騨温泉郷には、いくつかの温泉があるが、中心は平湯温泉。
上高地や乗鞍岳には、平湯温泉からの、シャトルバスに乗る。
      ※ マイカー規制が行われている。 観光バスは、行ける。
そういう面で、平湯温泉は、人気の上高地と乗鞍岳への、基地になっている。

神の湯と云う露天風呂に入り、また、平湯大滝を見た。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

平湯温泉は、松本と高山の間にありますね。 安房トンネルが出来る前は、行き来が大変。



街を歩きたいけど、駐車場が分からない。 平湯民俗館を見ることに。 無料。

平湯神社。  祭神は天照大神だが、白猿も祭神。 
白猿がここの温泉を教えてくれた。 そんな伝説がある。 武田信玄の兵に教えた。 後ほど。

13年5月20日 (1)

手前が民俗館。 屋根が、入母屋造り。
説明にあるが、鉱山の職人が住んでいた。 養蚕をやらないので、切妻のように、2階に窓はいらない。

13年5月20日 (27)

古い合掌造り。

13年5月20日 (28)

江戸時代に合掌造りに住めたら、十分なぜいたく。

※ 家は自分で作ることは少なく、たいていは、先祖から受け継ぐ。
  農民の生活は、家ほどぜいたくでは全くなく、貧しい。 五箇山で教えてもらった。

13年5月20日 (3)

薪の燃やし方は、どこもこうですね。 中心に向って並べる。
カイコは冬には飼わないから、農家は、冬は2階に薪を置くそうです。
乾燥して、燃えやすくなる。

13年5月20日 (4)

これは、稗(ひえ)などの殻(から)を取るんだが、どうやって動かすのだろう。 水車もないし。

13年5月20日 (5)

裏に、無料休憩所。 食べ物が売っている。 この後ろに、露天風呂の温泉がある。

13年5月20日 (6)

この山をよく見る。  名前は、この時分からない。  とんがっている。

13年5月20日 (8)

温泉街。 昔の感じと云うより、少しあか抜けている。 
山岳の温泉地の感じも。  山岳の温泉地と云えば、北海道の層雲峡温泉。 (昨年)

13年5月20日 (9)

客が散歩するという温泉地ではない。 歩けたら、魅力が大きくなるのだが。

右に、ひゃくめ、と見える。 何だろう。 百目柿と云う柿があるけど、それから付けた名前かな

13年5月20日 (29)

感じのいいお店。  小さな水車。  

13年5月20日 (31)

ミニ動画(8秒)  今日は暑い。 涼しさを、振りまいている。



左に行ったら、民俗館。 まっすぐ少し行って、左に曲がると、安房トンネル。

13年5月20日 (10)

北アルプス自然文化センターを、のぞいた。

気になったのが、1つ。  こんな踊りが伝わっている。  平家と関係がある。
場所は、昨日の道の駅があった、上宝地区。

右は、この春、九州の五家荘で見た、久連子(くれこ)踊り。 これも平家。
こんなに離れているのに、同じようなのが、伝わっている。

平家と云うのは本当かも知れないという、大きな証拠ですよ。

13年5月20日 (12)    13年5月20日 (35)

       久連子古代の里。  鬼山御前の祠。  伝説は、歴史の残り火か。~八代市五家荘~  他  (2013/2/27)

笠ヶ岳です。 先ほども見た山。 方角は北。 昨日の栃尾温泉は、山の手前。
左手前に、穂高へのロープウェー。

13年5月20日 (13)



神の湯に向かった。 川の上流にあった。
受付が。  500円。

13年5月20日 (14)

男女別の、露天風呂だった。

13年5月20日 (15)



川は、雪渓の中に入っていく。 山の雪は、上からも下からもとける。
※ 川が雪渓をとかして、トンネルを作ることがある。 これは、北海道上興部村の氷のトンネル。(2008年)

13年5月20日 (16)

男湯より奥の高い所に、女湯。

13年5月20日 (17)

女湯の右手間に、お不動様。 受付の人の話では、これがあるので、神の湯となったよう。
神の湯が、平湯温泉の始まりと云われている。

13年5月20日 (18) 

この後、のんびり湯に浸かった。  空を見上げたら、高かった。

次は、平湯大滝。 国道から、2㌔ほど入る。 パーキングが有料なので、空き地に停めて歩く。
正面に笠ヶ岳。

13年5月20日 (19)

この奥に。 左に、スキー場。

13年5月20日 (20)

15分ほど歩いたら、見えてきた。  大きな滝と、分かる。

13年5月20日 (32)

白猿伝説。
武田信玄の、飛騨攻めが書いてある。 飛騨攻めは歴史的史実。
白猿が、温泉に導いたと。 その温泉が、さっき入った、神の湯の古い湯。

13年5月20日 (33)

※ 滝に本当に来ているかだけど、調べてみた。
  実際に、ここを通っている。 道を作りながら来た。
  今は通れないが、昔は、白骨温泉の近くから、下の地図の印の大峠を通って、ここへ来る道があった。
  少し前まで、登山道としても、利用されていた。 ※ 今は一部崩落で、不通。



※ 飛騨攻めは、NHKの大河ドラマでも、やっている。
※ 武田軍は、後に、安房峠を利用。

※ そういえば、戦国時代、飛騨の国は、誰が治めていたのか、はっきり思い出せない。
  有名な人の名前も聞かない。 
  実際は、何人もで治めていた。 争ったりしながら。 三木氏とか江馬氏とか。

  はっきりしないのは、飛騨くらい。
  甲斐と信州は、武田信玄。 越後は謙信。 駿河は、今川義元。 美濃は、斎藤道三。
  滋賀は浅井長政。 越前は、朝倉氏。 尾張に信長。 その下の三河に家康。 秀吉は、信長の家来。
  それなりの武将が、飛騨にはいない。 空白地帯。  

はっきり見えた。

13年5月20日 (21)

遠くからも、しぶきが見える。



滝への道に、今日も、こんなのが。 

13年5月20日 (22)

これ以上近づけない。 滝を見学する場所が、整備されているわけではない。
冷たい雪解け水が流れてくる。

13年5月20日 (23)

レンズに水が付くので、長く撮影できない。 小雨の中にいる感じ。



戻るとき、お店の横を通った。 遠くに滝は見えている。

13年5月20日 (24)

13年5月20日 (25)

水が切れていたので、どこにでもは、停泊できない。
高山の市街地に、向かった。 
途中に、銚子滝(ちょうしのたき)。



高さ、10㍍ほどか。

13年5月20日 (26)  

店があったら、水を買ってもいいと思っていた。 辛い水といっしょに。
そうしたら、湧水があった。 いいタイミング。  おまけに、長寿水。

13年5月20日 (34)

平湯温泉は、温泉に入った後、上高地とか乗鞍とかに向かう旅がいいでしょうか。
バスを使うので、お金のかかる旅になりますが。

昔は秘湯だったが、今は、旅人が行き交う温泉地。

【その他】 乗鞍スカイラインについて。

      乗鞍岳に行こうとしたら、シャトルバスに乗る。 往復2200円。
      アカンダナ駐車場を利用すると、500円。

      昔は、有料道路だった。
      多くのマイカーが訪れた。
      2002年に、借金が払い終わり、無料開放された。

      ところが、その時を待つように、次の年、自然を守るという理由で、マイカーは規制された。
      バスでしか行けなくなった。

      矛盾するなと、思うこと。。

       ① 自然が大事と、口にするなら、道は作らない方がよかったのでは。
       ② 有料の時は、お金が入るから、自然のことは関係なしに、マイカーを走らせた。
       ③ 無料になってお金が入らなくなったら、自然を守るとの理由を持ち出して、マイカーを規制した。 
         有料のバスでしか、行けなくした。

      自然が本心大事と思っているなら、道は作らなかったし、有料でマイカーは、走らせなかったはず。
      やってることを見たら、自然の大事さより、利益優先が、はっきり見えてくる。

      このような都合のいい動きを、誰が監視できるのでしょう。
      政治かな。 それとも、マスコミでしょうか。       

【今日の歌】



【停泊場所】   高山市の飛騨の里の下にある、駐車場。



【明日の予定】  飛騨大鍾乳洞

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、2位、 旅行全体、6位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1044-23d69210

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 奥飛騨温泉郷、平湯温泉。  神の湯。  平湯大滝。~高山市~  他  (2013/5/20) 
  • 2013年05月21日 (火)
  • 09時00分07秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。