FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

磨崖(まがい)仏は大分県に多いかなって。
少ないけど、佐賀県にも。
  ・  ・  ・  ・  ・
岩に直接彫った石仏が磨崖仏。
彫られた時からずっとその場所に。

高い所は足場を組んで彫った。
磨崖仏はそんなことも想像できます。
   ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

厳木(きゅうらぎ)の道の駅を拠点に動いている。

s-20年2月5日 (1)    s-20年2月5日 (2)

市の施設があったりして広い駐車場。
右奥の谷に下りる。

棚田の案内も。 明日はここになるのか。 

s-20年2月5日 (3)    s-20年2月5日 (4)

下ってまた登る。   着いた。

s-20年2月5日 (5)    s-20年2月5日 (6)

左に岩が置いてある。  どこかにあったのが、ここに。

s-20年2月5日 (36)    s-20年2月5日 (37)

ここの小さな岩山は、鵜殿(うどの)山と呼ばれていた。
洞窟があって、それは鵜殿窟(うどのいわや)と。

その場所がここ。 今はないけど、鵜殿山平等寺という寺があった。
  ※ 鵜殿という名前は、全国に少ないけど、苗字と地名でのこっている。(鵜は鳥の鵜)

平等寺の寺伝には空海が彫ったとあった。
調査の結果は、古いので南北朝時代。 下にある通り。

寺伝は、後の時代に、こうだったらいいなってことを書いたんですね。

あの世とこの世の幸せを願って彫った。
右地図で、平等寺の正確な場所はどこでしょう。 もしかしてここか。 広いので。

s-20年2月5日 (7)    s-20年2月5日 (8)

質の高いのが、屋根の中に。  ※ 屋根を付けたらどうなるかの実験。後ほど。

s-20年2月5日 (9)

上写真の右に。   彫る時の足場は、木を組んだだけでしょうね。

s-20年2月5日 (10)    s-20年2月5日 (11)

下の穴は何でしょう。 柱の先を入れたでしょうね。 後の時代か。 
コツコツと鏨(たがね)の音を立てながら彫る。  1つ、1ヶ月??

こつこつと努力するのこつこつは、石を彫る時のコツコツかも。

s-20年2月5日 (12)    s-20年2月5日 (13)

こんな洞窟があちこちに。 洞窟を窟(いわや)とも。   ※ 鵜殿巌(うどのいわや)

s-20年2月5日 (14)    s-20年2月5日 (15)

メインの場所。 調査にしては、雑な仮覆屋(かりおおいや)。

s-20年2月5日 (16)    s-20年2月5日 (17)

二天屈と呼ばれる場所。

s-20年2月5日 (18)

右側。   右に多聞天。 左に不動明王。

s-20年2月5日 (19)

左の方。  左に持国天。   多聞天と持国天があるので、ここを二天屈と。
右は、十一面観音像。

s-20年2月5日 (20)

持国天と十一面観音。   色が残っていますね。

  ※ 余談   質の高い磨崖仏に感じます。 現在は県の文化財。
         保存や展示の仕方が充実したら、重要文化財になりそうに・・。

         現在は、広く一帯が荒れ気味。 もったいない感じ、

s-20年2月5日 (21)    s-20年2月5日 (22)

右隣。 この岩の後ろは通れる。 胎内くぐりの場所。

s-20年2月5日 (23)

胎内くぐり。  

s-20年2月5日 (24)

どれが大日如来でしょう。  どれも上で見た十一面観音に似ている。

s-20年2月5日 (25)    s-20年2月5日 (26)

別の場所です。  何百年もかけて彫り続けられた。

s-20年2月5日 (27)    s-20年2月5日 (28)

全部岩山。  この世とあの世の幸せ、どっちを多く願ったのでしょう。
年老いたり病気になったら、あの世か。

自分は、この世の幸せだな。
あの世は、人間が考えたものだから。 本当にあるか、誰も知らない。 

  ※ でもあの世があると考えたら、死の恐怖は小さくなるか。
    だまされてもいいから信じる。 もしかして仏教は、人の弱みに・・・・。

s-20年2月5日 (29)    s-20年2月5日 (30)

たくさん見た。

s-20年2月5日 (31)    s-20年2月5日 (32)

磨崖仏はなかった。  石仏はあっても。

s-20年2月5日 (33)    s-20年2月5日 (34)

これを見て戻る。

s-20年2月5日 (35)

駐車場の横に、天徳の湯。 ナビにここの電話番号を入れて来たら便利。
  ※ ここの温泉、地元の人は安い。 自分は誰もが同じ料金の佐用姫の湯に。

s-20年2月5日 (38)

久しぶりに磨崖仏を見ました。
着色が残っていたのがよかったですね。

【記事紹介】

   国宝 臼杵石仏は、 岩から飛び出した、優れた磨崖仏群。~臼杵市~  他  (2014/3/30)

【道の駅】   厳木(きゅうらぎ)

【明日の予定】     魅力的な棚田があるので、そこかな。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.   

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。