FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

阿蘇周辺の湧水は全国トップクラスの人気。
そんなイメージが。
  ・  ・  ・  ・  ・
贅沢な生活って何でしょう。
美味しい水が飲めて、安い温泉に入れる。

もう少し言わせてもらえば、
景色がいい、近くに友達、美味しいもの。

全部叶ってるって人がいたら幸せ。
昨日俵山でEさんに教えていただいた、古代の泉と宝来宝来神社に行ってきた。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

駅の名前も白川水源。

s-19年12月6日 (1)    s-19年12月6日 (2)

駐車場はいくつか。  自分は少し離れた広い所に。

s-19年12月6日 (3)    s-19年12月6日 (4)

入ってきた。 ここで100円を箱に。  湧水は神社の鳥居の右。

s-19年12月6日 (6)    s-19年12月6日 (7)

ここ。   水は、向こうと手前に流れる。

s-19年12月6日 (8)    s-19年12月6日 (13)

阿蘇山に降った水が出てくる。 毎分60㌧だから毎秒1㌧。(どんな方法で調べたのか)
地底に川がある。  そして、地上の川のスタート。   右写真は右側。

s-19年12月6日 (11)    s-19年12月6日 (12)

神社の方に来た。 汲んでる人は押すなよって言った。 自分も飲んだ。
阿蘇の恵みですね。

いつ降った雨が、今出てきたのでしょう。 数か月かな。   
数年の場合もありますね。 もっと長いのもありますよ。  縄文の水は無いか?

s-19年12月6日 (9)

本流でしょうか。   突然この川ですから。
右は神社の方に出てきた。

s-19年12月6日 (15)    s-19年12月6日 (14)

道の駅に戻った。  ここに古代の水。  教えてもらわなかったら、気づかなかった。

s-19年12月6日 (17)

古代の水。  遥か昔の人も、この水を飲んだ。

s-19年12月6日 (16)    s-19年12月6日 (18)

鹿児島に向かうと、途中右下にこの神社。 宝来宝来(ほぎほぎ)神社。
昨日山の上から見えた。 このように。 ストックはEさんの。 

s-19年12月6日 (32)

宝が来ると言うか、いいことがあるのでしょうか。
商売っ気が盛んな雰囲気。

s-19年12月6日 (21)    s-19年12月6日 (20)

馬券の神か。  馬頭観音。

s-19年12月6日 (22)    s-19年12月6日 (23)

こっちはシロヘビと天狗。  親が長生きしすぎて、子が自分が死ぬまで親の看病ってことも。

  ※ 自分は、いい景色だね~って言いながら、ぽくって死ぬのが理想。
    ずっと昔、加藤治子がそんなのを演じていた。 自分の旅の原点。
                           (NHKドラマ みちしるべ)

s-19年12月6日 (24)    s-19年12月6日 (27)

シロヘビ。  近くのどこかに、シロヘビ神社があるような。

s-19年12月6日 (26)    s-19年12月6日 (25)

こんな考え方。  運やツキの偏りってあるなって感じる。
なんでこんなに不幸が続くのか。 数えたら両手で足りないって。

セブンイレブンのくじが5回連続当たりだとか。 そんなことも。
100円玉1つをが、大事なところでしょうか。

s-19年12月6日 (28)    s-19年12月6日 (29)

こっちにも。 あっちにも。

s-19年12月6日 (19)

剣を飲んでるのか。   右写真は、左を向いていますね。

s-19年12月6日 (30)    s-19年12月6日 (31)

この後寒い阿蘇から脱出しました。
8度ほど気温の高い、不知火の海の近くに。

【記事紹介】   鈴虫寺の紹介。  
         この寺では住職さんの話を聞いて生き方を学ぶ。
         強く願ったことは、自分の心を強くする。

         結果的に願いが叶うことが多い。 
         京都では最強のお寺。  大人気

   鈴虫寺の幸福地蔵は、願い事を1つだけ叶えてくれる。 鈴虫の声の中で住職さんのお話し。~京都市~ 他 (2016/10/3)

【道の駅】   不知火(しらぬい) (宇城市)

【明日の予定】    天草に。     天草の終点牛深に12日ころ。  そして長島に。  天草の山に登る。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.    

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



道の駅の近くに九州百名山がないか探した。
あった。 外輪山に俵山。  たわらやま。
   ・  ・  ・  ・  ・
九州百名山の本が役に立った。
天気は曇り、気温は低い。 10度ほど。

登山口に駐車場はある。 そこまでの道は広い。
今年九州に入って最初の山。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

外輪山の山と分かりますね。

s-19年12月5日 (1)    s-19年12月5日 (2)

登山道はこう。 稜線を歩く。

s-19年12月5日 (3)

ここは俵山峠。 向こうに展望所。   右は展望所からの風景。

s-19年12月5日 (4)    s-19年12月5日 (6)

展望所に登山口。  行こうと思ったら、どこまでも道はある。

s-19年12月5日 (5)    s-19年12月5日 (7)

出発しようと思ったら女性が下りてきた。
道が滑ると言う。 霜が溶けて。 気を付けてねと言われた。

12時半過ぎ。 遅い出発。   ※ 山には車2台分の人が入っている。
1つ目の山に向かう。

s-19年12月5日 (8)    s-19年12月5日 (9)

小さな山の頂上はみんな通る。  迂回しない。
途中で男の人に会った。  

s-19年12月5日 (10)    s-19年12月5日 (11)

大きなカルデラの中に阿蘇の山。

s-19年12月5日 (12)

右の方の煙った感じに主峰の中岳。
日本百名山の阿蘇に登るのは、中岳に登ること。 今は規制があるのかな。

s-19年12月5日 (13)    s-19年12月5日 (14)

楽ちんな道が続く。  枯野を歩いて。
こんなところばかり歩くと、芭蕉のように「夢は枯野をかけめぐる」に。

s-19年12月5日 (15)

一度下って登る。   一般コースを。 帰り右を来ることに。
花は無いけど仕方ない。 熊も無いからいいことに。

s-19年12月5日 (16)    s-19年12月5日 (17)

また分岐。 真っ直ぐに赤テープ。  右の道に落ち葉が無いからそっち。
少しして合流。 こっちの道に赤テープ。

s-19年12月5日 (18)    s-19年12月5日 (19)

イノシシが出て来なければいい。  鈴を鳴らしている。
この辺りで2人に会った。  この先人はいない。  怪我は出来ない。

s-19年12月5日 (20)

左上に少しだけ山。  あそこに行きそう。
ここはちょうど、狭い稜線。  どっちに転がっても死なない。

s-19年12月5日 (21)

登山道が見える。 地図で考えたら、上がって右に行きそう。   あと30分。
右の写真から急登。  ここで服を調節。 汗をかいた。 薄いダウンを脱いだり。

  ※ 古いダウンなのでゴアテックスでない。 汗でべたべただった。
    これで着てるものは、発汗の下着とフリース。 その上にゴアテックスの上着。
    この後、時間がたって気づいたら、下着もすっかり乾いていた。    

s-19年12月5日 (22)    s-19年12月5日 (23)

油断したら滑る。

s-19年12月5日 (24)

左への道は、外輪山縦走ルート。 右に200㍍行けば俵山の頂上。

s-19年12月5日 (25)    s-19年12月5日 (26)

気持ちは楽。  そして、着いた着いた。

s-19年12月5日 (27)    s-19年12月5日 (28)

1095㍍。  冬だって普通に登れる。 ありがたい山。

s-19年12月5日 (29)    s-19年12月5日 (30)

外輪山の外側の方が見える。

s-19年12月5日 (31)

あっちに阿蘇山。  お腹は空いてない。  すぐに下山。

s-19年12月5日 (32)

この後、前方がいい風景になった。
シャッターを押そうとしたら、木陰から人が現れた。 女性の方。

お互い、これで1人ぼっちでないから安心だねと。
ゆっくり下山してるねと、私は言った。来るのが遅れた。

   ※ 2人とも、モンベルに寄ったため

こんな道を来ていた。  右写真を下る途中で彼女は追いついた。

s-19年12月5日 (33)    s-19年12月5日 (34)

彼女は菊陽町から来ていた。 熊本市の東側って教えてくれた。
途中で分岐があって、左の迂回コースに入った。

1人だったら来ない。 一般コースを下る。
途中まで下って、彼女が大丈夫かなと不安を口にした。

戻ることにした。
もしかしてと思って、自分は一般コースの方に道から外れて歩いてみた。 階段が見えた。

2つの道は付かず離れずと分かった。
大丈夫だねということになって、迂回路を下った。   右写真で合流。

s-19年12月5日 (35)    s-19年12月5日 (36)

近々九重に行くと言う。 うらやましい。  九州で一番好きな山。
自分は諫早とKさんと行ったのが最後。(Kさんは今はいない)  自分もまた行きたい。  

s-19年12月5日 (37)

彼女の名前はEさん。  右写真。  足取り軽く。
あれが「宝来宝来(ほぎほぎ)神社だよ」と教えてくれた。

宝が来るだからいいことあるよう。 宝くじが当たるとか。
 ※ 明日行ってみることに。

s-19年12月5日 (38)    s-19年12月5日 (39)

展望所が見えた。 あそこが登山口。  この後、無事に着く。

s-19年12月5日 (40)    s-19年12月5日 (41)

またどこかの山に一緒に登れたらいいねって、お別れ。

 ※ 自分は道の駅に戻る時、間違って反対側に下りた。
   少し遠回りした。  途中、宝来宝来(ほぎほぎ)神社への入り口があった。

おしゃべりしながら下山したら、あっという間でした。

【記事紹介】   九州の山

   快晴の空のもと、九重山に登る。  遠くに由布岳、阿蘇山。~九重町~  長湯温泉 他  (2014/3/28)
   九重連山の主峰、久住山に登る。 3月なのに、夏山の天気。~九重町・竹田市~  他  (2013/3/9)

   坊ガツル、大船山(たいせんざん)、そして 法華院温泉へ ~竹田市~  坊がつる讃歌(芹洋子)  他  (2012/4/5)
   九州最高峰、九重山   4歳の女の子も登頂   明日、阿蘇山へ   他  (2011/5/15)

   祖母山はきびしい山だった ~満開のアケボノツツジ~   他  (2011/5/17)
   阿蘇、中岳・高岳に登る~中岳が小規模噴火~  明日、祖母山へ   他  (2011/5/16)

   香春岳は石灰岩の山だった(三ノ岳・二ノ岳に登る)~香春町~  ひと足遅れの春(とんぼちゃん)  他  (2012/4/14)
   修験の山 英彦山。 山中には、名所が点在。 ~添田町~  Melody Ruiz - La Novia es chiquita  他  (2012/4/9)

   尺間山に登る。 頂上は尺間神社の中で入れなかった。 展望台からは佐伯市の風景が。~佐伯市~ 他 (2018/2/3)
   彦岳頂上から、下に佐伯市が広く見えた。 遠くに四国の山脈。 途中で津久見市の市街地が。~佐伯市・津久見市~ 他 (2018/1/31)

   霊場、中山仙境に登ってみた ~普通の登山と違う、危険なルートだった~   他  (2010/4/16)
   樹氷の花が咲いた美峰由布岳 ~由布院にそびえる豊後富士は冬だった~   他  (2010/4/7)

   元越山の頂上から、みんな見えた。 祖母山も九重連山も、四国の山々も。 登山道と駐車場が整備されて。~佐伯市~ 他 (2018/1/27) 
   天山の登山口は、頂上に近かった。  山のふもとに、晴気(はるけ)天山神社。~唐津市・小城市~ 他 (2015/2/27)

   黒髪山は、奇岩と山岳信仰の山。  頂上は天狗岩に。  頂上直下に、西光密寺。~武雄市~ 他 (2015/2/24)
   稗ノ岳の頂上は、空に突き出た岩の上だった。  丸田岳に登って、タンタン岩で食事。~長与町~ 他 (2016/1/21)

   雲仙の矢岳に登る。 寒くなって、どこも雪山。 下山は雲仙地獄を通って。~雲仙市~ 他 (2016/1/20)
   志々伎(しじき)山に登る。  山は海から飛び出し、尖(とん)がった山頂は、空を突き刺して。~平戸市~ 他 (2015/2/18)

   多良岳に登る。  前回と違うルートで。 六体地蔵。 多良岳神社。 金泉寺、他。~諫早市~ 他 (2015/2/15)
   雲仙に、Kさんと登る。  妙見岳から国見岳へ、そして、普賢岳。~雲仙市~  久しぶりの、どぶろく。 (2015/2/14)

   長崎半島の主峰、八郎岳に。  爆風で壊れた伊王島灯台。  キイレツチトリモチは、まるでキノコドキヤ。~長崎市~ 他 (2014/12/3) 

   経ヶ岳は、厳しい山だった。  千㍍以上の山として、日本最西端。~大村市~  他  (2014/3/19)
   普賢岳は、霧氷に包まれていた。  平成新山。  霧氷沢。  4人で。~雲仙市~  他  (2014/3/15)

   多良岳は、信仰と花の山だった。  金泉寺。 マンサクの花。~諫早市~  他  (2014/3/8)
   普賢岳には、雪が残っていた。 あと少しで引き返す。~雲仙市~  他  (2014/2/24)

   次郎丸岳に登る。  金性寺の石橋。  長さ300㍍、観音の滝。~上天草市~  他  (2013/2/6)
   天草最高峰倉岳・大えびす像 ~天草市倉岳町~  今日は節分   他  (2010/2/3)

   快晴の開聞岳は、祈りの登山になってしまった。  感動のはずの風景が・・・。~指宿市~ 他 (2015/2/1)
   冠岳を、西側コースから登る。  石の積み重なった、天狗岩。~いちき串木野市~  他  (2014/1/29)

   栗野岳は、霧島連山の隅っこにあった。  登山道は、日本一の枕木階段からスタート。~湧水町~ 他 (2015/1/27)

   韓国(からくに)岳は、霧島連山最高峰。  頂上の後ろに、深さ300㍍の噴火口。~霧島市~ 他 (2015/1/20)
   開聞岳は、低くても百名山。  途中から岩山。  見晴らしは・・・。~指宿市~  他  (2014/2/3)

   獅子島の七郎山を登る ~鹿児島県最北端の島へ~   他  (2011/5/21)
   雪の開聞岳 ~初日は、少し遅れて~      他  (2010/1/1)
   
     ※ 今年登った山は整理してないので・・。

【道の駅】    あそ望の郷くぎの

【明日の予定】    湧水を見学して、宝来宝来(ほぎほぎ)神社に。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.    

スポンサードリンク

 
 

openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。