FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

サケ釣りにはまだ早いか。 そう思って海に目をやった。
その時。 いた!  オジロワシだ。
  ・  ・  ・  ・  ・
道東の原野は広い。
標津(しべつ)から根室まで、その中を走った。

ずっと、何かいないかなって、探しながら。
オジロワシを見つけて今日は運がいいと感じた。

他にもいいものにきっと出会える。 そう思って走った。
その通りになった。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

赤〇でオジロワシ。 黄色〇でタンチョウ1羽。 水色〇でシカたち。  緑〇でタンチョウの親子。

s-19年7月16日 (1)(1) 

別海町に入っている。  
遠いけど直ぐに分かった。  オジロワシ。  カラスが隣にいたら、肩くらいまでしかない。

s-19年7月16日 (5)    s-19年7月16日 (3)

冬の羅臼のスケソ漁では、たくさんのオジロワシが集結。
おこぼれをワシづかみして飛び去る。  何を見てるのか。

驚かして飛ばして写真を撮るのはダメですね。
   ※ 近くで見たらこう。(20㍍) 飛ぶとこの姿。 どちらも根室市春国岱。

   ※ 余談  望遠レンズを付けたカメラは助手席にいつも置いてある。
         それで採ろうとしたら、オートフォーカスが調子悪い。
         下の1枚だけ、ボケ気味でやっと撮れた。
         次の日、望遠レンズは別のカメラに取り付けた。
         今日はこの後、望遠レンズは使っていない。 普通の望遠。
フウロソウ。

s-19年7月16日 (4)    s-19年7月16日 (6)

しばらく走って、ヤウシュベツ川の橋に。

s-19年7月16日 (22)    s-19年7月16日 (13)

下流方向。  すぐ近くの風連湖に出る。  その向こうに走古丹の砂嘴(さし)が見えている。

s-19年7月16日 (7)    s-19年7月16日 (8)

上流方向。 いた、タンチョウだ。  右の方に。  
広く、ヤウシュベツ川湿原。

※ 古い橋の橋脚は、木だったんですね。

s-19年7月16日 (9)    s-19年7月16日 (12)

一羽だけ。   普段使ってるカメラの望遠。
   ※ 橋の欄干でカメラを固定し、シャッタースピードを上げて撮った。

s-19年7月16日 (10)    s-19年7月16日 (11)

※ 余談  ヤウシュベツ川の上流に矢臼別(やうすべつ)演習場。
      演習場の中に1軒だけ家がある。 立ち退きを拒否して。
      毎年の夏、そこで平和盆踊り。  8月の10日ころ。
      34年前の暑い夏、自分はそこにいた。(2日間かな。 テントを張って)
      その盆踊りに、ある中学1年生の女の子が参加していた。
      彼女は島根県の人。 家族4人で。 北海道旅行の最後にここに。  
      終わって戻る。 8月12日、千歳空港から羽田へ。
      そして羽田から伊丹へ。(大阪に用事) 
      伊丹への飛行機が、何とあの日航123便。 御巣鷹の尾根に墜落。
      彼女は助かる。 名前は川上慶子さん。 現在46才。
      (以前の職場に、彼女と高校で同じクラスだった人がいた。
          事故のことを誰かが聞くことは決してなかった。彼女への思いやりでしょうね)
       24年目の御巣鷹の尾根~日航123便~    他  (2009/10/24)
      
根室から旭川に行くとき、右に行くのが近道。

s-19年7月16日 (23)

風連川の橋。  ここから根室市。  昔、イトウ釣りをした川。 自分は16年間根室にいた。

s-19年7月16日 (24)

農道を走る。 谷には川があって木が生えている。  クマはそこにいる。
シカの家族。  こっちを見ている。

s-19年7月16日 (25)    s-19年7月16日 (14)

次は何に会えるか期待している。 まさか、クマには・・。 シマフクロウなら夢のよう。

s-19年7月16日 (26)    s-19年7月16日 (27)

贅沢言っても仕方ないと思っていたら、またシカだった。 この後、1頭が鳴いた。 それを合図に茂みに消えた。

s-19年7月16日 (15)

国道に戻って。 ここは道の駅。  白鳥台。   ツルはいなかった。   ごみを捨てた。

s-19年7月16日 (28)

東梅(とうばい)に入ったときにいた。 中央。

s-19年7月16日 (16)

真ん中が、子ども。   水の中は安全。 キツネは来ない。

s-19年7月16日 (17)    s-19年7月16日 (18)

何を食べているのかな。



温根沼大橋。   橋の右は温根沼(おんねとう) ※ 地元の人はオンネットウ。

s-19年7月16日 (29)

橋の手前の左に、タンチョウが。

s-19年7月16日 (19)    s-19年7月16日 (20)

橋を越えたら、根室半島。

s-19年7月16日 (30)

途中で太平洋に向かった。   花咲港に。

s-19年7月16日 (31)    s-19年7月16日 (32)

用事を済ませて、元の国道に。  根室市街に入る。

s-19年7月16日 (33)

オジロワシが幸運でしたね。 久しぶりです。
タンチョウは、探せば必ずいます。   親子連れは珍しいでしょうか。

【その他】

標津では、福住本店でそばを食べました。 いつも。
ソバの日なので、大盛りの天ぷらそばが800円。 (やっと食べた)
 
右はホームラン焼き。 お焼き。
京都の息子が子供のころ食べたので、食べたいという。
それで、いっぱい送った。

s-19年7月16日 (2)    s-19年7月16日 (21)

【停泊場所】   根室市常盤台公園駐車場。

   ※ 根室市に温泉はない。 だから銭湯に。
     全国を旅していて、必ず銭湯に入る町は根室市だけ。   銭湯は昭和っぽくて好き。

【明日の予定】  霧雨が続いたらどうしましょう。  少しずつ内陸に戻るか。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。