FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

赤岩集落は、あちこちの風景がいい。
それで、再度来てみました。
  ・  ・  ・  ・  ・
重伝建地区は街道の町並みが多い。
でもここは、山村集落。

花が多くのどかな雰囲気。
人々はのんびりと暮らしている。

まぶしいほどの天気の中、歩いてみました。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

ここは、中之条町の西の奥。 六郷地区の赤岩。

s-19年5月22日 (2)    s-19年5月22日 (1)

ふれあいんち、と呼ばれる案内所が。 ここで地図をいただいた。
幕末に、高野長英がこの地に逃げてきたことが。

s-19年5月22日 (4)    s-19年5月22日 (3)

水車小屋。  右の方に歩いていく。  いい雰囲気の通りが続く。

s-19年5月22日 (6)    s-19年5月22日 (7)

毘沙門堂。  右は、サラサドウダンですね。 いつもは山で見る。

s-19年5月22日 (32)    s-19年5月22日 (8)

湯本家住宅。 江戸時代の後期に2階建てで建てられた。 明治30年頃3階建てに。
養蚕のため。   ここの集落は養蚕で栄えた。

脱獄した高野長英がかくまわれたと。 蛮社の獄で知られる人。 幕府に逆らった。

s-19年5月22日 (9)    s-19年5月22日 (10)

建物は、幕末から昭和30年代のもの。

s-19年5月22日 (11)

火の見やぐら。  養蚕のために、建物は大きい。 人は1階に住む。 右写真の左から来た。

s-19年5月22日 (12)    s-19年5月22日 (13)

山側に上がった。  稚蚕飼育所跡(ちさんしいくじょあと)。   稚蚕は蚕(かいこ)の子供でしょうか。
中の見学は出来なかった。  赤岩は群馬県の養蚕の盛んな地域の1つだった。

s-19年5月22日 (14)    s-19年5月22日 (16)

さらに上がって、ここに。  鏡学院(きょうがかういん)跡とある。 
右の建物は、鏡学院護摩堂。  平成3年まで護摩を焚いて加持祈祷をしたそう。

s-19年5月22日 (15)

元の道に戻って。 どこの庭も整備されている。   右に下りて行った。  ルピナスの季節。

s-19年5月22日 (17)    s-19年5月22日 (18)

更に下って、東(ひがし)堂。  中は少し荒れ気味。  隣に、線彫りの如意輪観音。

s-19年5月22日 (28)    s-19年5月22日 (19)

戻って、向こうからやってきた。 左の建物が、かいこんち。  蚕の家か。
養蚕に関わる展示。

s-19年5月22日 (23)    s-19年5月22日 (20)

作業日誌があったので、その1ページを。
いつの時代かな。 知事選とあるので調べたら、昭和51年だった。 

給桑とあるのは、蚕にエサの桑の葉をやることか。  フクシマって何でしょう。

s-19年5月22日 (22)    s-19年5月22日 (21)

集落の奥に来て、ここを登って赤岩神社。

s-19年5月22日 (26)

この景色を見て行かなかった。  ※ 前回来た時行った。 工事中だった
ヤマトシジミがいた。 オス。

s-19年5月22日 (25)    s-19年5月22日 (24)

戻って山の上に。  向城(むこんじょう)の観音堂。 

s-19年5月22日 (27)

近くにこの風景。 花がいっぱい。  

   ※ 新見南吉の「花の木村」に感じた。
     盗人がその村に来ると花がいっぱいで、住む人の心がいい。
     悪いことが出来なく、改心してしまう。 ここ赤岩と重なった。

自衛隊のC-1輸送機が3機ほど旋回していった。 迷彩色。

s-19年5月22日 (29)    s-19年5月22日 (30)

戻っている。 こんな風景がどこにでも。 
道祖神。  説明のようなのを見てみたい。 今まで一度だけ見た。 写真は撮りにくかった。

s-19年5月22日 (31)    s-19年5月22日 (33)

案内所の山の上に、上の観音堂。 六角の石塔に、6つの地蔵。  
如意輪観音が、穏やかな表情で。 いい天気だ。

s-19年5月22日 (5)    s-19年5月22日 (34)

車で戻る時、すぐ近くに旧太子(おおし)駅。
昔、長野原駅からここまで鉄道があった。 その終点。

奥に鉄鉱山があって、鉄鉱石は何かでここまで運んだ。 
鉄鉱山の跡は、いま、チャツボミゴケ公園のよう。 

珍しい風景のようなので、行ってみたい。 
そこから山を登ると湿原が。(高層湿原でなく)

s-19年5月22日 (35)    s-19年5月22日 (36)

ただ歩いていても楽しい。 心休まる。
赤岩は、そんなところでした。

【記事紹介】 

   山村・養蚕集落が残る、赤岩地区。  高野長英の隠れ里、と伝わる。~中之条町~  他  (2013/10/27)
   花沢の里は古代の街道沿いに。 静岡県唯一の重伝建地区。 長屋門。 はたき餅。~焼津市~ 他 (2019/4/20)

   紅葉に染まった板井原集落。 懐かしい風景を残して。 集落の中は狭い道。 向山神社。~智頭町~ 他 (2018/11/11)
   山村集落 「新川 田篭」は重伝建地区。 「くど造り」の平川家住宅。 もう少し行けば大分県だった。~うきは市~ 他 (2017/12/4)

   前沢曲家集落 ~最近、重伝建地区に選定された、山村集落。 南会津町~  他  (2011/7/18)

【道の駅】   六合
    
【明日の予定】    時間があって行けたら、チャツボミゴケ公園。 山奥。  時間がなければ、草津温泉。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。