FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

朝からの雨は、昼前に上がった。
久しぶりの青空。 どこまでも歩くと、長久保宿に向かった。
  ・  ・  ・  ・  ・  ・
考えてみれば、長久保宿は真田の郷「上田」から近い。
広く真田氏の領地。

今日は、真田信繁の話に出会えた。
面白い。

江戸から来たら、小さな笠取峠を越えて大久保宿。
次は和田宿、そして難所の和田峠へと。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

赤〇は中山(なかせん)道。   京都・江戸間526㌔。

s-19年5月2日 (1)    s-19年5月2日 (2)

2日ほどここに。 向こうに行けば上田市。 15分ほど。

s-19年5月2日 (5)

反対側。  長久保宿は、遠くに見えている。  
中山道は左の谷から出て来て、右の谷に行く。   自分は、左の集落を通っていく。 

s-19年5月2日 (6)    s-19年5月2日 (7)

3㌔程歩いて着いた。 宿場の特徴は、ここでL字に曲がっていること。
古い建物は、左の方に残っている。

s-19年5月2日 (8)    s-19年5月2日 (9)

説明が。  江戸時代の建物。

s-19年5月2日 (10)    s-19年5月2日 (11)

お触れがこのように。   旧本陣、石合(いしあい)家住宅。
信繁の娘がここに嫁いだと。

   ※ 長女です。  母は梅。 大河では、黒木華(はる)が演じました。

s-19年5月2日 (12)    s-19年5月2日 (13)

少し歩いて、民俗資料館。  親子でいる。 娘さんの名前は、すへ(すえ)さん。
2階が前に出ている。  下で雨宿り。

s-19年5月2日 (16)    s-19年5月2日 (14)

旅籠(はたご)として建てたけど、開業はしなかったと。  ※ 鉄道が出来たり、時代は変わっていったんですね。

s-19年5月2日 (17)    s-19年5月2日 (15)

家並みは昔のままに。   右写真は、反対側から見ている。

s-19年5月2日 (18)    s-19年5月2日 (20)

左の2人は、民俗資料館の前に。  自分は、向こうから上がってきた。
     ※ そういえば、右に2軒同じ家が。 三度笠の右。 同じのが別の場所にあった。(鉄板かぶって)

s-19年5月2日 (21)    s-19年5月2日 (19)

東海道は大井川や天竜川で足止めを。
中山道は少し遠いけど、決めた日数で行き来できる。

右に火打石。  緑の石を赤〇にぶつける。 上からこするように勢いよく。(逆でもいい)
ピンク〇の中に、着火しやすい「綿の布を炭化したもの」が入っている。  これを見ると分かるかな(YouTube)

s-19年5月2日 (23)    s-19年5月2日 (22)

すへ(すえ)さん。   ※ 右の書状を撮り忘れた。 別のを撮った。 (らんまるさんのHPからお借り)

s-19年5月2日 (24)    s-19年5月2日 (4)

2月10日ですね。  大坂夏の陣で信繁が死ぬのは5月です。
死は覚悟してるから、もう会いないと考えてこの書状ですね。
最後に見捨てないでほしいって。

解説に長男大助のことが。 
  ※ 大助は若い。 豊臣に恩はない。 逃げるよう周りに言われる。
    でも自分には父信繁の息子の誇りが。 父の後を追う。

  ※ 家康は真田親子のような家臣が欲しかったでしょうね。
    信繁がいたから、細心の注意を払って大阪城を落とした。  一時は危なかった。

  ※ 大坂城には、信繁の子供の阿梅(おうめ)と小さな大八もいた。
    敵の仙台藩の世話になって助け出される。  関連記事は最後に。

s-19年5月2日 (25)    s-19年5月2日 (26)

上に行く。

s-19年5月2日 (27)

左の家に入る。   どこも無料。 能面があった。 撮ってみた。

s-19年5月2日 (28)    s-19年5月2日 (29)

宿場の入り口に松尾神社。   右写真は戻っている。

s-19年5月2日 (30)    s-19年5月2日 (31)

隣の集落を通って。 どこまで歩いてもいい、そんな天気。
遠くに道の駅が見えた。

s-19年5月2日 (32)    s-19年5月2日 (33)

間もなく初夏。  いい季節が近づいている。
花を見て、風を感じて歩いている時が、一番楽しいでしょうか。

【記事紹介】   中山道と真田氏関係をいくつかずつ。

   古い町並みが残る、太田宿。  脇本陣、林家住宅。  太田の渡し。~美濃加茂市~  他  (2014/5/11)
   妻籠宿から馬籠宿まで、歩く。  馬籠峠を越えて。~南木曽町・中津川市~  他  (2013/11/6)

   鳥居峠の登り口にある、大きな宿場町、奈良井宿。~塩尻市~  他  (2013/11/5)
   和田宿は、和田峠の入り口に。  和宮が宿泊した、和田宿本陣。~長和町~  他  (2013/11/3)

   中山道、望月宿。  逢坂の関の清水に影見えて今やひ くらむ望月の駒。~佐久市~ 他 (2013/11/1)
   碓氷峠。  峠の釜めし。  アプトの道を、めがね橋まで歩く。~安中市~  他  (2013/10/13)

   大阪城、見事な石垣にかつての栄華が。 大阪城の出丸 真田丸は、どこにあったのか。~大阪市~ 他 (2016/10/6)
   九度山は、真田昌幸と信繁が上田を夢見て暮らした土地。 住居跡に今は・・。~九度山町~ 他 (2016/10/4)

   真田氏本城は、上田城が築かれるまで真田の拠点だった。 真田氏歴史館。~上田市~ 他 (2016/9/21)
   白石城は、木造での復元。  片倉小十郎の息子重長の妻は、真田幸村の娘、阿梅(おうめ)姫。~白石市~ 他 (2014/10/12)

   信州上田は、真田3代の里。  上田城跡。  柳町の家並み。  信玄の重臣、板垣信方の墓。~上田市~ 他 (2015/6/24)

【今日の一曲】    茶摘み   下は今日の時事通信の写真です。 京都宇治。
              今日は、夏も近づく八十八夜。  立夏は5月6日ですね。  いい季節に。

s-19年5月2日 (3)   

【道の駅】     マルメロの駅ながと

【明日の予定】   鹿教湯(かけゆ)温泉に。   遠くない。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
.   

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。