FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

平成で、パソコンそしてスマホの時代に。
格差が広がり、若者が安い給料で使われる。 悲しい時代になった。

マスコミはCMで成り立つから、庶民の味方のふりをするだけ。(当たり前のこと)
令和になって、庶民が政治を変える力を持たないと、もっと厳しい時代が来そう。
    ( 世論操作に負けないように。 ネットニュースのコメントを読むと、今は負けてる)
  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・
明日から令和ですね。
今日は、星糞(ほしくそ)峠の近く。  どうしてこんな名前が生まれたのでしょう。

鉄の無い時代が続いた。
似た役割を果たせたのが、黒曜石だった。   ※ この地方は黒耀石と表記。(地元出身の学者の影響のよう)

雨なので、黒耀石体験ミュージアムで勉強することに。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

赤〇に、星糞峠。  和田峠周辺に黒曜石が多いと今まで何度か聞いた。(宿場の資料館でも)

s-19年4月30日 (2)    s-19年4月30日 (1)

赤〇が、黒耀石体験ミュージアム。

s-19年4月30日 (3)

写真を撮り忘れたのでミュージアムのHPから。

  ※ カーナビが間違った場所に案内。 ミュージアムのお世話でたどり着いた。
    見学時間は40分。 急いでいた。

s-19年4月30日 (4)

まず黒曜石一般について。 日本のどこで採れるか。
霧ヶ峰周辺とあるのが、今日の場所。

北海道の白滝、伊豆天城、姫島などが。 北海道では、十勝石と。
自分も子供の頃からそう呼んでいた。

s-19年4月30日 (10)

北海道の白滝。  下の石は、みんな黒曜石。  大きな露頭も。
洪水の後、湧別川の河原に行くと、まるい黒曜石がいっぱい見つかる。
              ※ リンゴくらいのが多いでしょうか。  普段は少しだけ。

下は、ジオツアー。 年に一度。    ※ 関連記事はみんな最後に。

s-19年4月30日 (6)    s-19年4月30日 (8)

天城山の登山道で。   右は、十勝のタウシュベツ川橋梁で。 

s-19年4月30日 (9)    s-19年4月30日 (5)

大分県の姫島。 黒曜石の島。  右は、ここから遠くない大瀧神社。 祭神が黒曜石。

s-19年4月30日 (34)    s-19年4月30日 (7)

黒耀石体験ミュージアムの見学。

s-19年4月30日 (11)

下は星糞峠の黒耀石について。

    ※ 星糞峠について。 明快な説明は見つからないけど、黒曜石と関係がある。
      土の中に黒耀石が星屑(ほしくず)のようにあった。

      当初は、星屑峠ではなかったかと。
      ほしくずは、言いにくい。 少し遊び心の「ほしくそ」に変化したのかなって。(想像)

土の中から掘り出すのが、ここの特徴でしょうか。

s-19年4月30日 (13)    s-19年4月30日 (12)

黒曜石で刃物が作れる。 便利と分かって、各地に広がるんですね。
油断したら、破片で手を切ることが。 黒いガラスと同じ。

s-19年4月30日 (15)    s-19年4月30日 (14)

ここのミュージアムは、建物と中の展示方法が、素敵にデザインされている。
技術が進んで、使いやすいものを生み出していく。

s-19年4月30日 (16)    s-19年4月30日 (17)

自分もこんなのを30個くらい持っている。 子供の頃、美瑛の畑で拾った。(今どこにあるのか)
物を探すのは面白い。 

s-19年4月30日 (18)    s-19年4月30日 (19)

定住するようになって、いっぱいの道具があっても困らない。
子供は学校がないから、食べ物探しをするのか。

  ※ この夏、下のような生活をしてみましょうか。
    米と醤油・味噌以外は、見つける。 魚を釣って山菜採って。
    5日間。  場所は羅臼。  

s-19年4月30日 (20)

黒曜石は加工しやすいという特徴が。
固いけど、ある方向だけ割れやすい。  そうであっても、技術はいりますね。

s-19年4月30日 (21)    s-19年4月30日 (22)

男女(おめ)倉遺跡群の発掘。 
黒曜石の石器は、うろこのような表面。 この作り方で生まれる。

s-19年4月30日 (23)    s-19年4月30日 (24)

動物の皮を剥ぐのも出来そう。 肉や魚を切るのは簡単か。 動物の皮に穴だって。

s-19年4月30日 (26)    s-19年4月30日 (25)

黒曜石産地は、小さいのを含めたらいっぱい。 あっちこっちの山で見ている。

s-19年4月30日 (27)    s-19年4月30日 (28)

星降る峠ってどこでしょう。  ミュージアムから左に行くのか。
自然の中で、自由に見学できるところはあるのでしょか。  もしあれば、再度来たいですね。

s-19年4月30日 (29)

今は立派なミュージアム。
でも、すべては一人の一歩から始まった。   右の人。   昭和30年。

s-19年4月30日 (30)    s-19年4月30日 (31)

独学で知識を。   写真にある石器は、ここに展示されているのでしょうか。

s-19年4月30日 (32)    s-19年4月30日 (33)

平成最後の日は、黒耀石体験ミュージアムの見学でした。
黒曜石は、当時の人々の生活の質を高めましたね。 

星糞峠の黒曜石には、透明感のある石が多かったでしょうか。
それで星のようにかな。 美しいと思ってるのに、星糞・・・。

【記事の紹介】

   白滝ジオツアー。 黒曜石の巨大露頭と赤石山山頂の黒曜石の見学。~遠軽町~ 素敵な車でナン販売。 (2016/8/6)
   タウシュベツ川橋梁は、士幌線の歴史の面影か。  朽ちるままに。~上士幌町~  他  (2014/7/8)

   天城山の魅力は、豊かな自然だった。 ツツジ、アサギマダラ、ヤマカガシ。~伊豆市~ 他 (2014/6/3)
   霧の中の森を散歩。 横谷観音。 宇賀神は人の頭のヘビ。 大瀧神社の祭神は黒曜石。~茅野市~ 他 (2018/5/9)

   姫島の千人堂は、黒曜石の断崖の上にあった。~国東半島の北東部に浮かぶ島~   他  (2010/4/14)

【平成の一曲】   安室奈美恵 「Hero」 NHKオフィシャル・ミュージックビデオ    画面をクリックしたらYouTubeに。

s-dddfghhh.jpg

【道の駅】    マルメロの駅長門

【明日の予定】    長和町のどこかを。 宿場か。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
.  

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。