FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

歓楽街はつくらない。 大きなホテルはいらない。
若い女性が好む雰囲気にする。 取り組みは40年前から。
  ・  ・  ・  ・  ・  ・
湯布院温泉は、今は九州で一番人気。
黒川温泉とともに、名前は全国に知られる。

外国人旅行客にもお気に入り。
平日でも、通りはあふれる人。

温泉に入らなくても、遊びに行って楽しい。
一大観光地になっている。

全国の多くの温泉地が苦労しているというのに。
先見の明は大事と分かります。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

車で行かない。 南由布駅から列車で。

s-ttt1112bhghhppp.jpg    s-19年2月26日 (2)

印の通りが湯の坪街道。 お店いっぱい。

s-19年2月26日 (3)

南由布駅。 広い駐車場。  由布岳が見える。  今日の写真にはいっぱい入る。

s-19年2月26日 (4)    s-19年2月26日 (5)

10時51分発。  由布院駅行き。 九大(きゅうだい)本線。  久留米と大分の間。

s-19年2月26日 (6)    s-19年2月26日 (7)
 
車掌さんが立っていたので、途中は撮れなかった。  由布院駅にすぐ着いた。
緑の列車は、特急ゆふいんの森

金鱗湖まで、1.5㌔ほど。  多くの人。 外国人には曜日は関係ない。

s-19年2月26日 (8)    s-19年2月26日 (9)

湯の坪街道に入った。  
9割は中国人。  ※ 以前は金持ち風の人が多かった。 今は違う。(台湾からも多いよう)

誰かが、やっと日本人の声が聞こえたねと言った。 私もやっと聞こえた。

s-19年2月26日 (10)    s-19年2月26日 (11)

食べ歩きで楽しむ。 中が暗い店には入らない。 
そばの立ち食いは、人が少ない。 おなか一杯になりそうだから、かな。

いろんなものを食べたい。 歓楽っぽさは、ゼロ。

s-19年2月26日 (12)

自分はフリース1枚。 今日は梅も元気。 

  ※ 台湾人は中国の人とちょっと違う。 若い人は日本人の雰囲気。 

s-19年2月26日 (13)

ここ数年、こんな店が増えた。 フクロウや犬も。  京都にもある。   
鳥はヒヨドリですね。 農家には喜ばれない。

s-19年2月26日 (15)    s-19年2月26日 (14)

数年前から大きな店が進出している。 ここの温泉地の悩み。
目指す雰囲気にとは、ちょっと違う。 ここは山下清の関係。 以前見た。

金鱗(きんりん)湖に向かう。

s-19年2月26日 (16)    s-19年2月26日 (17)

金鱗湖。  魚の鱗が夕日に照らされて金色に輝く。(1つの説)
変わった魚がいっぱいいた。 調べたらティラピア。 コイなど他にもいる。

みんなここに来て記念写真を撮ったら戻る。

s-19年2月26日 (18)    s-19年2月26日 (19)

湯布院の代表的な自然は、由布岳と金鱗湖。

s-19年2月26日 (20)    s-19年2月26日 (21)

ぐるっと周ってきた。 共同浴場、下(しも)ん湯。 

s-19年2月26日 (22)

こんなのがあったり。  バス停の方に下りてきた。

s-19年2月26日 (23)    s-19年2月26日 (24)

ミニサイズの国に来た感じ。 店には5人ほどしか入れない。 フクロウ専門店とか。

s-19年2月26日 (25)

向こうの方に旅館。  自然の中に散らばっている。  いい環境の中に。

s-19年2月26日 (26)

駅に戻ってきた。  またいつか登る。

s-19年2月26日 (27)    s-19年2月26日 (28)

来た来た。

s-19年2月26日 (29)

久大本線には今日が初めて。

  ※ 余談 堀北真希が列車で旅をした。 10代の若い時。 福岡出発。 久留米からここを通って大分に。
       宮崎通って、鹿児島の手前で北上。 肥薩線。 ずっと佐世保の方まで。
       その動画には、遠くへ行きたいの曲が流れて。 風景を見て、コースを調べた。
       今その動画は、YouTubeにはない。 再度アップされたら、保存する。 
       ブログに載せたことが。 いい動画だった。

s-19年2月26日 (30)    s-19年2月26日 (31)

着きました。  黄色の列車は、玖珠町の中心街にある豊後森駅まで。

s-19年2月26日 (32)    s-19年2月26日 (33)

温泉地の旅館はどこも競争。
それがあるから、力を合わせるのは大変。

40年前からそれをやって、今がありますね。
プロジェクトXの世界です。

※ 黒川温泉にも行きたいけど、考えていたコースでない。 次の機会かな。

【今日の歌】     黑龙江的波浪 / Амурские волны / The Amur waves - 俄语版   アムール河の波。

              ※ 中国の人を多く見たので、中国中央テレビの映像を。
                黑龙(龍)江は、アムール河のこと。 
                この川が流氷を作ります。 オホーツク海を薄めて。
                今日現在の網走沖の流氷の様子。dffgggggg.jpg
                この曲が生まれたいきさつには、恋のドラマが。 下の記事に。 作曲はキュッス。

             いろは島の風景 他 ~唐津市肥前町~  「アムール河の波」について  他  (2012/1/11)



【道の駅】    ゆふいん

【明日の予定】    臼杵に向かうけど、途中のどこか。  気になるところが2ヶ所。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



沢田研二と田中裕子は、寅さんの「花も嵐も寅次郎」で共演した。
映画の中で沢田は田中に恋をした。 そして、映画を飛び出しても同じに。
舞台は、湯平(ゆのひら)温泉。 
  ・  ・  ・  ・  ・  
今は湯治の人は減った。
でも、大正・昭和と賑わった時代があった。

石畳は、江戸時代の末期に作られたもの。
湯平温泉の大きな魅力。

山頭火が昭和5年に来ている。
ここの温泉は今でも、そのことを大事に。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

湯布院温泉から近い。

s-19年2月25日 (1)    s-19年2月25日 (2)

上の駐車場から歩いた。

s-19年2月25日 (3)

石畳の道に向かう。

s-19年2月25日 (4)    s-19年2月25日 (5)

野口雨情が来ていた。 昭和9年のこと。   温泉街は、花合野川(かごのかわ)沿いに。

s-19年2月25日 (7)    s-19年2月25日 (6)

石畳通りに。  案内書で地図をいただいた。

s-19年2月25日 (9)    s-19年2月25日 (8)

やってない旅館やお店が目立つ。 写真は撮らない。  人はいない。

最後に入る共同湯の前に、山頭火のことが。  昭和5年の秋遅くに来ている。
ここの人たちの温かい心に触れる。

s-19年2月25日 (11)    s-19年2月25日 (10)

初めて見る観光客。  男の人は、赤ちゃんをしっかり抱いて。

s-19年2月25日 (12)    s-19年2月25日 (13)

時々、車が登っていく。 クロネコも。

s-19年2月25日 (14)

左も店は、野菜やアイスを。

s-19年2月25日 (15)    s-19年2月25日 (16)

共同湯。 湯舟は1つか。 今日は女性専用。

s-19年2月25日 (17)

再び地図が。  食料品のお店はないようだ。 湯治はしにくい。

   ※ ある情報だけど、湯治客はたくさんのお金を使わない。
     そんなことで、ここの温泉は昔より湯治客を大事にしなくなったよう。
     寂れた原因の1つは、そこにあるとも。

s-19年2月25日 (18)    s-19年2月25日 (19)

ここにも共同湯。

s-19年2月25日 (20)    s-19年2月25日 (21)

栄えた時代があった。 ※ 実は自分は30年ほど前に来たことがある。 石畳は人でいっぱいだった。

s-cvfggg.jpg

上がってくると、大きな旅館とかが目立つ。 石畳から離れたところにも。
実は、湯平は宿泊料金が高くないようだ。 しかも、値段以上の内容。

湯布院や黒川温泉で遊んで、宿泊はここにする。 そんな人も多いようだ。

s-19年2月25日 (22)    s-19年2月25日 (23)

再びの発展のカギは何でしょう。 若い人を大事にするはもちろんですね。
外国から来る客を、どう取り込むか。 それがポイント。

何をすれば、魅力と感じてもらえるか。
プロの人の知恵を借りて、考えてみたらどうでしょうね。 もう始めているかも。
※ 京都は宿が足りないんですから。

右に、感じのいい旅館。

s-19年2月25日 (24)    s-19年2月25日 (25)

石畳の道が終わって。 少し行って右に寺。 寺の石段の上に大根。

s-19年2月25日 (26)    s-19年2月25日 (27)

上に来ました。 赤いネコヤナギ。  名前は、赤芽ネコヤナギ。(調べて知った)

s-19年2月25日 (29)    s-19年2月25日 (28)

戻る。  少し前に通った旅館。 山頭火の句。  句を作ったり、芭蕉の本を読んでいたようだ。(最後に日記を紹介)

s-19年2月25日 (30)    s-19年2月25日 (31)

女性2人旅。  そして共同湯に行く2人。 あと、最後に2人会ってお終い。

s-19年2月25日 (32)    s-19年2月25日 (33)

この湯に入ります。 銀の湯。

s-19年2月25日 (34)    s-19年2月25日 (35)

さっきの2人も入っていた。 ずっと声が聞こえた。
シャワーはない。 湯がきれいなら、それでいい。  一人で独占。 これが理想。

s-19年2月25日 (38)    s-19年2月25日 (36)

すっかり温まって出たら、こんなのが。  
      ※ 猫は注意したらふてくされる。それがめんこい。 そんなとこにいて、いいのかって、言った。(臼杵で)

s-19年2月25日 (40)    s-19年2月25日 (39)

人ごみはいや、という人は湯平温泉がいい。
湯だって悪くないし。

共同湯をはしごする。 そんな楽しみも。

【山頭火の日記】  昭和5年です。 この時のコースは下に。 関連ブログもいくつか。

   八代を出発して、人吉、都城、宮崎、鵜戸、飫肥、美々津、竹田、湯平、湯布院、山国、下関、
          糸田、香春町、福岡、大牟田、熊本 など。

     山頭火が愛した、日奈久温泉。  宿泊した木賃宿、織屋。  ばんぺい湯、他。~八代市~ 他 (2014/12/8)
     源泉かけ流し・炭酸泉で人気の、長湯温泉 ~竹田市~  鈴木一平「水鏡」  他  (2012/4/2)
       
     志布志の歴史を散歩  山頭火句碑  ダグリ岬 ~志布志市~  さくら(森山直太朗)  他  (2012/3/14)     
     糸田は、山頭火が緑平さんを頼り、また陽水が育った町だった。~福岡県のほぼ中央、糸田町~  (2010/4/25)
      
     高座右寺 山頭火遊歩道 鏡山大神社 ~香春町を歩く~   他  (2010/4/23)
    
11月10日・11日の日記です。 気持ちよく過ごしている。

s-19年2月25日 (43)     s-19年2月25日 (42)

【今日の動画】    1982 寅さん、面白い場面。沢田研二・田中裕子 出演 第30作 「花も嵐も寅次郎」

              ※ この後、2人は8年ほどして結婚。



【道の駅】   ゆふいん

【明日の予定】      湯布院温泉を。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。