FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今日で、岩美町の海岸線である浦富(うらどめ)海岸の見学は一区切り。
この次来た時、内陸部を。

スタートは網代(あじろ)漁港。
ゴールは昨日のスタート地点。

鳥取県の海岸線は、浦富海岸以外は険しくないよう。
鳥取砂丘があったりして。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印辺りに行く。

s-18年 11月8日 (2)    s-18年 11月8日 (1)

網代漁港。  どこの漁港も、行けば駐車場は見つかる。

s-18年 11月8日 (3)

赤〇を歩く。 車道を戻って来る。

s-18年 11月8日 (4)

この道は海岸線の県道。 一昨日、ここのずっと向こうを歩いた。

右は、車道の1本左の小路。  この奥の家並みを途中で見ることに。

s-18年 11月8日 (5)    s-18年 11月8日 (6)

スタート地点の左の、岩の上に展望台。

正面に、駟馳(しち)山。 昨日行った。
頂上は、中央の谷の奥に。

手前の山裾に遊歩道。 昨日歩く予定だったが、通行止めだった。
右遠くに鳥取砂丘。

s-18年 11月8日 (9)

網代漁港と集落。  今日も天気がいい。   半袖で十分。

s-18年 11月8日 (10)

ここから行く。   右はちゃんとした文ですね。(昨日のは少し・・・・)

s-18年 11月8日 (8)    s-18年 11月8日 (7)

登っていくとき、この後左への道があったが気づかなかった。  網代展望台への道が。

s-18年 11月8日 (11)

今日の見所の中心に。  海蝕洞門が見える。   千貫(せんがん)松島。

s-18年 11月8日 (12)    s-18年 11月8日 (13)

2代目鳥取藩主の池田綱清もこれを見ていた。

  ※ この人は「美女や美童を愛して昼夜を分けず。故に政事を知らず家老任せ也」と云われた。
    病弱でもあって、名君では無かったよう。

右の花は野菊ですね。  紫っぽくて初夏に咲いていたら、ミヤコワスレでしょうか。
野菊の墓を最初に演じたのは、有田紀子。8973.jpg   ※ 自分は若い頃の伊藤榮子が野菊のような女優と思っていた。img_art02_02.jpg

s-18年 11月8日 (15)   s-18年 11月8日 (14)

下に展望台。  後で向こうの上に行く。

s-18年 11月8日 (16)

展望台から。

s-18年 11月8日 (17)

下への道があった。  右写真の向こうに行く。

s-18年 11月8日 (18)    s-18年 11月8日 (19)

来ました。   海の水はどこもきれい。   松葉ガニはこの海で育つ。

s-18年 11月8日 (20)

高台に来た。   最初に紹介した小路の奥は、右写真だった。
上の写真の展望台から行けた。  車は来れない。

s-18年 11月8日 (22)    s-18年 11月8日 (21)

休憩所。  一休み。

s-18年 11月8日 (23)

いつもリュックにはこれが。  非常食。 右のを食べた。

s-18年 11月8日 (26)    s-18年 11月8日 (27)

下はこのように。   山の上に網代展望台。  行き忘れた。 ※ 明日行って来ますね。写真を追加します。

s-18年 11月8日 (24)    s-18年 11月8日 (25)

※ 追記  網代展望台からの写真。(次の日に撮影)

最初の写真は、左から来て右に上がる。  最後の写真は、下る途中で。

s-tuika (1)       s-tuika (2)

s-tuika (8)       s-tuika (3)

s-tuika (4)       s-tuika (5)

s-tuika (6)       s-tuika (7)

s-tuika (9)

さっき行った展望台。  ここから左に行けば家並みが。
若い女性が3人来た。

s-18年 11月8日 (28)

右の人の動きが積極的。 この後誘われるように、みんな下に。
2人で写真の撮りやっこ。  ここまで話が聞こえる。

s-18年 11月8日 (29)

反対側の風景。

s-18年 11月8日 (30)

さらに高い所から。  右遠くに鳥取砂丘が霞んで。 

s-18年 11月8日 (31)    s-18年 11月8日 (32)

こんな道を行く。  暑い。

s-18年 11月8日 (33)

遊覧船が見えた。

s-18年 11月8日 (34)    s-18年 11月8日 (35)

網代灯台。

s-18年 11月8日 (37)     s-18年 11月8日 (36)

観音浦が見える所に来たけど、木があって隙間からしか見えない。

s-18年 11月8日 (38)

ここは、観音岩の最後。   船が戻っていく。

s-18年 11月8日 (39)

あっちは、一昨日行った場所。

s-18年 11月8日 (40)

着いた。 一昨日はここから出発。

s-18年 11月8日 (41)

車道に戻る。

s-18年 11月8日 (42)    s-18年 11月8日 (43)

この洞門が見えて。

s-18年 11月8日 (44)

一昨日は別の道を下りた。 山ブドウを探したが無かった。

s-18年 11月8日 (45)

ここで出る。

s-18年 11月8日 (46)    s-18年 11月8日 (47)

太い道から離れて、この道に変更。  網代小学校の跡。

s-18年 11月8日 (48)    s-18年 11月8日 (49)

家が寄り添うように。 港町はどこもこう。

s-18年 11月8日 (50)

着きました。

s-18年 11月8日 (51)

今日は小春日和でした。
汗ばむほどに温かい、いい一日でした。

この4日間は浦富(うらどめ)海岸の見学。
見所いっぱいでしたね。  

【道の駅】    きなんせ岩美

【明日の予定】     鳥取市の、摩尼(まに)寺。

 都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg 

             (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、7位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



駟馳山(しちやま)は、小さな山。
高さ314㍍。

でも近くに大きな山はない。
だから存在感があって、凛(りん)と立っている。

山裾に駟馳山峠。
昔は街道、今は国道と県道が。  ※ 新しい国道9と鉄道はと駟馳山トンネル。

駟馳山峠は人々の生活と関わりが深い。
いくつかの伝説が生まれた。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

岩美町と鳥取市の境目に。

s-18年11月7日 (2)    s-18年11月7日 (1)

黄色の県道は、旧国道9。  新しい国道9は、トンネルを。

青〇に、小さな駐車場。   
紫の部分が、石畳。   ※ 旧山陰道。  後に、山陰街道。

赤〇が登山道。  おおむね、境界に沿って。
※ 公的に作られた登山ルートの地図は無い。

s-18年11月7日 (3)    s-18年11月7日 (4)

駐車場。  

s-18年11月7日 (5)

振り返るとこう。   赤〇に石畳道の入り口。

DSCF1291.jpg 

駟馳山登山道 この上5分入り口、とある。

イノシシが出て来ないように柵。   自分で開けて閉める。

s-18年11月7日 (6)

六地蔵前から石畳。  昔は峠全体に石畳。  
新しい道が出来て、残ったのはここだけ。

多十郎という人が、ここを通る人の苦労を思い動いた。
1811年のこと。

s-18年11月7日 (7)    s-18年11月7日 (8)

昔からあった六地蔵を、雨と雪から守っているのか。  残った石畳は120㍍程。

s-18年11月7日 (9)

ここをどれだけの人が通ったことか。   雨の日でもぬからない。

s-18年11月7日 (10)

石の穴に伝説が生まれた。 名馬生月(いけづき)の。 (生月はここの出身)

  ※ 戦国時代宇治川の戦いで、先陣争いをした2頭の馬の1頭。 
    佐々木高綱という人の馬。

    もう一頭は磨墨(するすみ)。 持ち主は、梶原景季(かげすえ)。 
    2人とも、頼朝の家臣。  先陣争いについてはここに。(面白い話)

    磨墨(するすみ)については下に。
         磨墨(するすみ)の里、道の駅明宝。 梶原景季。 耳柿の不思議。 飛騨美濃せせらぎ街道を南下。~郡上八幡市他~ 他 (2018/10/23)

s-18年11月7日 (11)    s-18年11月7日 (12)

石の平らな面が上に。

s-18年11月7日 (13)    s-18年11月7日 (14)

残った石畳はここまで。  
山陰街道は、左に行って右に曲がって正面向こうに。 西に行く。  

直ぐに県道に出る。(旧国道9)  登山道は写真右上から入る。
 

s-18年11月7日 (15)    s-18年11月7日 (16)

真っ直ぐ上に向かうが、途中まで何度も曲がって。  ジグザグ。

s-18年11月7日 (17)

松かさを拾った。  車に飾る。   登山道はイノシシの通路にも。

  ※ イノシシの鼻の先は丈夫。   それを武器に掘る。
    もし鼻をキズして血が出たら、鼻血。

s-18年11月7日 (18)    s-18年11月7日 (19)

稜線に入った。 道はジグザグでない。 

左は鳥取市、右は岩美町。

s-18年11月7日 (20)

気温が上がった。   夏の終わり頃の温かさ。

頂上っぽいぞ。

s-18年11月7日 (21)

上に来たけど違う。 もう一度下がって再度登る。

s-18年11月7日 (22)

下る。

s-18年11月7日 (23)

再度登って。 昼間イノシシは寝てるのか。

  ※ 以前、イノシシの子どもが集団で、運動会のように走ってるのを見た。
    ウリ坊(🐗)運動会。

s-18年11月7日 (24)

1時間ほどで着いた。

太平洋戦争中に作られたコンクリート造りの防空監視所が遺(のこ)っている。

s-18年11月7日 (25)

坊空監視所の左。 

s-18年11月7日 (26)

西方面。   鳥取市。   鳥取砂丘が見える。

   鳥取砂丘~月の沙漠の舞台に、似合うけど・・~  湯かむりの、岩井温泉~岩美町~  他  (2011/6/9)

s-18年11月7日 (27)

手前の下。

s-18年11月7日 (28)

監視所の左に三角点。  本当の頂上。

s-18年11月7日 (29)

この様に。  監視所の中に、山の名前と高さ。

s-18年11月7日 (30)    s-18年11月7日 (33)

遠くの山の向こう海岸が、浦富(うらどめ)海岸。  
左側部分の見学が残っている。 明日行った方がいいか。

s-18年11月7日 (31)    s-18年11月7日 (32)

反対側の方から。  建物の跡か。

s-18年11月7日 (34)

鳥取砂丘が見えた方角の、左の方。   右写真は???
  
s-18年11月7日 (35)    s-18年11月7日 (36)

戻る。   一気に下る。   でも転ばないことだけは、いつも絶対。  一人だから。

s-18年11月7日 (37)

石畳の道に戻ってきた。

s-18年11月7日 (38)

久しぶりの山登り。
    ※ 中国地方の山にはクマがいる。 クマもイノシシもサルも減らない。

心地い汗。 日本海が光って見えた。

※ 下はWikipediaから。   うなり声を上げていたところが、面白い。 包丁を研いでいたら大変だな。
nmnbnnnn.jpg

【石畳の道を紹介】

   熊野古道伊勢路、ツヅラト峠を越える。 古い石畳。 険しい斜面に折れ曲がった道。 峠からの熊野灘。~紀北町~ 他 (2018/4/9)
   旧出羽街道、大沢峠の石畳。  芭蕉が通った道は、苔生(む)して今に。  大沢集落。~村上市~ 他 (2015/10/17)

   松之山街道(旧三国街道)を歩く。 春日山城と坂戸城を結ぶ、石畳の道。 馬頭観音。 カタクリの群落。~上越市~ 他 (2017/4/27)
   箱根宿のあった箱根と、元箱根を歩く。  芦ノ湖、杉並木、石畳の道、他。~箱根町~ 他 (2104/6/4)

【道の駅】  きなんせ岩美    ※ 道の駅があるので、岩美町は見学しやすい。 助かる。

【明日の予定】  浦富海岸の西の部分。  
         岩美町の海岸線の見学を終わらせる。 今度来た時は、内陸部。 

 都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg 

             (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、7位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。