FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

江戸時代、20万の人が銀山に関わって暮らした。
900の間歩。(坑道)

山の中は、アリの巣のように坑道が張り巡らされていた。
掘る者、運ぶ者、水を出す者、空気を入れる者、坑道を直す者。

薄暗い穴の中での大変な仕事だ。
今日はそんなことを想像しながら、間歩に入ってみる。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

温泉津(ゆのつ)温泉から近い。  坑道はそっちの方まで伸びていたよう。

s-18年11月30日 (2)    s-18年11月30日 (1)

赤が世界遺産センター。  今日は右半分を歩く。  歩いて戻る。 ※ 今日の写真は昨日撮影。

s-18年11月30日 (53)    s-18年11月30日 (51)

昨日はここまでを紹介。   出発。

s-18年11月30日 (3)

道に人がいるとほっとする。 
〇のなかに右のが。  調べたら、獅子柚子(ししゆず)。   文旦の仲間。   食べられる。

s-18年11月30日 (4)    s-18年11月30日 (5)

家が途切れた。   変わったのが来た。   お客さんを2人乗せて。

s-18年11月30日 (6)    s-18年11月30日 (7)

右に、大森小学校。   ようこそ大森に またきてね ってあった。

s-18年11月30日 (8)

お寺は、右を100㍍ほど行った山の上に。  お地蔵さん、多くの人を見てきた。

右写真の石垣、変わってる。  みんな四角い。

s-18年11月30日 (9)    s-18年11月30日 (10)

間歩があっちこっちに。 

s-18年11月30日 (11)

こんな穴の中を、ず~っと入っていくのって不安。

銀を含んだ鉱石は、鉱脈にある。
鉱脈の枝のようなのは、支脈。   幅が30㌢ほどだと、説明に。

その支脈を掘っていく場合がある。  この穴は、どこまでも続くよう。

s-18年11月30日 (13)    s-18年11月30日 (12)

目的地まで3㌔だった。   あと少し。
山肌を見たら、石垣があちこちに。  名残の石垣。

ネコがいた。  タヌキかい、パンダかいって意地悪言ったら、睨まれた。

s-18年11月30日 (14)    s-18年11月30日 (15)

着きました。  龍源寺間歩。   410円。   

現在、157㍍の区間を公開。  奥は、まだまだある。

s-18年11月30日 (16)    s-18年11月30日 (17)

人の背の高さ。  大きな人は用心。   手彫りの跡。   横に穴。

s-18年11月30日 (18)    s-18年11月30日 (19)

広い道まで鉱石を持ち出すと、運ぶのが楽。         右写真に、怨霊・・・。

s-18年11月30日 (20)    s-18年11月30日 (21)

菜種油かそんなのを燃やして灯り。 大きなロウソクの明るさか。

s-18年11月30日 (23)    s-18年11月30日 (22)

こんな所で働けば、寿命は40歳かな。  

   ※ 江戸時代は子供時代を生き抜けば、50歳くらいまでは生きられたよう。

s-18年11月30日 (24)    s-18年11月30日 (25)

右に少し行ってお終い。

はるか昔、岩の割れ目を熱水が通った。
銀は重いので、置いて行った。  そこが鉱脈に。

s-18年11月30日 (26)    s-18年11月30日 (27)

この先は行けない。 

s-18年11月30日 (28)

ここを戻る。 新しい穴かな。   説明がいっぱい。  面白い。

s-18年11月30日 (29)

灯りはあちこちにあるのかな。   ランタンのようなのもあるのか。

s-18年11月30日 (30)    s-18年11月30日 (31)    s-18年11月30日 (32)

水・空気との戦い。

s-18年11月30日 (33)    s-18年11月30日 (34)    s-18年11月30日 (35)

生きる喜びは何だったのでしょう。 
食べることができ、日々生きられればそれで十分と考えたかも。 

s-18年11月30日 (36)    s-18年11月30日 (37)    s-18年11月30日 (38)

戻る時、こんな間歩を見て。  右の道を向こうから。 初めて通る。

s-18年11月30日 (39)    s-18年11月30日 (40)

山に入ってこれ。  清水谷精錬所跡。

s-18年11月30日 (41)

石見銀山世界遺産センターに戻る。  途中に羅漢寺。

岩の中に、右のような羅漢像がある。 ※ 写真は、県の観光サイトからお借り。
羅漢像は好きになれないな。  見学は有料。 500円。

s-18年11月30日 (42)    s-18年11月30日 (52)

途中山道を通って。 近道。

s-18年11月30日 (43)

世界遺産センターの見学。  300円。

鉱脈の発見は16世紀。 戦乱の時代。  銀の需要が世界的に高まっていた。

s-18年11月30日 (45)    s-18年11月30日 (44)

精錬方法は、灰吹方(はいふきほう)。

右の女性は、石を細かくして、銀を含んだ砂を取り出している。
重いから水を使えば、何とかなる。

集まった銀を含んだ砂を、鉛に溶け込ます。

男の人は、あるものの上で、銀が溶け込んだ鉛を高温で熱して溶かす。
その時、鉛だけがその器に浸みこむ。

銀が残る。  こんな仕組み。

s-18年11月30日 (46)    s-18年11月30日 (47)

この様に家は並んでいた。

s-18年11月30日 (48)

下の場所は今現在の写真。  行けないのかな。   右は精錬の作業。

s-18年11月30日 (49)    s-18年11月30日 (50)

石見銀山の最盛期の頃の、銀の年間生産量は、40㌧ほどだったよう。
                     ※ 今の値段なら、20~30億だろうか。 
ただ、江戸時代の銀の価値は、今の10倍以上はあったよう。
 
※ 一日の生産量は、おおざっぱに10㍑のポリタンクの大きさぐらい。
  それが、20万人の鉱山の生産量なんですね。

昨日今日と、夢の跡を歩いた。

【記事紹介】    鉱山町の重伝建地区は、他に1ヶ所だけ。  岡山県の吹屋。

   鯉が窪湿原  吹屋ふるさと村 ~岡山県、新見市・高梁市~   他  (2010/5/13)

全国の羅漢寺の総本山は大分県に。

   羅漢寺は山の中腹の洞窟に、埋め込まれるように。 3700体以上の石仏。 古羅漢。~中津市~ 他 (2016/12/8)

【今日の歌】  映像が美しいのを2曲。

つまさき坂  永井龍雲    

     ※ 最初に出て来る坂は、長崎のオランダ坂ですね

           グラバー邸 大浦天主堂 孔子廟 オランダ坂 ~長崎市~   他  (2010/3/11)



水鏡  鈴木一平     ※ 上もこれも、同じ人がアップ。



【道の駅】      ゆうひパーク浜田

【明日の予定】    浜田市の市街地に行く。

 都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg 

             (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

 【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
  【拍 手】   下に。
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト
江戸時代のことだけど、石見(いわみ)銀山は世界二大銀山の1つだった。
   ※ もう1つは、ボリビアのポトシ銀山。

間歩(まぶ)と呼ばれる坑道は900ほど。
大きな銀山だった。

大森地区は、その政治経済の中心地。
町並みが残っており、重伝建地区に。

そこを歩くのが、今日の記事。
明日の記事は、龍源寺間歩について。 坑道に入る。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

海から遠くない。

s-18年11月29日 (2)    s-18年11月29日 (1)

石見銀山世界遺産センター。   最後に見学。
バスで行く。  240円。

   ※ 帰りは歩いた。 歩けると分かって。(近道もあって)

s-18年11月29日 (5)    s-18年11月29日 (6)

上の赤い所が世界遺産センター。
左の方が町並み。  右の山のどこにでも間歩が。

右地図を歩く。   右から左に。

s-18年11月29日 (41)    s-18年11月29日 (42)

代官所跡。  幕府直営ですね。  門も後の建物も、1815年築。

右に行くと、神社。

s-18年11月29日 (7)    s-18年11月29日 (8)

中は資料館。 有料。

s-DSCF4472bnhd.jpg 

城上(きがみ)神社の拝殿。  お寺の本堂のよう。   天井に龍の絵が。

    ※ 手をたたけば龍が鳴く。(ように聴こえる)

s-18年11月29日 (9)    s-18年11月29日 (10)

重伝建地区です。    ※ 重要伝統的建造物群保存地区。

s-18年11月29日 (11)

今住んでる人は400人ほど。
栄えた頃は、20万人だそう。  今の松江市の人口と同じ。

s-18年11月29日 (12)

上の左の家の庭。   1801年の建築。  町役人と呼ばれる人の家。

s-18年11月29日 (13)    s-18年11月29日 (14)

世界遺産になったのは10年前。  今は落ち着いて。 

   ※ 世界遺産になって一気に人が増えたのは、知床。
     日光や宮島や中尊寺、そして白川郷などは、元々大きな観光地だった。 人人人。

   ウトロから根室まで。  知床五湖、羅臼、熊の湯、野付半島、他。~羅臼町他~ 他 (2014/7/22)

s-18年11月29日 (15)

左は青山家。

s-18年11月29日 (16)   

日本の古い家は太い柱で木造、そして瓦屋根。
この建て方が、一番長持ちしそう。  今の家は、30年経ったら・・・。

s-18年11月29日 (18)    s-18年11月29日 (17)

人がいた。 外国人では欧米人が多い。 中国の人も少し。

s-18年11月29日 (19)

温泉津(ゆのつ)温泉に登り窯があって、甕(かめ)を焼いていた。 この地方に多い。

s-18年11月29日 (20)    s-18年11月29日 (21)

あちこちにこれが。  学校の紹介。  ※ 明日の記事に校舎の写真を。
児童数は十数名のよう。

   ※ 今日の給食が分かったので紹介。 大田(おおだ)市の給食センターで作るのかな。
     副菜の量が少ない感じ。 低学年ならこれでいいか。

     自治体によって給食は大きく違う。
     ご飯は別の日の。   パンは減ってきましたね。

写真左下。 清掃をしている。

そう云えば、銀山は銀を取り出すために燃やす木材が必要。
山の管理が良かったため、自然が荒れていない。 世界遺産になる時、それも評価された。

s-18年11月29日 (22)    s-18年11月29日 (4)    s-18年11月29日 (3)

右写真、右の立派な入り口は式台かな。

s-18年11月29日 (23)    s-18年11月29日 (24)

心落ち着く風景。

s-18年11月29日 (25)    s-18年11月29日 (26)

メダカの学校。  道の反対側に、分校が。 

s-18年11月29日 (27)    s-18年11月29日 (28)

どんな人がこの花を。  会ってみたくなる。  
型が飾ってある。 落雁(らくがん)とかもこれでかな。

s-18年11月29日 (29)    s-18年11月29日 (30)

若い人来た.  ※ 男のグループは見ない。
今日の紹介は、A~B。

s-18年11月29日 (32)    18年11月29日 (33)ppppppppp

何を話しているのでしょう。

s-18年11月29日 (34)

門は竜宮門だそう。  楼門の一種なんだが、違いが分からない。
取り壊しを逃れたことについて書いてある。 

s-18年11月29日 (35)    s-18年11月29日 (36)

変わった石塀。

s-18年11月29日 (37)    s-18年11月29日 (38)

虫たちにとっては厳しい季節になってきた。
トンボの群れを見た。  みんな高さ1㍍で飛んでいた。  ??。

s-18年11月29日 (39)

今日はここまで。

s-18年11月29日 (40)

それなりの服装をすれば、温かい。
のんびりキョロキョロしながら歩く。

知らないものがあっちにこっちに。
それを見るのが楽しい。

【鉱山の紹介】

   史跡佐渡金山。 日本最大の金銀山だった。 産出した金は78㌧、銀は2330㌧。 宗太夫坑他。~佐渡市~ 他 (2017/5/15) 
   足尾銅山跡は、足尾銅山観光として、利用されていた。  延長1200㌔の坑道。~日光市~  他  (2014/6/7) 

   別子銅山跡  マイントピア別子  東平地区はマチュピチュのよう  別子銅山記念館~新居浜市~ 他 (2016/3/8)
   神子畑鋳鉄橋 生野銀山 ~朝来市~  他  (2011/6/26)

   院内銀山跡を歩く  院内銀山異人館  私のルーツ  他 ~湯沢市院内~  他  (2011/10/12)
   天正金鉱 ~本物の金鉱・コウモリがいた~  安楽寺まぶ湯   他 (2009/11/5)

   多田銀銅山と歴史街道   他   (2009/06/09)
   鯛生金山   他   (2009/05/23) 

   日本最古の芝居小屋 康楽館  小坂鉱山事務所 ~どちらも国の重要文化財 小坂町~   他  (2010/7/29)

【今日の曲】

THE GODFATHER - Nino Rota - Orkester Mandolina Ljubljana - Maestro Andrej Zupan

      ※ ゴッドファーザーのワルツの曲ですね。 
        シチリア島が舞台の時に流れました。 車が爆発する場面が。

        マンドリンの響きがいいですね。



The Godfather – Orchestral Suite. - The Danish National Symphony Orchestra (Live)

     ※ 演奏は、デンマーク国立交響楽団。

     ※ 指揮者については、以前下のように紹介。 力のある人のよう。      

         指揮者は、サラ・ヒックス(Sarah Hicks) (正確にはサラ・ハツコ・ヒックス)
         東京都生まれ、ハワイ、ホノルルで育つ。
         
ミネソタオーケストラの主任指揮者。
         現在、多くの楽団で指揮を執っている。(演奏者から望まれているところがあるよう) 

     ※ 演奏者の表情がいい。 




【道の駅】    ゆうひパーク浜田 (浜田市の丘の上に。 美しい橋が見える。 12月1日に行って来ます)

【明日の予定】      銀山地区を。  (写真は撮ってあります)

 都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg 

             (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

 【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
  【拍 手】   下に。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。