FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

飫肥(おび)の町並みは、九州最初の重伝建地区。
ここに住む人たちは、早くから町並みを大事にしていたと分かりますね。

古い家を何軒か見学。
詳しく紹介するというより、自分にとって面白いと感じたものを紹介。

水音のする九州の小京都。
そんな感じでもありました。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

赤〇は、外之浦港。
佐賀の乱の江藤新平は、ここから四国の宇和島に逃げていた。

世話をしたのは、飫肥の人。
最後の方で出て来ます。

s-18年1月21日 (1)    s-ttt5556.jpg

飫肥城は、伊東氏の居城でしたね。
幕藩時代に、町並みを整備。 今に残りました。

s-18年1月21日 (2)

大手門通り。  昨日は向こうを紹介。

s-18年1月21日 (4)

今日は反対側に行く。   地図は後ほど。

s-18年1月21日 (5)

寄り道して歩いて、ここに。  広い道。  左に商家資料館。

s-18年1月21日 (6)

610円で7ヶ所見学できる1つ。
商人が使う物を展示。

  ※ 女の人は、黒木華(はる)に似ている。 
    大河で西郷さんのの妻になる人を演じている。

s-18年1月21日 (7)    s-18年1月21日 (8)

小さな秤(はかり)を入れる入れ物。  いい形。

s-18年1月21日 (9)

正面のは飫肥杉か。  柱や梁(はり)も。

s-18年1月21日 (10)

柱時計。  下の部分は何でしょう。  

s-18年1月21日 (11)

古いお金。  右下は、見たことあります。  使ったことも?

  ※ 右は、ネットから。 
    昔、西南戦争のころ西郷隆盛は西郷札を発行した。  西郷が負けて紙切れに。

    松本清張の処女作は、西郷札。 昔読んだことが。

s-18年1月21日 (12)    s-18年1月21日 (3)

百貫積みの自転車。  今と形は変わらない。  丈夫そう。

  ※ 百貫は375㌔。  たくさん積めると云う意味でしょうか。
    こんな自転車に、エンジンを付けて走ってるのを、子どものころ見た。
    バリバリバリって、うるさい音だった。

s-18年1月21日 (13)

交差点で左に行けば、飫肥城。
近くに、山頭火の句碑があるけど見つけられない。

実際は左の店の前にあった。

s-18年1月21日 (14)

探し戻った時に、見つけた。

s-18年1月21日 (27)

「水の味も身にしむ秋となり」
「ここに白髪を剃りおとしてさる」
「誰もゐないで コスモスそよいでゐる」の3句。

昭和5年の旅です。  この時の旅のコース。 以前の記事から。

   ここ(京町温泉)に来たことは、行乞記(ぎょうこつき)の1に、書いてある。

   ※ 行乞記(1)は、1930(昭和5)年9月9日から、その年の、12月27日の日記です。  全体はここ

         八代を出発して、人吉、都城、宮崎、鵜戸、飫肥、美々津、竹田、湯平、湯布院、山国、下関、
          糸田、香春町、福岡、大牟田、熊本 など。

彼は酒と句作に夢中。  命を縮める。
酒におぼれていても、句を考え始めて気付いたら朝。 

s-18年1月21日 (28)

地図があった。 赤〇、オレンジ〇、緑〇の順に。

s18年1月21日 (15)

信号で、城の方を見た。  大手門通り。   右に、小町って見える。 後ほど。

s-18年1月21日 (16)

あちこち歩いて、信号に反対方向から。  右の家を見学。

s-18年1月21日 (17)

旧高橋家。

s-18年1月21日 (18)    s-18年1月21日 (24)

源次郎という人は、貴族院議員になっている。

s-18年1月21日 (19)    s-18年1月21日 (20)

部屋にこんな絵。  中国の故事にちなんだ絵でしょうか。

s-18年1月21日 (21)    s-18年1月21日 (22)

竈(かまど)の右が地盤沈下。
写真の左に井戸。
地下に水脈。  その関係で下がったのでしょうか。

こんなにご飯を炊くのか。  使用人がいたとしても。

s-18年1月21日 (23)

このお店に入った。   小町とあった店。

s-18年1月21日 (26)

アッカムイ神社の仲間入り。

s-18年1月21日 (25)

大手門通りを行く。 次は、右の家。  旧山本家。

s-18年1月21日 (29)    s-18年1月21日 (30)

古い写真が。   昔の人の表情を見るのが好き。  何考えているんだろうって。

s-18年1月21日 (31)    s-18年1月21日 (32)

あちこちに、このように陶磁器。

管理人さんは、この陶磁器は当時からあったんですよと。
私は、当時から陶磁器ねって、返した。

s-18年1月21日 (33)

飫肥杉のテーブル。   多雨地帯だから、木目が広い。

s-18年1月21日 (34)    s-18年1月21日 (35)

舟形の石。

s-18年1月21日 (36)

ある部屋にこんなの。  誰でしょう。
考えられるのは、紫式部か小野小町。

隣の家の名前に、小町が付いていた。 もしかして、小町か。
読み物の中の字が、自分には読めない。 

s-18年1月21日 (37)

蔵の中の見学。

s-18年1月21日 (38)

これで灯りか。   油を入れて、太い糸を出す。  そこに火。   初めて見る。

s-18年1月21日 (39)

ペリーかな。  
初め、お尻かと思った。  シャツが出てるのか。     植木鉢の鉢が、間違っている。

s-18年1月21日 (40)

蔵の方から、主屋を。

s-18年1月21日 (41)

右に入って、水路。  昔はお風呂の水にも使えたそう。   錦鯉がいた。

s-18年1月21日 (42)    s-18年1月21日 (43)

しばらく歩いて、山の上に。  右向こうにお城。
武家屋敷通り。  最後に行く。  まず、右の家に。

s-18年1月21日 (44)    s-18年1月21日 (45)

旧伊東家。

s-18年1月21日 (48)    s-18年1月21日 (46)

枯山水の庭。  武家屋敷に多い。

s-18年1月21日 (47)

最後は藩校。  小村寿太郎も、ここで学んだ。

s-18年1月21日 (50)    s-18年1月21日 (49)

ここで。

s-18年1月21日 (53)

奥に石碑。  小倉処平(おぐらしょへい)。

s-18年1月21日 (51)

面白いことが、いくつか。

まず、陸奥宗光。  龍馬を尊敬していた。
京都の高島屋の少し北にあった近江屋で、龍馬は暗殺された。 中岡慎太郎と共に。

彼は、復讐に燃えた。
犯人は、紀州藩の者と考えた。 (紀州藩は、龍馬に痛い目に遭わされたことが。)

天満屋で酒を飲んでいた紀州藩の者達を襲った。(天満屋事件) 
宗光は、その時の中心人物。   実際の犯人は、紀州藩ではなかったけど。

天満屋は、西本願寺のすぐ近くに。
天満屋跡の石碑がある。 

そばに、寺関係のお店。
そこに、珍しい甘茶が安く売っている。 自分はよく行く。

次のことは、写真の下に。

s-18年1月21日 (52)pp 

小倉処平は、江藤新平を助けていた。
新平は、明治政府の中で力があったので、大久保利通に睨まれた。
追われて、殺される。  

彼を九州から四国に逃がしたのが、処平だった。
逃がした港は、地図にあった外之浦。 少し前通った。

新平は、宇和島港に行って、そこから高知。
そして甲浦(かんのうら)に近づいた時に、捕まる。  江戸を目指していた。

   ※ 1874年3月1日、鰻温泉。   3月8日、飫肥。  3月25日、高知。  3月29日、甲浦。

もったいない人間が死んだ。
龍馬や彼が生きて、明治政府の中枢にいたら、戦争の時代にまっしぐら、ではなかったかも知れない。

司馬遼太郎も松本清張も、江藤新平を小説にした。
  
  ※ 睦宗光は、大久保利通を嫌っていた。

  土佐の東の玄関口 甲浦 ~仏頂造りの家と、江藤新平が捕まった地 東洋町~   他  (2011/1/3) 

新平は、飫肥に来る前、鰻温泉で西郷さんに会っていた。

  池田湖、菜の花と開聞岳。  枚聞神社の玉手箱。  西郷と江藤が会った、鰻温泉。~指宿市~ 他 (2014/2/1)

処平は、西南戦争に参加する飫肥軍の隊長だった。 

  ※ 日南市は、小倉処平を西郷どんに出してもらえるように、NHKにお願いに行った。 結果は?  
  
  ※ 処平が結婚する時の媒酌人は、小松帯刀(たてわき)。
    帯刀は寺田屋で怪我をした龍馬を鹿児島に呼んで、世話をした。 

    龍馬や西郷さんや帯刀は、大政奉還の立役者。 
    新しい時代への扉をこじ開けた。

武家屋敷を行く。

s-18年1月21日 (54)

途中に、小村寿太郎生家。  移築している。

s-18年1月21日 (55)

大手門前に来た。

s-18年1月21日 (56)

この道を下って、右に曲がれば駐車場。

   ※ 最後に、練り物の飫肥天を買った。  揚げたて。
     車に来て、入れ物の裏を見たら、ソルビン酸の標示があった。

     コンビニの食べ物にも、最近は保存料不使用の標示が多くなった。
     その保存料の代表が、ソルビン酸。 (危険添加物のベスト3とも)

     すぐ食べるのに、どうして入れるのでしょう。
     全部は食べなかった。     

s-18年1月21日 (57)

今日は、飫肥の町並みを歩きました。

前回来た時は、1日で全部紹介。
今回は、2日間に分けました。


【今日の歌】     憂鬱デス   森田童子     明日(あした)に祈る気持ちもなく、明日に生きてみる、って。



【停泊場所】    飫肥城駐車場

【明日の予定】     サンメッセ日南。  復刻された7体のモアイ像が立っている。
                    観光施設だけど、一度だけ行ってみようと。

              鵜戸神宮は詳しく紹介してるので、パス。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。