FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

2日ほど、天気が悪い。
のんびりしたいこともあって、紫尾温泉に。

酒飲むだけなら記事が書けない。
夏山登山の物を整理することに。
それを紹介。

ニュースが2つ。
雄武の日の出岬に、流氷がやって来た。
また、タンチョウが国後島に行っていた。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

紫尾(しび)温泉の場所。

s-18年1月8日 (1)

安くていい温泉。 売ってるみかんが美味しい。 小さくて甘い。

s-18年1月8日 (2)

共同浴場。  神の湯。  源泉は建物の後にある紫尾神社の建物の真下。

s-18年1月8日 (3)

登山用具が、季節に関係なく混ざっていた。
整理することに。
そうすれば、山に行きたいとき準備が早い。

下にあるのが全体。  夏山の日帰り用。
簡単に説明しますね。

s-18年1月8日 (6)

リュックは30㍑。  

山ラジオはクマ除けにも。 感度はよく、谷底以外は入る。

ボトルの水は、この状態で飲める。
他に、500㍑の水を2本。  1本だけ、真水。 沸かすのに。

クマ除けの笛。  
腰のベルトのポケットは、それなりに入る。

隣の青い袋は、リュックのカバー。
傘は風の弱い時に。 傘が無いと写真が撮れない。 雨の予想の時は、普通登らない。

隣はクマ撃退スプレー。 最後の手段。
その右は、タオル。 和風のが好き。

s-18年1月8日 (7)

さらに右に、ダウンの上着。 普通は使わない。 緊急用。   帽子。

s-18年1月8日 (8)

2列目。  まずカメラ。 フジフイルムのが壊れたので、また使いだした。  パナソニック。
隣はクマ除けの鈴。 少し大きいのもある。

隣は、望遠のあるカメラ。  ソニー。 予備のカメラでも。
遠くの動物や鳥を。 腰のベルトのポケットに入る。

ノートとペン。  これも腰のベルトのポケットに。
ナイフは、ベルトにぶら下げる。

右に、電池。  携帯の充電用。 単三電池は懐中電灯や山ナビにも。

s-18年1月8日 (9)

上のさらに右。  虫よけと時計。
その右に手袋。 普通は左のだけ。 虫が寄って来ない仕組み。

右端は、合羽。  通気性があるので、上着としても。

s-18年1月8日 (10)

3列目。  懐中電灯。  小さなコップ。  リュックに下げる。  湧き水はこれで。
ベルトのぽっけとに、甘いものを。

隣は山ナビ。  登山道が表示され、自分の場所が分かる。
迷ったとき、どっちに行けば登山道があるか分かる。 

方位や高度など、何でも分かる。 これも腰のベルトのポケット。

s-18年1月8日 (11)

上の右。  風除けのズボン。 簡易的なカッパ。 軽い。

敷き物とモモンガ。  アッカムイ神社の祭神。 リュックの後に下げる。 守ってくれる。
右は、座る時尻の下に。 岩の上などで便利。

右は、濡らして首に巻く。 いつまでも涼しい。

s-18年1月8日 (12)

4列目。  保温ボトル。 このお湯でカップラーメン作る人も。
隣は、ジェットボイルと呼ばれるバーナー。  あっという間にお湯が沸く。 風は関係ない。

バーナーを持ったら、ボトルは持たない。
隣は、これに水を入れて沸かす。  味噌汁とかコーヒーを持って。

s-18年1月8日 (13)

上の右。  お茶しか無かったのでこれ。  普通は水とスポーツドリンク。

その右は、保温用シート。  万が一の時、一晩この中で過ごせる。
隣は、薬。  キズバンや消毒液、包帯など。

右は、簡易トイレ。 これを携帯するのは、常識になって来た。

s-18年1月8日 (14)

上のは、カゴに入れて、バンクベッドの一番手前に。
これで、準備が楽。  忘れ物をしない。  

リュックに入れる時、持ち物一覧で確認。
歩行時間の長い時は、お湯の関係は持たない。

秋・冬用はの整理はまだ。  1泊のもまだ。 少しの時間で出来るかな。
夏物の一部変更だから。


【流氷がやって来た】

下の写真は、紋別の北にある雄武町の日の出岬付近。
今年もやって来た。

流氷を舐めてくる風は冷たい。
オホーツク沿岸に、本格的な冬の寒さがやって来た。

自分は3年間、日の出岬のすぐ近くにある職場で働いた。
なつかしい思い出。

201209182315036b9_20180109124219dae.jpg

   懐かしい沢木、そして、日の出岬へ。  サケ情報は、分からない。~雄武町~  他  (2012/9/18)

s-18年1月8日 (18)

アムール川の真水が、オホーツク海の塩分を薄める。
凍りやすくなって、流氷が。

下の図でははっきりしないけど、根室にも流氷はやって来る。(記事は毎日新聞から)
最初の職場は根室。 16年間。

s-18年1月8日 (16)

流氷が出来る仕組み。

s-18年1月8日 (15)

流氷は生き物のゆりかご。

s-18年1月8日 (5)

流氷が来た時、いつも「アムール河の波」を紹介している。

下の女性がいなかったら、この曲は生まれなかった。

   ※ 以前の記事から。

     ウラジオストクに向かったキュッスは、途中である女性に出会う。 
     でも、その人は、陸軍大佐の奥様だった。 名前は、ヴェーラ・ニコラーエヴナ。 こんな女性
     お互いそれなりの気持ちになった時はあるが、女性の方は、引き下がる。

     キュッスは、あきらめ切れない。 
     ウラジオストクまでの汽車の中で、彼は、高まる気持ちを、音楽で表現した。 
     それが、アムール河の波だった。  ※ 最初の曲名は、アムール湾の波。

     ある演奏会で演奏する形で、彼女にプレゼントした。

     しかし、叶わぬ恋であることは、キュッス自身も知っていた。
     しばらくして、故郷のオデッサに戻る。

     彼は悲しいほどに、強い意志の持ち主だった。 下の記事の最後に。

        いろは島の風景 他 ~唐津市肥前町~  「アムール河の波」について  他  (2012/1/11)

s-18年1月8日 (4)

曲の紹介。  いくつか。  いいのがいっぱいあります。

Амурские волны アムール河の波  さとうささら   

                   歌詞の意味が分かります。   一緒にまばたきするときは無い。
            大きい。(?)  すみません、ペンが滑りました。



Ансамбль Александрова - Амурские волны    本場の演奏。



黑龙江的波浪 / Амурские волны / The Amur waves - 俄语版    

        ※ アムール河は、中国語で黑龙江(こくりゅうこう)  龙は龍。



Амурские волны (The Amur waves)    お洒落な演奏。   心を擽(くすぐ)る感じで。




【タンチョウが国後島に】

今までも、国後島に行ってたことは分っていたんですね。
今回は、どこからどう行ったかが確認された、ということですね。  はっきりと。

  ※ 発信機はある期間で外れる仕組みになっていますね、きっと。

北海道に1800羽。  棲むのに狭くなったと。
標茶町から行っている。  下は、標茶町で見たタンチョウ。

201309041053482f7_2018010913404222e.jpg

   ※ 下の記事に詳しく。

      釧路市動物園、北海道ゾーン。  タンチョウ、ヒグマ、他。~釧路市~  他  (2013/9/3)

s-18年1月8日 (19)
s-18年1月8日 (17)

日露の交流は、タンチョウの方が進んでいる。
行き来が活発になって、3000羽とかに増えるといいですね。

【停泊場所】    紫尾温泉駐車場

【明日の予定】     天気が悪いので、もう一日紫尾温泉に。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。