FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

世界中のマナヅルの半分ほどと、ナベヅルのほとんどが出水市に来る。
渡りに異常があったりすると、絶滅の不安。

でも無事に、今年も来ていた。
一安心。

1万5千羽の中に、カナダヅルが7羽いる。
見たいもんだ。

観察センターとは違う場所にも行ってみた。
いた、4羽も。

以前、一度見たことあったので直ぐに分かった。
望遠のカメラも用意していた。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

鹿児島県に入った。

s-17年12月14日 (1)

ここにシベリアから多くのツルが。
出水市は温かく迎える。

この地がなかったら、ツルたちはどうしていたのでしょう。

s-17年12月14日 (2)

印に観察センター。

s-17年12月14日 (3)

正面に観察センター。  ツルは来ている。

s-17年12月14日 (39)

観察センター。

s-17年12月14日 (17)

例年と同じような数。

s-17年12月14日 (18)

大きなトラブルはなかったよう。 病気の発生とか。
マナヅルが少ない。  これから来るのか。

黒いナベヅルが多い。  カナダヅルなどが少し。

s-17年12月14日 (19)

外の説明を紹介。

s-17年12月14日 (20)

保護区があるけど、ツルは知らない。
昼間、保護区の外にも散歩に行く。  ※ 飛ぶから、散飛か。

その年生まれた子供もやって来る。
アムール川とかウスリー川の流域から。

日本海を越えるのは命がけ。
来る時も、戻る時も。
s-17年12月14日 (37)    s-17年12月14日 (38)

雨の日でも室内から見られる。

s-17年12月14日 (21)

今回、シベリアでの様子はどうなのか知りたかった。
晩に調べたけど、写真とか全く見つけられない。

s-17年12月14日 (29)

アムール川流域の様子。 これだけ。  このサイトからお借り

ghhjj.jpg 

屋上から撮影。  エサを置くので集まる。

s-17年12月14日 (22)

マナヅルとナベヅルが混ざっている。  一緒にいて喧嘩するわけではない。

s-17年12月14日 (24)    s-17年12月14日 (23)

左の方。    ツルの糞が田んぼの肥料になっているでしょうね。

s-17年12月14日 (25)

羽根を広げたら大きさを感じる。 品も。  美しい。

s-17年12月14日 (26)

遠くの田んぼに水。   ツルは水場の中に立って寝る。
他の動物が入って来ると、水の振動を足で感じる。

s-17年12月14日 (27)

こうです。

s-17年12月14日 (10)   

マナヅルですね。  ナベヅルより少し大きい。 

s-17年12月14日 (31)

シベリアでの様子が分からない。  下は上野動物園。(東京の動物園のサイトから)  
この大きさの子供が数ヶ月であっという間に成長して、日本に来る。

15_small.jpg 

首も足も真っ直ぐ。  サギは首を曲げますね。

s-17年12月14日 (32)

マナヅルの飛来数は少ないけど、エサ場には多い。  大きいからか。

s-17年12月14日 (4)    s-17年12月14日 (5)

マナヅルはすっと首を伸ばしたときの姿が、美しい。
たくさん食べて体力を付けないと戻れない。

s-17年12月14日 (6)    s-17年12月14日 (7)

ナベヅル。    ヒナは、天王寺動物園のサイトから。(日本の夏は暑いでしょうね)

s-17年12月14日 (8)    img20150428004435308.jpg

今年の子供が大きくなって。  首が茶色っぽい。

s-17年12月14日 (9)

観察センターの北東に行ってみる。  群れは見えない。

s-17年12月14日 (40)

変わったツルを探し出したら、直ぐに見つかった。
普通簡単に見つからないから、期待はしてなかった。

4羽いる。  カナダヅル。  右の2羽は重なって。   灰色っぽい。

s-17年12月14日 (11) 

3羽は、ナベヅルの少し手前にいる。  カナダヅルはナベヅルより小さいと分かりますね。

s-17年12月14日 (12)

分かりにくいけど、頭のてっぺんが赤い。

s-17年12月14日 (13)    s-17年12月14日 (14)

下は、カナダヅルの写真。

s-17年12月14日 (41)

下の写真はアメリカ。 カナダヅル。(Wikipedia)

繁殖地はカナダ。  シベリアでも一部繁殖している。
そのために、迷鳥として数羽日本に来る。

1920px-Grus_canadensis2.jpg 

ナベヅルが多い。  晩には、水の張った田んぼに戻る。

s-17年12月14日 (15)    s-17年12月14日 (16)

この場所には、例年はもっといる。

s-17年12月14日 (33)

今年もちゃんとやって来て、一安心。

本当は、半分ほどは別の場所で越冬出来たらいい。
今の状態だと、病気が広まると大変。

今日は運よく、カナダヅルが見られました。

【その他】 出水市にこの温泉。  国道から近い。  いつもここ。   成分が濃い。

s-17年12月14日 (34)

帰る時、これを撮った。
先日の記事で疱瘡(ほうそう・天然痘)を紹介した。

昔は恐ろしい病気だった。 流行して多くの人が。

疱瘡墓とある。
疱瘡で死んだ人の墓かなと思った。

そうではなく、死んだ人を弔った僧の墓だった。
な~んだと、すこしだけ。

s-17年12月14日 (35) s-17年12月14日 (36)

【記事の紹介】

    出水市に、今年もツルはやってきた。  珍しいカナダヅルと、クロヅルを見た。~出水市~ 他 (2014/1/23)

    ツルは飛んだ!  行人岳から見たツルの北帰行  ファインダーを涙で曇らせ見送った ~長島町~  他  (2012/2/20)
    薩摩藩最大の外城(とじょう)だった、出水麓武家屋敷群 ~出水市~  ミス・サイゴン  他  (2012/2/16)

【今日の動画】   中島みゆき「スペシャル・インタビュー」〜みゆき節全開!【HD】

               ※ 中島みゆきってどんな人でしょう。 放送してる人は知らないよう。
                  実は、めちゃくちゃ。  ラジオの深夜番組なんか、ひどい。 ふざけっぱなし。
                  でも、才能のかたまりなんですね。  和泉式部みたい。



【停泊場所】    阿久根市のAZの駐車場。    24時間の巨大スーパーマーケット。

【明日お予定】    長島の社長さんの所にあいさつ。   どこか見学。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



石橋は、石が押し合い圧し合いして落ちない。
それが不思議。

出来た形がまた、美しい。
大きな魅力。

篤姫は将軍に嫁ぐため江戸に向かった。
幕末のこと。

薩摩街道を通り、2ヶ月かけて江戸に。
今日見た石橋は、篤姫が通る少し前に出来ていた。

西郷も小松帯刀(帯刀)も渡った眼鏡橋。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

薩摩街道は、国道3号線とだいたい一緒。  鹿児島本線とも。

s-17年12月13日 (1)

印の辺りに6つある。  詳しい地図は持ってない。

s-17年12月13日 (2)

今日見つけた3つ。  ※ この間にあと3つある。

s-17年12月13日 (3)

薩摩街道。  今日は〇の辺り。

s-17年12月13日 (7)ppp 

1つ目は、上の方から走ってきたら見えた。  バス停近くに車は停められた。
左の道は、将来の高速。  今は無料。   そっち通る車が多い。

s-17年12月13日 (4)

バス停は、上赤松。  熊本県南部の里山の風景。
写真中央に見えている。

s-17年12月13日 (8)

このように。

s-17年12月13日 (9)

田んぼは一休み。 

s-17年12月13日 (10)

新免眼鏡橋。   ここは新免地区。   川は二見川。 
真ん中が膨らんでいる。   この方が上からの重さに強そうですね。

s-17年12月13日 (11)

1853年頃とある。  篤姫が江戸に向かったのが、同じ年の夏。
篤姫のために、薩摩街道を整備した橋かも知れない。 

絵が面白い。

s-17年12月13日 (12)

説明に、拱矢(きょうし)と云う言葉が。
これは、 基礎(橋台)の上から要石の下側までの距離。  橋の内側の高さですね。

右写真が読みやすい。

s-17年12月13日 (13)    s-17年12月13日 (14)

橋の下のまるい所は、円の一部のときも。
でもこの橋は、両側に円を少し広げた感じ。(放物線か) 
        ※ 岩国の錦帯橋は、ひもの両側を持って垂らしたときの形。(逆さまにして)

コンクリートで固めてしまっているけど、美しい。
今の時代だったら、隣に新しいのを作って、眼鏡橋は残しますね。

s-17年12月13日 (15)

渡って来た方を。   煙はこの季節の風物詩か。  

この橋をどれだけの人が通ったでしょう。

s-17年12月13日 (16)

橋の上流の静かな風景。

s-17年12月13日 (18)

2つめ。   駐車場があったので案内がないか探した。   あった。

s-17年12月13日 (5)

ここを行く。   谷の下に。

s-17年12月13日 (19)

中央に見えた。

s-17年12月13日 (20)

優しい運転をって。  石橋は静かに押さえつける力には強い。
石橋が嫌うのは、振動。

赤松第一号眼鏡橋。

s-17年12月13日 (21)

江戸時代の中頃は、橋はなかったのか。
あったけど、新しくしたのか。

s-17年12月13日 (22)

欄干に飾りがある。

s-17年12月13日 (23)

横から。  車が通っても大丈夫というのが不思議。   昔のまま。

s-17年12月13日 (24)

中央上が要石(かなめいし)ですね。  木で土台を作って、石を並べるんですね。

s-17年12月13日 (25)

熊本県には石橋が多い。  造るプロ集団がいた。

s-17年12月13日 (26)

戻る途中、曲がらないで少し行ってみる。  薩摩街道。

s-17年12月13日 (27)

戻る途中こんなのが。  カメは、何に使ったのでしょう。 水入れか。

s-17年12月13日 (28)       s-17年12月13日 (29)

3つめ。  これは最後だから、途中に3つあった。 見つけられなかったけど。

s-17年12月13日 (6)

軽トラがいたので下りて運転手に聞いた。  ここの下にあると言った。

s-17年12月13日 (30)

この家の向こう。   
向かっていたら、ここから下るんだよと窓を開けて教えてくれた。

九州に来ると、こんな関わりが珍しくない。
旅がたのしくなる。

   ※ 京都の田舎で、どっちに行ったら駅ですかと聞いた。 曲がったら地図がある、と返事。
     こんなのはよくあること。

s-17年12月13日 (31)    s-17年12月13日 (32)

薩摩街道。  犬が待っている。  うれしくて尻尾を振る。

s-17年12月13日 (33)    s-17年12月13日 (34)

谷に下りる。

s-17年12月13日 (35)

中央に見えた。

s-17年12月13日 (36)

おお、いい風景だ。  棚田。   〇に橋。

s-17年12月13日 (37)sss 

石橋に手すりはない。  あっても低い。
大水の時、子どもにとって危険ではないのか。   真ん中渡る習慣??  はしでなく。

s-17年12月13日 (39)

さっきの橋より、少しだけ古いですね。
橋の下で水浴び。 子ども? 女性? もしかして河童。

河童だとして、泳げるのと聞いたら何って答えるでしょう。 問題です。 答は写真の下に。

s-17年12月13日 (38)

「屁の河童」さって答えますね。  上手なんですから。

この上を西郷さんや小松帯刀(たてわき)が、さっそうと歩いた時代があった。

中央は薄い。   それでも大丈夫。  人が百人乗っても、屁の・・・。

s-17年12月13日 (40)

崩れないように、技術を集めて。

s-17年12月13日 (41)

戻る方向。  熊本方向。  

s-17年12月13日 (42)

こんなのが。   畦(あぜ)を直しているのか。  モグラが穴をあけるという問題。 

s-17年12月13日 (43)

待っていた。 

s-17年12月13日 (44)

6つのうち、見つけたのは3つだけ。
それでも、十分。

どの石橋も、使われていましたね。
木と違って、石は長持ち。

歴史の名残。
思い出させてくれますね。

【記事の紹介】  今日の場所は、日奈久温泉の少し南。

   山頭火が愛した、日奈久温泉。  宿泊した木賃宿、織屋。  ばんぺい湯、他。~八代市~ 他 (2014/12/8)

【今日の歌】   朝顔  (西島三重子・小柳ルミ子)

            ※ 運転の時、西島三重子を聴いています。
              今のCDにこの曲が。   朝顔(しののめぐさ)

              あなたゆえに・・・からのメロディの流れが好き。
              今日は、この曲ばっかし聴いていた。



【道の駅】   たのうら

【明日の予定】    今年もちゃんとツルが来ているか見て来る。   出水市に。
             夕方には阿久根市のAZに。  明後日長島。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。