FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

九州には時々、平地に滝がある。
滝は普通、山の上から落ちて来るのに。

平地の滝の上部は、道から川が見える。
滝の下流は、谷底に。

そんな滝が、今回の轟(とどろき)の滝。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

佐賀県と長崎県は、大きな半島に。
龍の足のように見える。

その真ん中辺りにいる。

s-17年12月7日 (1)

すぐ近くに嬉野温泉。  南に少し走って、峠を越えたら長崎県。

s-17年12月7日 (2)

川が集まっている。  本流は、左端の塩田川。

s-17年12月7日 (3)

自分の立っている所は、平地の高さ。 滝の上部も、ほぼ同じ高さ。
滝は谷に落ちる。

s-17年12月7日 (8)

滝のつくりは複雑。  地学に詳しくないと、何が何だか。

後から5行目・4行目に、~~~塩田川として合流とある。
正確には、他の川は本流の塩田川に合流する。  ※ グーグルの地図とWikipediaから。

高さ11㍍。  

恋物語は、もっと詳しく知りたい。
龍神は会えなくて気が狂って、嵐を起こしたとか何だとか。

s-17年12月7日 (9)    s-17年12月7日 (10)

全体が見えました。   2つの滝。   広い滝つぼ。
岩盤が地層のように。

s-17年12月7日 (11)

一帯は、轟の滝公園として整備されている。  お不動様がいる。

s-17年12月7日 (12)

下流方向。 少し先に嬉野温泉。

s-17年12月7日 (13)

別の方向から。

s-17年12月7日 (14)

豊後大野市の原尻の滝と比べたら、規模が小さいでしょうか。
どちらも珍しい滝ではありますね。

s-17年12月7日 (15)

短いです。



滝つぼで泳ぐ姿の写真は、ネット上に見つからない。  遊泳禁止か。

横から。

s-17年12月7日 (16)

滝に関係なく、平坦地。

s-17年12月7日 (17)

滝の上に来た。

s-17年12月7日 (18)    s-17年12月7日 (19)

本流の方の滝。   ここから落ちる。

s-17年12月7日 (20)

少し汚れてるというか、荒れた感じ。

s-17年12月7日 (21)    s-17年12月7日 (22)

支流の滝の上部。

s-17年12月7日 (23)

上流部。  橋から。  多良山系の山が奥にある。   諫早のKさんと何度も登った。

s-17年12月7日 (24)

滝の上部。

s-17年12月7日 (25)    s-17年12月7日 (26)

岩が堅いので、100年とかでは変化しないのでしょうね。

s-17年12月7日 (27)

※ 今の時代、滝だけでは観光は成り立たない。

  滝周辺をどう作るかが大事に。
  整備するために、管理するために、予算が必要に。

  人を集める大きな武器は、花。
  滝と花の風景をつくり上げる。

  食事ができる楽しいお店も。
  昔風のお土産屋さんはダメで、湯布院にある今風の感じ。

下は、大分県の豊後大野市にある原尻の滝。
上に書いたことが、ほぼ成されている。

渡ってみたくなる吊橋もある。
大きなお店とレストランのある、道の駅も。

観光バスで多くの人がやって来る。
寄って一休みの人も多い。

構想からつくり上げるまでをやった人は、賢いなって感じる。
どこの写真を撮っても、荒れてる所がない。

s-17年12月7日 (6)

お蕎麦屋さん。  

s-17年12月7日 (4)

一面の花畑に。    春の桜・チューリップから。   道の駅から撮影。

   満開の桜と、原尻の滝。  平地を流れる川が、突然下に・・・。~豊後大野市~  他  (2014/3/29)

s-17年12月7日 (5)

もどって、反対側の遊歩道。

s-17年12月7日 (28)

本流の塩田川の滝。  ここから落ちる。

s-17年12月7日 (29)

お地蔵さま。   小さな五輪塔。  1つの石で。 棒を刺したらおでんのよう。

s-17年12月7日 (30)    s-17年12月7日 (31)

鳥はのんびり。   何の悩みもなさそう。

s-17年12月7日 (32)    s-17年12月7日 (33)

戻って来た。   右に、斉藤茂吉の歌碑があった。

s-17年12月7日 (36)

歌碑を置いても、まあまあかなって。
芭蕉、啄木、山頭火のレベルなら別でしょうか。

その土地の魅力を、驚く表現で書かれた句や歌なら、それも別ですが。
与謝野晶子や鉄幹はいいですね。

  ※ 斉藤茂吉には、たまに出会います。
      志文内の茂吉小公園(茂吉の兄の診療所跡)  佐久の思い出 ~中川町~  銃声が届く前に、銃弾は彼女に。  (2012/8/25) 

s-17年12月7日 (34)    s-17年12月7日 (35)

嬉野市に道の駅がないから、それを滝の近くにつくったらどうかなと。
観光と、地域振興の拠点にする。
道の駅をつくると、車で来る人が多くなる。

そんなことを思ったりします。
今のままでは滝がもったいない感じが。

平地にある珍しい滝でした。

【記事の紹介】

    長崎街道 塩田津(塩田宿)の町並み。  常在寺石造仁王像。  本応寺石造仁王像、他。~嬉野市~ 他 (2015/2/22)
    嬉野温泉シーボルトの湯  和泉式部公園  塩田津の商家町 ~嬉野市~  恋の雪別れ  他  (2012/2/6)

    岩屋観音は、岩をくりぬいて、お堂を。  浄土山の中腹に。  石仏がいっぱい。~鹿島市~ 他 (2015/2/20)
    祐徳稲荷神社は、三大稲荷かな。  大きな神社。  3つのカメラで、撮り比べ。~鹿島市~ 他 (2015/2/19)

    黒髪山は、奇岩と山岳信仰の山。  頂上は天狗岩に。  頂上直下に、西光密寺。~武雄市~ 他 (2015/2/24)
    楼門のある、名湯武雄温泉 ~武雄市~  森田童子の、ラスト・ワルツ  他 (2012/1/16)

【今日の歌】    Mozart Vs Salieri     アマデウスという映画の一部。  モーツァルトが。
                             Salieri(サリエリ)はベートーベンやシューベルトを育てた人。

                                               ※ もしかして、この曲はモーツァルトの曲だったりして。



【停泊場所】    轟の滝公園駐車場

【明日の予定】    山の中に、大きな茶の木がある。 他にも何か。

s-17年12月7日 (7)

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。