FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

※ 写真は、台風の関係で21日に撮影。

今年の春、塩屋醸造で味噌を2種類買った。
そのうちの1種類は、変わった美味しさ。

少し甘い感じの味。 
名前はえのき味噌。

独特の味は、本来持ってる味噌の美味さと、発酵したえのきの味のよう。
今回も買いに行った。

味噌蔵の見学ができるというので、見せていただいた。
案内は11代当主の方に。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

旅の北上と南下の時に、須坂に寄ります。

s-17年10月21日塩屋 (1)    s-17年10月21日塩屋 (2)

古い町並みを感じる所に。

s-17年10月21日塩屋 (3)

東風さんが連れて来てくれた。

s-17年10月21日塩屋 (5)

菊です。   秋を感じます。  ※ 京都に行ったら、嵯峨菊を見学する予定。
当主の方が、この中に北斎が好んだ巴錦(ともえにしき)があるという。

土に刺してある名前を探したが、直ぐには分からなかった。
右は、北斎の絵。 (北斎記念館からお借り)

北斎の絵の、左の真ん中が典型的な、巴錦のよう。
写真の、右下の背の低い赤っぽいのが、それでしょうか。

s-17年10月21日塩屋 (6)    s-17年10月21日塩屋 (25)

いろんな味噌が売っている。 他も。

ggghghjjj.jpg 

自分はこれをいくつか買った。  500㌘で700円。   手間がかかってるので、他より高い。

s-17年10月21日塩屋 (4)

店の外に、奥様と娘さんがいて、見学できることを教えてくれた。
当主の方に連絡。

s-17年10月21日塩屋 (21)

店の横から奥に入る。    信州味噌。   Wikipediaに下のことが。

  現在の日本において生産・消費されている味噌の約4割が、信州味噌となっている。 

知らなかった。  大きなメーカーが信州にはいっぱいある。   長野市にはマルコメ。
全体で二十数社。  塩屋醸造はそのうちの1つ。

s-17年10月21日塩屋 (22)    s-17年10月21日塩屋 (20)

塩の販売からスタートしたので、塩屋。
建物は、登録有形文化財。

   ※ 年代が過ぎてさらに貴重となれば、重要文化財。 その次は国宝。
     登録有形文化財の位置は、上の感じ。

s-17年10月21日塩屋 (23)

塩は直江津から運ばれたとある。(今の上越市)
昔の街道は、今の国道292に沿って。  直江津と須坂の最短ルート。   自分、明日通るかも。

蔵に囲まれた中庭が、素敵にデザインされていた。

下のボンネットトラックは、戦後の昭和25年頃でしょうか。
日産みたいだけど、確認できない。  (下は、塩屋醸造さんのHpからお借り)

s-17年10月21日塩屋 (24)    s-d11,138

中庭に。     庭師が作庭していますね。

s-17年10月21日塩屋 (19)

さらに奥。

s-17年10月21日塩屋 (18)

子供たちが遊べる広さ。  正面の味噌蔵を見学。
中央はザクロの木。 後ほど紹介。

s-17年10月21日塩屋 (16)

上の写真の右側。   当主の方の説明を聞きながら。

s-17年10月21日塩屋 (14)

味噌蔵の中。  三十石桶(おけ)が並んでいる。  ※ 1.8㍑が3000個分の大きさ。
蔵は、左奥にもある。

蔵の中と桶に、味噌を発酵させるための菌がある。
その菌が、塩屋醸造の味噌の味を決める。

桶は普通に100年以上使用できるそう。
味噌の塩分が、樽の木を腐らせないんですね。

今この桶を作れる人はいない。

s-17年10月21日塩屋 (7)    s-17年10月21日塩屋 (8)

味噌蔵から外を。

s-17年10月21日塩屋 (9)

穀蔵に案内していただく。

s-17年10月21日塩屋 (10)

大豆の保管場所だった。  今は使用していない。
市民の方に、演奏会などで使ってもらう。

s-17年10月21日塩屋 (11)

赤い実がなっている。  ザクロ(石榴)。  (木がねじれている)
熟したら食べられるのかな。   自分はどんな味かは知らない。

  「ザクロの実 赤く下がって 裂けるを待つ」  

s-17年10月21日塩屋 (12)    s-17年10月21日塩屋 (13)

案内していただくのは、これでお終い。

s-17年10月21日塩屋 (17)

先代からの財産を生かし、今を経営している。
今の当主さんは、次の世代に何を残すのでしょう。

自分は、コンピューターを利用しての製造過程の管理かなと。
それと、ネットなどを活用した、販売網の拡大。

他に人気商品の開発もありますね。
  ※ えのき味噌は、それに当たるのでしょうか。

HPを拝見すると、進んでいるのが確認できます。

しばらくの間、美味しい味噌を楽しめます。
来年また、おじゃまします。

【その他】   塩屋醸造さんのHPはここに


【今日の歌】   みだれ髪   藤圭子    

                ※ 今日はこの曲の予定でした。
                  みだれ髪の舞台は、塩屋岬。  歌詞に出てきます。  

                  塩屋醸造さんの塩屋と同じに。   まったくの偶然でした。

                ※ アクセス数が130万を越えている。  本家の美空ひばりは敵わない。

      「みだれ髪」の舞台、塩屋岬。  塩屋埼灯台の上からの風景。  三崎公園のいわきマリンタワー。~いわき市~ 他 (2016/5/21)       

   下を歌ってる時、スタジオは凍りついたと言われている。



みだれ髪    美空ひばり      上手です。   表現の仕方が、2人は全く別ですね。



【停泊場所】      須坂市動物園の隣の駐車場。

【明日の予定】      日本海に出ます。  今晩気持ちが変わらなければ。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



※ 今日は台風の雨と分かっていたので、写真は前日に撮ってありました。

八丁鎧塚の後、東風さんがお店に行こうかといった。
そのお店は、塩屋醸造さんのこと。
昨晩、そこで味噌を買うんだと、東風さんに話していた。

東風さんの車で走っていたら、珍しい建物があると言った。
塩屋さんの近く。   寄ることに。

旧上高井郡役所という建物だった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

長野市と須坂市は隣同士。

s-17年10月 21日 郡役所 (1)

上高井郡は、今は小布施町と高山村。 須坂市の上に。

ttt2223_201710231441363bf.jpg

直ぐ上に、塩屋醸造さん。

s-17年10月 21日 郡役所 (3)

大正6年の建物。   100年経った。   洋風建築。   玄関の車が停まる上にテラス。
その上に破風(はふ)のように、三角屋根。  窓は小さなガラス。

s-17年10月 21日 郡役所 (5)

大正時代、県があって町や村があった。
その中間が、郡。

郡役所は、県庁の出先機関のようでもあった。  支所と云うか。
大正時代の終わりには、郡役所は必要なくなった。

今もある、~~郡は、その時代の名残。
建物は、その時代その時代、いろんな使われ方。

須坂市は貴重な建物として、補修工事を終わらせ、残すことに。

s-17年10月 21日 郡役所 (4)

展示会場にも。   会議等にも。

s-17年10月 21日 郡役所 (6)

鏝絵(こてえ)。   左官屋さんが鏝でつくった。   牛乳は昔、牛の乳。  そのまま。

s-17年10月 21日 郡役所 (7)    s-17年10月 21日 郡役所 (8)

※ 須坂の市街地で、以前下の鏝絵を見た。

201010270033547e8_201710231235200b7.jpg

薄い緑色が独特。  目にやさしい色。

s-17年10月 21日 郡役所 (9)

こんなポスター。  この2人は、織田・豊臣の元で活躍。

掘秀政の家臣が堀直政でいいのかな。
直政の子供が、須坂藩の藩祖。   それでここに、ポスター。

直政は家康の命で、高台寺を建てる。
そこには、直政の像がある。(普通は撮影できない)

   高台寺と圓徳院、春の夜間特別拝観。  寺照らす、生命(いのち)万華鏡。~京都市~ 他 (2014/4/28)

s-17年10月 21日 郡役所 (10)    kkkhkkkkmm.jpg

階段。  小学校時代の校舎も、こんな感じだった。

s-17年10月 21日 郡役所 (11)

左に会議室。  広い。

s-17年10月 21日 郡役所 (12)

天井の模様。  戸が3枚。  行之以忠とある。 

s-17年10月 21日 郡役所 (13)

天井は同じ。  戸も3つ。  文字はない。

   ※ 行之以忠  之(これ)を行うに忠を以(もっ)てす、と読むよう。
           之は政治のことで、忠誠を持ってせよという意味。

s-17年10月 21日 郡役所 (14)

こんな幾何学模様。

s-17年10月 21日 郡役所 (17)

上げ下げの窓。

s-17年10月 21日 郡役所 (15)

須坂の町並み。   蔵の町。

s-17年10月 21日 郡役所 (16)

細かな工夫が見えますね。   木にもなじむ。

s-17年10月 21日 郡役所 (18)

今日は、郡役所のことを知りました。
今残っている郡は、その名残だということも。

和風も洋風も、古い建物には、洗練されたデザインの美しさがありますね。
先人が積み重ねた伝統的なものを生かすからでしょうか。


【今日の歌】   藤圭子 ♥  【貴重生録】    無法松の一生(度胸千両入り)

               2つを比べると、藤圭子の歌には魂が込められている。
               歌のうまさには、大きな違いが。

               村田英雄は、この歌を藤圭子が歌ったことが面白くない。
               藤圭子は、難癖付けられて芸能界での居心地が悪くなる。

               彼女の死ぬ遠因は、村田英雄にあるという人がいる。
               「悲しき歌姫」という本があって、大下英治が書いている。

細かな所に、いろんな工夫、テクニックが。  凄みを感じます。  (明日の歌も藤圭子)



無法松の一生~度胸千両入り~     村田英雄   ただ歌ってるだけ。 今の男性演歌歌手はもっと上手。



【停泊場所】    須坂市動物園横の駐車場

【明日の予定】    明日も台風。   写真は撮ってあります。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
. 

スポンサードリンク

 
 

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。