FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

復元された史跡根城(ねじょう)の広場に、たくさんの枝垂れ桜が植えられていた。
それは、身延山久遠寺の枝垂れ桜を思ってのもの。
    
根城を建てたのは、南部師行(もろゆき)。
彼の出身地は、身延山久遠寺の山の下一帯。  波木井(はきい)。

      久遠寺の枝垂桜は満開。 花散らしの雨で少し散って。 日蓮宗の総本山。 五重塔。~身延町~ 他 (2017/4/11)

  ※ 南部氏は、元々は波木井の南にある南部郷から出て来る。
  ※ 南部郷は今は南部町。  波木井は身延町の中に。
       
      南部町の最恩寺まで歩く。  裳階(もこし)のある唐様式の仏殿。  ここは南部氏の領地だった。~南部町~ 他 (2016/4/18)

城の本丸の中に、主殿が復元されていた。
そこを中心に、案内人さんに案内していただいた。

晩は、八戸の横丁「れんさ街」の山きに。
ママさんからメールがあって、会いたいという人が来てるので早くおいで、と。

予定を早めて、8時頃お邪魔した。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

八戸市は、青森県東部の大きな町。

s-17年10月3日 (1)

史跡根城は、市街の中に。
新幹線は、八戸駅。  中心街は、本八戸駅の前に。  赤〇に、山き。

17年10月3日 (2)ppp

博物館前にある、南部師行像。  根城そして、八戸発展の基礎を築く。
史跡根城は、左奥に。

s-17年10月3日 (29)

ここから入る。

s-17年10月3日 (30)

鎌倉幕府が倒れた次の年。  身延町また南部町は山梨県。 甲斐。

実際の南部地方と言われるのは、下の地図の真ん中辺り。
広さを半分くらいに減らして。

s-17年10月3日 (31)    s-17年10月3日 (32)

発掘調査が終わって、復元が可能に。

s-17年10月3日 (33)    s-17年10月3日 (34)

薬草園跡を通って。

s-17年10月3日 (35)

植えられてる木はみんな、枝垂桜。   20年経つ。

s-17年10月3日 (36)

掘割。 ここは、元々低くなっていた。

s-17年10月3日 (37)

柵の中に、本丸。

s-17年10月3日 (38)

案内人さんの説明を聞いている。

s-17年10月3日 (39)

身延の桜とある。

根城は1334年、南部師行によって建てられ、1627年まで使われる。 
ここの南部氏は、遠野に移る。

この桜は、師行の故郷を思って。

s-17年10月3日 (40)

これが、身延山の枝垂れ桜。  この春撮影。 これを見に行った。  樹齢は400年。

2017041210204950e_20171005173510759.jpg

納屋。  縄文時代の竪穴住居に似ている。  この建て方が丈夫なのか。  雪にも強いし。

s-17年10月3日 (41)

がっしりしている。  ヒナコウモリが寝ていた。
案内人さんがいないと、自分では気づかない。   ありがたい。

   ※ 南部地方でコウモリが見られるのは、船久保洞窟。 群れでいる。
       コウモリが飛び交う、船久保洞窟。  無数の鍾乳石。  煌めく石の正体は?~紫波町~ 他 (2014/10/5)

s-17年10月3日 (42)    s-17年10月3日 (43)

本丸の主殿。 後の時代の城のように、本丸御殿とは呼んでいない。
この形が想像され、復元。

s-17年10月3日 (44)

この方に案内していただく。
質問したこと全てに、答えていただいた。 

  (誰でも、知ってることはいっぱい話す。 どんな質問にも答えられる人は多くない)

s-17年10月3日 (45)

冬は寒い。 調理場がないので、他で作って持ってきたよう。(案内人さんの説明)

s-17年10月3日 (46)

1つの部屋の大きさは、縦・横3間(げん)まで。  1間は約2㍍。

s-17年10月3日 (47)

廊下に見える部分は、母屋の軒先に付け足した感じ。

s-17年10月3日 (48)

質素な食べ物。

質素に見える食べ物の中で、何が丈夫な体をつくったのか。
それは、雑穀のようですね。

  ※ 北海道開拓の歴史の中での食事も同じで、そのことをある学芸員さんに教えてもらった。
    自分でも食べて1年間試してみたそう。

s-17年10月3日 (49)    s-17年10月3日 (50)

家紋に黒い線。   説明を聞いたが、メモしなかった。  忘れた。

s-17年10月3日 (51)

資料室。

s-17年10月3日 (52)

日本各地から焼物が。   1つだけ紹介。  多くないようだけど、常滑。

   常滑、やきもの散歩道を歩く。  廻船問屋、瀧田家。~常滑市~  他  (2013/11/12)
 
中国からのもあった。  案内人さんは、権力の象徴ではないかと。

s-17年10月3日 (53)    s-17年10月3日 (54)

キセルは、江戸時代初めの物ではと。

s-17年10月3日 (55)

国宝の鎧。  これは、櫛引八幡宮に。  
左の赤いのは、慶長天皇が寄進したと伝わる。 この人は南部煎餅も(?)

右白いのは師行の6代後の10代光経が寄進したと伝わる。
   櫛引八幡宮。  国宝、赤糸縅鎧(おどしよろい)。  メドツは、皿のない河童。~八戸市~ 他 (2014/10/1)

昔は戦いに勝った時など、何かを神社に寄進した。 戦いの前にお願いして、そのお礼。

s-17年10月3日 (56)

ここの城の城主は、4代から13代まで。  南部氏は清和天皇の流れをくむ清和源氏。
     清和天皇の墓がある、京都の隠れ里、水尾 ~京都市~  ききょうの花(山崎ハコ)  他  (2012/6/25)

s-17年10月3日 (57)

戦場にも持って行ったそう。   炎に、観音様や、龍が現れたり。(九州のある寺で)

s-17年10月3日 (58)

他にもまだ建物が。

s-17年10月3日 (59)

山きは赤〇に。

17年10月3日 (3)ppp

便利な駐車場が見つからない。  24時間営業の店などがある、複合施設の駐車場を利用。
空いてる時間帯だけ停めるように。 買物をして。

  ※ 晩の8時過ぎに入って、次の日の午前中には出るように。
    8時前までは、数㌔離れた所に温泉。   広い駐車場。  

たまたま、7時前に店の駐車場に入った。
そうしていたら、ママさんからメール。

待ってるお客さんがいるので、早く来てって。
誰なんだろうと思った。   誰ならいいかなとも、勝手に。

いつもは、月を見たりしながら歩く。 そんなのが好き。 20分ほどで着く。
30ほどで準備して、出かけた。   タクシーが見えたので乗った。

8時前に着いた。  山きが見える。

s-17年10月3日 (4)

これがママさんのセンス。

s-17年10月3日 (5)

誰が待っていたのか。  知らない人だった。 娘さんと2人で。
下の人で、祭に関係のある服を着ている。

キャンピングカーを持っていて、いつか旅に出たいと。
聞きたいことがいっぱい。

私のブログを読んでるという。
山きに行くと、数日前書いたので、ママさんに確認して待っていたそう。

この後は、写真を撮るのを忘れて、話で盛り上がった。 
左には別のお客さんもいて、その方と4人で。

  ※ 余談

    娘さんは教員になる資格を持っている。
    でも、試験を受けるのを迷っている。

    教員の仕事はうまく行ったら、これほど喜びの大きな仕事はない。
    失敗したら、心がつぶれるほど悩むことも。

    どっちもいっぱい見てきた。

    娘さんには、子どもや生徒さんに好かれる雰囲気がある。
    そのことをは伝えた。

    今の時代、子供も親も昔より難しい。
    幸せを経験できないまま、親になることも。 

    誰が悪いわけではないけど、世の中複雑。 

      ※ 悪いとすれば政治。 日本ほど子供にお金を使わない国はない。
        1クラス30人の国は西欧にはない。
        1クラス20人なら、先生はやりやすい。 子どもは学びやすい。
    
    集団をどう扱うかは大学で学ばない。
    これがあるから、若い先生は苦労する。

    仲のいい学級を作るには、方法があり、計画的でなければ出来ない。
    それを学べる本は多くないけどある。
      (自分の成功体験だけで、理論が書けてないのがほとんど)

    最後は、娘さんの判断になります。
    その下の娘さんも、教員目指して、ある教育大に。
    
    姉妹で、どうするのって、話すことがあるでしょうね。
    今の時代、もし教員になるなら、勝負の世界に入る感じ。

      ※ 子どものころから、リーダーになるのが好きな人は、教員に向いているでしょうか。
      ※ 気づいたら、いつも仕切っている、そんな人ですね。

    娘さんは、二十四の瞳の大石先生の雰囲気でした。
  
最後は、左奥の離れたお客さんとも。

s-17年10月3日 (6)

下は、今日の料理。  自分はイカのゴロ煮とカボチャ。
ビールを2杯飲んで、その後は日本酒。

s-17年10月3日 (8)    s-17年10月3日 (7)

今日の花は、フウセンカズラ。  大きい感じかな。

s-17年10月3日 (9)

11時前にお客さんは帰った。
片付けてる間飲ませてねと、自分は。

ママさんは字が上手。 酒の名前を書いた紙を、今度来た時ちょうだいねと言った。
そうしたら、他にいっぱいあると、これを持ってきた。

ママさん、選び出した。

s-17年10月3日 (10)

こんなの。  絵だって描く。 このほかに、あと1枚いただいた。
車の中に飾る。  走る居酒屋なんだから、ちょうどいい。

s-17年10月3日 (11)

最後の1杯は、八戸の酒かな。  夕顔の煮物と。  初めて。  食べてみたらって、右のを。

 ※ 灰皿が見える。 自分はタバコは吸わない。
   両隣の人はタバコを吸ってた。

   私に気遣って、離れた所で吸おうとした。
   自分は平気と言ったけど、気を遣ってくれる。

   それで、自分も1本いただいて吸った。 それでやっと2人とも自分の席で。
   自分はやめてるけど、いつでも吸える意志の強さが・・。

s-17年10月3日 (12) s-17年10月3日 (14)

ずっとおしゃべり。  私もしゃべっている。   写真を撮りながら。 カメラは見ない。
今年の秋のママさんの、いろんな表情を残そうと。 

s-17年10月3日 (13)    s-17年10月3日 (15)    s-17年10月3日 (16)

s-17年10月3日 (17)    s-17年10月3日 (18)    s-17年10月3日 (19)

s-17年10月3日 (20)     s-17年10月3日 (21)   s-17年10月3日 (22)

s-17年10月3日 (23)    s-17年10月3日 (24)    s-17年10月3日 (25)

s-17年10月3日 (26)    s-17年10月3日 (27)

この写真は、私が最初に訪ねた1年ほど前か。  この店に来た。 ロケで。

s-17年10月3日 (28)

楽しい1日でした。
ママさんとお客さんみんなに感謝。 案内人さんにも。

【関連記事の紹介】   今日は南部の話。   自分は、南部牛追唄が大好き。

    南部牛追の面影を追って、早坂峠の旧小本街道を歩いてみた。~岩泉町~  道の駅三田貝分校  (2012/10/13)

【停泊場所】    本八戸駅裏の近く、お店が集まった所の駐車場。 

【明日の予定】    天気が良くない。   歩かないでいい見学を探す。
             奥入瀬麦酒館がある。  行ったら飲んでしまいそう。 道の駅にあるから。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。