キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

東海道の山越えの3つの難所は、箱根峠、薩埵(さった)峠、小夜の中山の峠。 
小夜の中山の西の麓に、日坂宿。

道の駅掛川から、歩いてみた。
面白いものは無いかなって、探しながら。

いくつか発見。 (写真は、昨日撮影)
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

印の右に、小夜の中山。  南アルプスの下の端に続く山。 

s-17年4月6日 (1)    s-17年4月6日 (2)

赤〇の中を歩く。

s-17年4月6日 (3)

道の駅、掛川。 コンビニがあって、地場産の野菜売り場。 大きな食堂は安い。
桜が満開。  ソメイヨシノではない。  ソメイヨシノは、1~2分咲。

s-17年4月6日 (10)    s-17年4月6日 (42)

気温は20度くらい。 茶畑を通って。
日坂宿の西の入り口近くに、事任(ことのまま)八幡宮。

s-17年4月6日 (11)    s-17年4月6日 (13)

大きなクスノキ。

s-17年4月6日 (14)

今いる所は、遠江(とおとうみ)。  ※ 遠江は浜名湖から大井川まで。 その東は駿河(するが)。
この神社は、遠江の一宮(いちのみや)。  代表する神社。 (遠江に一宮は2つ)

古い歴史があるよう。 源氏の時代辺りからは、信用できそう。
説明にある頼義は、義経・頼朝の5代上。

s-17年4月6日 (15)    s-17年4月6日 (16)    s-17年4月6日 (6)

北側の鳥居。 日坂宿に向かうと、本宮の入り口。
以前行ったことが。  本宮は中腹に。 道は山の頂上まであった。

s-17年4月6日 (17)    s-17年4月6日 (18)

日坂宿は、25番目。 東海道について調べてみました。

全体の距離は、約488㌔。  普通は、12日ほどで。
1日40㌔。  マラソンの距離。 大変な旅ですね。

飛脚と呼ばれる人は、駅伝の感じで、宿場から宿場へと走る。
2人1組。(1人なら不安)

早ければ3日。 時速8㌔以上で、昼夜関係なく走ったという。
 ※ 時速10㌔なら、マラソンで云えば、4時間ペース。 
   山越えだってあるから、早いですね。   (下は、三省堂からお借り)

s-17年4月6日 (45)pppp 

スタートは日本橋。(Wikipediaから)

s-17年4月6日 (43)    s-17年4月6日 (4)

ゴールは京都の、三条大橋。 三条大橋のたもとに、弥次さん喜多さんの像。(以前の記事から)

  ※ 余談 橋の欄干の擬宝珠(ぎぼうしゅ)に刀傷がある。
       池田屋騒動の時に付いた。 土方歳三が名をあげた騒動でしたね。  幕末に向かって加速。

s-17年4月6日 (5)    s-17年4月6日 (9)    s-17年4月6日 (8)

話しを戻して。 古い町並みは、東にかたまっていた。

s-17年4月6日 (19)

下木戸跡。  ミニ関所の感じでしょうか。  東寄りにあったから、下か。  京都よりなら、上でしょうね。

s-17年4月6日 (20)    s-17年4月6日 (21)

高札場。 庶民(領民)には、これで伝えたんですね。

s-17年4月6日 (22)

高札5枚、という言葉が。 必ず守ること。 意味について調べてみました。

   親子は、親孝行すれとかそんなこと。  キリシタンは禁止。  火付けはダメ。
   伝馬は、決められた金額(駄賃)ですること。 毒薬の所持はご法度。

違反したら死罪は覚悟。   右の写真には、駄賃が書いてある。

s-17年4月6日 (23)    s-17年4月6日 (24)

※ 余談  庶民は、上の右写真の高札を読めたのでしょうか。
             (ほとんど漢字だけど、易しい表現のよう。)
      ネットの情報に、下の文が。

         「明治初期20年代半ばまで識字人口層は、江戸末期とあまり変らず、文部省の自署率調査によれば、
          識字率は最大で、男子50~60%、女子で30%前後であったのではないかと推測される」 
          と記述されている。

      寺子屋で学んだんですね。 ただ、藩とか村で、大きな差があったよう。
        (商人は、子供のころから学んでいた)

      識字率の高かった村の例が、Wikipediaに。

         vcvvvvv_201704070946115b0.jpg     
     
      自分は、農民のほとんどの人は、読めない・書けないと思っていた。  
      違った。  農村歌舞伎があったり、ちゃんと文化があった。
      ただ働くだけではなく。  

上にお堂。

s-17年4月6日 (25)

上の写真の右に、秋葉常夜灯。  
灯りはただの灯りではなく、秋葉神社に捧げる意味もあったんですね。
                     紅葉の秋葉神社  犬居城址    他  (2009/11/10)

s-17年4月6日 (26)    s-17年4月6日 (27)

お堂。

s-17年4月6日 (28)    s-17年4月6日 (30)

変わった像がある。  
六角地蔵尊がまず。 周りに、六地蔵。 時々見ます。

右の像は、如意輪観音像。 頬に手。 膝に肘。 
 
右写真の、半跏思惟像(はんかしいぞう)とは、ちょっと違いますね。(写真は広隆寺の。 Wikipediaから)
       ※ 遊びの一句 「 はんかしいぞうを わるく言うのは はんかくさいぞう 」 北海道弁。 アホみたい。

s-17年4月6日 (29)    s-17年4月6日 (44)

向こうから来た。   浮世絵があった。 峠のある、小夜の中山。

s-17年4月6日 (33)    s-17年4月6日 (32)

下は、小夜の中山。 茶屋がある。 (以前の記事から)
     日坂宿  小夜の中山  夜泣き石 ~掛川市~  他  (2011/11/12)

s-17年4月6日 (7)

ここに、本陣があった。  殿様とかが泊まる。  この辺りが、日坂宿の東の端。

s-17年4月6日 (34)

日坂宿の全体。

s-17年4月6日 (35)   

新しい道を通って戻る。  梅の花。  国道1号線が見える。

s-17年4月6日 (36)

左の道が出来る前は、この道が国道1号線でしたね。

s-17年4月6日 (37)    s-17年4月6日 (38)

事任(ことのまま)八幡宮に。

s-17年4月6日 (39)    s-17年4月6日 (40)

茶畑の向こうに、道の駅。

s-17年4月6日 (41)

日坂宿を歩いてみました。
古い建物は、多く残っていませんでしたが、雰囲気はありましたね。

江戸から来たら、峠を越えて、一休みの宿場です。
江戸に向かうなら、さあ行くぞって、ここで気持ちを引き締めた。

【記事の紹介】  東海道五十三次のいくつか紹介。

    箱根宿のあった箱根と、元箱根を歩く。  芦ノ湖、杉並木、石畳の道、他。~箱根町~ 他 (2104/6/4)
    藤川宿は、東海道五十三次の37番目。  町並みの外れに、松並木。 むらさき麦。~岡崎市~ 他 (2016/4/13)

    東海道伝馬館で土山宿を学ぶ。 49番目の宿場。  48番目の坂下宿との間に、難所の鈴鹿峠。~甲賀市~ 他 (2016/4/7)
    石部宿場の里を見学。  商家、旅籠、農家など。 「京立ち石部泊まり」の石部宿。~湖南市~ 他 (2016/4/6)

    薩埵峠(さったとうげ)から、由比宿へ ~静岡市清水区~  広重作「雪の蒲原(かんばら)  (2011/11/8)  
    丸子(まりこ)宿は、東海道五十三次の20番目。  泉ヶ谷に吐月峰柴屋寺。~静岡市~ 熊本が大変 (2016/4/15)

    土山宿を歩く。  お六櫛がここに。  白川神社。  本陣跡。  常明寺。  田村神社。~甲賀市~ 他 (2016/4/8)
    土山宿から鈴鹿峠を越えて、坂下宿へ。 そして、関宿まで。  峠の東は、急坂。  鏡岩。~甲賀市・亀山市~ 他 (2016/4/9)

    蔦の細道  宇津ノ谷集落 ~静岡市~  他  (2011/11/9)

【今日の歌】   「千登勢橋」    西島三重子   
                        ※ この人の若い時の動画は、初めて見る。 いいですよ。
                           車の中で、しょっちゅう聞く曲。
貼り付けられない。 画面をクリックしたら、YouTubeに。

mmmmmmnbh.jpg 

【停泊場所】  清水の清見寺の近く。 イオンの裏。  

          ※ 夕方、Kさんご夫妻が遊びに来た。 
            お土産いっぱい持って。 
               その中に、清水のきんつばが。kinntuba.jpg  (清水エスパルスとラーメンと私、からお借り)
            自分の車の中で、30分ほどおしゃべり。 明日のことなど。

【明日の予定】    清水のkさんご夫妻と、静岡の浅間神社。  その後、自分は駿府公園。   天気が心配。
              ※ 追記 雨なので8日に延期。 天皇陛下が来て、交通規制も。 自分は清見寺に。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.    

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。