キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

新潟県の南西部の山の中に入りたい。
でも、酷道と呼ばれる国道が多い。

それで、通るのは大変な道を調べた。
不安はなくなった。

今日は、上越市の山奥に。
何があるかは行ってからの楽しみ。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

山の中だけど、高い山はない。

s-17年4月25日 (1)    s-17年4月25日 (2)

国道405を、左から来た。   印に道の駅。
合併する前は、安塚町だった。   そこを見学。

s-17年4月25日 (3)

高田平野から、山に向かう。  奥に集落がいっぱいあるから、道はいいのか。  国道と云うこともあるか。
右写真に、ワインの会社。

s-17年4月25日 (37)    s-17年4月25日 (38)

山に入ってきた。   時々店がある。

s-17年4月25日 (39)

峠を上って来た。  遠くに妙高の山々。  妙高山は左端。

今日走る一帯は、山が低い。  発見は、山なのにどこにでも家がある。
だから山地とは呼ばないで、丘陵地帯になっている。 

東頚城丘陵と。   東くびき丘陵。 

s-17年4月25日 (6)

峠の頂上近く。  どこも棚田。  田植えの準備が始まった。 いい風景になっていく。
ツクシや小さな花。

   ※ 春の花にワスレナグサ(勿忘草)がある。 まだ見たことない。 気づいてないかも。
     見つけたい。  青い小さな花。  5枚の花弁。  背丈は30㌢とか。Myosotis_palustris_a1.jpg (Wikipedia) 

s-17年4月25日 (7)    s-17年4月25日 (8)    s-17年4月25日 (9)

横を見たら、こんな家。  住んでいないのか。   右は、峠を下り始めたらこの風景。

s-17年4月25日 (10)    s-17年4月25日 (11)

道端にヨモギがあった。  ※ 晩に汁粉を作った。 団子に入れてみた。  ゆでてミキサーでくだいて。  春の味。

s-17年4月25日 (12)    s-17年4月25日 (13)

弁慶滝。 伝説は分からない。  

  ※ 義経や弁慶は、平泉に行くとき海岸線を通ったことになっている。
    でも、山の中に時々伝説。 確実なルートは分かっていない。

s-17年4月25日 (14)

大きな民家に、出会うことが。  
1階の窓は塞いでいる。  ここは豪雪地帯。 多い所は4㍍。  昔は、冬になったら陸の孤島ですね。

右の家は、基礎を高くしている。 雪に埋まっても大丈夫。

s-17年4月25日 (40)    s-17年4月25日 (15)

ここは上越市安塚(やすづか)区の小黒(おぐろ)地区。   昔は安塚町。  ここの駐車。

s-17年4月25日 (41)

豪邸と思ったら、寺だった。 

s-17年4月25日 (16)    s-17年4月25日 (17)

対岸に大きな家。   越後棚田文化研究所とあった。  
他から来る働く人の支援をしているよう。  レストランもあるのかな。

s-17年4月25日 (18)

小さな集落なのに、大きな寺。

s-17年4月25日 (19)

寺が4つもある。  面白いことが書いてある。
親鸞聖人の小黒女房伝説のことが。  伝説を調べてみたけど、分からない。

  ※ この地区は小黒。 小黒女房から来ているよう。
    この人は、親鸞の娘。  なんで親鸞だとなる。

    親鸞とその師法然は、鎌倉時代の初めに、流される。
    当時、浄土真宗は新興宗教。 南無阿弥陀部と唱えれば救われる。 難しくない。
    一気に広まる。

    既存宗教の延暦寺や興福寺は面白くない。 謀略を練る。 天皇を利用して。
    親鸞たちは負ける。

    親鸞は今の上越市に。  ※ 法然は讃岐に。
    だから、娘がここに来ても不自然ではないような。

    右は京都の安楽寺の立て札。 事件は1207年とある。  弾圧はその前から始まっていた。
      安楽寺、春の特別公開。  松虫鈴虫寺とも。  建永の法難のきっかけは、松虫・鈴虫姫の出家。~京都市~ 他 (2015/4/31)    

s-17年4月25日 (20)    s-17年4月25日 (5)

駐車場の前にこれ。  大千世界は初めて見る言葉。  仏教用語。 すべての世界というような意味。
木や虫の命を大事にする草木塔の考えに似ている。

榎本栄一という人は、仏教詩人だそう。
生田春月という人との関わりで、詩の世界に入った。 大きな影響を受けたよう。

   ※ 生田春月は小豆島の近くの海に、船から身を投げる。 小豆島に彼の碑がある。 

s-17年4月25日 (21)

小黒女房伝説がある、専敬寺。   上越地方では最も大きな寺だそう。
江戸時代末期に、それなりの宮大工によって造られた。

新潟県に入ると、彫刻が素晴らしくなる。 牽引者は、石川雲蝶ですね。(魚沼市の西福寺など)

s-17年4月25日 (22)    s-17年4月25日 (25)

隣の称専寺。

s-17年4月25日 (23)    s-17年4月25日 (24)

山から出てきた感じ。

s-17年4月25日 (42)

左に少し行ったら、安塚区の中心街。  道の駅は右に。

s-17年4月25日 (43)    s-17年4月25日 (44)

右遠くの山にスキー場がある。 キューピットバレイスキー場。   道の駅に着いた。

s-17年4月25日 (45)    s-17年4月25日 (46)

道の駅、雪のふるさとやすづか。   ※ 道の駅の名前は、短い方が覚えやすいし、使いやすい。

s-17年4月25日 (26)    s-17年4月25日 (28)

右に城跡。 ここは謙信の領地。 城跡の近くを、松之山街道が通っていた。
謙信が関東に向かう時の道。  何度も通っている。 
    ※ ここでは、三国街道と呼んでいる。  本当の三国街道は、ずっと東の沼田市の方に。

上の方に棚田。  行く。

s-17年4月25日 (27)   

安塚町の時の説明。   人が減っている。

s-17年4月25日 (29)    s-17年4月25日 (30)

ウドとコゴミを買った。  2つで280円。   ウドはゆですぎた。 失敗。

s-17年4月25日 (31)

棚田に向かった。   小さな滝が見える。

s-17年4月25日 (47)

少し前、道の駅から遠くない所で、クマ出没の看板を見た。 2回。
この一帯は、右地図を見たら、クマは少ない地域。 山から出てきたのか。

1週間ほど前に、2度。  松之山街道が城近くに残っている。 歩きたいけど、山道は不安。

s-17年4月25日 (32)    s-17年4月25日 (4)

棚田が見え始めた。  上船倉の棚田。  木の生えてる方もみんな棚田。
風が強いから、木があるのか。 何でしょう。 

  ※ ずっと東の松之山街道に近い、星峠の棚田にも木があった。 他の県では見てない。

s-17年4月25日 (36)

圧倒的な広さ。 家は道沿いに。

s-17年4月25日 (34)

左の方。 美味しいコシヒカリか。
   
   ※ 小麦粉にはグルテンが。 アレルギーを起こす人も。 他の問題も。 
     グルテンフリーの考えで食べない人がいる。 
     その点、米には問題が無い。  みんなが米を食べたら、ここの人達も助かる。

白いご飯を、しょっぱい少しのおかずで食べるのが、一番美味しい。 味噌汁があって。  自分は雑穀だけど。

s-17年4月25日 (35)

戻る時に撮影。  曲がり屋。

s-17年4月25日 (48)

山の中のどこにでも、家はあった。
家がある所は、県道でも走れるよう。

峠越えで、あまり使わない道が、国道でも林道みたくなる。
そんなことが、分かりました。

上越地方の山間の雰囲気が、少しだけ分かったでしょうか。

【今日の一句】

【今日の歌】

【道の駅】  雪のふるさとやすづか

【明日の予定】   城跡とか、もう少しこの辺を。  雨の予報。 ・・・。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト
3月は、京都の早咲きの桜を、
4月に入って、神代桜や高遠の満開の桜を追った。

須坂の桜を見て一段落。  北上開始。
まず、新潟県の内陸部を見学。

今日は、妙高市に入った。
そこで、内陸部の通行困難な国道の確認を。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

須坂市から妙高市へ。  主に国道292。   途中からは、初めて通る道。

s-17年4月24日 (1) 

真っ直ぐ行けば、新潟市に向かう。  野沢温泉の近くを通る。

s-17年4月24日 (13)

上の写真の右に、高社(こうしゃ)山のすそ野が見える。  
下の写真は、高社山の上から。 

中央に、トンネルから出た新幹線の橋が見える。
千曲川を渡って。  ※ 新潟県に入ったら、信濃川。

    高社山に登る。  北信州の盆地に坐って、独立峰。  道沿いに、十三仏。~中野市~ 他 (2015/11/1)

s-17年4月24日 (7)

下は野沢温泉。   この時は、東風さんと歩いたのかな。

    外湯文化が息づく、情緒あふれる湯の町、野沢温泉。~野沢温泉村~  他  (2012/10/28)

s-17年4月24日 (8)    s-17年4月24日 (10)

国道292は、117に合流(重複区間)。
右に千曲川。   どこまでも続く菜の花。  朧月夜の歌の舞台。

s-17年4月24日 (14)

十日町、小千谷、三条を通って、新潟市へ。
次の信号で、上杉謙信の町、上越市に向かう。

s-17年4月24日 (15)

十日町市の山の中に、松之山温泉。  道を調べて行かないと、大変。
       松之山温泉を歩く。  暑いので、北にまっしぐら。~十日町市他~  他  (2013/7/8)

s-17年4月24日 (6)

国道292を行く。    この辺りは、飯山市内。  左に行ったら、斑尾(まだらお)高原。

s-17年4月24日 (16)

斑尾山の上から。  先ほど紹介した、新幹線の橋が見える。  
右は、野尻湖。 ナウマンゾウの化石の発見で知られますね。

    斑尾山に登る。  北信五岳の1つ。  頂上近くから、野尻湖が眼下に。  他の北信五岳も。~飯山市~ 他 (2015/10/31)
    野尻湖ナウマンゾウ博物館。  一茶記念館。~信濃町~  他  (2013/10/18)

s-17年4月24日 (9)    s-17年4月24日 (12)

峠越え。   雪が残っている。

s-17年4月24日 (17)

茅葺(かやぶき)の屋根を、鉄板で覆っている。  曲がり屋。 珍しいかな。

s-17年4月24日 (18)

ここから新潟県。

s-17年4月24日 (19)

1㌔ほど走ったら、長沢集落。
s-17年4月24日 (20)    s-17年4月24日 (21)

標高が高いので、桜がちょうど満開。  左に、長沢茶屋の案内。

s-17年4月24日 (22)

どんなお店か調べたら、ソバ屋さんだった。

s-17年4月24日 (23)

こんなメニュー。 (写真は、お店のHPから)   ネットでは、幻のソバとして紹介されている。
普通、つなぎは小麦粉。

それとは違って、オヤマボクチという山菜を利用。  葉っぱから繊維を取り出す。  それを練り込む。

    ※ 余談  オヤマボクチは、雄山火口と書く。  雄の山ボクチの意味。 
          火口(ぼくち)だけど、火は「ほ」と読めて「ぼ」に。
          口は、くださるの意味だそう。  火口(ぼくち)は、火を下さるの意味。
          火口(ぼくち)は何なんだと云うことですが、火を起こす時に使う、綿のようなの。
          葉を乾燥させたら、葉の裏にこんな毛。oyamabokuti-ura2.jpg三河の植物観察からお借り)
     
s-17年4月24日 (29)    s-17年4月24日 (5)    s-17年4月24日 (4)

長沢集落を歩きたかったが、駐車場が見つからず、通り過ぎた。
今度通ったら、長沢茶屋でソバを食べてみますね。

s-17年4月24日 (24)

道の駅は間もなく。   左に、妙高山が見えた。

s-17年4月24日 (26)

道の駅 あらい から。

s-17年4月24日 (28)

何年も前に、妙高山に登ろうとした。 下山した人が、雪が残ってて危険と言った。
それでやめた。  登山コースを調べてみた。

スカイケーブルを使うのが便利なよう。  駐車場が広い。
日帰りは大変な山。  大谷ヒュッテで一泊すると楽。 

map_mountain.jpg 

海の方の、上越市方向。

s-17年4月24日 (27)

上の写真の10㌔ほど先は、上越市高田。 雁木(がんぎ)と呼ばれるアーケードがある。
    雪の城下町、高田。  高田城。  高田小町。  きものの小川。~上越市~  他  (2013/10/20)

s-17年4月24日 (11)

今日は、見学は無かったので、道沿いを紹介しました。
信州は、見所がいっぱい。

明日からは、新潟県の山の中に。
入り込んでない、見学の空白地帯がある。

そこに行くため、道の状態を、グーグルのストリートビューで調べた。
国道でも、下のような道は珍しくない。

s-17年4月24日 (3)

赤い印は、上のような道。  行かない。 緑〇の道はいい。  あっち行ったりこっち行ったりする。
観光地でない所にも行く。  小さな集落を、紹介したい。

s-17年4月24日 (2)

明日は天気がいい。

【今日の一句】  「 菜の花と 桜の向こうに 白い山 」

【今日の歌】    朧月夜 倍賞千恵子



【道の駅】     あらい

【明日の予定】  山の中に。  国道405に、まず入る。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.

スポンサードリンク

 
 
今日は須坂の桜まつり最終日。
日曜日で天気もいい。

散り始めたけど、まだ残っている。
名残の花を楽しむ1日か。

河川敷公園に自分は停泊していた。
昼前、昨晩一緒だった子供たち4人が、遊びに来た。

少しして、東風さんもやってきた。
今日は、子供たちと遊ぶ1日に。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

須坂市からは、北アルプスが見える。   信州の風景の魅力。

s-17年4月23日 (1)    s-17年4月23日 (2)

赤〇の中で遊ぶ。

s-17年4月23日 (3)

みんな朝までキャンピングカーにいたけど、みんな一度戻った。
地域の神輿担ぎだったか、そんなのを終わらせて、やってきた。

自分は、ブログが終わっていなかったので、遅れて出てきた。
子供たちは、川遊び。 

妹が流した靴をお姉ちゃんが拾って、濡れた。
くつしたは1つ流れちゃった。

そんなことがあったり。
川は百々(どど)川。  酸性が強く、魚はいない。

s-17年4月23日 (7)

白い山脈は、北アルプス。  穂高はずっと左。  

s-17年4月23日 (8)

さあ行くぞ行くぞ、って動物園に。   遊びながら行く。  いつもこう。

s-17年4月23日 (9)

鯉のぼり。    川に魚が戻って来ることを願って。

  ※ 余談  少し調べてみました。
        古い時代から、上流で硫黄の採掘がおこなわれていた。
        その影響が大きいよう。

        影響の大きな汚染源を特定して、自動中和処理装置等で、解決してる地域がある。
        年間数億円の予算が必要。 
        硫黄は国のために産出したから、国からの補助も可能なよう。

        自分の最後の職場の近くに、鴻之舞金山があった。
        そこから流れる水は、垂れ流していない。
        巨大な貯水池に貯めて、安全な状態にして下流に流している。
        サケが上る川に、今はなっている。        

s-17年4月23日 (10)

手前の2人は、春に中学生。  向こうは、小学生。  左同士、右同士が姉妹。
  ※ 左から、Hちゃん、Nちゃん、Aちゃん、kちゃん。   苗字は、どちらもMさん。

s-17年4月23日 (11)

須坂市動物園は、小さな動物園。  ヤギや馬などを見て。

s-17年4月23日 (12)

山の反対側に。   カピパラ。  子供たちに、人気。   自分には、ネズミにしか見えないけど。
2年前に撮影した、ここのカピパラ

s-17年4月23日 (13)

フンボルトペンギン。   過去に、ここから飛び出て、近くの広い池で泳いだことがあるそう。

2005年の調査で、世界に1万羽。  絶滅の心配に入っている。
日本の動物園は、ふ化の技術で貢献している。

世界に数千とか1万の動物は、いっぱいいる。 ツルなんかも。
近くにベンガルトラがいた、下のENのレベル。 世界で、2500頭。  きびしい。

s-17年4月23日 (5)

s-17年4月23日 (14)

機関車で遊ぶ。   D51。   鉄のかたまり。   屋根があるといい。

s-17年4月23日 (15)

D51-401。    最後は、木曽福島機関区で活躍とある。  

s-17年4月23日 (16)

現役の時の姿を探した。   動画は無かった。
下は、木曽福島駅。   写真は、懐かしの日本国有鉄道からお借り

  ※ 木曽福島駅の近くに、福島宿。
       街道時代の古い家並みが残る、福島宿を歩く。~木曽町~  無塩乳酸発酵の漬物、すんき。 (2012/11/11)

s-17年4月23日 (6)

左も、木曽福島駅。 機関車の写真のサイトからお借り

s-17年4月23日 (31)    s-17年4月23日 (32)

上の右写真は、走っている。  貴重。  オヤジ鉄道記からお借り
撮影場所は、下。  木曽の上松駅の近く。   滑川橋梁。

すぐ北にトンネルがある。そこから出てきた。 近くに珍しい風景が。
     木曽の桟  浦島太郎が玉手箱を開けた、寝覚め床  須原宿の水船 ~上松町・大桑村~  他  (2012/11/13)

s-17年4月23日 (4)

動物園から出て。  池の桜を見に。

おでんを食べて。 もう1皿ある。  コンニャクは下に。  子供たちの好みは違う。
須坂のおでんは、黒っぽい。  子供だって、抹茶の好きな子も。

東風さんは、ビール。 自分は昨日のが残っている。 
       ※ 見たくもないと思っていたが、2時間後飲んでいた。 やっぱりこの味だ~とか思って。

s-17年4月23日 (17)    s-17年4月23日 (18)

さくら祭りの最後。   何とか桜はある。

s-17年4月23日 (19)

東風さんが山の上に行こうと。  見えた見えた。

s-17年4月23日 (20)

子供たちは、すぐに走りたくなる。

s-17年4月23日 (21)

赤い橋。     須坂市の市街地が見える。

s-17年4月23日 (22)

一度戻って、別の道から、山の上に。  
2人組が変わった。 2人は姉妹ではない。 4人は、姉妹のように仲がいい。

4人のグループは、2つに分かれることも。 3人なら無理。   
4人は、集団としての質が高くなりますね。

s-17年4月23日 (23)

ミニ峠を越えて。

s-17年4月23日 (24)

近くに、須坂藩の藩主だった掘直虎の墓がある

s-17年4月23日 (25)

河川敷に戻って来た。

s-17年4月23日 (26)

ボードと紙飛行機で遊んでいる。  ブレイブボードというよう。  むずかしそう。

s-17年4月23日 (27)

クネクネさせて前進。 乗れることが不思議。

s-17年4月23日 (28)

Hちゃん・Aちゃんのお父さんが来て、Aちゃんとソフトの練習。  

s-17年4月23日 (29)

Nちゃん・Kちゃんのお父さんも来た。  東風さんと私は、缶ビールを飲んで。

s-17年4月23日 (30)

いっぱい遊びました。
秋には、魚のいる川に行こうね、ってことに。

雲は、遠くの山に少しだけでした。

【停泊場所】    百々川河川敷駐車場。

【明日の予定】   須坂を離れます。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.

スポンサードリンク

 
 
東風さんが高山村を案内してくれた。
高山村五大桜の見学。

夕方からは、東風さんの友達のMさん家族も集まって、河川敷で遊ぶ。
子供たちも来る。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

高山村は、須坂市の北に。    松川渓谷に温泉や滝。   見所が多い。

s-17年4月22日 (2)    s-17年4月22日 (3)

見るのはこの桜たち。 須坂は散り始めたけど、高山村はこれから。  

s-17年4月22日 (1)

ここは、上とは別。   途中で見た。  大日向観音堂の夫婦しだれ桜。
でも、右のが倒れて、今は1本。

s-17年4月22日 (4)    s-17年4月22日 (5)

上の説明に旧三原街道は、上田市の方から長野市に向かう北国街道(善光寺街道)の脇道のよう。
国定忠治が通ったとある。

  ※ 須坂に国定忠治の石像がある。 元はここから遠くない、野沢温泉にあった。
    彼は、群馬県と信州で生きた人。

       国定忠治は大戸関所を破る。 後につかまって、近くで処刑。 そこに忠治地蔵。~東吾妻町~ 他 (2016/9/20)

右にあったのは、雪の重みで倒れたよう。

s-17年4月22日 (6)

大日向観音堂の中。  おおひなたかんのんどう、でいいかな。
みんな江戸時代のもの。

お堂の隣に、青面(しょうめん)金剛像。 庚申信仰と関係がる。
上の方に、月と日が見える。  下に、3匹のサル。   邪鬼を踏んでるのも。

s-17年4月22日 (7)    s-17年4月22日 (8)

東風さんのジムニーは、細い道も平気。
最初の五大桜。   水中のしだれ桜。

s-17年4月22日 (9)    s-17年4月22日 (10)

満開までは、数日かかるか。   土が乾かないように。

s-17年4月22日 (12)    s-17年4月22日 (11)

自分はずっと桜を見た来たけど、東風さんはそうではない。
ここは、赤和観音のしだれ桜。

必ずお店がある。   お茶のサービス。

s-17年4月22日 (15)

上に観音堂。  行かなかったけど。

s-17年4月22日 (13)    s-17年4月22日 (14)

次は、黒部のエドヒガン。  この一帯は、標高が高い。   だから須坂よりは遅い。

s-17年4月22日 (16)

まだ1分咲きか。   500年とある。

s-17年4月22日 (17)    s-17年4月22日 (18)

次は、中塩のしだれ桜。   いい状態。

s-17年4月22日 (19)    s-17年4月22日 (23)

満開だ。

s-17年4月22日 (20)    s-17年4月22日 (21)

お地蔵さまの後ろ姿だけを撮ろうとした。  頭が2つあるので、前からも撮った。
こんなの初めて見る。

s-17年4月22日 (24)    s-17年4月22日 (22)

駐車場から。   一茶はこの地方の人。

s-17年4月22日 (25)    s-17年4月22日 (26)

菜の花の向こうに、坪井のしだれ桜。

s-17年4月22日 (27)

間もなく満開に。

s-17年4月22日 (29)    s-17年4月22日 (28)

お店で、桜の花のお茶。    どこかの店で、リンゴと菜の花を買った。  

s-17年4月22日 (31)    s-17年4月22日 (30)

夕方から、大人5人で、東風さんの車で飲んだ。  外は寒くてダメ。
子供たち4人は、Mさんの車でお遊び。

遅くまで飲んで、飲み過ぎ。

【停泊場所】 百々川河川敷の駐車場。

【明日の予定】  近くを散歩かな。 

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.

スポンサードリンク

 
 
桜は、あっという間に散る。
満開3日目の臥竜公園を、昨日撮った。

その前日は高遠を撮っていた。
一気に北上して、昨日撮っておいて良かった。

自分の日々の食事は、質素。
美味しい味噌汁があれば、それでいい。

この1ヶ月ほど、高松のMさんからいただいた味噌を使っていた。(高山産)
なくなったので、須坂の塩屋醸造に買いに行った。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

須坂市は長野市の隣。

s-17年4月21日 (1)    s-17年4月21日 (2)

赤〇が停泊場所。  〇の辺りを歩いた。   印は、塩屋醸造。

s-17年4月21日 (3)

須坂の街は、いつも東風さんの車で。
今日は、駅に行ったり、あっちこっち歩いた。  やっと地図が頭に入った。

「須坂・美味しい味噌」でネット検索したら、塩屋醸造が出てきた。 
その店が、右に見えてきた。

s-17年4月21日 (19)

塩屋醸造。   工場は奥に。  広い。

s-17年4月21日 (14)

醸造所で買う味噌の値段は、スーパーの2倍でしょうか。
でも、美味しいのが見つかる。

古い歴史を持っている。

s-17年4月21日 (15)    s-17年4月21日 (16)

工場は、見学可能。  右のを買った。 袋にしたら、200円ほど安い。
左は、500㌘555円。(税別)。  右は、500㌘660円(税別)。

右のは、少し甘め。  どっちも味見した。 味噌汁で。 大丈夫。

s-17年4月21日 (17)    s-17年4月21日 (18)

国道406を歩く。  
遠藤酒造場。   昨年の秋、蔵開きがあってみんなで飲んだ。   搾りたての酒は美味しいと知った。 別物。

   旧小田切家住宅。 遠藤酒造場で蔵開き。 美味しい日本酒を飲む。~須坂市~ 他 (2016/9/24)

s-17年4月21日 (20)    s-17年4月21日 (21)

※ 上の写真に、掘直虎とある。   大河は、井伊直虎。
  堀直虎は、須坂藩の幕末時の藩主。

  NHKが女城主直虎をやると発表したのは、3年ほど前。
  須坂市は素早かった。 直虎の名前を商標登録した。

  大河の方の浜松市は、直虎は商品名に使えない。
  直虎ちゃんとか、変更しなければならない。

  浜松市には、発表前に、NHKから連絡があったはず。
  でも、誰も直虎の商標登録の必要性を考えなかった。 

  甘いなって、感じる。  気づいた時は、遅かった。
  
須坂市は、蔵の町。  ずっと行ったら、上田市。

s-17年4月21日 (22)

ここは、田中本家。   見学できる。
     須坂の街を歩く。  豪商の館、田中本家。  キャンピングカー、3台で・・。~須坂市~ 他 (2013/7/6)

s-17年4月21日 (23)

八角太鼓堂。   この建物が、須坂市で一番好き。

s-17年4月21日 (24)    s-17年4月21日 (25)

臥竜公園に。  散り始めていた。   満開4日目。  明日土曜日までは、もたなかった。

s-17年4月21日 (26)

長野朝日放送。 リハーサルか。 それとも、ビデオを撮ってるのか。
   ※ アナウンサーは、萩原早紀子さん。無題 (調べてみた。会社のHPから)

湖面は花びらでいっぱい。

s-17年4月21日 (27)    s-17年4月21日 (28)

夜に、再度出た。

s-17年4月21日 (4)    s-17年4月21日 (5)

夜桜だと、まだ美しい。

s-17年4月21日 (6)

静かな夜。    
手のひらに花びらを乗せて撮ればよかった。 すっかりこうですよと、コメントして。

s-DSCF7252.jpg    s-DSCF7262.jpg

多くの市民がやって来た。  今年の桜を惜しむように。

s-17年4月21日 (7)

水面に映って。

s-17年4月21日 (8)mmmnmkppp 

ライトアップすると、何でも美しくなる。   枯葉だってって言えば、いい過ぎか。

s-17年4月21日 (9)

お店の前の方が人は多い。 

s-17年4月21日 (10)    s-17年4月21日 (11)

完璧に満開なのは、昨日まで。   たったの3日。

s-17年4月21日 (12)

美しいって感じる心。  それを撮りたいって思う心。
子供たちのそんな様子を見たら、ホッとしますね。

s-17年4月21日 (13)

今日は、須坂の町を歩きました。
最後の桜を見て。

【今日の一句】  「 風吹いて あっという間に 花筏(はないかだ) 」

【停泊場所】      百々川河川敷の駐車場

【明日の予定】     午後は、河川敷で遊ぶ。  お酒?    

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.

スポンサードリンク

 
 
信州でも、長野市や須坂市に来ると、風景が特に信州っぽくなる。
広い谷に入るからでしょうか。  山脈が見えて。

朝、上田市から須坂市まで走った。
東風さんのいる町に。

今日は、臥竜公園の桜を見る。  満開。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

信州の北部。

s-17年4月20日 (1)    s-17年4月20日 (2)

桜は池の周りを中心に。

s-17年4月20日 (3)

公園近くの駐車場は有料。  車は河川敷の駐車場に。   百々(どど)川。

s-17年4月20日 (20)

上の写真は、右下の橋から。

s-17年4月20日 (34)vvv 

YouTubeからお借り。 2日前。 この日から満開。  右上に赤い橋。

tttyyyty.jpg

白い花は、ソメイヨシノ。

s-tuika (4)

紅枝垂れもあって。

s-17年4月20日 (5)    s-tuika (1)

橋の上から。    満開と分かりますね。

s-tuika (2)    s-17年4月20日 (6)

出店が並んでいる。

s-17年4月20日 (21)    s-17年4月20日 (7)

対岸のボート乗り場。   お店も。

s-17年4月20日 (8)

さくら名所100選は、長野県には3ヶ所だけ。
先日見た高遠と、小諸懐古園と、ここ。

s-17年4月20日 (22)    s-17年4月20日 (23)

対岸に来た。  山は、飯縄山(いいづなやま)かな。

s-17年4月20日 (11)

奥にボート乗り場。

s-17年4月20日 (24)    s-17年4月20日 (10)

今日は木曜日。 満開3日目。 土曜日まで何とか持ちそう。  多くの人が楽しめる。

s-17年4月20日 (25)    s-17年4月20日 (9)

満開になったとたん、散る心配が。  満開ちょっと前が、気持ちは一番楽か。 
                     ※ 子供の頃、夏休みの前日が一番好きだった。 それと同じ。

s-17年4月20日 (26)

戸隠や高妻の山も、向こうにある。  左遠くに、北アルプス。

山に雪があるから、春の風は涼しいのか。
川に流れる、雪解け水は冷たいし。

s-tuika (3)

赤い橋に戻って来た。

s-17年4月20日 (27)    s-17年4月20日 (28)

枝垂桜でないのに、枝は水面に向かっている。 
どうしてでしょう。  枝は普通、空に向かって伸びる。

こうなんですね。  水面に空が映っているので、間違ってそっちに。
正確には、水面から光が反射するので、明るい方に枝は伸びる。

s-17年4月20日 (29)

鯉は何をしているのか。  恋か。

s-17年4月20日 (12)    s-17年4月20日 (13)

公園の地図の左の方に。

s-17年4月20日 (30)

鯉にエサをやっている。   
口だけ水面から出せばいいのに、みんな顔を出している。  そういう事をするから、人面魚と云われる。

s-17年4月20日 (14)    s-17年4月20日 (31)

紅枝垂れの八重ですね。  八重は遅いので、つぼみが見える。

s-17年4月20日 (32)    s-17年4月20日 (15)    s-17年4月20日 (16)

赤が強い花。 何かなと思ったら、カンヒザクラだった。  普通は、早咲きなのに。
もしかして、2週間前から咲いていたのか。

s-17年4月20日 (33)    s-17年4月20日 (17)

赤、白、黄色。   黄色は、サンシュユかな。
多くの早咲きの花に、カンヒザクラの血が入ってますね。  オカメザクラもそうでした。

s-17年4月20日 (19)    s-17年4月20日 (18)

須坂市の臥竜公園。
さくらの名所100選に恥ずかしくない桜でしたね。

遠くに山が見えたら、信州だなって感じます。

【今日の一句】  「 信州に 春が来て今 桜(はな)盛り 」

【動画の紹介】    Mavic pro 日本の桜百選 臥竜公園     2017年4月18日   満開初日



【停泊場所】    百々川の河川敷駐車場。  仕事を終えた東風さんとMさんが、やって来た。

【明日の予定】   この近く。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.

スポンサードリンク

 
 
今日は、写真の量が多いので、絵島囲み屋敷から別にしました。
              ※ この記事の写真は、18日に撮影しています。

ライトアップされた桜は、幻想的な雰囲気に。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

合併すると、地図の表記もはっきりしなくなる。
高遠町のままでは、ダメだったのでしょうか。

s-17年4月19日 (1)    s-17年4月19日 (2)

桜は、高遠城址公園に。

s-17年4月19日 (3)

江島(えじま)囲み屋敷に行きます。

s-17年4月19日 (15)

満開の桜の下を通って。

s-17年4月19日 (16)

建物は復元したもの。

江島は、幕府の大奥を中心とした権力争いに負けた。
その結果、8代将軍は吉宗になった。

s-17年4月19日 (17)    s-17年4月19日 (18)    s-17年4月19日 (19)

なぜ高遠藩に流されたのかは、分からない。
ただ、保科正之の存在があって、幕府から信頼されていたのでは。

  ※ 保科正之は、高遠で育ち藩主になり、秋田藩、会津藩と出世していく。
    3代将軍家光の、異母弟。  仲がよかった。

s-17年4月19日 (20)    hhhjhjjjkkkkk.jpg

城跡に戻って、市街地に行く。  高台を探す。   
右は、進徳館(しんとくかん)。 高遠の藩校。   復元ではない。

s-17年4月19日 (21)    s-17年4月19日 (22)

城址公園を下る道。   どこもここも、桜。

s-17年4月19日 (23)    s-17年4月19日 (24)

バス専用駐車場。

s-17年4月19日 (25)

日時計があった。   ちゃんと見るのは、初めて。

s-17年4月19日 (31)    s-17年4月19日 (30)

今は、4時(16時)少し前。  合ってるのが分かりますね。

s-17年4月19日 (27)    s-17年4月19日 (28)    s-17年4月19日 (29)

中心街は、右に。    正面に中央アルプス。
広く家並が。    田舎の小さな町ではない。

s-17年4月19日 (26)

メインの通りは、左右に。  高い方に行く。

s-17年4月19日 (32)

満光寺の山門が見えたので、そっちに。   墓地を通って。

保科左源太の墓とある。
保科正之が高遠に来なかったら、この人が藩主になった。

s-17年4月19日 (33)    s-17年4月19日 (34)    s-17年4月19日 (35)

※ 大河ドラマの可能性がある人物を、5人選んだとします。
  保科正之は、その中に入りそうですよ。 2代将軍秀忠の隠し子。  ご落胤(らくいん)。
  話題いっぱい。

※ 自分が大河で見たいのは、
   ・和泉式部。  ・日本地図を作った伊能忠敬。どんな旅をしたのか。  ・小野小町もいい。
   ・土方歳三。  ・服部半蔵。   ・天皇の誰かを。

満光寺の山門。   鐘は新しい。    戦争で供出。
鐘が無い時、石をぶら下げていたという。  重さで安定するんですね。

高台は見つけられなかった。 ここからも、城址公園の桜は、ちゃんと見えなかった。

s-17年4月19日 (36)

この後、2.5㌔ほど歩いて戻る。
自分の車はここだけど、高遠ダムのそばに、持って行く。

s-17年4月19日 (37)

7時前に出発。   薄明るい。  日没が遅くなった。

s-17年4月19日 (4)    s-17年4月19日 (5)

南口から入る。  昼の入場券で。

s-tuika (1)

闇夜に浮かぶ。

s-tuika (2)    s-tuika (4)

多くの人が来ていた。

s-tuika (5)

高遠囃子の巡業と云われる行列。   詳しいことを知りたいが分からない。

s-17年4月19日 (7)    s-17年4月19日 (8)

タカトオコヒガンザクラは、この色ですね。   高遠小彼岸桜。

s-17年4月19日 (10)    s-17年4月19日 (9)

撮ってる人を撮って。

  ※ スマホのカメラは進化している。 明るい所を接写で撮ると、うまくいきそう。
    手ぶれを防ぐには、カメラを持った手を、木や柵にくっつけたらいいかな。

s-17年4月19日 (11)

昼間も見た池。

s-17年4月19日 (12)

風は無い。  きれいに映る。  一番右は逆さま。遊び。

s-17年4月19日 (13)    s-17年4月19日 (14) s-17年4月19日 (14)aaaa

この後、戻りました。

s-tuika (7)    s-tuika (8)

次の朝、近くで高遠そばを食べた。 専門店ではないので、普通の味。
街中の店は、混んでて食べられなかった。

てんぷらは売り切れて、温かいのはこれだけ。

s-17年4月19日 (38)

高遠の桜を見終わりました。
何年も前から見たかったので、満足でしょうか。

【今日の一句】  「 高遠は 小彼岸咲いて 花の雲 」 

【道の駅】 上田道と川の駅

【明日の予定】     須坂市の臥竜公園の桜の撮影。 
            高遠と同じ日に満開宣言。  明日は、満開3日目。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.

スポンサードリンク

 
 
朝、開花状況をネットで見たら、満開宣言していた。
          ※ 8分咲きになったら、満開宣言。
            この後は、日影の花が多少遅いけど、早く咲き始めたのは散り出す。

満開宣言が出たときは、花が新鮮で一番いい時かも知れない。
昼過ぎ張り切って出かけた。

※ 夜も撮ったけど、明日の記事に載せますね。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

高遠は、諏訪湖の南に。

s-17年4月18日 (1)    s-17年4月18日 (2)

2500台ほどの駐車場が用意されている。 近いとこだけ、有料。

s-17年4月18日 (3)

遠くから向かった。  正面奥が、高遠城址公園。

s-17年4月18日 (12)

今年も咲きました。  やっと満開。  いつもの年より遅い。

s-17年4月18日 (13)    s-17年4月18日 (4)

高遠湖の周辺も、桜は満開。   一足早く。    白いのは、コブシか。

s-17年4月18日 (6)

白山橋の上から。 甲斐駒ヶ岳が美しく見える。   南アルプスの北端。
昨夜の雨で、勢いよく放水。

s-17年4月18日 (14)    s-17年4月18日 (5)

さくらホテルがあって、高遠湖周辺は公園になっている。   自分の車は、ホテルのずっと向こう。
右の桜の中を歩いてきた。

s-17年4月18日 (15)

城跡は、小高い山の上。   ここは南。  2日前から満開。

s-17年4月18日 (17)    s-17年4月18日 (16)

入り口。   500円。    出たり入ったりできる。

s-17年4月18日 (18)

確かに満開。  観光バスが数えきれないほど。

s-17年4月18日 (19)

快晴。   一気に花を開いた。  
コヒガンザクラ。 群生はここにしかない。 エドヒガンとマメザクラの交雑のよう。

s-17年4月18日 (8)

中央アルプスが見える。

s-17年4月18日 (7)

木曽駒ヶ岳は黄色かなと。  確信は無いんだけど。
秋遅くに、青〇まで行ったような。  

s-17年4月18日 (11)mmmm

後が黒も、ピンクの花は引き立つ。

s-17年4月18日 (9)

山が見える所に、人は集まっていた。

s-17年4月18日 (20)    s-17年4月18日 (21)

京都の寺の庭とは違って、どこを撮るかは難しい。

下は、小さな神社。 盛信神社でも。
武田氏は滅びるけど、最後の戦いは、高遠城。

その時の城主は、信玄の5男の、仁科五郎盛信。
最後は力尽きるが、勇敢な武将だった。

   ※ 余談。 女優に仁科亜希子がいるけど、彼女は盛信の子孫。(定説なので大丈夫のよう)

s-17年4月18日 (23)    s-17年4月18日 (22)

勝頼の最後は、天目山。  先祖がそこで亡くなっている。 そこを目指した。
真田昌幸の誘いは、迷惑かかるからと断る。

    武田勝頼の最後は、天目山の麓の田野。 今はそこに、景徳院。~甲州市~  他  (2011/11/2)

s-17年4月18日 (10)

勝頼が子供の頃、母の諏訪御料人と山本勘助と、ここで一緒に暮らした時代がある。
一番いい時代でしょうか。

勝頼たちはドラマでは、悪く描かれないかな。

勘助は城の整備に関わる。

高遠コヒガンザクラは、小さめでピンク。  大きな木の方が、ピンクが濃いよう。

s-DSCF7977kkkkppp 

橋を渡って。

s-17年4月18日 (24)

色んな歌を歌っていた。   これは、花かげ。   この花は、桜のこと。



たくさんのお店。   食べたり飲んだり。

s-17年4月18日 (25)

高遠閣という古い建物。  200円で入れる。   休憩所。

s-17年4月18日 (26)

案内図。  右から来た。   左下に、勘助の名前が。

s-17年4月18日 (27)

どことなく撮ってみて。

s-17年4月18日 (28)

橋は、さっき渡った。   下に来た。

s-17年4月18日 (29)

池に桜。  ここには、晩も来る。   楽しみ。

s-17年4月18日 (30)

左に行ったら、本丸跡。   山は、本丸跡から見えた。

s-17年4月18日 (31)

この後、絵島が住んだという家を見に行った。
町の高台にも行った。  夜になって、また来て。

  ※ この後の写真は、明日の記事に載せますね。

s-DSCF8020ppp 

いつかは高遠の桜を見たいと思っていた。
手仕事屋きち兵衛さんは、絵島の悲しみが、山を染めたと歌った。 風の桜衣(はなごろも)。

下の歌です。 何度か紹介している。 この時に、いつかは高遠の桜を見ると決めた。 
                            (南三陸から亘理町に移動。ボランティアで)
  ※ 解説の中で思い出せない観音堂は、小坂観音院。
    高島城は、それでいい。

    絵島関係で、吉宗のことを言っている。  正しい。
    絵島が勝っていたら、吉宗は将軍になれなかった。



【停泊場所】    高遠ダムのそば。   高遠城址公園まで近い。

【明日の予定】     北上かな。   須坂の臥竜公園が満開になった。 急がなければ。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.

スポンサードリンク

 
 
日本三大桜の名所は、一般的に、吉野と高遠と弘前。
今回は、ちゃんとした満開の写真が撮りたい。

5分咲きなので、高遠城址公園には入らない。
満開の桜があるので、それを見て、諏訪御料人の墓にお参り。

たくさん歩くことになりそう。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

伊那市高遠町。  

s-17年4月17日 (1)    s-17年4月17日 (2)

下のオレンジ〇から歩く。

s-17年4月17日 (3)

スタート。 この木も、まだ満開ではない。   満開なら、隙間が少ない。

s-17年4月17日 (4)

中央右遠くに、高遠城址公園。  咲き始めている。
手前の桜は、さくらホテル周辺の桜。   満開に近づいている。   ついに咲き始めた。

s-17年4月17日 (5)

高遠と云えば、高遠そば。

s-17年4月17日 (6)

白山橋。  左に、高遠城址公園。

s-17年4月17日 (7)

高遠湖の向こうに、甲斐駒ヶ岳。   右奥。  右の桜を見ながら来た。

s-17年4月17日 (8)

公園の南なので、この辺りは満開に近づいている。  絵島囲み屋敷は下に。
  ※ 絵島事件は江戸時代にあった事件。  幕府の勢力争いの中で起きた。 大奥を中心に。 hhhghjjjjj.jpg
    彼女は、高遠に流された。

s-17年4月17日 (9)

地図をいただいた。  右半分を歩いている。  

s-17年4月17日 (29)

市街地に向かっている。

s-17年4月17日 (10)

市街地に入って、左を見た。   旧国道の感じ。

s-17年4月17日 (11)

2代将軍秀忠には、ご落胤(らくいん)がいた。  側室の江(ごう)との子供でなく。
江が嫉妬したら、大変。 命の危険だって。

その子は数年後、江戸から離れた保科(ほしな)家の養子として、高遠に来た。
保科正之となって、保科家を継ぐ。

正之は、母は違っても三代将軍家光の弟。
気が合うのか、とても仲が良かった。

正之は出世する。  秋田藩に行って、最後は会津藩に。
高遠から、ソバ職人を連れて行った。

高遠ソバは、会津で有名になる。
大内宿で、自分は何度か食べた

その高遠ソバが、故郷に戻って来た。
今は、このようにお店が。

向こうから来た。

右写真は、酒屋。  この看板は、どこでも見る。

s-DSCF7868.jpg    s-17年4月17日 (24)

健福寺。  武田勝頼の母の墓がある。  普通は、諏訪御料人と呼ばれる。   蓮華時に絵島の墓

s-17年4月17日 (12)    s-17年4月17日 (13)

高遠城址公園が見える。  赤っぽく見えるのは、まだつぼみだから。

s-17年4月17日 (14)

健福寺の本堂。   徳川と保科家の紋。   墓は後ろに。

s-17年4月17日 (15)    s-17年4月17日 (16)

中央に3つ。   左が、諏訪御料人。  大河ドラマでは、由布姫(ゆうひめ)。

s-17年4月17日 (17)

左は保科正光。 保科正之の養父。  正之は、正光に助けられる。
真ん中は、保科正直。  正光の父。

右が、諏訪御料人。

s-17年4月17日 (19)    s-17年4月17日 (18)

小さかった勝頼と、高遠城で暮らしたことがある。
           由布姫  高遠城  絵島の物語  他 (2009/06/18)

s-17年4月17日 (20)    s-17年4月17日 (21)

中央アルプス。 〇の辺りに、木曽駒ヶ岳。 正確に分からない。 

s-17年4月17日 (22)

戻っている。

s-17年4月17日 (25)

白山橋に戻って来た。  日中、徐々に開花は進んでいる。

s-17年4月17日 (26)

遠野湖の向こうに、白山橋と高遠城址公園。

s-17年4月17日 (27)

あと少し。   こんな風になるのが見たい

s-17年4月17日 (30)

数日は、天気は持ちそう。
高遠城址公園に、いつ入ったらいいでしょう。

迷います。

【今日の一句】    「 桜よ  待たせて待たせて パッと散るつもりか 」

       「 つぼみは 咲きたくてうずうず  間もなく 」

【道の駅】    南アルプス村はせ

【明日の予定】     夜桜を見てくるか。     完璧な満開は、19日かなと。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.

スポンサードリンク

 
 
桜がまだなので、今いる長谷地区を散策。

甲斐駒ヶ岳を近くから見たい。
他は、走りながら魅力を探す。

天気はいい。  桜は一気に花を開き始めた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

右地図。  上の〇は、高遠城跡。  ここの、コヒガンザクラが見たい。 満開のを。
今日行くのは、下の赤〇3ヶ所。

s-17年4月16日 (1)    s-17年4月16日 (2)

この3ヶ所。

s-17年4月16日 (3)

美和(みわ)湖の上流部分。   子供のサッカー大会。

s-17年4月16日 (5)

ここで、左に入る。  南アルプス林道が甲斐駒ヶ岳への道。

s-17年4月16日 (31)

曲がってすぐ。   左に案内。

s-17年4月16日 (32)    s-17年4月16日 (30)

山が見えた。  甲斐駒ヶ岳は、見えてるのか。  右か。

s-17年4月16日 (33)    s-17年4月16日 (34)

仙流荘。   南アルプス林道バスは、ここから出る。 林道はバスしか走れないよう。

s-17年4月16日 (35)

川は、三峰(みぶ)川の支流、黒川。

写真のような砂防ダムが、連続して続く。 
その全てが、砂で埋まっている。

この一帯は、構造線沿い。  岩が崩れやすく砂利や砂が多い。   ダムにも、砂が貯まる。

s-17年4月16日 (6)    s-17年4月16日 (36)

道は極端に細くは無い。 

s-17年4月16日 (37)

雪が消えるのは、7月でしょうか。  地球の暖かい所は、1000㍍の高さまで。 薄い表面だけ。

s-17年4月16日 (7)

戸台大橋に着いた。

s-17年4月16日 (38)

ここから、南アルプス林道。 まだまだ雪で走れない。   
左に行けば、家はある。   平家の子孫かと思いたくなるほど、奥にも。

     ※ 余談  上のことが本当なら面白いと思い、調べてみました。
         平家伝説は、別の地区にありました、この後行く所。 浦地区。 壇ノ浦の浦。
  
         この辺り一帯は、広く黒河内地区。
         戦国時代、黒河内隼人という人の城があった。 武田に落とされる。         

s-17年4月16日 (8)    s-17年4月16日 (9)

戻る。 砂防ダムに砂が貯まって、底が見える。  ※ 最近砂の貯まらない砂防ダムも見ますね。 ダムの下に穴。

s-17年4月16日 (39)

碑があった。  甦は甦(よみがえ)ると読みますね。  地図に黒川地区がある。 黒川郷と呼ばれたのか。

s-17年4月16日 (10)

大きく、水神宮。  
両側には、安政四年 丁巳(ひのと み)  四月一日。  

  ※ 1857年 次の年から安政の大獄。 3年後、首謀者の井伊直弼は、暗殺される。

石はまったく風化していませんね。

s-17年4月16日 (11)    s-17年4月16日 (12)

後を見たらこのように。 黒川郷か。   豊かに甦ったように見えます。

s-17年4月16日 (13)

仙流荘。   バスの発着場が見えた。  
山の中を、1日10時間歩いてもへっちゃら。  そんな足が欲しい。

   ※ 高妻山の時、12時間ほど歩いた。 あの根性は今は無い。

s-17年4月16日 (40)

国道に出て、直ぐ左に入る。  農村歌舞伎があるという。 

s-17年4月16日 (41)

上がってきた。

s-17年4月16日 (42)

左の方からあそこに。  正面下に川。
後で知ったけど、昔の秋葉街道がここを通った。  だから、店もあった。

長谷中尾地区。

s-17年4月16日 (16)

車の近くから撮影。   石碑がいっぱい。   石仏も。

s-17年4月16日 (14)

まるい道祖神だという。   字は読めない。 像は彫ってない。

s-17年4月16日 (17)    s-17年4月16日 (15)

説明にある青面金剛(しょうめんこんごう)は、下のかなと。   滅多に見ない。  以前、鹿児島県でこんなの

この像は庚申塔のある所に、多いんですね。  右の説明面白い。
体の中には、三尸(さんし)という虫がいる。

この虫は、庚申(こうしん)の日に、その人の悪を天に告げ口する。   ※ 60日に1回。

でも、起きていたら防げる。
みんなで集まって、朝まで起きている。  酒飲んで騒いで。 庚申待ちと呼ばれる。

s-17年4月16日 (18)    s-17年4月16日 (4)

※ 江戸時代、人々は酒を飲んで騒いでいたら、何やってると云われる。
  でも、信仰で騒ぎ楽しむなら、許される。

  勝手に旅したら、とがめられる。 でもお参りを兼ねた旅なら許される。
  似てる感じ。

  信仰は、人々の生活にゆとりを与えた感じがしますね。
  次の庚申の日は、6月2日。  朝まで飲んでもバチが当たらないのかな。

  上の写真で、下の方に二十と読める。
  これは、二十三夜待ちと書いてあった。

  この行事も、月が出るのを待った。 飲んだり食べたりしながら。
  みんな集まって。   今日は、二十三夜待ちの夜です。  他   (2008年12月20日)

  そんな集まりがあって、恋が芽生えることも。
  芽生えた恋の発展も。

この地域の農村歌舞伎は、ここでやっていた。

s-17年4月16日 (19)

詳しい内容は、YouTubeにない。  下のだけ。

【ふるさとの宝】  第5回 長野 伊那「師匠が伝える農村歌舞伎」



この風景が、この地域の人達の心(精神)をたくましくした。
地域にあった学校の、校歌の歌詞を知りたい。  山をどう歌っていたのか。

  ※ ここにあったのは、長谷小学校の分教場だったよう。 この地域の校歌ではなかったかな。

s-17年4月16日 (20)

国道に出て、さらに奥に。  昨日、この集落の中を通った。    右の沢に入る。

s-17年4月16日 (43)    s-17年4月16日 (44)

三峰川の本流はこの沢に。   少し行ってら、通行止め。   

s-17年4月16日 (45)

個人の天文台か。  美味しそうなものが。

s-17年4月16日 (21)    s-17年4月16日 (22)

今日はここにいる。   近くに浦地区がある。   壇ノ浦の浦。 重盛の子孫だという。
道が不安で、行かなかった。

 ※ 墓がある。  小松家の墓として。

   重盛は、京都の東山の方の、小松殿に住んでいた。
   だから子孫は小松を名乗る。  ※ 幕末の小松帯刀という人も同じ。

   浦地区の人のほとんどは、苗字が小松だという。
   ほんとうに、平家の子孫でしょうか。 知りたい。

s-17年4月16日 (28)    s-17年4月16日 (29)

車を置いて、ドーナツまんじゅうを買いに行く。

s-17年4月16日 (24)

後で知るが、人気のまんじゅうだった。  伊那市では有名。 こんな山に中で。

s-17年4月16日 (23)     s-17年4月16日 (25)

おばあちゃんが1人でつくっている。  店は80年前から。
添加物は無いから、安心の味。

今日は2つ、3つは冷蔵庫。 そう決めた。 夕方、誰食べたのか知らないけど、みんな消えた。 美味しい。
健康にいいとは思わない。  美味しいからどうしようもない。  食べ過ぎなければいい。

おばあちゃんは、高遠の桜を毎日見に行っている。
情報をいただいた。

s-17年4月16日 (26)    s-17年4月16日 (27)

高遠の街に買い物に出て戻る。  正面に見える。   甲斐駒ヶ岳は、右奥。

s-17年4月16日 (46)

今の時代の、その地域の今を、記録に遺せたらいいと思う。
山ほどの情報の時代でも、報道されるのは限られている。

震災でも熊本地震でも、報道は目立つところだけ。
田舎なんて、そっちのけ。(東北に行ったとき、そのことで戦い)

報道のそう言う部分が、今問題になっている。

そうは思うんだが、魅力に気付き、伝えるのは難しい。

【道の駅】    南アルプス村はせ

【明日の予定】     遠野の様子を見てきます。   

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 2017年04月
2017年04月26日 (水)
上越市の山間部に入る。 国道405を通って安塚区へ。 小黒専敬寺。 上船倉の棚田。~上越市~ 他 (2017/4/25)
2017年04月25日 (火)
須坂市から妙高市まで走る。 途中の紹介。 新潟県内陸部の道の状態を調べる。~妙高市他~ 他 (2017/4/24)
2017年04月24日 (月)
4人の子供たちと遊ぶ。 動物園の後は、桜見学。 河川敷公園でも。 ~須坂市~ (2017/4/23)
2017年04月23日 (日)
信州高山しだれ桜の里。 村の五大桜。 中塩のしだれ桜は満開。 親子地蔵。~高山村~ 他 (2017/4/22)
2017年04月22日 (土)
臥竜公園の桜は、満開4日目で散り始めた。 池は花筏に。 塩屋醸造の味噌。~須坂市~ 他 (2017/4/21)
2017年04月20日 (木)
臥竜公園のソメイヨシノが満開。 竜ヶ池の周りを中心に。 紅枝垂れも。 さくらの名所百選。~須坂市~ 他 (2017/4/20)
2017年04月19日 (水)
高遠城址公園の桜は満開に。 ライトアップ。 絵島囲み屋敷。 城下を散歩。~伊那市~ 他 (2017/4/19)
2017年04月19日 (水)
高遠城址公園の桜は満開に。 コヒガンザクラ。 朝から快晴に。 勘助が改修した城。~伊那市~ 他 (2017/4/18)
2017年04月18日 (火)
高遠城の桜は開花が進む。 さくらホテルのはほぼ満開。 諏訪御寮人の墓。 高遠そば。~伊那市~ 他 (2017/4/17)
2017年04月17日 (月)
伊那市の長谷地区を散策。 南アルプス林道入り口。 中尾歌舞伎。 杉島のドーナツまんじゅう。~伊那市~ 他 (2017/4/16)
次 >>
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。