FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

平野神社は桜の種類が多い。
3月末になったら、溢れるほどの人。

ネットの情報では、3月初旬から咲くという。
何が咲いているか、確かめなければとなった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

北野天満宮の、直ぐ近く。   嵐電の北野白梅町駅から歩いた。

s-17年3月6日 (1)    s-17年3月6日 (2)

人が少ないので不安。

s-17年3月6日 (3)    s-17年3月6日 (4)

枝垂桜などは、まだまだ。   当然だけど。

s-17年3月6日 (5)

平野神社のこの風景が好き。

正面の建物は拝殿。  拝殿の後ろに離れて本殿。
誰もが、拝殿でなく本殿でお参りする。  たまに、こういうのがある。

この拝殿は、東福門院という後水尾天皇の中宮が寄進。  
彼女は2代将軍秀忠の5女。 母は、江(ごう)。  こんな人。365px-Tokugawa_Masako_20170306230808121.jpg    彼女の念持仏。(美しい。光雲寺)

s-17年3月6日 (6)    s-17年3月6日 (7)

パワースポットなのか、人気の木。  4月に入ったらだけど。

    平野神社の桜には、多くの種類が。  ウコン、楊貴妃、平野妹背、御衣黄、白雲、他。~京都市~ 他 (2015/4/11)

s-17年3月6日 (8)

拝殿の右手前に、この桜。    ジュウガツザクラ。   これは、よく見る。

s-17年3月6日 (9)    s-17年3月6日 (47)

秋遅く咲いて、この時期にも咲く。

s-17年3月6日 (10)    s-17年3月6日 (44)

今まで見たジュウガツザクラと違う。   花の質がいい。
土の状態など、庭師が管理しているのか。   チャラチャラっとしたかんじ。

八重っぽいかな。   ※ ジュウガツザクラは、木によって違いがあるのか。  

s-17年3月6日 (45)    s-17年3月6日 (46)

タチバナ(橘)。   

s-17年3月6日 (11)    s-17年3月6日 (12)

左奥にも、ジュウガツザクラ。

s-17年3月6日 (14)

振り返って。   この後、門の外に。

s-17年3月6日 (15)

ロウバイですね。   桜ではない。

s-17年3月6日 (16)    s-17年3月6日 (17)

ロウバイは、蝋梅と書く。  蝋はロウソクの蝋。 

s-17年3月6日 (48)    s-17年3月6日 (49)

黒いのは初めて見る。  何だろう。

調べてみたら、種なんですね。  右のように。

s-17年3月6日 (50)    ppppkkkhjkk.jpg

これは、梅。 花が白いから、白梅。  何梅とか、名前は無いのか。

s-17年3月6日 (18)    s-17年3月6日 (19)

花の真ん中の、オシベなんかがもじゃもじゃって、多い。  梅の花の特徴。 花びらがまるい。

s-17年3月6日 (51)    s-17年3月6日 (52)

西側の門のそばに、ジュウガツザクラか。
違った。 寒桜とある。 どんな桜でしょう。

s-17年3月6日 (22)    s-17年3月6日 (21)

秋遅くからは咲かない。 ジュウガツザクラとは違う。
カンヒザクラとオオシマザクラとの、自然交配種だという。

あれ、カワヅザクラと同じ。
こういう事でした。

カワヅザクラは、寒桜の仲間。  1つ、勉強しました。

s-17年3月6日 (23)    s-17年3月6日 (24)

ジュウガツザクラと違いますね。   花びらが、細長いか。

s-17年3月6日 (25)    s-17年3月6日 (26)

ちょっぴ物足りなかったので、バスで河原町に。

寺町通。

s-17年3月6日 (27)

上写真の左に、本能寺。   亀山城から本能寺まで ~京都市~  他  (2011/11/29)

s-17年3月6日 (28)

左隣に、新京極。  そっちは観光客が多い。  寺町通はには、地元の人が行く店が多い。

s-17年3月6日 (30)    s-17年3月6日 (29)

秀吉が寺を集めた。    本能寺の変の時、本能寺も、もっと西にあった。

s-17年3月6日 (31)    s-17年3月6日 (32)

途中で右に曲がって、錦小路。  京都の台所。

日本海の幸は、小浜から鯖街道を通って京の都に運ばれた。
鯖街道の終点は、ここ。

   京の食文化を担った、鯖街道。  京極高次(お初)の小浜城跡。~小浜市~ 他 (2014/11/2)

s-17年3月6日 (33)    s-17年3月6日 (34)

食べ物なら何でも。

s-17年3月6日 (35)    s-17年3月6日 (36)

味見が出来るから、退屈しない。   今日、自分はしなかった。

s-17年3月6日 (37)    s-17年3月6日 (38)

手羽先を揚げたのは美味しい。 小骨が柔くなるまで、かじるのが好き。

  ※ 手羽元や手羽先は時々買ってくる。 塩コショウで焼く。

ヘシコも美味しい。   ぬか漬け。

s-17年3月6日 (40)    s-17年3月6日 (41)

旭川の姉の所に送るものを買った。(夏はいつも姉の家で食事。 旦那の好きなものをさがした。)

漬物は、左に見える大丸で買った。 すぐきと、何だったかな。 どっちも、塩だけで漬けたもの。

向こうから来た。 写真の右の方に、鍋島藩の屋敷跡。

  ※ 京都に藩屋敷があると、色んな物が手に入るなど、便利なことが。
    鍋島は鍋島化け猫騒動の鍋島。
  
s-17年3月6日 (43)    s-17年3月6日 (42)

桜の魅力的な所がなかったら、どこに行きましょう。
行ったことのない所に行くか。

山の中を歩いてもみたいし。

【今日の歌】   ジェイド・イン(Jade Yin)『仰げば尊し       遠い昔のこと。



【停泊場所】   亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】  桜は一休みして、東山に行ってみようかと。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



桜の見頃は1週間ほど。
でも、梅は長い。

北野天満宮は、見頃が続いている。
嵐電に乗って行ってきた。

今日は日曜日。 人でいっぱいだった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

北の方にある。 金閣寺が近い。

s-17年3月5日 (1)    s-17年3月5日 (2)

JR亀岡駅から嵯峨嵐山駅へ。   少し歩いて、嵐電(らんでん)嵯峨駅。

s-17年3月5日 (3)

北野白梅(はくばい)町で下りる。 終点。   5分歩いて、下に。

s-17年3月5日 (4)

本格的な桜の前に梅の見学、とばかりに人人人。

左に梅苑。 並んでいる。 有料なので入らない。

s-17年3月5日 (5)

中はこう。 別の所から撮影。

s-17年3月5日 (6)

正面に楼門。

s-17年3月5日 (7)

楼門に道真の歌。

s-17年3月5日 (8)

道真は大宰府に左遷された。  京都には崇りと云われる異変が。
それを鎮めるために、北野天満宮は建てられた。

九州の大宰府にいたら、東風は京都の方からの風。

1月の末には、太宰府天満宮で咲き始めていた。
     九州国立博物館で、特別展 宗像・沖ノ島と大和朝廷を見る。 国宝、初音の調度。 太宰府天満宮。~太宰府市~ 他 (2017/1/21)  

s-17年3月5日 (9)    s-17年3月5日 (10)

これだけいっぱい咲いたら十分。   ただ、桜の花は、団子のように密集。無題ppppppphh

s-17年3月5日 (12)    s-17年3月5日 (11)

絵馬殿。

s-17年3月5日 (13)

36歌仙の歌が。   

小町のは、「花の色は移りにけりな いたづらに我が身世にふる ながめせし間に」

隣は、猿丸太夫(さるまるだゆう)
     「奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき」

どちらも、百人一首に。  
北海道は下の句かるた。  下の句が木札に書いてある。  それを取りあう。

だから、北海道人は下の句しか知らない。 それも、出だしを中心に。
「いたずらに」「声聞く時ぞ」は、誰でも知っている。

s-17年3月5日 (14)

梅苑に入らなくても、梅は十分に見られる。

梅の種類の標示は無い。 そんなこともあって、自分はしだれ梅くらいしか、知らない。
桜は、数え切れな程名前がある。

s-17年3月5日 (15)

巫女さんの格好。

s-17年3月5日 (16)

拝殿。   国宝。  他にも、重要文化財の建物はいっぱい。
地方では、重要文化財は目立つけど、京都では当たり前。

s-17年3月5日 (17)

秀吉は京都の中心辺りを、堤防で囲った。   その説明。 後の方が高くなっている。

s-17年3月5日 (19)    s-17年3月5日 (18)

梅は梅。 梅の魅力が。

s-17年3月5日 (20)

寒い春の季節に、長い間楽しませてくれるのがいい。

s-17年3月5日 (21)    s-17年3月5日 (22)

梅が終わるころ、桜が咲き始める。  梅の終りは、惜しまれる雰囲気が無い。

s-17年3月5日 (23)

拝殿の中かな。 横の隙間から撮った。   右の方に人がいる。  

s-17年3月5日 (24)

道真が奈良の手向山に行っていた。

s-17年3月5日 (25)    s-17年3月5日 (26)

末社である小さな神社がいっぱい。  赤に白。

s-17年3月5日 (27)

境内は広い。  北野天満宮は、吊燈篭が目立つ。 美しい。 

s-17年3月5日 (28)

長五郎餅のお店。   餡(あん)の入った餅の、発祥と云う。
   ※ 他で発祥を主張してる所はないので、大丈夫のよう。 Wikipediaも認めてる。

食べたことは無い。 晩に調べて分かったこと。  食べたくなった。

s-17年3月5日 (29)

歴史のある餅。

s-17年3月5日 (30)           s-17年3月5日 (31)

京都の梅と云えば、北野天満宮。
他は知らない。

十分に咲いていましたね。

【今日の一句】 「 梅にメジロは見ても ウグイスは見ないな~ 」

【その他】   寅さんは、あることに夢中。  今、旅どころではなくなっている。 少し心配。

【明日の予定】     平野神社に。   早咲きの桜。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 

スポンサードリンク

 
 

openclose

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。