FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

以前と比べたら、大胆な飛蚊症。
Mさんに紹介していただいた坂出市の眼科に、明日行く。

今日は遠くへは行けないので、近くを見学。
天気だけはいい。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

瀬戸大橋のたもと近くにいる。

s-17年2月26日 (1)    s-17年2月26日 (2)

公園が道の駅になった。 そんな道の駅。

鉄道と高速が、別々に来て合わさって橋に入る。  鉄道は下。

s-17年2月26日 (3)

近くでうどんを食べた。  香川県に入って初めて。 

これは1玉。  サイズで云えば、小。  肉うどん。  香川県人は、これでは物足りないらしい。

s-17年2月26日 (8)

道の駅うたづ臨海公園。    携帯を持って歩いている人が多い。  異様な風景に見える。

s-17年2月26日 (9)    s-17年2月26日 (10)

塩田を復元。

s-17年2月26日 (13)    s-17年2月26日 (18)

瀬戸大橋。   途中、与島にパーキングがある。

s-17年2月26日 (11)

このように。  道の駅として使える。

s-17年2月26日 (6)

下の写真の左辺りは、昔は島だった。  歩ける。

   沙弥島は、今は地続き。  ナカンダ浜遺跡。  柿本人麻呂。  東山魁夷せとうち美術館、他。~坂出市~ 他 (2015/3/21)

s-17年2月26日 (12)

橋と反対方向。  向こうは、丸亀市の港。

s-17年2月26日 (14)

瀬戸内海には島が多い。  おかげで、瀬戸大橋はつくれた。

遠く向こうに、北木島がある。 岡山県から船が。  向こうからこっちが見えた。 

s-17年2月26日 (15)

北木島からこっちを見た。 今いる所は、讃岐富士の少し左。
昨年の秋に、行ってみた。    

   北木島は花崗岩産出の島。 笠岡諸島最大。 自転車で走ってみた。~笠岡市~ 他 (2016/11/3)

s-17年2月26日 (5)

上の写真の右。   広島。   行ったことない。   いつかは。

s-17年2月26日 (16)

さらに右。    本島。   この辺の島々は、塩飽(しわく)諸島。

s-17年2月26日 (17)

以前行ってきた。    船から。  今いる道の駅は、右端の讃岐富士の左手前。

s-17年2月26日 (4)    s-17年2月26日 (37)

本島には、素敵な重伝建地区がある。 笠島と呼ばれる。

   塩飽(しわく)本島にある伝建地区、笠島を歩く。  瀬戸大橋が、目の前。~丸亀市~  他  (2012/12/27) 

s-17年2月26日 (7)

道の駅は、日曜日なので家族連れがいっぱい。

s-17年2月26日 (19)

広く公園に。

s-17年2月26日 (20)    s-17年2月26日 (23)

恋人の聖地になっている。

s-17年2月26日 (22)    s-17年2月26日 (24)

背が高いのは、ゴールド・タワー。   上から見たら、ひし形。

s-17年2月26日 (25)    s-17年2月26日 (26)

小さな子の遊び場が続く。

s-17年2月26日 (27)

奥で音楽。   トトロの曲。  子供が一緒に歌っている。

s-17年2月26日 (28)    s-17年2月26日 (29)

松原が少し。

s-17年2月26日 (30)    s-17年2月26日 (31)

結婚式場。 庭でやってる結婚式の様子が、放送で流れてくる。   うるさい。

s-17年2月26日 (32)

夜の道の駅。

s-17年2月26日 (33)

ライトアップしたら、何でも美しくなる。
        ※ ひどい紅葉だって、何とかなる。

   ※ 余談  観光で成功のキーワードは、花と光。 人間は、虫に近いのか。

s-17年2月26日 (35)    s-17年2月26日 (34)

今日は静かに過ごして、早く寝た。(12時前だけど)
どんなのが見えるかって、こんなの。  図の左下の糸くず。 hibun.jpg
右寄り、下寄りに多い。  虫のように動き回る。

網膜剥離に関係してなければ、それでいいのかな。
明日病院に行く。

目がどうだ、歯がどうした、たんたんと生きるのは大変。
健康だと、よけいな贅沢が出て来るし。

【その他】 直虎を見た。

家康の一番のピンチは、本能寺の変の後。
少ない家臣と共に、伊賀を越えて、岡崎に戻る時。
下の説明の、4番目に直政がいる。

直親夫婦に子供がいない。 でも、少しして、生まれるんですね。
その子を直虎が育て上げる。 直政として成長する。

s-17年2月26日 (36)

直親の父直盛は桶狭間の戦いに行く。
出陣の時、戻って来たら幸せがいっぱいのように、描いた。

これは、脚本家の仕掛けなんですね。
視聴者は、どん底に突き落される。
あの場面を見て、きっと戻れないと考えたら、鋭いですね。

あと、家康も出陣する。  小さな子が挨拶に来た。
長男の竹千代。  後の信康。

20歳過ぎてかな、父家康に殺される。 理由はいくつか。 謀略かも。

   国道473沿いの風景。  天竜二俣を歩く。  徳川信康自刃の地。~浜松市天竜区~  他  (2014/5/21)

【今日の歌】   石川ひとみ - まちぶせ     道の駅で歌ってた。



【道の駅】     うたづ臨海公園

【明日の予定】    眼科の病院に。  見学は、この近くか。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 

スポンサードリンク

 
 
宇多津にいるから、この町の札所 郷照(ごうしょう)寺に。
珍しい時宗の寺。 真言宗でもある。 変わっている。

ここも地下にもぐったり、珍しい仏像がある。
瀬戸大橋が見渡せる丘の上に。

午前中は、高松のMさんにお会いする。
美味しい味噌や、豆腐・揚げ、高級な「つゆ」などなど、いっぱいいただく。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

瀬戸大橋から四国に来る人が多い。   だからここは表玄関。

s-17年2月25日 (1)    s-17年2月25日 (2)

左上に道の駅が見える。   ここにいる。

s-17年2月25日 (3)

バスは無理だけど、自分の車は上がって来れる。   後にも広い駐車場。

s-17年2月25日 (8)

この鐘は戦争の時、取られないで済んだ。

ご詠歌は「踊りはね  念仏唱う 道場寺  ひょうしをそろえ  鐘を打つなり」
時宗の念仏踊りですね。  その鐘。
               滝宮天満宮  滝宮の念仏踊り  うどんアイス ~綾川町~  他  (2013/3/18)  

s-17年2月25日 (9)  s-17年2月25日 (11)

お話が少し中途半端。 面白い展開が欲しい。

s-17年2月25日 (10)

寺の説明があったが、写真が撮りにくかったので、HPから紹介。 神社もある。
昔は道成寺。  それが郷照寺。  似てる。

恵心僧都、一遍など、知名な人が来ている。

s-17年2月25日 (45)     s-17年2月25日 (4)

上で、道範阿闇梨という人も。  どんな人か、分かりにくい。(Wikipedia等では出て来ない)

  ※ ある寺の住職さんのサイトに、下のように。  分かりやすい。  サイトはここ

        仁治四年(1243)には『南海流浪記』の著者である高野山の道範阿闇梨が流罪となったとき、
        この寺を寓居とした。

        道範阿闍梨は、堺の船尾で生まれ、17歳で出家。高野山正智院に住み、金剛峯寺の執行として
        高野山の中心人物となった。

        新義派の祖である覚鑁上人が根来へ高野山から下りて百年あまり後、根来寺と再度不和になり
        根来伝法院を高野山僧徒が焼いたことの沙汰として讃岐へ流され、六年間滞在した。

上に覚鑁(かくばん)だ出て来るけど、この人が今の智積院の隆盛を、ですね。

ここから上がって。

s-17年2月25日 (12)

左に納経所。   正面に本坊。  その後ろに庭園。

s-17年2月25日 (13)    s-17年2月25日 (14)

上がって右に本堂。  本堂の左を登って、大師堂。

s-17年2月25日 (15)

本尊は、阿弥陀如来。 photo-02.jpg  鎌倉時代。(町のHPから) 中はよく見えない。

s-17年2月25日 (19)

本堂右に、庚申堂。   全体を撮り忘れて、右写真は、古今御朱印研究室からお借り。
      ※ 上で紹介したサイトには、郷照寺の昔の納経帳に書いてあるのが。  今と違う。

この中に、珍しい像がある。   青面金剛(しょうめんこんごう)像。
自分は九州で一度見ただけ。  こんなの。  邪鬼を踏みつけてる。
ここの像は、ネット上には1枚だけ。 個人のサイト。 この感じで紹介。 pppplppooiu.jpg
   ※ 商品として売ってる物には、こんなのが。01131622_5695fb2a1206a.jpg

s-17年2月25日 (16)    s-17年2月25日 (44)  s-17年2月25日 (5)

瀬戸大橋の上の部分が見えている。 何度も通った。  
間違って入って、ついでに動画撮って戻ったことも。(間違ったから無料)

s-17年2月25日 (17)    s-17年2月25日 (18)

大師堂。  ここを歩き出したとき、来たことあるって思い出した。
下から歩いてきたのかな。  最後に紹介。

s-17年2月25日 (20)   

今日は中国人がバスで来た。   右のようなのを見たい。  坊っちゃん劇場で、鶴姫伝説を見た。 感動。 

s-17年2月25日 (22)    s-17年2月25日 (21)

大師堂。

s-17年2月25日 (37)

上の写真の天井に、絵。  盛り上がっている。   みんな花。

s-17年2月25日 (36)    s-17年2月25日 (34)    s-17年2月25日 (35)

こんなのが好き。 万体観音堂。

s-17年2月25日 (39)

昨日も見た。  仏にすがる気持か。

s-17年2月25日 (26)

ここで祈って。

s-17年2月25日 (27)    s-17年2月25日 (28)    s-17年2月25日 (29)

お菓子が多い。 どういうことでしょう。   願いだけではないのか。

s-17年2月25日 (30)    s-17年2月25日 (31)

誰にも撮ってもらえそうないので、1枚。

s-17年2月25日 (33)
奥の方に神社。   狸が人を助けた。 ぽんぽこぽんって。 20080619013245.gif

s-17年2月25日 (41)    s-17年2月25日 (40)

うれしそうにも悲しそうにも、見えてくる。  自分のその時の気持ちか。

s-17年2月25日 (7)

別から下って庭。

s-17年2月25日 (42)    s-17年2月25日 (38)

納経所で書いてもらって。

s-17年2月25日 (43)

まあまあ、色々あったでしょうか。
郷照寺は上からの風景がよかったです。

【その他】  上が終わって駐車場に向かっていたとき、突然の驚き。
       飛蚊症。  数年前軽いのになっていた。 普段は忘れている。
       突然目の中に、墨が流れた感じ。 以前の100倍くらい。  立体的に動き回る。

       Mさんに眼科の病院を教えてもらった。 
       明日は日曜。   月曜日に行ってくる。
       不思議と悩みにならない。 片目はちゃんとしてる。 なるようにしか。     

【記事の紹介】  宇多津の古街を歩く。 78番札所、郷照寺。 おか泉のうどん。~宇多津町~  他  (2013/3/20)

【今日の歌】    Диана Анкудинова и Мая Егорова - Баллада о красках



【道の駅】    うたづ臨海公園

【明日の予定】     公園を散歩してうどん食べて、お風呂。  特別の見学は無し。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 

スポンサードリンク

 
 

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。