FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

宮崎県と云えば、青島とマンゴー。
自分はまだ、青島に行ってない。

見所は、鬼の洗濯岩と青島神社。
どんな所かなって、行ってみることに。

青島の入り口にある植物園にも行く。
ここは一度行っているが、最近リニューアルされたよう。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

宮崎市中心街の少し南に。

s-17年1月12日 (1)    s-17年1月12日 (2)

青島駅に広い無料駐車場。 10分ほどで島の入り口に。 (他にも無料駐車場はある。 有料も)

s-17年1月12日 (3)

道の駅フェニックスから向かった。 国道沿いの展望台から撮影。

s-17年1月12日 (9)    s-17年1月12日 (4)

宮崎市の中心街方面。

s-17年1月12日 (10)

駅から歩いて、植物園。 すっかり新しくなっていた。

ヤシの木が見えます。  南国っぽい。
島で見るのは、ビロウ。 ちょっと違う。

右は、振り返って。

s-17年1月12日 (11)    s-17年1月12日 (12)

ここから島へ。

s-17年1月12日 (13)

橋を渡って。  島の真ん中に、ビロウの森。

鬼の洗濯岩と呼ばれる。

s-17年1月12日 (14)    s-17年1月12日 (15)

振り返って。  美しい砂浜。 

s-17年1月12日 (16)

やよいはし。  橋が無くても行けそう。

s-17年1月12日 (17)    s-17年1月12日 (18)

岩の層が斜めなんですね。  それでこのように。  鬼の洗濯岩。
青島から南にかけて、ずっと見られる。

s-17年1月12日 (19)

ほとんどが、ビロウと呼ばれる木。 特別天然記念物。

s-17年1月12日 (20)

黒潮が北上するので、温暖な気候と。 鬼の洗濯岩が、どのようにできたかも。
 
図の右の2人は、山幸彦と豐玉姫。  青島神社の祭神。
左は、海幸彦と山幸彦。

山幸彦が釣り針を探しに海に。
海神(わたつみ)の宮で、豐玉姫に出会う。 右の図を参照。20150110123331d82cccpp.jpg

宮崎県、鹿児島県は、神話の舞台。 

s-17年1月12日 (21)    s-17年1月12日 (22)    s-17年1月12日 (23)

  ※ 余談  山幸彦と豊玉姫の出会を、青木繁は絵にしている。
                         わだつみのいろこのみや。(以前の記事から。重要文化財)
        上の人が、山幸彦。 左が豐玉姫。 彼女の表情に注目。

着きました。 青島神社。

s-17年1月12日 (24)    s-17年1月12日 (25)

大きな神社だった。

s-17年1月12日 (26)    s-17年1月12日 (27)

拝殿。

s-17年1月12日 (28)

山幸彦と豐玉姫を祀って。

s-17年1月12日 (29)    DSCF9267ppp.jpg

拝殿の右に、何かが。
大正天皇が皇太子の時に来て、そのことで生まれた道と説明に。

s-17年1月12日 (30)    s-17年1月12日 (31)

絵馬がいっぱい。

s-17年1月12日 (32)    s-17年1月12日 (33)

ビロー樹とある。 普通は、ビロウと。  南国に来た感じ。

s-17年1月12日 (34)    s-17年1月12日 (39)

奥に、元宮。

s-17年1月12日 (35)    s-17年1月12日 (36)

貝殻がいっぱい。   真砂の貝文と。
歌に、綿津見とある。 山幸彦と豐玉姫が出会った所。 海の中の御宮。

貝殻に願いを書いて、ここに供える。

s-17年1月12日 (38)    s-17年1月12日 (37)

右の真ん中。 顔に見える。

s-17年1月12日 (41)    s-17年1月12日 (40)bbb

向こうから来た。  島の奥に行く。

s-17年1月12日 (42)    s-17年1月12日 (43)

鬼の洗濯岩。  鬼は巨大。   カニを探したが、いなかった。

s-17年1月12日 (44)    s-17年1月12日 (45)

白い、青島灯台。  水面の高さの感じ。

s-17年1月12日 (46)

灯台を過ぎて。  賽(さい)の河原でないのに、石を積んでいる。

s-17年1月12日 (47)    s-17年1月12日 (48)

こっちには、人は来ないのか。

s-17年1月12日 (49)    s-17年1月12日 (50)

遥か昔から、ここに生えてたよう。  ヤシともシュロとも違う。 これで分かりやすい

s-17年1月12日 (51)    s-17年1月12日 (52)

戻って来た。

s-17年1月12日 (53)    s-17年1月12日 (54)

植物園へ。 少し前まで県立の植物園だった。 管理が悪く、ひどい植物園だった。
新しくなって、今は、宮交ボタニックガーデン青島。 

すっかり良くなって。

s-17年1月12日 (55)    s-17年1月12日 (56)

亜熱帯植物が。

s-17年1月12日 (57)

見える人はみんな、中国人。  修道院のような服装で。

s-17年1月12日 (58)    s-17年1月12日 (59)

宮崎の花と云えば、ブーゲンビリア。 いろんな色が。

s-17年1月12日 (60)    s-17年1月12日 (61)    s-17年1月12日 (62)

ランもあって。   

s-17年1月12日 (63)    s-17年1月12日 (5)    s-17年1月12日 (6)

普通のカメラなのでまあまあ。 (用意してなかった)

s-17年1月12日 (7)    s-17年1月12日 (8)

青島は、一大観光地と紹介されている。
冬の平日でも、それなりの人。

夏なら、大変な賑わいでしょうね。
青い海と緑の森。 珍しい海岸と神話。  いい所でした。

【空撮の紹介】   写真はYouTubeから。 
               青島 AOSHIMA 宮崎 MIYAZAKI 鬼の洗濯岩 青島神宮 [ ドローン空撮 ]

ppplpookui.jpg 

【道の駅】         高岡ビタミン館

【明日の予定】  大淀川学習館を検討中。 アカメという魚が見られる。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



徳島で人形浄瑠璃を見たとき、これは面白いと思った。
話の筋が、生半可でない。

今日は、人形の館(やかた)に。
詳しくは、山之口麓文弥節人形浄瑠璃資料館。

公演はいつもではないので、人形を見たりビデオを見たり。
受け付けの人に説明していただいて。

山之口は薩摩藩の出城(でじろ)。(役場で云えば支所)
昔は山之口麓(ふもと)と呼ばれて。
昔の面影を探して、歩いた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

国道269沿いにある。 国道10は少し北に。  269は都城から青島への近道。

s-17年1月11日 (1)    s-17年1月11日 (2)

人形の館の左一帯は、合併する前の山之口町の中心街。

s-17年1月11日 (3)

向こうに行ったら、宮崎、青島。  立派な建物。  ここは、地頭仮屋敷跡。

s-17年1月11日 (43)

横の通りは、武家屋敷通りの雰囲気。

s-17年1月11日 (5)    s-17年1月11日 (6)

山之口麓文弥節人形浄瑠璃資料館。  義経がお出迎え。 安宅関(あたかのせき)のお話か(?)

s-17年1月11日 (7)    s-17年1月11日 (33)

最初は舞台を案内していただく。
定期公演は、3,6,9,11月の第3日曜日。

s-17年1月11日 (10)

人形達は出番を待っていた。  時が止まって。

s-17年1月11日 (9)    s-17年1月11日 (8)

色んな人形や資料。

s-17年1月11日 (11)

ここの人形は、1人であやつる。 左手は、頭と左手。  右写真は、徳島の。 1つの人形を2人でだった。

s-17年1月11日 (12)    s-17年1月11日 (4)

いくつかの演目があるから、人形もいろいろ。

s-17年1月11日 (14)

どれも個性的。 郷土色っぽい。  ※ 昔の人間の方が、顔の個性が強かったような。

s-17年1月11日 (15)    s-17年1月11日 (16)

文弥節人形浄瑠璃は、大阪ではじまった。
参勤交代によって、伝わった。

こっちはお侍か。 頭の部分は、専門につくる人がいるんですね。(ずっと下の資料に)

s-17年1月11日 (17)    s-17年1月11日 (18)    s-17年1月11日 (19)

人によって演じられたとき、命が吹き込まれる。
同じ表情が、怒ってるようにも、泣いてるようにも、笑ってるようにも。

どう見えるかは、その人の心が決める。

s-17年1月11日 (20)    s-17年1月11日 (21)

出世景清の4段目が、特に面白いよう。

  ※ これを見たとき、どこかで見たような気がした。  思い出せない。
    晩に、4段目の動画を探した。 何てことない、自分がアップしたのが出てきた。
    自分は一度、来ていた。 他も見学して、ここにもやって来ていた。

s-17年1月11日 (13)

檻(おり)の中に、景清。

  ※ 余談  この景清は、平景清(たいらのかげきよ)。 実在の人物。 Wikipedi では、下のように。 
      

            実在したとはいえ、生涯に謎の多い人物であるため、
            いわゆる平家の落人として扱われる事は少ないが、各地に様々な伝説が残されている。
            このためか各種の創作において主人公としてよく取り上げられている。

           『吾妻鏡』の記述によれば、景清には兄がいて、上総五郎兵衛尉忠光といい、
            鎌倉二階堂の永福寺の造営中、源頼朝を暗殺しようと土工にまぎれこむも、
            怪しまれて捕まっている。 

捕まった話が、この話。

阿古屋は遊女で、景清と親しい。 でもだまされて、景清の居場所を白状してしまう。
景清は逃げるが、小野姫が捕まったと知り、自首。

阿古屋親子は、景清に謝りに来る。
でも、自分への未練を断ち切るために、突き放す。

景清は恨んで阿古屋親子にそうしたのではなかった。
    (他に、そうした方が2人におとがめが及ばないと、考えたかもしれない)

そんなこととは知らず、2人は自害。
阿古屋の兄が、景清をののしることに。

話は続く。

s-17年1月11日 (23)    s-17年1月11日 (25)     s-17年1月11日 (24)

詳しくは下に。  ※ 浄瑠璃は、聞き取りにくい所があるので、話を知っていた方が面白い。

s-17年1月11日 (30)

上の部分です。  語りと三味線が入る。



合併してから、この地域にこのような建物は、出来ない。
合併前に作っておいて良かった。

これで簡単には、山之口麓文弥節人形浄瑠璃は、すたれない。

下に、ここの人形浄瑠璃について詳しく。
保存のために、熱心に動いた人がいますね。 最初は1人。

伝統文化が、大事にされる時代がやってきている。

s-17年1月11日 (26)      s-17年1月11日 (22)      s-17年1月11日 (27)

山之口麓時代の物が残っている。  本物。

s-17年1月11日 (28)    s-17年1月11日 (29)

山之口町時代につくったもの。 下の方で行ったところがある。

    弥五郎どんの館  かくれ念仏洞 ~都城市山之口町~  ぼくと観光バスに乗ってみませんか(森田童子)  (2012/3/24)

s-17年1月11日 (31)    s-17年1月11日 (32)

お礼を言って、人形の館を後に。   車を置かせてもらって。
近くに、武家屋敷が。

s-17年1月11日 (34)    s-17年1月11日 (35)

こんなのが。   指宿(いぶすき)に近い山川(やまがわ)で見たことが

s-17年1月11日 (36)    s-17年1月11日 (37)

5分ほど歩いて、家並みの方に。

s-17年1月11日 (38)    s-17年1月11日 (39)

雰囲気が残っている。

s-17年1月11日 (40)    s-17年1月11日 (41)

いい感じです。  昔の面影が。

s-17年1月11日 (42)

ここは2回目だったので、出世景清について書き足してみました。
どこかで、公演を見たいです。

  ※ 九州に3月までいる時があれば、また来ます。
    石川県白山市の尾口でもしているが、公演は2月。 行けない。

  ※ もし徳島を通ったら、見てみましょうか。  別のですが。

人形が生きてるように動く。 それが面白い。

【今日の一句】 「 人形が動き出すと 人が離れても そのまま動きそう 」

【今日の歌】   風を追いかけて     今年は何を追いかけようか。   足に聞くか。



【道の駅】    フェニックス

s-17年1月11日 (44)    s-17年1月11日 (45)    s-17年1月11日 (46)

【明日の予定】   青島に。  初めて。   以前植物園を見ただけ。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 

スポンサードリンク

 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。